August 31, 2005

錦糸町河内音頭大会にいってきました

今年は先日の練習の成果を出すべく?30,31日の両方とも錦糸町の河内音頭大会へ。

今週は相変わらず仕事でも忙しかったのですが・・・錦糸町はものすごい盛り上がり!
途中天気が悪かったりもしたのですが、ガード下の場所だったこともよかったし、屋台もバラエティに富んでいて楽しかったです。
なぜかサルサつながりの方々にもお会いしたりして。
今までも音頭大会に行ったりはしつつも、踊りの基本がわからなくて大変だったりしたんだけど、今回は講習会にいったおかげで、色々自分なりに味付けも加えて楽しく踊れました。若い人でやたらうまい団体も多かったけど、かなり「よさこい」関係の人々が多かったですね。でもこうやって日本のお祭りを盛り上げて、盛り上がっているのってとてもいいことだなーって思います。

それにしてもトリの鉄砲光丸師匠はやっぱり素晴らしかった!あの声量、自由自在な節回し、本当にほれぼれします。大阪では音頭取りはロックやR&Bのシンガーをやっていることも多いのだとか。なるほどね。
いっぱい踊って気持ちよかった。でももう体力限界です・・・。

投稿者 yuquilah : 11:28 PM | コメント (0)

August 29, 2005

渋谷2往復(BlogPet)

今週渋谷で仕事中なの方とか、ないですはめなど流れている
ご飯を2往復しなかった
(ちゃんと昼ご飯を食べられなかった)
と、ユキーラは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:20 AM | コメント (0)

August 28, 2005

Gerald Albright来日!

昨日からの続きで体力的にも限界がきているにもかかわらず、ブルーノートに行ったのはサックス・プレイヤーのGerald Albrightが来日したから!スムース・ジャズの素晴らしいサックスプレイヤーはたくさんいるけど、正直、ミュージシャンうけのいい人はあまりいない。そんな中で、誰と話しても「あの人、いいよね」といわれるのがGerald Albright。

彼との出会いはもう10何年前になるのだけど、私が好きな曲ベスト5に入るほどのJohnny Gillの"My, My, My"という曲をやっていたから。

Dream Come True
Dream Come True
posted with amazlet at 05.08.31
Gerald Albright
Atlantic (1990/12/08)
売り上げランキング: 82,424

この曲ではスムースな印象を受けるけど、良く聴くと次のライブ盤ではスタンダードをごりごりきかせたり、とトラディショナル・ジャズ/スムース・ジャズ、ラテン、ファンクのフレイバーを本当に素晴らしく表現できる人。

で、肝心のライブは。それはそれは素晴らしく、至福のときをすごしました。メンバー全員の演奏が素晴らしいのはもちろん、バラードからファンクまでを曲にあったスタイルで吹き分けるのはさすがです。
また、お客さんもよかった!この手の音楽のライブでよくありがちな「なぜか前の方に男の熱狂的ファンが陣取り、雄叫びをあげる」(笑)ってパターンだったんだけど、客席とのインタープレイも多くて、いろんな遊びをやるたびに盛り上がりが高まる。
最後のアンコールは定番「ジョージア・オン・マイ・マインド」をブルース〜ファンクにつなげてオールスタンディング。やっぱり1日しか東京公演がなかったから、熱気が集中したのかしら。
今年のダントツでベストライブですね。

セットリストはこちら

投稿者 yuquilah : 03:05 PM | コメント (0)

横浜サルサナイトグランデ〜ソモロマキシモのリハ

で、ようやく12時をまわったころから「横浜サルサナイトグランデ」がはじまりました〜。

今回はほとんど知り合いのバンドばかりで、和やかなモードだったんですが、自分の演奏的にはあまりにも納得いかず。リハがなかったとか夜遅かったとか言い訳はいくらでも出来るんでしょうが、そんな条件をクリアしてなんぼ、なのですから責任転嫁はできません。
事実、他のバンドの演奏はすばらしかったのですから。
今回は前半ではあまりにピッチが悪く、後半の3曲くらいでようやく本来の調子が出せたというのも、アップ方法の課題ですね。リハで歌いすぎても本来の力は出ないのですが、やはり2時間くらい前からきちんと声をどこかで出しておかないといけません。
まあ、でも幸い来週もまたライブですので、リベンジできるようにしなくては!

朝は爆睡して、体を引きずって歌のレッスンに通ってから、ソモロマキシモのリハ。半分以上がライブで一緒だったメンバー。ある意味テンション低目ではありましたが、こないだのコロ練の成果はでたようなきがします。

そして一路ブルーノートへ・・・まだまだつづくのですが、これはまた分けて書きましょう。

投稿者 yuquilah : 11:38 AM | コメント (0)

August 27, 2005

サンバを見てからライブに行こう

サンバといえば浅草!というくらい定着してしまった浅草サンバカーニバル
なんと25周年なんだそうですね!それだけ多くの世代、多くの人がこのイベントに関わってきたわけです。

徹夜イベントなので、昼過ぎまで寝ていたのですが・・・いかん、買い物にいってない!と外に出るとすでに黒山の人だかり!まだまだ最初の小学生の鼓笛隊のパレードですが、やはり保護者方が集まっているのでものすごい人なのです!
サンバの周辺はすごい人ですが、お店自体はそれほどの混雑でもなくて、ゆっくり買い物。そうこうしているうちに友達の入っているサンバチームが来る時間になったので、沿道で観戦しました。
サンバというと華やかなパシスタ(ダンサー)が思い浮かびますが、実際はキャラもの(かぶりもの)などもいっぱい出るので、子供たちはそちらで大喜び。「結構ディズニーランドみたいねー」などと周りの家族連れは喜んでいました。しかしお米買ってから何分も見ているのはしんどかった・・・(爆)
結局その後は家からも結構見られることがわかり、ベランダから観戦しつつディテールは台東ケーブルテレビにお世話になりました。こりゃいいですな。

さて、サンバでもりあがったところで、デラカンダがライブするクラブチッタ川崎へと向かったのですが・・・。

投稿者 yuquilah : 11:11 AM | コメント (0)

August 26, 2005

河内音頭練習会に参加!

