May 31, 2004

セタガヤンの休日

最近小技でカバーする歌い方では限界を感じるので、歌うための筋力をつけるトレーニングをしている。で指摘されたことが「背筋と腹筋をバランスよくつかいなさい」ということ。
私は歌を歌っているにも関わらず、ほとんど腹筋がありません。じゃあどうしているかというと、ほぼ100%背筋を使っています。筋力はほとんど平均以下なんですが、背筋だけは女子の平均1.5倍くらいあるのです、これが。しかしどうも最近腰をいためてしょうがないと思っていたら、背筋だけで歌うと腰をこわすといわれました。なるほど。

しかしロベルト様を見てもそうなのですが、クラシックの発声で鍛えた人は、パワーが違うね。昔はクラシックの歌い方とかにどうしても抵抗あったけど、やっぱクラシックは研究もされつくされてるし、メソドロジーが確立しているし、方法論としてとりあげる価値はあるかなあと思います。どんなダンスをやる人でもバレエは必ずやるようにね。

砧方面に久しぶりにいった。世田谷ってなんか優雅だよねー。「アンチセタガヤン」(笑)を自称している私ですが、世田谷というのは住んでいる人たちの土地に対する愛情と誇りが伝わってきます。いついっても「負けたな」(笑)って感じますね。

投稿者 yuquilah : 10:20 AM | コメント (0)

May 30, 2004

夏の思い出第2弾

金曜夜は上野のバーDoobie'sでエリナさんの新バンドTuk Tukがライブをやるのでちょっと立ち寄る。
いい歌声です。ゆるくて気持ちいいです。レゲエは結局いろいろ勉強したいと思いつつ、ちゃんと知らないままなんだけど、彼女のレゲエに対する愛情が伝わってくる歌がいっぱいでした。
この場所、立地もいいですね。少人数バンドはぜひやってみていは。

ひさしぶりにからっと晴れた週末。久々に以前の職場の人とBBQということで清川リバーランドへ。
清川村ですよ。20年ぶりです(笑)はじめて観光バスにのって遠足に行った場所です。厚木から30分くらいでつくんですが、いまだにものすごい田舎なんでびっくりしました。
が、川はきれいですね。神奈川県の水が圧倒的に東京よりもおいしいわけです。
やたら肉を買い込んでBBQ。隣ではギター3人組のおじさんがフォークソングを延々うたいつづける。
別に何をしたわけじゃないんですが、飲みすぎたのか、生焼けの肉を食べたのか、すごい疲れてしまったんですが、楽しいひとときでした。

投稿者 yuquilah : 01:01 PM | コメント (0)

May 28, 2004

いまさらながら連ドラ

このクールは「渡る世間は鬼ばかり」を少々みるくらいで(なぜかというと私と同じ名前の役の人がいるから)ドラマというものは見てなかったんだけど、こないだ「仔犬のワルツ」を見て、そのナンセンスさに大爆笑!
で今度は前から気になっていた「離婚弁護士」見ました。いいですね、フジの木曜10時。常に当たりもののドラマをそろえています。タカラヅカ出身者では随一のコメディエンヌ(ほんとにトーク番組とか、お笑いセンス抜群!)天海祐希のキャラもさることながら、共演者の魅力もあるし、へええと思わせる法律知識も得られて、これで法曹関係者との飲み会(なぜか友達に多いのよ!でこの手の話で盛り上がられるととってもついてけない)にも話題ができる(笑)!いやいやなんとなく身近な法律知識も得られるというすぐれものドラマです。

去年の誕生日にもらったミリオンバンブーが元気に育っていたのですが、どうも一本黄色くてしわがれ、なんだか危ない様子です。結構水取り替えてるんだけどな。あったかくしてるし。
なんとなくそれ以来いいことがあったので、枯らさないようにと思って色々しらべました。水だけで、結構小さなグラスに入れてたので、そろそろハイドロボールで育ててみようかな。また、長さもずいぶんあるので、容器も大きくしてみようかと思います。あと、根ぐされ防止剤の「ミリオン」ね。

投稿者 yuquilah : 09:42 AM | コメント (0)

May 27, 2004

山下洋輔といえば・・・?

