May 31, 2006

マイブームはドイツ

ワールドカップ直前、世の中ではドイツブームを反映してドイツワイン、ビールフェアとなってます。私がよく行く酒屋も例外ではなく、ゼクト(ドイツのスパークリングワイン)とかいろいろ購入。しかし、やっぱりゼクトはほとんど種類がない!先日銀座のドイツワイン専門店でも値段が5ケタの高級品ばかり。3000円くらいで、ルビーレッドのゼクトが欲しいんですが。

以前からブログを見ていただいてる方はご存じかもしれませんが、1年前にドイツ行って以来私的にはドイツブーム。
以前はあまりゲルマン系の国には興味なかったのですが、酒はうまいし、ご飯はうまいし、かっこいい人多いし、電車はかわいい!まあでも今年はさすがに出張も有り得ないので自宅でドイツ料理ですが…

ところで、ドイツ料理にいつもついてくるザワークラウトってキャベツの酢漬けではなく、発酵して酸っぱくなるって初めて知った!自宅では電子レンジにかけたキャベツにお酢かけて食べてたけど、間違っていたのね…

投稿者 yuquilah : 11:45 PM | コメント (5)

May 30, 2006

新川ランチ★パート3&燃えてる人々

ついに先日行ったLATINOのランチを制覇!日替わりはレッドカレー、しかも私好みのチキン、竹の子、フクロダケのコンビネーションでした。
この店の素敵なところは昼っからチャランガ・アバネーラがかかっていたりすることですよ。こんな店、八丁堀ではありえないもんね!
ところで隣の「中国屋台十八番」はいつもいっぱいで、1時すぎても並んでます。そんなに有名なの?
今度昼からミーティングとかないときに時間ずらして行こうっと。

夜は同期の友達が来月からMBA留学ってことで、その壮行会。
彼とは実は別の会社の面接試験で知り合って、なぜか縁があって同じ会社になって、しばらくは職場も離れていたのだけど、気づいたら隣の部署、っていう不思議な関係の人。とにかく頭のよさはハンパなくて、同期からも一目置かれる、社長候補生なのです。

ところで最近周りに頭いい人が多いんだけど、本当に頭いい人と話しているときの特徴って
「自分が頭よくなった気になってくる」
ってことじゃないでしょうか?ハンパに頭いい人と話してる時みたいに、うわ、こいつイヤミとか思うことがないんだよね。むしろ自分も気持ちよくしゃべれるの。そして、自分の中でもあまりクリアじゃなかったことが話しているうちにクリアになるんだよねー。そういう人々に恵まれてるって幸せなことかも。

やりたいことが明確であれば、お金とか時間とかは後からついてくるもの、っていってたよね。
そういうことを言い訳にしてできないことが増えてく人生、もったいないじゃない。
前向きな人と前向きな話ができて、とてもトクした気分。

投稿者 yuquilah : 11:43 PM | コメント (2)

高校生バトン(BlogPet)

先日はいかんを自立しなかった
2つの高校になっていないけど一緒に住んでいる方の話の対比からいろいろ思うところがあって面白かったです高校生バトンや感じとかを対照しなかった?
と、Keiraが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 05:06 PM | コメント (0)

May 29, 2006

Sinaran〜光

疲れたから休みたい〜ってモードの時に限って終電まで仕事(-_-;
しかもごはんも食べられなかった・・・(帰りにようやく解禁になったカレー食べたけど)
「並、大盛、特盛」とあると並を選んでしまうのですが、
「小盛、中盛、大盛」とあると中を選んでしまいます。なんとなく、「ごはん少なめ」とかって自分としては許せないんだけど、もうちょっと炭水化物を減らさないといかんなあ、と。

こういう疲れたときってついついレゲトンきいてアゲアゲで余計眠れなくなる(しかもコーヒーとか飲んじゃったり)という悪循環に陥りがちなので、マレーポップのSheila Majidを聴いてみます。もう20年以上ものキャリアを持ったマレーシアの歌姫。
彼女のSinaran(光、という意味。ちなみにマレー鉄道の特急にもSinaranってあった)という曲と出会わなかったら、マレー語なんてやらなかっただろうなあ。いちばん最初にきいたのは忘れもしない、J-WAVEの朝の番組(ジョン・カビラの)です。いい意味でユニヴァーサルなポップスの魅力と、マレー語の響きの美しさをもった曲です。シーラ・マジッド、実業家としてスパとか経営したりして、あんまり歌は歌ってないときいたけど、結構現役みたいね、よかった。

マレー語ってとってもキラキラしていてかわいいんだよね、聞いていて。もうすっかり忘れてしまったけど、また勉強したいなあ。とりあえず、マレー料理食べたい。(新大久保の新世界という店がマレー語クラスでの飲み会に良く使われてましたが、すでに閉店)

シーラ・マジッド/シナラン
シーラ・マジッド
東芝EMI (1989/09/27)
投稿者 yuquilah : 11:47 PM | コメント (2)

May 28, 2006

早起きで1日仕事

早起きした日曜の朝ってどうも政治討論会とニュース番組しかなくて、起きて早々悲惨な事件を見るのもなんだかなーって感じなので仕方なく「仮面ライダーカブト」を見てしまったのですね。

最近のこの手の番組は大人向けに作られている、というけど、なんだ、この昼ドラのようなストーリーは!
主人公酒飲んでるし(いいのか、こんなシーン見せて!)、怪獣が出てくる必然性が全くないぞ!
まあこれでターゲットにしている子供を持ってるお母さんって私くらいの年代の人も多いわけで、そこにヒットする俳優さんを持ってくるのは良くわかりますが、もうちょっと子供の目線でストーリーを作ってもいいのでは、と余計なことを考えてしまいます。
(が、実際自分の子供のころを考えると、やたらませたドラマとか見るのが好きだったよね。「金妻」見てると追い出されたから再放送でひそかに見てたりとか)

朝からバンドのリハもあり、その後とあるビデオの撮影に参加。
なかなか思うように行かない部分もありつつ、でも貴重な体験でわくわく。
自分たちの場は一瞬でしたが、本当に手際よく進みます。
まあ、ここまで来たら楽しむっきゃないでしょう。
昔はこういう制作のバイトもやってましたが、改めてたくさんの人の力で成り立っているんだなーと。

投稿者 yuquilah : 11:42 PM | コメント (3)

マンテキライブで横浜へ

5月も最後の週末というのに肌寒い。なんてこったい。
今日は横浜でMantequilla Perroのワンマンライブがあるというので横浜まで。先日も流山のイベントで見たのだけど、雨で野外だったからあまり集中して見られなかったし、やはりワンマンならではのいろんな面白企画があるのでは、という期待もあったしね。