仕事は何とか早く終わったのでかねてから参加したかった河内音頭の講習会へ@錦糸町。
来週の火、水は東京随一の河内音頭祭りが錦糸町で開かれるのです!
2年前くらいからマイブームになっている河内音頭、八尾のお祭りにいって感動し、去年は錦糸町でもちろん参加したし、もちろん今年もと思っていたのですが、色々情報を調べている間に講習会の話を知り、参加してきました。

関西方面の方はご存知かもしれませんが、河内音頭は常にライブ!先日愛知万博では三味線ロボットをバックに河内屋菊水丸が歌っていましたが、あのように音頭とりが櫓で交代で歌う、まさに日本のラバ・ダブなのです。そして踊りの方もなかなか奥が深い。講師の柴山とも子先生は、最初から最後まで明るく楽しく、迫力ある踊りを見せてくれます。ベーシックなステップというのはあるのですが、それを男っぽくやったり、女っぽくやったり、それぞれでアレンジして、さらに男女組になってのワワンコーみたいな駆け引きをする踊りもあるのです!あっというまの2時間近く、とても楽しかったです。

今後この手の音楽をやるためのつながりも出来そうだし、今後も楽しみ、そして本番の祭りが楽しみ。

さて、今週も終わって少しはゆっくり・・・なんていってるヒマはなく、早速来週の仕事の予定が続々うまっています。ていうか河内音頭の日も夜まで会議・・・なんとか早く終わらせないと。

投稿者 yuquilah : 05:34 PM | コメント (0)

August 25, 2005

渋谷2往復アゲイン(台風のおまけつき)

1日ゆっくり渋谷で仕事・・・と思ったところ、夕方からデモするためのマシンがトラブル。幸いもう1台のデモマシンを持っている先輩がつかまったので、日本橋まで取りに行くことに。しかし、本当に助かりました。おかげで前向きな話もできたし・・・
少しは忙しさのピークも過ぎたのでしょうか。いや、まだかな?
9月4日にはデラカンダの「禁煙サルサ」のライブも増えたし、夏休みまで週末もヒマなし?

夕方から本格的な台風モードになっても、
「雨足が 強まってなお 美登利寿司」

私の愛用している路線検索サイト駅探で「駅前プログ」がはじまりました。非常にまちあるきに特化した、まちあるきのプロのBlogですね。
私もしっかり下町あるきのプロといわれるようになりたい!(めざせアド街出演)

投稿者 yuquilah : 07:19 AM | コメント (0)

August 24, 2005

渋谷2往復

今週は基本渋谷で仕事中なのですが、途中打合せとかいろいろあって、日本橋と渋谷を2往復するはめに・・・今日は暑さはあまり感じられないとはいえ、さすがにばてました。
(ちゃんと昼ご飯を食べられなかったのも大きな理由ですな)
美登利寿司はいつ見ても行列だねえ・・・
ところで渋谷って、青山方面に行く方とか、宇田川町の方にはふらっとお茶できるいい場所があるんだけど、どうも道玄坂近辺に見つからないのです。チェーン店さえ、やたら狭い店舗が多くて。コーヒーとケーキがふつうにおいしく食べられる場所、ないですかね?

カラオケ屋からはプリプリの「世界でいちばん熱い夏」が流れている。もしかしてリバイバルヒット中?今取り上げたのって結構タイムリー?

投稿者 yuquilah : 12:01 AM | コメント (2)

August 22, 2005

帰りました(BlogPet)

きのうKeiraが、発見するはずだったの。
そしてきのう、経由したよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:32 AM | コメント (0)

NICIプレオープン

nici.jpg
↑かつての近鉄バッファローズみたいだけどお魚のマスコットです。妙にかわいくておきにいり。

今週は渋谷で仕事。
とにかく忙しくて、Blogがなかなか更新できず、すみません。
友人の会社が新しく表参道にオープンしたドイツのギフトショップNICIにいってきました。
このお店、本当にキャラがかわいいのです!とにかくいろんな動物があるんだけど、とにかく愛らしい。そして、手触りもとてもいいのです。
ドイツのHPもかわいいです!

今年はドイツ年だし、自分としてもドイツに行ってなんとなくドイツに縁があるのかな?

投稿者 yuquilah : 08:09 AM | コメント (2)

August 21, 2005

帰りました

愛知万博経由で京都〜大阪から帰ってきました。
とにかくものすごい体力使いました。疲れたけど、楽しかったー。
そしていろいろ発見もありました。
というのに帰りには逗子海岸にいってたんですが(笑)
徐々に書いてく予定です。

投稿者 yuquilah : 08:03 AM | コメント (2)

August 20, 2005

大阪トレインビュー

さて京都から一路、新快速で新大阪まで。大学時代のゼミ合宿ご一行様に合流して、交流を深めよう?というところ。しかしいやー速い!速い電車大好き(爆)
関西って平均的に電車のスピードが速いですね。だから福知山線のような事故が起こってしまったともいえるのですが・・・F1を見ていても、速いのが好きっていうのは人間の基本的欲求のような気がします。

新大阪は新横浜よりはマシとはいえ、いまいちお茶を飲んで時間をつぶすにも苦労しますね。ホテルの会議室で後輩の研究内容などにつっこみを入れつつ午後は過ごしました。でも研究というものに集中できるなんてうらやましい。
同じ会社兼このゼミの方には「いずれ戻ってくると思ってるんだよねー」とか言われましたが、まあ、よっぽどお金と時間がありあまらないと、学校には戻らないでしょう。十分長くいたってのもあるし、以前やっていた分野の続きをやる気はあまりないのです。プチリタイアは夢ですけどね。