ところで「昨日山下洋輔見に行った」という話をしたところ、
「え?ベイスターズ?」とかいわれた。それは山下大輔(監督)だろうがっ!!
などと思っていたところ、山下洋輔氏のウェブサイトを見ると、山下洋輔&スペシャル・ビッグバンドによる「横浜ベイスターズオフィシャル・ソング」なんてものがあるではないか!!そういえば、横浜ベイスターズの大ファンということで有名らしいですね。
しかし今年の横浜、阪神にだけは異様に強いな・・・(去年のリベンジか??)

投稿者 yuquilah : 09:52 AM | コメント (0)

一蘭→JUNK、山下洋輔ライブ

六本木に友人がやっているソウル系のバンドJUNKを見に。
と思ったら一蘭が上にあったので、時間もあったので入ってみる。上野にもあるんだけど、いつも並んでいるんだよ。でも時間も早かったせいか、すぐ入れた。うわさの「ハコ式」の席。なんか閉鎖感はあるけど、味はかなり好きかも。スープを最後まで飲みたいと思った数少ない店。しかし玉子はオプションで、しかも半熟なのね(固ゆでの味玉子が好きなの)。で、オプション入れないとちょっとさびしい感じもした。あと、唐辛子も最近ハードな辛さになれた今では(笑)標準では物足りないかも。

最近いろんな知り合いバンドがやっているライブハウスmorphはどっちかというとクラブスペースに近いが、バンド用のハコとしても音がいい。しかしステージの割にはハコが小さいか?まあ、全体的にキレイなのでよしとしよう。JUNKはボーカルの女の子が個性的な声で、かつて一緒にやっていたコーラスの子も、かなりうまくなっていて刺激を受けた。オリジナル曲はなかなかカッコイイ。

それからバスで渋谷に行き、「山下洋輔ライブが当たった!」とのことだったのでJZ Bratへ。なんと、もう3周年なんですねえ〜。なのになんだか今まで行ったこと無かったんですよ。ラテン系の人とかも結構やってたのにね。山下洋輔さんといえば昔からよくエッセイは読んでいたけど、なぜか生は聴いたことが無かった。今回は私の大好きなサックスプレイヤー川嶋哲郎さんも一緒ということで、どうなるのかな?と思ったけど、う〜ん、やっぱ想像してたとおりの山下ワールドだ!いきなり「チュニジアの夜」であれ?スタンダード?とか思ったけど、とんでもない展開になるし、あとは和っぽいテイストの曲が多かったなあ。平家の怨念、出たり!でしたね。アンコールはなぜか「枯葉」で、それもものすごい展開になってて面白かった。こういうのってCDではあまり聴かない音楽かもしれないけど、ライブで聴くには最高に楽しい感覚が味わえる。

セルリアンタワーってしかしバブリーだなあ。このご時世、どうなのさ(笑)

投稿者 yuquilah : 09:25 AM | コメント (0)

May 26, 2004

ピティ・パブロ

永井大がCMやってるロッテのCoolishがいつもおいしそうだなー、いいなーマンゴー味って思うんだけど、これを食べたくなるような陽気の日が少ないんだよな。おかしいな。今週で5月って終わりじゃ。

今日のヒップホップのお題は「ピティ・パブロ」でした。そうです、あの「ドラムライン」でモーリス・ブラウン大学と共演した人です(笑)まああの映画に出てくるダンスもそうなんだけど、このPVもふくめ、最近のヒップホップは異様に重心が低くて、動きが早い(通常のカウントの倍でとる)のがはやりなんだと。つまりムーブメントの80%がシコを踏んだような状態なわけですねえ。で妙に弓取り式みたいな動きしたり。これはスモウの影響か?そしてあの腰の動きはフラダンスから来ているのか?