がっつりとしたドキドキ感。

そんなものを感じさせてくれるバンドですね。
古きよきプエルトリコ・サルサを踏襲しつつ、マンテキらしい遊び心がいっぱいの笑いが絶えないステージ。

ネタといえば、実は直前にマンテキのリーダーからありがたいオファーをいただき、ある曲に参加させていただけるということに。
というのは実は、ソノーラ・ポンセーニャの名曲(そして歌詞の内容からも30代以上の未婚女性の共感を一気に集めている!)Ramonaを大胆にもサンプリング(?)した日本の曲がありまして、その内容ときたら・・・!という通称A.S.P.Sという曲があったからなんですね。これをリーダー宅ではじめて聞かせていただいたときは大爆笑!思わず「コーラスやりたーい」とかいってたのを覚えててくださったんですね。しかも過激にアレンジされたヒラ歌までいただけるとは!
ええ、やっちゃいますよ。黄金町出身ですから・・・(爆)
でもね、マンテキ演奏がいいからこの場の中にいるだけで楽しいんです、ホント。
歌詞の内容はとんでもなかったですけどね・・・(^^;

まあ、ここまでいってもマンテキのライブを見たことない方にはなんのこっちゃ、でしょう。
気になる方はぜひ一度見に行ってみてくださいね。

とある事情により12時までには家にいなくてはいけず、残念ながらフィナーレの盛り上がりを見られずに失礼。あー、ごめんなさい。

投稿者 yuquilah : 01:43 AM | コメント (8)

May 25, 2006

新川ランチ★パート2

超いい天気〜(もたないらしいけど)なのでまたまた新川方面にランチ。
私がランチエリアと思っているのは、交差点で言うと「霊岸島」というあたりです。
(地元の人しかわからないかな?)距離はあるけど、なにげに信号をあまり渡らなくていいので、茅場町駅に行くより楽なことが判明。

gofuku.jpg
今回は新しく出来たらしい、小さな和食やさん「ごふくの丘」。日替わりのエビカツ定食です。
おしゃれに盛り付けられてるのと、味噌汁が具沢山でおいしい!これで800円てのもいいです。(ご飯おかわり自由なので食欲旺盛な方にもおすすめ!)
カウンター席がほとんどなので、2人くらいで飲みにきたりするのも素敵じゃないでしょうか。かくれがっぽいのもポイント高いです。

なんか新川ランチくせになりそう!おいしそうなところを制覇するだけでも結構時間かかりそうで、当分退屈しないかも。といっても梅雨になったらあまり出歩けないからな・・・。

夕方某所で、昨日のライブで大儀見さんが歌いながらコンガ叩いてたのが、どっちもうまいんだよねーって話をしていたところ、「歌とパーカッションを常に一緒に練習した方がいい」といわれました。どっちも単独でできるようにして、後でセットに・・・というやり方だと、単独でやることに体が慣れてしまってよくないんだとか。最初はヘタでもゆっくりでもいいから、セットでやる曲はセットで練習しろと。ふーむ、なるほど。
ちょっと試す価値はあるかしら。

投稿者 yuquilah : 11:48 PM | コメント (7)

May 24, 2006

SWINGOZANDO!レコ発ライブ

特に意味はなく、仕事をちょっとお休み。
出かけてやりたいことがたくさんあったので、家での仕事にもせず、お休みをとってしまいました。
おかげでうちの裏のうなぎ屋で昼間から「もしもツアーズ」のロケに遭遇!いきなり坂下千里子、関根勤、天野っち、青田典子というビッグな人々が出てきました(笑)下町の味めぐりツアーだそうです。放送も気になるし、あのうなぎ屋も気になる!

そして夜は、そうです!SALSA SWINGOZAのCD発売記念ライブ@クロコダイルです。ちょうど1年位前にレコーディングライブが行われたんですね。その様子がCDになったのです。こりゃあチェックするしかないでしょ!
実はクロコ、結構久しぶり。ミュージシャン友達もたくさん集まっています。

もちろん演奏はCDの中からの曲を中心に。いきなり"Oyelo que te conviene"はパルミエリの曲で、デラカンダでもやっている曲だけど、原曲のような速さではないのに、気持ちよくバイラブレ。トロンバンガの重厚感もあって、下から突き上げられるようなグルーブ。
歌、リズム、ホーン、どのパートのどの人をとってもかっこよくて参ってしまいます。
実はいわゆる「サルサ」じゃなくて、ボレーロやチャチャの曲も多いのよね。そんなスロー〜ミディアムの気持ちよさも改めて感じました。
アンコールもたっぷり。終電ギリギリの時間までやってくれて、大満足。
ライブが聴けなかった方、せめてライブアルバムで雰囲気を味わってはいかがかと。

いいライブはたくさん聴いているけど、この客席の近さと一体感と、ものすごい演奏なのに妙にアットホームなのと。これがクロコの良さなのかしら。
うーん、またサルサが歌いたい!

投稿者 yuquilah : 11:13 PM | コメント (5)

May 23, 2006

新川ランチ★ストリート

仕事場のランチ仲間がいなかったので、外に出ることにしました。
最近はこういうとき、茅場町に出てたのですが、雨も降っていなかったので、昨日の「ラティーノ」のあたりまで出ようと思い立ちました。

この新川という土地は、ランチ的にはなかなかエキサイティングです。
ちょっとした路地裏に和洋中なんでもそろっていて、五反田並みにあなどれない雰囲気。
最近は高級なマンションも増えて、生鮮食品もついにポロロッカが出来たので買えるようになったし、生活するのも悪くない場所になりました。
八丁堀っていうと、どうしても大江戸マニアとしては「八丁堀の七人」とか奉行所の捕物帳を思い出してしまうのだけど、なんだかすっかりモダンでクリエーター系も多いみたいです。変わったのかな。

実はラティーノのあった並びは数軒よさげなお店が並んでいました。2日つづけてカレーもな・・・と思ったところ、ちょっと素敵なバーでオムライスランチをやっています。FUFURIN'S Bar & Dinerというところです。オムライスのソースがハーフ&ハーフなんかに出来るのも素敵。カウンターに座っていたら山のような種類のウイスキーが見えたんだけど、ウイスキーだけはまだ未体験ゾーンなんだよね。たまーにボトルキープしてる営業さんとかに飲ませてもらうけど、まだおいしさをわかっておりません。
誰かウイスキーのおいしさを教えてくださる人、募集中(笑)

そして店の外に出たら、なんだか気になるこの看板。
fufurin.jpg

写真では見えないけど、その下に
「ちょっと男前のバーテンダー、います。」
って書いてあるの(笑)

「家に帰っても、オレはいねえぞ。」→だからここに飲みに来ればちょっと男前のバーテンダーに会えるってわけね。ちょっと笑えるけど、憎めないキャッチコピー。確かに店員さんはちょっと男前だったかもね。
あ、ちなみにこれ見て入ったわけじゃないからね!出てから気付いたのよ!