夜は十三に移動して飲み会。十三といえば大阪随一の歓楽街、というかあまり治安のよいイメージはありませんが、今回いったCASA GALAXYという場所はすごい!淀川沿いのタワーマンションの最上階にある、ペントハウスのような場所なのです。今回は貸切だったので、すてきなインテリア、そして素晴らしいリバービューをひとりじめ!いやあ、この団体、なぜかこういう店のチョイスはいつもおしゃれ。

と思ったらですねえ、
「おおー、阪急電車競争してるぞ!」
の声。
そうです。ここは、すばらしいリバービューと同時にトレインビューだったのでした・・・。素敵なお料理を楽しみながら、途中では異様に盛り上がる交通系トリビアクイズ大会。やっぱマニアだよ・・・(笑)

その後は淀川沿いで花火して盛り上がったりして、なんだか青春だよなあ。

投稿者 yuquilah : 08:43 AM | コメント (0)

August 19, 2005

まずは愛知万博〜京都

今回の目的はいちおうお盆時期だし、お墓参り(@京都)もいっとかなきゃ、というのと、ちょうど大学の後輩たちがゼミ合宿を大阪でやっているというので、合流して飲むということ。
ということで、大阪きたら教えてね〜とかいってくれてた人とは全く会えずだった、かなり忙しい旅でした。

が、最初は夜行バスで愛知万博へ。
というのもわけがあって、この時期、繁忙期だから新幹線は全く割引が使えない!回数券もアウト!なので交通費が高い。うーんどうしよう、と思っていたところ、やはりここは「夜行バス」かな?と思って探していたら、愛知万博まで直行してくれるバスを発見。これが格安3800円で、バスマニアのバス氏には「あのバスの運営は労働条件がひどいから危険だ!」と注意されたんだけど、愛知万博まで直行してくれるというのが急に魅力的にみえて、さらに19日は中米ナショナルデーってのもあって行くことに。

さて、バスは8時前に会場に到着。案の定駐車場近辺は何もなし。でみんなすでにぞろぞろ歩いている。会場は9時だけど、それまでにしっかり並んでおこうということね。おかげで朝から暑い日差しの中を1時間近く待たされるはめに。あー、これは帽子必須!

まず向かうはEXPOドーム。今日は中米ナショナルデーで、11時から式典とアトラクションでSONSAX含む中米のミュージシャン、ダンサーの公演が見られるというのだから行かなくては!!しかし会場広すぎ。すでにばてていたが、EXPOドームでは長蛇の列。そして私の目の前で整理券がなくなる!!おいおい、これを見に来たのにー。と思っていると、とりあえずキャンセル待ち券を配られた。
周りの人の話を総合すると、中米7カ国のナショナルデーということで、姉妹都市の関係者ばかりでほとんど席がうまるそうな。とはいえ、実際は結構がらがらだったので、キャンセル待ちの人もほとんど入れた次第。よかったー。
案の定最初は大統領や日本の代表団のあいさつなど。しかし各国を代表する大統領閣下方、ほんとうにかっこいい方ばかり。しかもラフなスタイルでもとてもよくお似合い。
後半のアトラクションは、まずマリンバのアンサンブル。これが豚の皮を共鳴管に使ったものだとか。素朴な音ながら、変化に富んだ音楽を聞かせてくれる。次にホンジュラスの民族舞踊団。現地の文化にスペインのエッセンスが溶け込んで、華やかでとても美しい踊り。そしてお目当てのSONSAXはゆっくり始まったけど、曲が進むごとにのりのり。4人のサックス隊が前にいったり後ろに行ったり、マーチング・バンドのような動きを見せてくれる。でもやっぱりサックスアンサンブルがいちばん生きるのはメレンゲだなーって思ったんですが。

とりあえずこれを制覇しただけで十分疲れ、JR東海のリニアに行きたい!と思うも移動するのにIMTSの「30分待ち」に気分が萎えてしまい、近場の外国館から順に制覇していくことに。
とはいえ、ですねえ。人気のドイツ館などはすでに120分待ちとかで、基本的に自由に中の展示を見るようなものしか入れないのですよ。
カナダ、オランダなどの映像モノはなかなかアーティスティックでしたね。子供は「意味わかんなーい」とか叫んでたけど。感覚的にカッコイイとかオシャレとかで感じるしかないでしょう。
当然ながら中南米はかなり制覇しました。キューバ館ではやたら濃いラムコリンズを飲み(汗かきすぎて全く酔わない)、ドミニカ館ではメレンゲレッスン。なぜかアルゼンチン館のタンゴを逃して残念。

それにしても外国館のレストランはどこも長蛇の列。まあ、いいか。東京ならどの国の料理でも食べられるし。みたいなあきらめの境地に達しました(笑)

その後帰りは楽しみにしてたリニモ!ということで長く乗るために藤が丘に出ることに・・・で、リニアモーターカー・・・??あんまし「ゆりかもめ」とか「ゆいレール」と乗り心地変わらんよ!なんかリニアモーターカーってもっと夢のある乗り物だったのになあ。
去年も(名古屋ライブで)乗った東西線にゆられて、名古屋駅から新幹線。いきなり乗ったら40分で京都に到着!速過ぎ!

