October 08, 2005

谷中芸工展を歩く

谷中の10月はアートの季節です。谷中芸工展というイベントがあって、街のいたるところでアートが体験できるのです。かなり昔、学生時代に行ったことがあるのですが(それから1回くらいは行ったかな?)久々に、また行ってみました。でも残念ながら小雨模様!

ガイドマップは、うまくできていて、クリアファイルに地図が印刷してあるのです。これなら多少濡れても安心だし、中に色々なパンフレットもはさめます。あたまいい!
以前はアートの展示がメインという感じでしたが、最近は音楽のライブやダンスパフォーマンスもあったり。メインは日曜にやるものが多かったので、出会えずにちょっと残念。
yanaka1.jpg
こちら素敵なカフェスペース間間間(さんけんま)。金土日だけあいてるそうですが、金曜夜はバータイムもあったりします。(しない日もあったりするので、お店に要確認、なんですが)まったりと粋なトークを楽しみたい場所ですな。

途中では展示を見たり、お店に立ち寄ったり。
一緒に行った方がひいきにしている宝石商の「牧野兄弟商会」では、ついひかれてしまうものがあって、高い買い物をしてしまいました。これだ、と思った宝石を身に着けると、パワーを呼び寄せることができるそうです。売り文句なのだとは思いますが、大切にできるものを1つ持つのもよいかな、と。

yanaka2.jpg
谷中霊園の中では、「谷中まつり」の真っ最中。アットホームな地元のお祭りですが、人出はなかなかのもの。

それからこの近くに住む友人がたまたま時間ができたというので、彼女の家におじゃまして、みんなで千駄木のイタリア料理店イルサーレへ。
予約がたくさん入っているだけあり、本当にいいお店です!コース料理はプレフィックスで色々選べるので、各人が違うものを頼めば、いろんな味が少しずつ楽しめます。人数が多かったので、いろんな前菜、パスタが楽しめました。あとここのオススメはデザートです!これだけでおなかいっぱいになりそうな、おいしいデザートが10種類くらいの中から選ぶことができるのです!
おいしいワインもいただき、本当に幸せな気分になることができました。

谷中、というか谷根千の地域は、行政区域をまたがっているだけあり、公に頼らず、地元で何かをしようという意識が強い。そこには、決してミリオンセラーにはならないけれど、地道に良い作品を何十年もリリースし続けるミュージシャンのような心意気が感じられます。

投稿者 yuquilah : October 8, 2005 11:19 AM
コメント

去年行ったんですけれど、すっかり忘れてたなぁ。
根津から言問通りを上って谷中霊園のフリマを覗い、夕焼け段々を下って
谷中銀座でお昼を食べて、また千駄木から三崎坂から細い道を・・・・

一日中歩き回ってちょっと疲れましたけれど楽しかったです。

Posted by: Fino : October 9, 2005 11:46 AM

谷中霊園や良い安心とかうまく気分などをイルサーレしないつもりだった。


Posted by: BlogPetのKeira : October 9, 2005 07:41 PM

Finoさんも去年いったんですね!
ずいぶん地名も詳しいようで・・・。
谷中は歩いていて楽しい街です。願わくば、あの細い路地に猛スピードの車さえ来なければ・・・

Posted by: ユキーラ : October 10, 2005 09:46 AM

最近は,ア−ト系の人たちが廃墟や廃工場を
使って展覧会するケイスが多いそうです.
無論,SFCでも関わっている人が多いです.
今度,バスや電車の廃車を使った濃密ア−ト
企画でもやりましょうか(核爆).

Posted by: busbus : October 10, 2005 11:15 AM

谷中方面はわりと好きで、今年は谷中霊園の花見にも行きました。

上野から鴎外荘の前を通って池之端。湯島から無縁坂を上って東大の
校内を抜けて本郷へ、上野から根津へ、日暮里から谷中霊園を抜けて
谷中銀座。根津、千駄木あたりも色々面白い発見があるので飽きません。

Posted by: Fino : October 10, 2005 12:49 PM

谷根千は実家や高校の近くだったので、よくさまよい歩きました。本当に歩いていて楽しい街ですね。古きよき下町の風情を残しつつ、意外とエスニックなテイストにも事欠かない不思議な街です。久しぶりで散歩したくなったなぁ。

Posted by: mcken : October 11, 2005 11:13 PM

谷中はやはり散歩道としては人気がありますね。
行ってみるととてもその魅力がわかります。
東京ではめずらしい、戦争で焼けなかった地域というのもありますよね。
古い民家を改造して住んでいる人も最近では多いようですね。古いビル、古い家、そういうすべてがある意味アートなんですよね。

Posted by: ユキーラ : October 13, 2005 12:26 AM