店にはジュディマリの「そばかす」なんか流れていてなつかしくなっちゃった。お昼の音楽にはOKだけど、夜入るにはかかっている音楽に左右されちゃうかもね。アイズレーなんかかかってたらもう、最高。


投稿者 yuquilah : 11:37 PM | コメント (5)

May 22, 2006

ラテンなトーク@LATINO

妙に女子トークづいてる1日。めずらしいけど、こういう運気の日もあるみたい。

お昼は久々に同期の子とランチ。この1ヶ月くらいなにげに都合が合わなくて会っていなかったのだけど、やっぱりこういうの楽しいです。彼女と会うと話きいてもらってばかりなのよね。ありがとう。
今度はぜひクラビングしましょう♪

実はやんごとなき事情で今週1週間は仕事がえらい勢いで降ってきそうなんだけど、何とかスキを見て早めに抜け出して、八丁堀へ。バンド仲間J子にスペイン語を見てもらうという名目で、八丁堀唯一?そしてマニアには有名?なラテン系カレー屋、その名も「ラティーノ」へ。八丁堀って和食とかいいお店があるイメージはあったけど、こんなラテンでいいお店があったのね。
いきなりBGMが超かっこよくて、お店の人にきいちゃった。KETAMAですって。

Toma Ketama
Toma Ketama
posted with amazlet on 06.05.23
Ketama
Universal Latino (2000/09/12)
売り上げランキング: 4,094

フラメンコポップ、といわれたけど、なんかブラジルのりもあるオサレ系ラテンて感じかしら。かなりヒット。でもこれ、誰かに聴かされた気がするのよねー。

メニューはカレーとスパイシーな料理全般、というかんじで、わりとボリュームがあるため、数品でおなかいっぱいに。次回はカレー以外にも挑戦したいし、ここならちょっと足をのばしてランチも可能。カウンターがあるから、一人でふらっと行くにもOKだと思います。

結局本題は最初の1時間で終わり、残りは楽しいトークで大いに盛り上がりまくり。なんだかんだいって似たような運命におちいりやすいんですかね、私たち(笑)。

投稿者 yuquilah : 11:29 PM | コメント (4)

May 21, 2006

松戸のライブ→またリハ

朝からヴォーカリストitemae氏率いるLos Trovadoresが松戸でライブっていうので顔を出しに。(松戸近いのよ〜)
6人編成なのにしっかりサルサしていて、とてもかっこいい。
彼らの練習量はハンパじゃないし、メンバーもつわものぞろいなんだけど、これだけのバンドをまとめてるってのは同じヴォーカリストとして尊敬します。すごい!

実は朝からイベントがある、ってのは盲導犬のチャリティーだからだったわけで、会場には盲導犬がいっぱい来てました。きちんと訓練されているだけあり、盲導犬はみんないい子たちで、飼い主さんといいパートナーシップをきずいているんだなーって思いました。彼らもお仕事モードとプライベートモードがあるんだそうです。なんか人間よりしっかりしてるよな、えらいぞ。

その後移動して彼らの打ち上げに一緒に参加させてもらう形で昼間から飲み。またかっこいいサルサ談義と、おいしいお菓子類で盛り上がって、いつものごとく刺激を受けたのですが、夜はリハなので早めに失礼。

リハのほうは先週に引き続いて、新バンドのリハです。ここのところ、つめて練習してます(笑)
今回は無事全員そろって、エンジンかかるのも早くなってきたみたい。
やっている間はみんなに無茶ばかり言っているのですが、正直1週間でここまで良くなったのは感動です。そのわりには自分はやっぱ小物持たないで歌った方がいいらしく、全然課題クリアできてないじゃん!と反省。
とにかく頻繁に顔あわせて一緒にやるのが大変なようで、近道のような気がします。みなさん、しばらくの間辛抱を。

投稿者 yuquilah : 11:28 PM | コメント (5)

May 20, 2006

赤レンガいってきました

横浜サルサダンスコンテストというのがあったので行ってみることに。
直前までどうなるか予定がたたなかったのだけど、ライブは絶対外れなさそうだったので行ってみました。
そういえば赤レンガ倉庫って1年ぶりか。去年はデラカンダが出演したんだものね。
(とはいっても去年とは違うイベントなんだけど)

歩きたくないのでバスで行こうとしたんだけど一向に来ないので、結局電車で。うーん、交通の便はやっぱりよくない。でも近代建築大好き人間にとっては、横浜の、近代建築がいっぱい残っているところって大好きなのよね。赤レンガもいつ見ても最高。
(「あぶない刑事」のクライマックスがいつもここだったよね?)

今回はダンスコンテストがメインということで、色んなダンスも見られたんだけど、思ったとおりライブは最高でした!コンキスタンドは以前も対バンで度肝を抜かれましたが、今回ヴォーカルも1人増えてパワーアップ。ラティーノならではの自由自在なソネーロ、うらやましい。今度アルバムも出すそうですが、正統派のサルサをしっかりきかせてくれるスタイル、今後も要チェックです。
寿永アリサさんのバンドはというと、日本のサルサオールスターズっていうようなメンバーでした。だって全員がリーダーバンド持っているようなメンバーだものね。結構有名な曲が全開なライブでしたが、ラテン魂が全開で、いい味が出ていること!一流ってこういうものなんですね。実はライブを拝見したのは初めてなのですが、かっこよさに脱帽。

パフォーマンスに関しては、ホントいろいろだったんですが、やっぱLAの優勝カップルのパフォーマンスは感動しました。なんつうか、ストーリーですよね、ほんとに。美しい、切ない。技もすごいけど、独特の世界観はダントツだったと思います。しかしあのHerida、日本人が歌っているよね。Son Reinas??

夜勤明けのせいかアルコールを飲む気もしないほど体調がよくなかったのだけど、やっぱいいライブを見ると元気が出ますね!