投稿者 yuquilah : 06:55 AM | コメント (0)

August 17, 2005

女性誌に見る「あなたはなぜサルサを踊るのか?」

少し前になるのだけど、友達から「ヴァンテーヌ」にサルサの記事が載っていたというので切抜きをもらいました。「オトナの女入門学」というシリーズで26歳の編集者が毎回いろいろなものに挑戦する連載で、サルサというのがあったんですね。

ところで「あなたはなぜサルサを踊るのか?」と聞かれたら、これはもう「音楽を楽しむため」にほかならないわけで、私の場合は絶対音楽主導。サルサの音楽にノリたいから、より楽しみたいから踊るのであって、音楽を楽しませてくれる余裕のない踊りってアウトなわけですよ。で、私が過去に習ってきた先生って基本的にそういうスタンスの人が多かったので、あまりその考え方に疑問をいだかなかったんです、今まで。

ですが、この記事を読んでガーン!って感じ。女性にとってのサルサは「美しさを見せつけ」「賞賛のまなざしを浴びる」ためのものなんですって!ようは(パフォーマンスという形じゃなくても)見せるために踊っているということ。そりゃあ音楽を少し犠牲にする部分もあるわけです。以前も某バンドのリーダーと語ったのですが、サルサダンサーがライブに来ない理由として、「ライブじゃ音楽が主役だからね、踊っている人が主役になれないじゃない。踊る人は自分が主役になれる場所で踊るのよ」ということをいっていましたが、その仮説が裏付けられた形です。

だけど、それも一理あるじゃないですか。ダンサーとしてはやはり踊る場で輝きたいもの。音楽を楽しんでいる踊りは美しいんですが、多数いる中で目立つにはやっぱり派手なことしなくちゃいけない→技をきわめたい、というのはごく純粋な欲求なんですね。

そこで、ようやく先日のデラカンダの練習で出た「ダンスフロアーオリエンテッド」の意味がつながってきました。そう、「ダンサーがいちばん輝いて見える音楽を演奏する!」というのがこのバンドの役割で、それにようやく自信が持てるようになったのです。「それって面白くないんじゃない?」とも言われたんだけど、目的がはっきりすれば、それを追求するために職人魂がめざめてくる。ダンサーのイマジネーションがふくらむような演奏、選曲、ステージング。今まで音楽がリードする音楽のことしか考えてこなかったけれど、ダンスによってリードされ、輝く音楽も素敵じゃないですか。しばらくはそんな部分にフォーカスを当ててみようかなーと思っています。

でもやっぱ自分が踊るときは音楽ちゃんときけなきゃいやだし、腰弱いのであまり激しいディップもやめてください(笑)。翌日整体行きなんで。

投稿者 yuquilah : 12:47 AM | コメント (5)

August 16, 2005

Jorge Vercilo〜Signo de ar

昨日逗子ですっかり気に入ったJorge VerciloのCDが欲しくなって新宿のディスクユニオンへ。ここのラテンフロアはいつ行っても誰かしら知り合いがいることで有名。で、今回も例外ではなく(笑)
普段はもっぱらサルサとか、いわゆるスペイン語ラテンしか買わないんですが、ブラジルものを買うなんて何年ぶりだろう!昨日DJ氏に見せてもらったのは、彼の最新作"Signo de ar"(残念ながら日本のアマゾンなどでは取り扱っていないもよう)だとすぐに判明したため、もちろんお買い上げ(しかしそこでプラスキューバものなど買ってしまい1つじゃすまないところがこの店の誘惑だ)。

ブラジルMPB界でDjavanフォロワーと呼ばれているらしいけど、一曲目"Ultra-leve Amor"(逗子でかかっていた曲)は、一緒に聴いていた人いわく「スティーヴィーっぽい」だと。確かにコード進行とかそれっぽい。さらにジョージ・ベンソンぽい曲とかマイケルっぽい曲とかあるんだけど、彼のプロフィールを見ると、この3名が好きなアーティストにあげられているのだからあーなるほどって感じね。

久しぶりにきいた、全編を流れる幸せ感たっぷりのアルバム。キャリアからしても私と同い年か、もう少し上かな?というところなんだけど、同じ時期に同じような音楽を聴いて育った人なんだろうなーってのがはまるポイント。80年代R&Bのきれいなサウンドにポルトガル語ならではの甘い響きが重なって、イヴァン・リンスあたりが好きな人にはおすすめ間違いなしですよ。

投稿者 yuquilah : 12:04 AM | コメント (2)

August 15, 2005

逗子でもデスカルガ

お盆です。やっぱりすいてる都内に限ります・・・と思ったらここは観光地なんだった・・・。東京に遊びに来た人がいっぱいいます。まあ、でも都内の電車はすいてます。ラッキー。

大雨のお告げがありつつも、仕事を振り切って(だって誰もいないし)逗子海岸へ。そう、いつものオアシス・ラティーノ海の家です。当日までどうなるのか、果たして私が参加できるかもわからないので全く宣伝してませんでしたが、ちょっとしたラテンセッションをやってきました。

イベントはおなじみの神田ラキ・ア・ゴーゴーの姉妹店、茅ヶ崎のエルマンボが主催。もっとばりばりラテンナイトかと思いきや、最初のDJさんはブラジルMPBのキモチいい曲をかけてました。特にかっこいい!と思った曲を教えてもらったらJorge Verciloという人のでした(うわ、超かっこいい!)。その後レゲエDJに変わって、ゆるく、でもテンションのあがるダンスフロアー。うーん、この後何をかまそうってのは非常に考えちゃいました。

リハもなしの一発だったので、演奏に関してはいや、難しかった・・・。普段から一発で出来て、「アゲられる」のと「クールダウンできる」メニューを仕込んでおく必要があるかもしれませんね。それでも海は楽しかったし、まあ楽しくビール飲めたんで、今回はOKということでしょうか。天気もよかったので、いろんな意味で行ってよかったです。

逗子は全くもっていい天気だったんですが、東京に帰ってきたら相当降ったようですね。ありゃりゃりゃ。

投稿者 yuquilah : 10:21 AM | コメント (0)

8月に入って・・・(BlogPet)

コンディションとかいい大変と、結構出演前はストイックに過ごします
全員をしました
今までも週1投稿するように設定した経験しなかったのですが、一人でいる・・・
ユキーラがあるので
、出演する側に終わると体力もしっかりあって、しのぎを削るのがいい形だと思いますが
Keiraたちが、精神などしていたんだけど、ちょっとした間違いで動かず
ようやくちゃんと投稿しなきゃいけないか、踊り、DJ、バンドなどを設定しています
と、Keiraが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:23 AM | コメント (0)