あ、御徒町に大阪で有名な餃子の王将ができてました。結構人入ってたけど、おいしいのかな?

投稿者 yuquilah : 09:22 AM | コメント (0)

May 25, 2004

ドラムライン

カンヌで受賞した柳楽優弥くんいいですねえ〜。もちろんマイケル・ムーア監督も気になりますが(笑)
そんなことを思いながら見ていたら、こないだドラムラインを見に行ったことについて全然触れてないことに気づいた。

いやあ、これ、「少林サッカー」以来のヒットです!ストーリー的に見えてる展開、つっこみどころ満開のナンセンスさ、そのくせに音楽と踊りはマジで本物!アメリカって運動部でも変なしごきとかしないし、上下関係とかもハードじゃないし、(だいたい「さからうんだったらお前は太鼓磨いてろ!」ってありえないよ〜)この作者、絶対日本のスポ根アニメ見たとしか思えないね。その一方で、EW&FのIn the Stoneでショーをやるとか、ラッパーとマジで共演するとか、マーチングバンドといわれるものの、エンターテイメントとしてのすごさを見せ付けられる。オマー・ハキムやハービー・メイソンが生まれるはずですよ、この国じゃ(笑)。
というわけで以下のいずれかに当てはまる人はぜったいこの映画、見ましょう。

・吹奏楽部に入っていたことがある。
・ドラムまたはパーカッションをやったことがある。
・チアリーディングまたはダンスをやっていたことがある。
・Earth, Wind & Fireが好きである。
・ヒップホップが好きである。
・「巨人の星」「アタックNo.1」「エースをねらえ!」などスポ根マンガが好きである。

投稿者 yuquilah : 09:22 AM | コメント (2)

May 24, 2004

週末総括〜ブルーノート、真野倫、マンブラなど

この週末の出来事は個々が濃い内容だったんだけど、いつのまにかすぎてしまって、まとめて書かざるをえないのが残念。

金曜夜。沖縄調子からもどらないままブルーノートでハービーメイソントリオw/デイブ・グルーシン。いやいや、素晴らしい演奏だった。美しいピアノは全く衰えを見せていない。今回のハービーは明らかにデイブ・グルーシンを立てている感じの地味で渋い演奏に徹していたけど、ピアノトリオのシンプルで美しい音楽を久しぶりに聴いた感じだ。やっぱ私が大好きなGRPのサウンドの原点はここなのだな。

そして最近結成された「真野倫太郎と小児科医デラサルサ」の初練習。踊りの練習もあり、もちろん課題曲の練習もありの非常に楽しく有意義で中身の濃い練習会だったと思います。いろんなバンドにいくと、いろんな練習の仕方、方針があってとても勉強になるし、このバンドは前から一緒にやってみたいと思っていたメンバーが多いので、どんなバンドに成長するか楽しみ。自分もがんばらにゃあいけませんが。

6月にライブをひかえているマンブラのほうも練習。メンバーがそろったのでなんとなく感触がつかめてうれしい。でも最近ソウルに慣れてないから、歌い方を研究しなくては。あ、というかマンブラソウルツアー(笑)って予定もあるそうです。

青森に韓国と行くところが多そうなので、なかなか今年の目標ニューヨークが達成できそうに無い。

投稿者 yuquilah : 07:57 AM | コメント (0)

May 21, 2004

沖縄がえり

ようやく帰ってきました〜。
今回はすごいたびでしたよ。1泊1500円のドミトリー生活。この年になってやるなっていうの(笑)
でも、ギリギリで生活してると、なんだか生きるということを真剣に考えさせられます。
学生から老後の生活を考えてる人まで、いろんな人が来ます。ていうか住んでます。
私が滞在した月光荘は特に濃い人が集まってるみたいで、毎日毎晩ロビーに集っては話して酒飲んで、天気も悪いから離島にもあまりいけず、でもこういうのもありだなって思った。他の宿にいる人は、あまりロビーでもマンガ読んでるかテレビ見てるかで話しないとかいってた。そういうのってさびしいな。