投稿者 yuquilah : 11:04 PM | コメント (2)

銀座緊急集会→長い夜

sanja.jpg
浅草はいよいよ三社祭!駅も三社気分。年間通して浅草がもっとも燃えるときです。
昨年も近所は三社一色でしたが、やはり浅草からは遠かったので、今の場所の熱気にはかないません。祭り好きとしてはやっぱり下町が大好きと思える瞬間。

結局前の日眠くてすごーい早く寝てしまったため、昼までも寝られず結構早起きのまま、でもやることはやれず(爆)という感じ。さて夕方からは大学時代の仲間4人と銀座BAR LAZYにて緊急集会。というのも毎年滞りなくやっていた同窓会の運営に支障が起こる出来事がいろいろあったから。きわめてある人の個人的な理由なんだけど、年1回のことで、みんな忙しい中を調整している中で困るよねえ・・・。

まあ本題以外は久しぶりの仲間も多かったんで、マニアックかつ面白い話で大盛り上がり。
ぜひぜひ次の藤沢での交流会も、京都合宿も実現させようではありませんか。
(富山→京都ルートね)

その後夜勤でオールとあいなったわけですが、結局何も起こらずひたすら電話番。
といったところで隣のチームの当番の人とほとんど雑談して眠気をさましていました。
まあ意外な趣味の話とか、いろいろ盛り上がりました。
いろんな人からも深夜用といって差し入れをいただいたんですが、ビールはちょっと・・・(笑)
途中で飲むわけにもいかないし、終わってから飲むのも胃がきついし。
ま、無事に終わってよかったです。

投稿者 yuquilah : 04:31 AM | コメント (2)

May 18, 2006

陳麻家VS陳麻婆豆腐

今ちょっとした問題対応で24時間体制になっていて金曜夜は深夜0時〜6時当番になってしまいました。ま、どうしても金曜の夜19時〜の当番と土日がイヤだったからだけど。昔は月1くらいでふつうに夜勤していたけど、仕事かわってからオールの夜勤は久しぶりだわ。まあ、明日は昼間ゆっくり休めるのでその点はよしとして。

東中野に注文していたある品物を取りに行くついでに、新宿の地下でごはんでも、と思っていたらなんとバンド仲間のJ子に遭遇!ちょうど別件で会おうといってたところなのでびっくりしました。

どうしてここに来てしまったかというと、「陳麻婆豆腐」が見えたからなんですね。
実は周囲でひそかに、「陳麻家派」と「陳麻婆豆腐派」の論争が起こっているのです。
私はもう誰もが知るところの陳麻家ファンなわけですが、一緒に食べにいった人の中では「陳麻婆豆腐のほうが辛さもあっておいしい」というウワサで、これは一度食べに行って白黒はっきりさせねば!と思っていたのでした。
値段は700円なので、ほぼ同じ。たしかに、陳麻婆豆腐は色が黒い感じがしますが、辛さの度合いが薄い、これは辛くないのではなくて、コクがあまりないような気がする。とろみはこちらの方があるけどね。
やっぱり陳麻家の方が好きだなあ〜でも最近食べてないから近々食べてきちんと比較しないと!

そしてまたひとつ、驚いたことが!
新宿MY CITYっていつの間に「ルミネエスト」に変わっていたのだ!!
確かにJR系の駅ビルだけでもいろいろあってルミネとアトレはどう違うんだ?とか思っていたんだけどね。

投稿者 yuquilah : 11:26 PM | コメント (7)

May 17, 2006

赤坂アコースティックナイト

朝から「とくダネ!」つけたらJuanesが歌ってたよ!本国コロンビアではスーパースターで女性がキャーキャーっていうけど、正直私にはぴんとこなかったので前回の来日時もふーん、って感じだったのですが、実際聞いてみるといい歌だね!音楽もいいし、詞の世界も深い。

Mi Sangre
Mi Sangre
posted with amazlet on 06.05.18
Juanes
Universal Latino (2004/09/28)
売り上げランキング: 17,604

友達のシンガーθが赤坂の素敵なお店November Eleventhでライブ。
阿木耀子さんがオーナーのお店で、かなり有名なアーティストも出ているし、フラメンコのライブでも有名。赤坂って渋谷、新宿とも、違った魅力のある場所。
昔は赤坂ノアで個人練習することが多かったから、よく行ってたんだけど最近はごぶさたかな。
彼女のライブは何度もきいているんだけど、ライブはカバー中心の前半、オリジナル中心の後半と雰囲気も違って楽しめました。曲にも恵まれているし、どんな曲も彼女の世界にしてしまうのはさすが。
場数を踏むごとに成長しているのもよくわかります。

それにしても風邪っぽいので早めに退散。
今週初めあたりからあまり調子よくないな。だれか風邪の人いたっけ?
夜中のサッカーはあきらめてさっさと寝ます。

投稿者 yuquilah : 11:06 PM | コメント (2)

熱狂の?五月場所無事終了(BlogPet)

ユキーラは
私が最近いろんなジャンルでライブになっているピアニスト、もつさんから「高校生バトン」なるものがまわってきました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:24 AM | コメント (0)

May 16, 2006

高校生バトン

部署の歓送迎会で大いに飲みすぎ。どうしてもワインが入ると悪酔いしてしまうのよね。
しかし結婚している方と、結婚していないけど一緒に住んでいる方の話の対比からいろいろ思うところがあって面白かったです。おたがいが自立した関係として一緒にいるってそんなに難しいことなのかなあ。先日も出た話だけど、男女は依存関係じゃいかんと思うのですが。

さてさて、私が最近いろんなジャンルでお世話になっているピアニスト、もつさんから「高校生バトン」なるものがまわってきました。

ちなみに私は日本(横浜)の高校に1年ちょい、アメリカ(ロードアイランド州)の高校に1年、帰ってきて日本の高校に半年ちょいという感じでした。2つの高校生活は対照的でしたね。よくもわるくも。でも今の自分のフットワーク軽さはこの時代から来ているのかなーと思います。
では、以下長文。

---------------------------------------------------------
1>部活動は何をしていましたか?
日本・・・合唱部でした。ハモリは当時も今も大好きですが、正統派の合唱曲はあまり好きになれず、、ひたすらネタ担当。「水戸黄門のテーマ」「日本昔ばなし」その他当時はやったJ-POP(ZARDとか?)よくアレンジしてました。
アメリカ・・・秋はクロスカントリー、冬はミュージカル、春は陸上。シーズン制なんですね。毎日10Km走っていたのに太っていました。なぜだ??毎週のように遠征して試合するのが楽しかったなあ。

2>委員会には入ってましたか? 何委員でしたか?
放送委員会でお昼に好きな曲をかけまくっていました。ん?これって部活だったのか?今でもみんな悪友です。

3>高校時代何人の人と付き合っていましたか?
いません(きっぱり)。あまり学校内に興味の対象がなく、大学生とかかっこよく見えましたね。当時は。

4>放課後はどのように過ごしていましたか?
歌う。ピアノ弾く。作曲する。
日本では帰りに元町、関内、横浜あたりに出てカラオケ、試験の後は食べ放題に行く!
アメリカでは車がないと動けないので部活と宿題がほとんど。