August 14, 2005

生枝豆最高!

edamame.jpg
金、土と忙しかったので一日家のことをしてゆっくり過ごしました。

うちの近くのスーパーはとにかく野菜が安い!だから買い物にいくとついつい野菜を買い込んでしまうんだけど、最近はまっているのが生の枝豆。
以前から不精な私は冷凍ものを解凍して食べることしかしてませんでしたが、あまりに生の豆が安いので買いこんで、お客さんが来るときに出したところ大好評。ちゃんと豆の甘みがある!
本当に塩茹でするだけだから、手間もかからないし、小腹がすいたときのおやつや夜食にしても、お菓子を食べるより栄養もいい。すっかり気に入ってしまいました。
ビールを一緒に飲んでしまわないように気をつけないと〜。

投稿者 yuquilah : 11:42 AM | コメント (0)

August 13, 2005

ダブルでバンドリハ

昨日遊びつかれたにも関わらず、昼12時〜合計7時間のリハ。
まずは真野倫太郎ソモロマキシモ。4月のライブに比べるとずいぶん新曲が増えました。そして振り付けも変わったり、増えたり。このバンド全体的にオーバーアクション(笑)が多いので、歌っている量にかかわらず消耗がはげしい。しかしこれだけショーアップをしっかり考えているサルサバンドもなかなか無いと思いますよ。こちらは次のライブまで1ヶ月。とりあえず課題が見えた感じで、練習メニューを考えなくては。

下北沢に移動してごはんを食べた後(この街はいろいろあっていいね!)今度はデラカンダの練習。今回は集まった人数が少なかったのだけど、いろいろ細かいディテールにこだわった練習。新曲をただ仕上げるだけでない、こういう練習も必要ですね。今回はヴォーカルが1人だったので、スタミナ的にもつらい部分はあったんですが、それもよし、ということで。

このバンドはあくまでダンスフロアーオリエンテッドのバンドなんだよね、という話が出ました。私はなかなかこのバンド、サルサファンには受けても音楽的な評価を受けにくいところに悩みを感じていたんですが、踊る方だっていい音楽でないと踊れないわけで、「みんなが気持ちよく踊れる音楽」を演奏することにフォーカスを当てたうえで、音楽的な課題を解決していけばよいのではないか、と。
8月27日は夜中になりますが、楽しく踊っていただけるように、演奏します!

この2つのバンドは(以前から宣伝しておりますが!)9月25日(日)の千葉サルサカリエンテで両方ライブをやるのですよー!

投稿者 yuquilah : 03:30 PM | コメント (0)

August 12, 2005

アランカンド&Reggaeton Barrioはしご

休みから帰ってきた人と会議をすると、大体休みの話になって
「どちらまで?」「いや、ちょっと軽井沢まで」なんて話になる。最近は軽井沢も駅前はただの都会となっていて、全然避暑じゃないんだそうな。そういえば、私が通っていた中学の近くには「軽井沢」という地名がありました。(横浜市西区)年に何十回も「軽井沢」に行っていたことになります(笑)

さてさて、怒涛のライブ観戦ウイークも大詰め、アランカンド@クロコダイルを見にいく。
今回はメンバーがかなり刷新されていて、なかなか新鮮な感じ。最近きいているサルサがどちらかというと派手派手な音ばかりだったんだけど、アランカンドを聴くとびしっとしまった、コシのあるサウンドのよさが伝わってきますね。歌もパワーアップしている感じ。このバンドを見てていつも思うのは、「アゲアゲじゃなくてもアガる」ということ。それが出来るのは純粋に、一人一人がうまいからなんでしょうね。

その後JZ Bratに移動し、(なぜか大雨)Reggaeton Barrioというイベントに。
今回は1年前に見たDonnaというアーティストがレゲトン・スタイルでライブをやるというので、それが目的に行ってみました(ちゃんと1年前から注目してたのよ!という証拠)。
Donnaはダンスホール・スタイルのシンガーとしては、日本女子で1,2を争う実力でしょう。でもご本人にも少し声をかけさせていただいたんですが、アウェイなイベント、って感じでかなり緊張してたみたい。だってサルサのアーティストは「よーよーよーお前ら良く聴けよ!」なんていわないもんね(あ、今度機会があればやっちゃおうかな・・・絶対ドン引きだな)でもレゲトンチューン「マヤカシ」は彼らなりのサウンド作りで個性しっかり出てるし、前もきいたCome on babyもまた聴けたのであたしは満足。でも彼らはあくまでレゲトン・アーティストじゃないからさ、レゲトンを期待しているお客さんとの距離感はあるよね。むずかしい。
ちなみにMuzieで彼らの曲きけますよー。

普段会わないような人といろいろ話して、サルサとは違うモンで、久々に限界まで踊りました。たのしかった〜。クラバーだったころの感覚がよみがえってきましたよ。

投稿者 yuquilah : 01:12 PM | コメント (0)

August 11, 2005

今度はアダーサも

レゲトンもサルサと同じくとーても男社会です。まあ私は2年位前からレゲトンレゲトンって騒いでたんですが、そのときからIvy Queen以外女子がいなくて、なんちゅうか、お手本にしたいスタイルってのが多く見つからなかったわけです。そんな中、今年はレコード会社各社がやたらレゲトンをプッシュしております。(なんかランバダみたいにただのブームにならなきゃいいけど)で、その中でををっと思った女子レゲトンンシンガーがAdassaさんというわけです。