あとケラマでダイビングして、それもよかった。やっぱまだ初心者だからしょっちゅう失敗するけど、座間味で潜れたのはうれしかった。そこであった人もまた面白い人だった。それからうちなんちゅ友達と一緒に宜野湾のパルティーダにもいった。カチンバ1551の人ともお話して、なぜか東京からTOGOさんも来ていて、びっくりした。

普段なかなか会わないような人と会って、話ができるだけでも旅は収穫があるのだと思った。詳細は、またおいおい。

投稿者 yuquilah : 11:10 AM | コメント (0)

May 16, 2004

休暇突入

契約も打ち切りなので、ホントはプー太郎生活なのです。社内的には。
ということでタイミングもよいので少しお休みをいただきました。打ち上げも無事終わったし、まあよいかなと。

最近ライブ目的じゃなくて参加してるゴスペルのグループがあって、しかしコーラスの基本という基本がなっていないので、どうしたもんかと思っていたのだけど、うえむらかをる先生という方にみんなでレッスンを受けました。非常に豪快なねーさん(笑)という感じの方ですが、確かに指摘するポイントが的確。どこが悪くてどこを直せばよいか、ちゃんと説明してくれる。しかし思っていたとおりなんですが、発声がはもるために適していないから、はもらないのだと(つまり倍音が少ない)。今までも結構それではもらなくて困った経験があったけど、やっぱり発声のせいではあるのね。自分ではそういう仮説をたてていたのだけど、どうも裏づけが無くてね。
そして最終的には技量の足りなさが「美しいコーラス」以上のものを出せない、というのは全く同感ですが(笑)これは難しい。しかし、非常によいレッスンでした。

投稿者 yuquilah : 08:40 AM | コメント (64)

May 14, 2004

沖縄予行演習@五反田

会社に行ったところ、さすがにみんな「プエルトリコ」を知っている人が急増していた。喜ばしいことである。

さて最近五反田に行くときは陳麻家と相場が決まっているのだが、今回は趣向を変えてみた。駅近くに数点ある沖縄料理の食べられる居酒屋。五反田といえば結まーるという本格的なお店もありますが、今回は「一」というお店。そんなに沖縄っぽい店ではないけど、いちおうそれらしいご飯はぜんぶあって、泡盛も飲めるというわけ。味は・・・本格的とはいかないけど、まあまあかな。インテリアとか、雰囲気はいい感じ。で、量もあって安いことはたしか。
しかし今度の日曜からはこんなのが毎日食べられるのかしら。うきうき。

投稿者 yuquilah : 09:07 AM | コメント (0)

May 13, 2004

ババの五月病

「もう俺は俺に興味がある女にしか興味が無いんだよ」
と真剣に語る男、推定年齢20歳、推定職業早稲田大学法学部。
久しぶりの高田馬場はGW明けの少し疲れた学生であふれかえっていた。いや、学生があふれかえってるのは1年中だけど。

学生街のすごさ、というのは、なんといっても安い食堂とカフェがあふれていることだ。スタバ、エクセシオール、ニューヨーカーズカフェ、ヴェローチェ、ドトール、あれ、そういえばタリーズあったっけ。そのほかにもベーカリー系のカフェがたくさん。大戸屋もおはちもはなまるうどんも全部あるから、まあ食べるところに不自由はしない。ニューヨーカーズカフェっていうのは、まだ東京も一部にしか展開してないんだけど、ルノアール系列のスタバ風な店だ。ソファーが多いのと、イタリアンソーダがあるのと、やたら本格的なケーキがあるのはいけているが、どうも看板がスタバみたいなのが・・・
が、チェーンじゃない喫茶店とか飲み屋にもいってみたいけどね。ま、用事が用事なだけに仕方ない。