5>放課後、何回呼び出しをくらいましたか?
多分ない。あれ?あったっけ?忘れた。

6>アルバイトはしていましたか?
冬は毎年年賀状の仕分け。
近所のファーストフードやレストランでホールの仕事。
後はさまざまな賞金、賞品稼ぎ(これがいちばん稼げた)

7>進路相談は順調でしたか?
大トラブル!「国公立しかダメ」といわれてきたけど、アメリカ帰りでセンター試験の問題などできるわけありません。そこで面接トークで乗り切れる自己推薦入試に挑戦しようとしましたが、私立に行けるお金もなく・・・そこで奨学金でスポンサーをゲット(笑)これは本当にたすかりました。
さらに学校では「2年しか学校来てないやつに推薦は出せない」といわれましたが、まあ、結果的にはごり押しして合格しました。
あーほんとしゃべりが得意でよかった。

8>文系、理系のどちらでしたか?
建築がやりたくて理系志望だったけど、あまりの数学のできなさに文系に変更。
その後も文系か理系かわからない学科、マスターを卒業しましたが
ちゃんと理系に行けばよかった、とちょっと後悔してます。

9>高校時代の良い思い出は?
1年間アメリカで暮らせたこと。これはひとことでは語れません。
・パイプオルガンのある教会で毎週歌えた
・はじめてスポーツ系のクラブに入ってみんなと仲良くなった
・アメフトやホッケーの応援
・ワシントンDCへの1週間の旅行が楽しかった
・ニューイングランドという地域の魅力をディープに楽しめた(寒かったけど)
その他。とにかく生きる力がついたって気はします。

10>高校時代の悪い思い出は?
日本の高校で勉強も遊びも部活も、なんか中途半端にしてしまった。
あと本当はアメリカの高校を卒業したかった。

11>高校生のイメージは?
何をやっても体力がありあまっている。

12>あなたにとって高校時代とはなんでしたか?
野心にもえていて、自分は何でもできる!と本気で信じていた時期。
だから今では考えられないくらい大胆なことができました。

13>高校生に戻ってもらう人を5人。
うーん、どうしよう。高校時代の友人、見たらやってくださいな。

投稿者 yuquilah : 11:40 PM | コメント (1056)

May 15, 2006

初Cotton Clubでベノワ

いよいよW杯代表も決定!今回はようやく俊輔がワールドカップの舞台に立つのが見られてうれしいですね。
ところで野球では断然中南米大好きな私ですが、サッカーとなるとスペインかポルトガルです。まー彼らもラテン系ではあるんだけどね。

さて、仕事も落ち着いているので、早めに抜けて丸の内へ。
そう、昨日も紹介した大好きなピアニスト、David Benoitのライブがあるのですよ!
しかもブルーノートとかくるのかと思ったら、TOKIAに新しく出来たCotton Clubですって。
丸の内まではバスで行こうと思ったら20分くらい来ないので、てくてく歩いてたら着いてしまいました。所要時間20分なり。日本橋辺りは新しい建物がいっぱいできていて、圧倒されるけど面白い。

そういえばベノワが前回来日公演をしたのは10年前。(吉田美和のサポートで来たことはあったのだけど、単独公演はなかった)あの頃はうら若き大学生だったからね〜。ブルーノート半額だったよな。(しかも移転する前のブルーノート)

ハコのつくりはブルーノートとそっくり。高級感はアップ。(指定席は値段が違う!)
月曜なのでお客さんは少なかったのだけど、ベノワのトリオはいきなりヒートアップする曲をやってくる。
6月の新譜からの曲も何曲か。ピアノトリオとは思えないほどの音とリズムのヴァリエーションで、やる曲すべてぐっときます。
後半では大ヒット曲"Every step of the way"や"Freedom at Midnight"が飛び出し、テンションも最高に。アンコールではピアノソロでまとめてくれました。

Freedom at Midnight
Freedom at Midnight
posted with amazlet on 06.05.16
David Benoit
GRP (1990/10/25)
売り上げランキング: 66,282

ライブ終了後はすぐに出てきて気軽にサインに応じてくれ、お話もできました。
いやー、高校生のときからベノワ聴いてるけど、今でも最高です。でも一緒に行った人は小学校から聴きつづけているんだものね、キャリアが違います(笑)

投稿者 yuquilah : 11:27 PM | コメント (2)

May 14, 2006

練習モード

ライブが終わるということは次の練習が始まるということ。
疲れてはいるけど、このまま動き続けたいモード。

さて、ピアノのレッスンに行ったらなんと、ただいま来日中のDavid Benoit様が新譜を出されるとのこと!
6月下旬発売で、今回はなんと、あのJeff Lorberが共同プロデュース(キーボーディスト同士って面白いよね)!
その他の参加メンバーも大物ぞろいで、Nathan Eastがベース、そしてあのEliane EliasでもおなじみのOscar Castro-Nevesのギターが聴けるの!
Oscar Castro-Nevesといえば、この人のギターを聴いて思わずガットギター買っちゃったくらい美しいブラジルテイストのギターを弾く方。
なんだか最近、好きなアーティストがみんなジャンルを超えてコラボしているのをみると、自分も色々異種タッグを組んでやってみたいなーと思います。ヒップホップとか、レゲエとか。ロックも興味ある、最近。

その後は最近存在を明らかにしつつある新バンドのリハ。と思ったらピアノさんは欠席なので、これはもうリズヌ練(←この言葉の発端は真野倫太郎さんなんだけど、最近周囲の人々も普通に使い始めているのがコワい)です。途中でギャラリーもあらわれて、いきなり歌詞が差し変わることになったりもしつつ、でも最後はまとまってきたような。

いつも2時間過ぎると音が良くなるのよね。でもそれは練習すればよくなるってことで、回数重ねるしかないな、と思います。
私にとってもコロ歌いながら小物、くらいはあったのだけどカンタ歌いながらも小物は初挑戦で課題を感じます。
しばらくは毎週このメンバーでリハ。この機会にうまくなれるといいな。

今週は楽しい予定がいっぱい。仕事が忙しくなりませんように。

投稿者 yuquilah : 11:55 PM | コメント (2)

May 13, 2006

熱狂の?五月場所無事終了

mano0603.jpg
おぼろげながら盛り上がっている様子を。

真野倫太郎ソモロマキシモが約半年振りにライブ。しかも初の茨城県進出です。
土浦は荒川沖の、かなり有名なミュージシャンも出演しているラ・クラベ・カサ・デ・マロンにてライブ、いや五月場所?をとりおこないました。