そのAdassaがプロモーションで来日&ミニライブってことで、ちょうど招待券ももらったし、行ってみることに。大々的なプロモーションイベントということで、結構業界人ぽい人も多く集まっていました。
スタート時間が前の予定と微妙だったんですが、お約束どおり押してくれたおかげでばっちり。おなじみのYayi&Popiがバックダンサーとしてシェイクしまくり。
Adassaはとにかくかわいいし、歌うまいし、ダンスホールスタイルでも普通のシンギングでも両方いける。存在的に華があります。ああやっぱりこういう人がシーンに出てくると一気にもりあがるのだなあ、と。ミニライブといいつつも、かなりの曲数やってくれて、最後はアンコールまで。とてもフレンドリーで好感度もかなりアップなライブでした。

カーマスートラ
カーマスートラ
posted with amazlet at 05.08.12
アダーサ タイーノ ミジョマスター
ユニバーサルインターナショナル (2005/07/21)
売り上げランキング: 7,237

明日もレゲトンナイトに参上予定なので、ライブ後は早めに切り上げ。
個人的には、レゲトンでロックダンスを踊っている人がいて、それがなかなかかっこよくて、レゲトンってつくづくフリースタイルなのだなあ、と実感。レゲエもサルサも細分化しているように、ヒップホップの細分化のひとつとしてレゲトンって形が、自分ではしっくりくる。

投稿者 yuquilah : 10:32 AM | コメント (0)

August 10, 2005

ロス・バン・バンをみたぞ

いやー、熱かった!盛り上がった!足がぱんぱんです。

なぜか1ヶ月ほど前、会社で隣の席の人が「今度キューバから来るバンド見にいくんです〜」といわれ、「もしかしてバンバン?」といったら?という顔をされたのだけど、話をきくと日程的にもビンゴ。彼女は真野倫太郎ソモロマキシモ(当時は小児科医デラサルサ)のライブを見て、ラテンに結構興味がわいてきたとのこと。そんなわけで、とうていバンバンを一緒に見にいくとは想像できなかった人とスタジオコーストに向かったのでした(笑)

当日も「20時スタートだから」とタカをくくっていたら、他の人から「デラルスは19:15スタートらしい!」とメールが来たので、あわてて早い時間に出発。新木場の駅には、もう「こりゃバンバンだな」という格好の人があふれていたので友達が「どう考えても会社帰りとかじゃないひとばっかりですよね」と。うーん、会社で着替えるタイミングを失ったのが残念。

会場につくとすでにデラルスのライブがはじまっている。前座にしてはもったいない演奏。新曲の日本語サルサ、結構はまるね。そしてスペシャルなダンスパフォーマンスに続いて、バンバン登場!のっけっから盛り上がる!
この後の公演に行く人も多いでしょうから、内容の詳細はあまり語りませんが(というか説明できるものではないのね・・・)ステージ、客席一体となって結構最初から最後までアゲアゲでテンションの高いステージだったな。ヴォーカリストもそれぞれ個性がでていてかっこよかったし、ヒット曲続出で盛り上がる!最後にEsto te pone la cabeza malaで盛り上がるのはお約束って所でしょうか。
ただアンコールが無しってのはちょっと残念!これから毎日休みなしで1週間くらい、日本中を旅するので初日は様子見だったんでしょうか??

それにしてもバンド関係者がかなり勢ぞろいして、ライブ後は駅前で即席お茶会?新木場ってその後飲んだりお茶する場所がないのが残念ね。デニーズ一軒でもでもできれば相当もうかるでしょうに!

投稿者 yuquilah : 10:43 AM | コメント (0)

August 09, 2005

焼肉パーティー@ラキ

以前から神田のラキアゴーゴーで焼肉食べたい、といっていたところ、ちょうど常連Yさんがキューバから帰国ということで、これまた常連のMさん、Sさんに合流。
ここはインターナショナルな感じのアジアンフード中心の飲み屋ながら、元焼肉屋という条件を生かし、最近は焼肉メニューがある。しかも、安い!月〜木ならカルビが390円とかいう、安い焼肉チェーンにも負けない値段。だからといって質もあなどれなくて、リピーターが多いというのもうなずける。
キューバ話だけでなく、いろいろ人生の役立つ話(?)などもききつつ楽しく飲み会。大規模デスカルガは難しいかもしれませんが、ちょっとしたセッションはこれからもやりたいですね。Soulもやりたいし!
・・・でも炭水化物食べずに肉を食べると胃がもたれる。

ふと目がさめたらちょうど男子400mハードルの決勝。大雨の中、サンチェスが途中棄権、為末が銅メダル。勝負のすごさを改めて見た感じ。
テレビでいっていたのは、外国の一流選手と日本人選手の違いは(体格はあるけど)技術じゃなくて、本番に持っていくための調整能力なんですと。調整能力、自分が足りないと思う部分ですね。体力つける、とかいう漠然とした目標じゃなくて、きちんとアスリートが組むようなプログラムを実践したいな。

投稿者 yuquilah : 10:23 AM | コメント (0)

August 08, 2005

今度は世界陸上

今週はいっぱいライブを見にいったり、夜の予定が目白押しです。
さて、世界水泳が終わったと思ったら世界陸上ですね。夜更かしが多くなってしまいそうです。
ところで、私は一時期陸上をやっていたことがあるんですよ!3ヶ月くらいだけど。アメリカの高校はシーズンスポーツ制なので、春から夏しか陸上シーズンがないのです。なぜ年中練習しないくせにあんなに強い奴ばかりいるのだ(笑)

しかし意外と知らないのが、競技にかんする英語です。まあ、トラックのほうは100mは100metresだし(こっちの綴りなのね)、ハードルはhurdlesでそのままなんですが、フィールドの方は難しい。
High jump(走り高跳び)、Long jump(走り幅跳び)などは簡単なところですが、
Pole Vault (棒高跳び)
Discus throw (円盤投げ)
Javelin throw (やり投げ)
Shot put (砲丸投げ)
だそうです。日本語をそのまま訳すと通じないのですね。

投稿者 yuquilah : 10:20 AM | コメント (0)

久しぶりでなってるハウスに!(BlogPet)