結局バレーボールのプエルトリコ戦は飲み屋の外から途中経過をのぞいたのみ。まあ、危なげなかったね。

投稿者 yuquilah : 09:44 AM | コメント (69)

May 12, 2004

NEWSニッポン

次の行き先について面接。希望だけは伝えた。だからどうなるとも思えないけど、この場所だけは離れたいというのは伝えた。すごい強い理由はないんですが。2年いてもなじめないというのが大きな理由ですかね。みんなはそんなことを考えているとは思ってもみないだろうけど、休み明けにいい結果が出ますように。

結構スポーツって忘れると見ないんだけど、いったん見てしまうと離れられないもの。接戦のセ・リーグも目が離せないですが、やはり女の子ががんばってるバレーボールを見てしまいます。最近女子サッカーやゴルフやバレーやとにかく女の子ががんばっていて、それが視聴率がいいというのはうれしいもんです。だって、スポーツの世界というのはとかく女性が生きにくい。もちろん、女子スポーツというのは十分に認知されるようになったとはいえ、プロの待遇は男性とは圧倒的にちがうもんね。まあ、ナイジェリア戦はいたって無難に下したという感じでしたが。

さあ、ということで次はプエルトリコ戦だそうです。「プエルトリコという島をご存知ですか?」(byアランカンドのリーダーでおなじみ)と思わず言いたくなってしまいますが(笑)。キューバやドミニカほどバレーボールなイメージは無いと思いますが、今回このバレーボールが注目されてるおかげで、プエルトリコという場所に興味を持つ人が増えればよいなあ、と個人的にプエルトリコファンとしては思ってしまいます。
あ、でもバレーボールは日本チーム応援ね。

投稿者 yuquilah : 09:17 AM | コメント (0)

May 10, 2004

デラカンダライブw/Nuevo Viento

は〜おわりました〜。何とか無事に。
デラカンダの3ヶ月ぶりのライブでしたが、とりあえず踊るお客さんが多くて、盛り上がってくれてよかったです。最近結構スピードのある曲も増えて、レパートリーがバラエティに富んできたのも結構好評でした。途中でトランペットの佐久間勲さんがソロに入ってくれて、やっぱあの音は感動しますね〜。ばしっとつたわる素晴らしいサウンド!が、自分自身の調子は最悪・・・何日か連続でノドを使い込むとすぐに調子をくずしてしまう・・・あらためて基礎体力のなさにがくぜんとしてしまいました。で、やっぱその辺は音楽やっている人には気づかれていましたねえ、うーん、練習すればするほどうまくなるもんではないところが難しい、歌って本当に。まあ、ライブは今後も続くのでリベンジします。強靭な体力づくりもふくめて。

Nuevo Vientoも久々に見ましたが、フロント陣がいっそうダイナミックになり、はるかさんの素晴らしい歌声もさえていて、パワフルな音を楽しめました。ラテンロックっぽい曲もティンバもやれてしまうのがうらやましい。しかしやはり過去を知っている人がいて(笑)びっくり。

それにしても途中でダンスパフォーマンスをしてくださったSANDY SALSA GUNDANの皆さん、すごい!うわさどおり鼻血が出そうなほどの悩殺パフォーマンス!よくあのスペースで踊れたなあ、というくらいダイナミックでセクシーでした。やっぱライブでもダンサーとミュージシャンのコミュニケーションをもっととりたいですね。踊る方々もほとんどは、ライブ見たことないって言ってたし。

投稿者 yuquilah : 09:18 AM | コメント (247)