常磐線特別快速で1時間、とにかくこのお店はひろくてビックリ!天井高くてビックリ!東京ではなかなかありえない、ステキなお店です。
今回は色々機材を持ち込んでのライブなので、メンバーが各持ち場に分かれてセッティング。

そうそう、今回は初のワンマンステージ。だから2ステージありました。
思ったより最後まで体力もあって、楽しかった!
雨なのにもかかわらずお客様はたくさん来てくださって、特に踊り好きのキューバ人たちが盛り上がってくれたので、他のお客様も一緒に盛り上がってくれていい雰囲気に。
とはいえ、音響トラブルなどもありながら、振り付けが倍増した状態で歌うのは、なかなか大変。
歌詞も振り付けもしっかり体で覚えていかないとな。また次までの1ヶ月、より楽しいステージを見せられるように、練習していきたいと思います。

まあ、反省をふまえて次回のステージが決まっているのはいいこと。
新宿はさらにパワーアップして行きますよ。

投稿者 yuquilah : 11:55 PM | コメント (5)

May 11, 2006

カホン初体験&新装ラキゴー

お友達が折りたたみ可能なカホンを買った!ということで公開していただきました。

cajon.jpg
ネットで買えるんだそうです。
横に蝶番がついていて、上が外せるようになっているので、折りたたむとA3のバッグにすっと入ってしまうのですね。しかも軽い、ということでその場にいた一同大感動。
サイズが小さめなので低音は弱いですが、音も(それなりの人がたたいたら)結構良かったです。

しかし、横に金具がついているので、側面があまり鳴らない、というデメリットがあり。
そこでみんなであーでもない、こーでもないといいながら、うまく分解、組み立てできつつ、側面に金属を使わない方法を考えました。日曜大工好きのHさんが試作品を作る、と張りきっていましたが、さて、どうなるやら?

夜はいつもお世話になっている神田のLAKI A GO GOがGW中にインテリアを変えて新装開店ってことで遊びに行ってきました。(このHPのレイアウトとはかなり変わったのです!)
なんと道端でスタンディングでも飲める感じで、店にも入りやすくなったと思います。夏は外で飲むのも楽しいかもね。ただ、あそこの路地、いかがわしい看板が多くて入りにくいのが玉にきずなんだけど・・・。

投稿者 yuquilah : 11:11 PM | コメント (9)

村田、じゃなかった

スムースジャズのラジオでラテンフレーバーでかっこいいのが流れていたのでメモ。
「村田でミアモール」
という歌が聴こえてきたのでなんじゃこりゃ!と思ったらリッピントンズ、だそうです。へえええ。意外。
リッピントンズは最近聴いてなかったからな。いつのまにラテンに走り出したんだか。

あ、本当の題名はMulata de mi amor(私の愛しい混血娘ちゃん?)です。

Wild Card
Wild Card
posted with amazlet on 06.05.11
The Rippingtons
Peak (2005/05/17)
売り上げランキング: 18,371

ちなみに歌は今年グラミー取ったWilly Chrinoですって。

投稿者 yuquilah : 10:17 AM | コメント (2)

踊りも歌も150%(BlogPet)

きょうKeiraは、浅草にライブとか練習したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:28 AM | コメント (0)

May 10, 2006

今年初サルサ

サルサといっても踊りじゃなくて、食べ物の方ね。
夏になるとやたらと作るのが、ゴーヤ料理とサルサ・メヒカーナ。
ゴーヤは下ごしらえさえマスターしてしまえばとっても便利な食材です。
これは去年もがんがん食べてましたが、実は自家製サルサは引っ越してから一度も作ってなかった!
ま、私の場合レシピも何もないくらいテキトーなんですが。

基本は赤、白、緑(メキシコの国旗!)なので、トマトと玉ねぎとハラペーニョをみじん切りにして、塩をふってなじませ、香菜を入れるのが本当なのでしょうが、生のハラペーニョって売ってないので通常はピーマンで代用して、ハラペーニョソースを使う。だがしかし、今回はなぜかピーマンを忘れてオクラを入れました(おいおい)。
こればかしはフードプロセッサーが大活躍。細かくしすぎないのがポイントです。

salsa.jpg
夏はこれをそうめんに和える「サルサそうめん」が定番なのですが、納豆をいれてもおいしい!
ごはん何杯でもいけます。バゲットにのせてもブルスケッタ風でよいし、肉のソースとしてからめて焼いてもおいしい、もちろんそのままサラダ的にもいける万能なものなんですよ。

ただし、作りおきがきかないのがちょっと・・・。

投稿者 yuquilah : 11:40 PM | コメント (0)

May 09, 2006

踊りも歌も150%

いよいよ真野倫太郎ソモロマキシモのライブが今週末ってことで、仕事後に振り付けの練習。

ところでよく会社帰りにジムとか行ってる方、荷物はどうしているのでしょうか。いつも気になります。
私なんて普通に持っている荷物も多いので、それに着替えと靴を入れたスポーツバッグをもう1つ持つと、どう見ても家出少女、いや、ヘタすると浅草のビニールハウスの方々と間違われそうないきおいなんですよ。ラッシュのあまりない都営線だから助かっているものの、これが日比谷線とかだったら迷惑極まりないんですが。

そんなわけで高田馬場ノアへ。今週はもう1回ここでリハだな。なんだか馬場づいてるかも。
振り付けは予想通り、というか予想以上というか自分が予習した分より動きが倍くらい多い感じ・・・。2時間しかないので全体をさらったのみですが、土曜までにいっそうの精進が必要ですわ!
これだけでも十分疲れたのですが、結構フルに歌いながらの振り付けが多いのです。人間としての限界をためされている感じ(笑)しかも2ステージ、ワンマンショーですからね。

そういえば、ちょっとだけプロモビデオ(都合により無音)が公開されているみたい。

10秒くらいのバージョン(10M)
50秒くらいのバージョン(40M)

見方(Windowsのばあい):リンクを右クリック>対象をファイルに保存でファイルを保存し、Windows Media Playerから再生するとうまくいきます。

投稿者 yuquilah : 11:38 PM | コメント (3)

May 08, 2006

みんな無事帰国

GW明けということでなんだか体調不良者続出。
私はといえば1,2日仕事したおかげでまあまあのペース。PC触る時間も短いから腱鞘炎も治るし。
この際なら体調不良ってことで休めばよかった・・・なんて。