前、土俵などをヴォーカルすればよかった?
徒歩2
と、Keiraは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:27 AM | コメント (3)

August 07, 2005

スター・ウォーズ3〜シスの復讐

池袋のサンシャインシネマで「スター・ウォーズ3〜シスの復讐」を。
特にスター・ウォーズ・フリークってわけじゃないんですが、なぜかエピソード1からはしっかり全部映画館で見てます。とりあえずヘイデン・クリステンセンとナタリー・ポートマンというだけで結構十分見る動機にはなるのです(やっぱりおとぎ話は美しくなくては!!)。
「ベルベット・ゴールドマイン」で「アウトローな青年」として好きになったユアン・マクレガーが説教くさいオビ=ワンになったり、「交渉人」などの素晴らしい作品で演技派なところを見せるサミュエル・L・ジャクソンが悟りを開ききっているマスター・ウインドゥになったりという違和感にはそろそろ慣れたものの、まあこのシリーズでは若い2人に注目してしまいます。エピソード2のラストの結婚式のシーン、美しすぎて涙が出たもんね。
さてこの後はネタバレ含むので・・・

まあ、スター・ウォーズですからツッコミ所満載なのは何もいいません。そもそも未来的なのか前近代的なのかよくわからないし、なぜ最後はライトセーバーで戦うのかもよくわかんないし、でも映像かっこいいし、迫力あるから許すか、みたいな。
しかし、メッセージはなかなか大人向けの「善とは何か?悪とは何か?」というところに行き着いて、考えさせられます。(そこのライトセーバーで遊んでいる小学生、わかっているんかい?)ここでは常にジェダイが善の象徴、シスが悪の象徴なのですが、シスの論理の中での「平和」とか「安定」ってのも存在するのです。暗黒卿はしばしば「真の平和が訪れる」とか「真の民主主義」ということを口にしながら、子供たちを虐殺するようなことも平気でやってのけます。シスにとっては善と主張してとんでもないことをやっている、というのはどこかの国の政治でもありそうな話です。ただ、愛するパドメを守ろうとしてダーク・サイドに堕ちるアナキンは、ちょっと理由が弱い気が。もっとリアルにパドメを守らなければいけない理由が欲しかったし、「こんなんだったら最初からまともにジェダイやってりゃいいじゃん」って思うんだけどなあ・・・まあ、エピソード4から先はすでにあるわけで、設定には限界があるんでしょうが。

ところでサミュエル・L・ジャクソン今度「アフロサムライ」も主役を張るそうですが、スター・ウォーズで武士道に目覚めたのか?

投稿者 yuquilah : 04:19 PM | コメント (0)

August 06, 2005

いたばし花火大会で未体験エリア制覇!

先週は自宅から隅田川花火を観賞したわけですが、外で花火を見るのも捨てがたいってことでいたばし花火大会へ。この日はいつも江戸川花火大会のほうにいくのだけど、今年は趣向を変えてってことで。
高島平って未体験エリアのひとつ。コミュニティ的には団地ブームでできた街で、狭い地域にものすごい数の学校があったりする。こういう住宅だけが集まる街って実はあまり好きになれないのだけど、自分が育った場所にはとても似ているので、なつかしさを感じる部分はあるのね。それに、荒川の河川敷はなんだかんだいって気持ちいい。

やはり大きな場所であげる花火は、規模も大きくて、隅田川とは比べ物にならないくらいの大物がたくさん上る。隅田川が数量で勝負なら、こっちは単発で勝負。見たことないような変わり玉もあって、見ごたえあり。
個人的には場所とりでやたら待つのは好きではないので、5時台にいってもそれなりにちゃんと見られる場所を確保できるのもポイント高い。でも、いい花火大会って年々混むんだよね(笑)

投稿者 yuquilah : 12:47 AM | コメント (0)

August 05, 2005

久しぶりでなってるハウスに!

夜の予定がキャンセルになったところに、仕事関係の先輩でもあり、素晴らしいピアニストでもあるザッキー・コスケ氏から「今夜ライブあるけど、どう?」とのメールが入ったので入谷の「なってるハウス」へ。
前の家からだと余裕で徒歩距離なんだけど、そこが引っ越した今では・・・(笑)とはいってもバスに乗るほどでもなくて結局家に荷物置いてから、歩いて行ったんですけどね。徒歩20分ですから。

なってるハウス、久々だけどやっぱいいハコですね。グランドピアノはいい音してるし、大目の人数のバンドでもしっかり舞台に乗るけど、全体を見渡せる。それでいて、ドリンクはお手ごろ!
食べ物がないので、食べ物は持ち込みOKらしく(笑)ライブ直前にお寿司の出前がやってきたり。なんか下町っぽくてほほえましい限り。

ライブはローズ・エマさんのパワフルでハイトーンがさえるヴォーカルをフィーチャーしてスタンダードナンバーを中心に。日本人のジャズ・ヴォーカルにはあまりない、スカっと抜けるような声が気持ちいい。ふっと思い出したのはジョイスのような感じかしら。昔の音楽仲間であるところのマスター、哲さんも貫禄のソロをきかせたりしてあっというまに過ぎていく。

ちょっと長居出来なかったので、打上も少しで帰ってしまったのだけど、お仕事だけだったらきっとつながっていられなかった人と、音楽という形でつながっていられるのはうれしいもの。音楽という土俵で対等に取り組めるように、頑張りたいとおもいました。

投稿者 yuquilah : 10:57 PM | コメント (2)

August 04, 2005

新しいもの、いろいろ

待望のiTunes Music Store開始!もう、これをどれだけ待ち望んだか〜。
もちろんいままでもいろいろあったけど、So-netで決済できるから使ってたmoraとかPCかSony製品しか使えないんだから、不便たらありゃしない!こういうとこ使う人のこと考えてないんだよねえ。

ちなみに私はPCではiTunes(最近オンリー。)ですが、プレイヤーはiAudio&iriver。なぜかiPodユーザーではありまへん。家にオレンジのiMacを飼ってる、Macユーザー(でもintelに魂売ったからもうしらない)としては当たり前のごとくiPodを買うつもりでいたのですが・・・やっぱミュージシャンに録音機能のないもんは使えませんよ。録音機能のあるiPod出たら、絶対買いますが・・・。

この使い勝手で、この値段体系なら、間違いなく月20曲くらいは買うでしょう。(とはいってもワールドミュージックの充実度はあやしいので、とりあえずJ-Pop専門でいくかもね、しばらくは)それに、プレスせずに配信だけで自分の音楽をリリースすることも、もっと身近にできるかも。レコーディングにつながる創作活動、もっとしなくちゃ!