May 09, 2004

練習練習

なんというか運の悪いことに、金曜の定時後にトラブル発覚。
あーあ、まったくねえ。
夜はなんとかライブいけたんですが。

土曜は最近参加しているゴスペルの練習とデラカンダの最終リハ。
それにしてもコーラスって難しい。
普段tanaちゃんとかニコラスさんとか、努力しなくてもあわせられる人とやっていると(案外みんなは苦労してたりして)努力しないとあわない、という状態は結構大変。リズムも重要だけど、ピッチがあってないのも気持ち悪いし、コーラスとしてあう発声じゃないときびしいよなあ、と感じる。バンドでやればまた違うのかしら。
まあ、そういう自分も思った以上にピッチが低かったりする部分もあって、必要以上なくらい気をつけ無くてはと思っていますが。

投稿者 yuquilah : 01:23 PM | コメント (1)

May 07, 2004

上野でイタリアン〜Ottimo Kitchen

社会復帰。いちおうまだ連休の人も多いはずだけど、混雑は変わらずなので慣れない。
が、まあシステムは順調で、平和モードになってきたので、今回の開発についての反省点とかまとめたりしている感じで。

夜は御徒町でごはん。でイタリアン。今まで結構いい飲み屋もソウルバーも知っていたけど、イタリアンというと??と思ってしまうのがこの地域。しかし御徒町と上野の間の雑多な繁華街の中にあるOttimo Kitchenはなかなかステキなお店だった。インテリアも明るい感じで、パスタとソースを自由に組み合わせられるのも面白い。あとピザの生地が軽くて(ボリュームはあるのに)おいしかった。
お値段も手ごろなので、この地域には貴重ですね。

投稿者 yuquilah : 09:13 AM | コメント (65)

May 06, 2004

Latin Factory & Mantequilla Perro

連休といってもお金が無いからやることも限界。家事して練習するくらいしかないんだな。かといって1日にすこしずつ用事が入っているので、まとまって逃亡するとか実家に帰るってわけにもいかんし。

なわけでやっぱりきてしまいました、クロコダイル(笑)。こないだと似たようなメンバーが集っているのもおもしろい。この日の最初はLatin Factory。去年はじめてクロコに出たときに対バンして、そのすごさに圧倒されたんだけど、いやはや、ますますパワーアップしています!結成13年(!)だけあるバンドとしてのコンビネーションの良さ、サルサの王道をストレートに、パワフルに再現するスタイル、いつ見ても目標にしたいバンドって思いますね〜。

そして続いては、うわさには聞いていながらライブは初体験のMantequilla Perro(このバンド名、いいのか?って思いますよねえ?放送禁止用語じゃないの?)。ヤングなメンバーがおおいせいか?お客さんもあまりサルサとかきかなそうなヤングな方々が多い(笑)。しかしパンチのあるヴォーカル、おいしいとこいっぱいの選曲、ぐいぐいいかせるソロ、勢いがあってすてきなバンドです。結局あまりにバイラブレなためみんな大ノリ。メンバーの方それぞれに他のバンドでも売れっ子の方々だそうですが、また聴きたいですねえ。

しかしいつもライブにいって思うのは、サルサバンドってみんなうまいよねえ〜。練習練習。

投稿者 yuquilah : 09:13 AM | コメント (68)

May 05, 2004

サルサイベント

ここんとこ睡眠時間も倍ぐらいで、やりたいことはやってるけどやるべきことは全然やってない状態で、やっぱ時間というのはどれだけあっても足りないもんだなあ、と改めて実感。いやはや。
まあ、そんな間にもデラカンダはばりばりと4時間練習。その前に個人で2時間練習していたんだけど、間に少しお休みを取ったので、ひどく疲れずにはすんだ。まあ体調にもよりけりだけど、基礎体力がついたのであればよいなあと。