さて、やたら忙しくなりそうだった件も無事クリアして、夜は新橋のメキシコ料理店ドンブランコにてキューバ旅行組が半分くらい再会。中には途中で分かれて別の行程を行った人もいて、彼らが無事帰ったことに安心安心。でもなんだか色々トラブルもあったようで・・・。ほんと、おつかれさまでした。

でも、ドミニカ共和国はあまりオススメされなかったので、今年行こうとしていた身にとっては残念。
何としてもエリート会員をゲットするために今年中にスカイチームで一往復したいんだけど、夏はまたみんなとNYとかいう話がある一方で、久々サルサと何の関係もない場所に行こうかなーという気持ちもあり。

・都市社会学のメッカ、シカゴでジャズざんまい
・アメリカ人の軽井沢、ケープコッド(ボストン郊外)でセレブな避暑
・カナダの無国籍都市、トロントで最新アートとブルージェイズ
・甘いもの王国ポルトガルでお菓子食べるツアー
・ヨーロッパの最先端、アムステルダムで建築めぐり

などが候補。なんとなくヨーロッパ方面もアツいんだけどな。今年は出張はなさそうだしな。

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (3)

May 07, 2006

流山グリーンフェスタでサルサ

流山おおたかの森で野外イベント、お友達バンドのMantequilla PerroRisagozaが出演するということで一路TXに乗っていってきました。

つくばエクスプレスなにげにほとんど乗ったことないんですよ。速さも体験したことないんですよ。
だって乗るのは秋葉原〜浅草間だけだし・・・。
なので、実は反対方面初体験!各駅なのに速い速い!なんと渋谷に行くより時間かからず到着。
しかし電車賃の高さもハンパじゃないけど・・・(600円近くかかってしまいました)

浅草を出たころはちょっと天気が悪い程度で、気温も低くなかったのですが、流山についたらすごい雨でびっくり!それでもマンテキのライブは本当にグルーブがあって、自然に体が動く!寒いので踊るにも踊れないのが残念です。
その後リサゴサのライブは、本当に華やかで、ステージングがしっかりしていること!3人のボーカルで盛り上げて、みんなも参加の振り付け(イナバウアー?)大会、と見所たくさん。
これが晴れていたらねー、ほんとに。

その後はリサゴサメンバー多数も一緒に近所のJ子の家で打ち上げたこ焼きパーティ。
いやいや楽しかったです、本当に。面白すぎる話が炸裂していました。

もしかしたら近々某バンドのコロでライブやるかも。という話に。かなり急な話なんですが、また正式決定したらお知らせします。

投稿者 yuquilah : 11:54 PM | コメント (5)

May 06, 2006

ブラウンコースト初ライブはサッカーとコラボ?

アコースティックハウスでお世話になったmakotoさんの新プロジェクト、Browncoastの初ライブ。こちらでもコーラスで参加させていただいています。
普段はラテン中心の活動をしているので、結構毛色が違うんですが、オリジナル曲ができるというのはまた違った感覚が楽しめます。

さて、今回は会場のKAKADOにサッカー日本代表ブルージャージを来た方々が登場!adidas共に戦うプロジェクトのキャラバンの方々です。実はこのジャージーガールとして活躍してらっしゃるユキさんは、アコースティックハウス時代にコーラス担当をしていた縁もあって、応援メッセージを集めるために来てくださいました。
ノリのよいお客様にも助けられて、ビッグジャージにいっぱいメッセージが集まります。
もちろん私も書かせていただきました!
彼らは応援メッセージの入ったジャージを持ってドイツに1ヶ月間、日本チームを追って滞在するそうです。うらやましー!日本からだとドイツっていちばん時差がきついのよ・・・(深夜3時キックオフとか)。

ところで合間にセブンイレブンにいったら、ベビースターのワールドカップ仕様ものがでていました!。
こんなの。正直全32カ国集めて欲しかったですが(笑)
いちばん気になるのはやっぱりシュラスコ味ですね。

全然音楽と関係ない話ばかりになってしまいましたが、ライブはトラブルもなく、和やかな雰囲気で。
リハと本番はどうしても音の感じが違うのですが、結構気持ちよく出来たと思います。
それにしてもMC、面白すぎ。また新しいキャラクターのグループとして楽しめるようになるのでしょう。
応援してくださいね。

投稿者 yuquilah : 11:46 PM | コメント (2)

May 05, 2006

おけいはん初夏の旅

こんにちは、京橋けい子です(←これわかる人にしかわからないでしょ)。

ということで京都の母の家に来たわけですが、GWで鬼のような人がいる中、宿泊を気にしなくていいのはいいもんです。
ですが、この京都の中心地を離れるとかいうことで、もしかして今回が見納めかも。便利だけど、まあ問題は色々あるので仕方ない。ということで、樟葉まで足を伸ばします。

kuzuha.jpg
ここに降り立ったのはたぶん20年ぶり?とかそういうレベルなんですが、びっくりなのは駅の片方、ゴルフ場と山!そしてもう片方が現代的なくずはモール!カーペット張りの床は歩きやすいけど、メンテナンス大変じゃないのかしら?とにかく家族連れですごくにぎわっていて、物欲は刺激されたもののフードコートのみの利用にとどまりました。

さて、京都に行くたびにそれなりに観光地をひとつずつ制覇しているのですが、今回は京阪宇治線に乗って宇治まで。宇治といえば・・・宇治金時!としか思い出せないダメな私ですが、
そうです、平等院です。
つい先日もメキシコ人に10円玉を見せて、これは何だ?と聞かれたときに思わず「法隆寺」と答えそうになってしまった私。反省の意味もこめて平等院を見学します。
byodoin.jpg

宇治川は結構キレイで、中州の公園がとっても気持ちいい。カップルがただただまったりしてましたが、こういう過ごし方もいいんでないかと思います。しかし、京都中心部ほどではないといえ、えらい人であることには変わらず。

さて、宇治といえば宇治茶であることは確かで、抹茶アイスの店がそこかしこに出ています。
抹茶アイスは、数多いアイスの中でもNo.1で大好き!ハーゲンダッツでも買ってしまうし、これに金時がくわわったらこわいものなしでっせ!
その中で、母上おすすめの中村藤吉本店にいって、お茶でもしようとしたんですが・・・案の定、ものすごい行列でした。てなわけで、うじきんソフトを買ってその場で食べるのみ。
uji.jpg

お茶の味が濃いし、小豆とのハーモニーは最高!ワッフルコーンもうまくてまさに絶妙なハーモニーでした。幸せー。

しかし天気がいいせいもあってか、お正月より混んでるんじゃないの?という勢い。
ハードスケジュールではなかったんですがちと疲れました。
まあ次は、夏ぐらいに行くかな。

投稿者 yuquilah : 11:03 PM | コメント (5)