投稿者 yuquilah : 10:54 AM | コメント (0)

August 03, 2005

陳麻家全店制覇だ!

chinma_meguro.jpg
ある教室で初心者向けのヴォーカルレッスンを見せていただくことになり、目黒へ。
レベルの違うグループレッスンをどうマネージするかを見せてもらったのだけど、本当にその先生は的確にアドバイスをする。一方で、生徒さんは高校生ばかりで、うまい子が多いんだけど、人の歌は全く聴かない、興味を持たない。人が歌っているときには席を立ったり、友達としゃべってたりする。グループレッスンとはいえど、先生は1人1人をみていくから仕方ないのだけど、グループならではのメリットを生かしてほしいなあ。自分だったらこうしようとか、この人はこんなところが魅力だな、とか観察することってすごく勉強になると思うんだけど・・・それを高校生に求めるのはムリなのかしら?

いつも五反田でいきつけの陳麻家だけど、実は目黒にもあるのです。権之助坂をちょうど下ったところ。ここは坦々麺も食べられる店、ということで麻婆豆腐との半々セットをたのむ。あれ、五反田より値段が安くないか?味は全く変わらない気がしました。これで陳麻家全店制覇。五反田なんて仕事がないと来ないもんなあ。あと何回食べられるんだろう。でも、目黒ならまだ来る機会も多いかな。

投稿者 yuquilah : 01:55 AM | コメント (2)

August 02, 2005

近所で焼肉!いいねえ

作業が早く終わって帰ってきたら友達が打合せを申し込んできたため、近所の焼肉屋であうことに。
徒歩圏で食事に困らないのは最高だけど、自炊率は減っているかもしれないなー。
ともあれ、友人が亡くなった事件についての捜査がまだ続いているということには驚き。
当事者がみんな亡くなった事件だから、真実が完全にわかることはないだろう。だけど、今後のことを考えて真実を知って、再発防止策をとってほしいという願いがある一方で、関係ない個人情報が暴かれることへの懸念はずっと持っている。
死んだ彼女は、それを望んでいるのだろうか?それがずっと心にひっかかること。

加害者でも、被害者でも、事件とは関係ないことや、余計なことばかり報道されるのが目に余る。
菊間アナのNEWS事件だって、未成年者を飲みに誘ったことが問題であって、菊間アナの年収は問題じゃないじゃん、とか・・・。事件の本質って言うより野次馬的な興味とかジェラシーみたいな記事が多くて、週刊誌もテレビも見る気になれないんだよねー。

つくばエキスプレスの駅の出口があちこちに出来ている。気づけばあと3週間で開業じゃないですか!
秋葉に行くときくらいしか使い道はなさそうだけど・・・。

投稿者 yuquilah : 11:57 AM | コメント (2)

August 01, 2005

8月に入って・・・

もう8月!早いものですねえ。と思ったら先に「こうさぎキーラちゃん」が↓のような気の抜けることを書いている・・・。
今までも週1投稿するように設定していたんだけど、ちょっとした間違いで動かず。ようやくちゃんと投稿してくれるようになったということですね。しかしこういう意味のない文章って妙にいやされますが。

最近いろいろな人とサルサのイベントをやる難しさについて話をしました。
どのようなスタンスで(イベントとしてペイできるものをやるか、ボランティアベースか)やるか、踊り、DJ、バンドについてどう考えているか、他のイベンターがやっていることをどう思っているのか・・・などなど。
色んな場所で出させていただく度、イベントを企画している方は本当に大変だなあ、という風に思います。色んなスタンスの方はいますが、やはりバンドを大切にしてくれる方とやるのはうれしいですね。
同時に、バンドの人間もイベントを作っている人たちにこたえるため、努力&感謝しなきゃいけないな、とあらためて感じました。

私はライブの時のコンディションを作るのがすごく大変なので(本当は体力もしっかりあって、飲んでも騒いでもパーフェクトに歌えるべきである、とは思うのですが、何度もそれで失敗した経験があるので)、出演する側に回ると、結構出演前はストイックに過ごします。本番近くなるとあまり人ともしゃべらないし、一人でいることも多くなります。逆に終わると体力も精神力もフルに使い果たしてしまい、飲んでまったりと過ごしてしまうことが多いです。なので、なかなかイベント自体をフルに楽しんでいるように見えないのが残念なところなのですが、それはやっぱり「より良いステージができる」ことに重点をおくべきだろう、と割り切っています。それでステージをやっている瞬間が楽しければいいのです(笑)

個人的には、イベントもバンドもすそ野が広がって、しのぎを削るのがいい形だと思います。全員を満足させられるものなんて無いのですから。細分化して、いろんなタイプのものが出てきて、それでお互い手を組んだり、認め合えるところで一緒にやっていけば、もっと楽しくなるのだと思います。
ただ、サルサという音楽の楽しさを伝えるには、まだ別のいい方法があるんじゃないか、という気はしています。

投稿者 yuquilah : 03:33 PM | コメント (0)

カレー曜日はつづくよ(BlogPet)

きのうKeiraが、ユキーラは目黒に変更したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:16 AM | コメント (1)