4日は日暮里サルーでレイナさんのサルサイベントにちょっと出てきました。今まで家の近くのバス停からいってたから、ぐるっとまわって15分以上かかっていたのだけど、少し家からは遠いけどバスのルート的にはショートカットなバス停からいったら、約5分で到着。これは早い。天気も悪くなるというので人手が心配されたけど、ものすごい混雑で大盛況。やっぱGW、みんなイベントを求めてるんですね。今回のような形での(生演奏じゃない)ライブはある意味邪道だし、ライブの本質には遠いのだけど、イベントを盛り上げるにはいい手段かな、と思っている。自分が経験してきたヒップホップとかでは、クラブではオケでのライブが主流で、メジャーになるとだんだんバンドで活動できるようになってくる。そのスタイルが定着してきたから、シンガーもDJもダンサーもふくめて、ヒップホップというカルチャーは日本に根付いたと思っているし、サルサもそんな存在になってくれたらと思っている。(特にサルサは、音楽をやりたい人には新規参入がとっても難しい分野だし、だから似たようなメンバーで動いているし!)

ダンスとライブの融合、と色んな人がいうけど、実際は結構大変だ。だから、自分の身の回りでちょっと歌えるところから裾野を広げて、バンドのライブを経験してくれる人が増えたらな、と。

投稿者 yuquilah : 12:59 PM | コメント (66)

May 03, 2004

ロスト・イン・トランスレーションでサントリー

アカデミー賞も取って話題の東京が題材の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を見に行った。まだ単館での上映なのですごい大混雑。というかGWだけあって映画全体大混雑のようだった。

ほのぼのとした、心温まる映画。そして東京、外国人から見たトーキョーという街の不思議さが「なるほど」とばかりに描かれていてて、思わず笑ってしまう。街の風景を切り取るとき、ぜったい日本人は切り取ろうとしない風景がそこにはあって、ゲームセンターやパチンコ屋の電子的なサウンドがあふれ、日本語と英語のはざまで多くの言いたいことがカットされ、せわしないビジネスマンがいるかと思えば、古い伝統もしぶとく残っていたり、不思議に国境を渡り歩く自由人もたくさんいる。
ストーリーはどってことないんだけど、たぶん私が東京という街に感じている魅力とその不思議さがあますところなく伝えられている。

惜しむらくは、なんとなく無駄なカットが気になるとこかな。何のためにシャーロットは京都に行くの?東京でもああいう荘厳な雰囲気の場所はあるし、特に気持ちの変化的に意味がないんじゃないかなあ、とか。トーキョーが舞台なら最後までその流れでいってほしかった。

ところでこの映画で全編フィーチャーされるのがサントリーのウイスキー「響」。主人公はこのCMに出演するという設定なのね。この商品ってアメリカでもメジャーなのかしら?そして偶然にも、その後JRE関係の飲み会が催されたのが新宿の「響」。もちろんサントリー系列のお店なわけね。ちょっと高いけれど雰囲気もお食事もおいしいところ。それにしても眼下に新宿駅のホームをすべて見下ろせるというシチュエーション、うちらが鉄道好きって見抜かれてた??

投稿者 yuquilah : 11:48 PM | コメント (69)

May 02, 2004

横浜2往復

どこまで書いていいんだかわからないことが多い週末だったんですが。

いや〜今年はベイスターズただいま単独首位!
って思うときくらいしかハマっ子でないくらい、最近は横浜から離れていた。
もちろん駅くらいまではなんだか用事もあるんだけどね。
中学の仲間との同窓会あつまり、高校の仲間の結婚式とあって横浜に2往復。すごく変わっている部分もあれば、変わらない部分も。やっぱ昔の仲間はなんだか変わってないなあ。私も変わってないといわれるが、なんとなく変わってしまったような気が。もう今では、東京に「帰る」という気分になっている。

そして新たなバンドの結成会。どんなことになるんだか、非常に楽しみ。色々新しいコンセプトのことができればいいなあと思う。

で、大ショック!な、なんとジェニファー・ロペスの新恋人はマーク・アンソニーだった!!!!マークつい最近まで結婚してなかったか?子供もいなかったか?思わず"No me ames"を口ずさんでしまう。ていうか次のライブでは絶対この曲、やらなきゃだよなああ。

投稿者 yuquilah : 10:35 AM | コメント (66)