May 04, 2006

福井から京都へ

A嬢お母様と涙の別れを惜しみつつ、大阪在住K嬢カップルと京都帰省をもくろむ私は、一緒に関西方面に向かうことに。

とその前に、北陸随一の名湯、あわら温泉まで来たからには温泉に行こうということで、公共の立ち寄り湯、セントピアあわらに。ここはとにかく安くてびっくり!500円ですよ。銭湯なみです。

なぜか温泉玉子を作れるコーナーがあって、1個30円で玉子を買って、こちらに入れておいて後で食べることができるんです。
onsen.jpg

中は結構広い露天風呂があったので、K嬢と久々に語ってあっというまに時間が。
温泉玉子もちょっと固めながらもいい感じでできあがったので、食べてきました。

温泉町で、旅館も予約がいっぱい、というわりには街に人がいなくて、空いているみせもまばら。うーん。なぜ?
しかしその中で気になる「地酒蔵 近藤」。やっぱこういうの、ついつい寄っちゃいますよね
生酒の量り売りをしてくれて、その場でビンにつめて、オリジナルのラベルを作れるんです。ということでユキーラ様オリジナルの酒を一本(笑)
kondo.jpg
試飲してみましたが、アルコールが20度で結構高めです。新鮮なうちに冷やしてきりっといかなくちゃ!

福井駅まではえちぜん鉄道でゆるーりと戻ります。たった一両の、とってもかわいい電車。もう萌え〜♪いやいや、それはおいといて。
echizen.jpg
車体がかわいいのもポイント高いんですが、無人駅が多いのもあって、車掌さんが案内をして、検札をしたりするんです。この電車にもかわいい女性車掌さんが。
でも福井ってやっぱり車社会で、公共交通はことごとく発展しないんですって。わかる気はしますけど。でも、この電車にはぜひ残って欲しいものです。

福井から関西方面にいく特急といえば、なんといっても「サンダーバード」(ここでサンダーバードのテーマが流れる)!昔からあった「雷鳥」です。雷鳥っていうと雪深い越前というイメージだけど、サンダーバードというと急激に近未来だよね?
東京から出ていない特急ってなかなか乗る機会がないので、機会があればここぞとばかりに乗っちゃいます。

夕食はK嬢カップルと一緒に、という話だったのだけど、私が京都で降りるので、せっかくだから京都で、という話に。しかし今はGW真っ只中。場所決めといた方がいいよね??
そこで京大出身(もちろん京都生活の長い)ダーリン殿の手腕が。彼の京都飲み屋データベースを駆使して、先斗町のまんざら亭を予約していただきました。

案の定京都駅前はえらい人で、タクシーは大混雑だし、現地についても待っている人の行列が!予約して正解でした。ところでこのお店、チェーン店というのでK嬢と私は全く普通の居酒屋を予想していたのですが、町家でおばんさいスタイル、しかも料金はリーズナブルと京都気分を堪能できるお店でした。もちろんご飯類も非常においしいし、デザートもおしゃれ!

manzara.jpg
オススメのイチゴたっぷりのヨーグルトアイスです。かわいくて食べるのがもったいないくらい!

ダーリン氏も素敵な方で、楽しい会話をさせてもらいました。また大阪行ったときはよろしくね!

投稿者 yuquilah : 11:03 PM | コメント (6)

あれから1年、福井への旅

去年のGWにダイビングの事故で亡くなった友人A嬢の一周忌ということで福井に向かうことになりました。
本当はみんな昨日に集まっていたのですが、リハが先に入っていたのと、続けて関西に帰省したかったこともあって1日遅れで合流することに。あやうく寝過ごしそうになりながら朝一の飛行機で小松空港→福井へ。ほとんどの人は昨日日帰りで来たとかで、福井駅ではA嬢のお母様と共通の友人、K嬢、そのダーリン殿が迎えてくれました。

まずはA嬢の家に行って、思い出の品を色々見せてもらいました。
前の日はなんだか眠れなくなって、彼女から来たメールや年賀状(毎年自分の旅の写真を送ってくるのね!)を見返してしまったりしたのだけど、大学時代からの世界中を旅した写真や、会社で活躍している姿を見ると、本当に彼女は濃い人生を送っていたのだな、と。旅行サイトで載せた沖縄旅行もA嬢とのものだったけど、あんなにテンション高くて楽しい沖縄旅行は一生忘れない。
A嬢の彼で、一緒に亡くなったKさんとは一昨年の逗子では本当にお世話になっていました(ライブで行くたびその前後に逗子のKさん宅にあがりこみ、何かごちそうになっていました)が、お母様はあまり知らなかったようなので教えてあげました。
彼女にとって、Kさんと過ごした日々は本当に幸せだったんだ、と。

そんな逗子の楽しい思い出があっただけに、去年の夏も逗子には何度もいったのですが、彼女たちの楽しそうな姿がフラッシュバックして実は結構つらかったんです。本当はね。

oroshi.jpg

お昼には越前名物「おろしそば」をいただきました。大根おろしがはいったつゆをかけて食べるおそばです。健康的で、あっさりして、とってもおいしい!そばフリークなら一度は食べたい一品でしょう。
これなら家でも簡単に出来そうなので、夏はぜひ自分でもやってみたいものです。

北陸では有名な温泉街、あわら温泉に移動して彼女のお墓をたずねる。

fukui.jpg
どこまでもつづく水田、どこまでもまっすぐな道、全く高い建物のない風景。
それは日本の原風景のようであって、私の知らない日本。キューバの風景と同じくらいのカルチャーショック。日本は坂が多くて、起伏が激しくて、ちまちました場所だと思っていただけに、アメリカのような雄大さを感じる場所があるって事自体がすごい。
でも、一度違う世界を見てしまった彼女は、外の世界に飛び出したかったんだろうな。

お寺にはとってもかわいらしい花が一面に咲いていて、よく話に出てくる天国のようでした。
ねえ、彼と幸せにやっているのかな。それとももっと生きたいという無念さがあるのかしら。
彼女の事故を思い出すたびに、無常と、せつなさと、それこそ人間はどう生きるべきなんだろう、ということを考えてしまうのです。

心の中では生きているって思ってもね、でもねえ、やっぱりこの世に生きていて欲しかったよね。

投稿者 yuquilah : 08:30 PM | コメント (0)

キューバいってきまーす(BlogPet)

きのうは家っぽいメールしなかったー。
実は成田へ海外旅行された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Keira」が書きました。

投稿者 Keira : 09:24 AM | コメント (2)

May 03, 2006

連休初日はリハ

皆さん、踊りの振り付けってどういう形で紙に書いてるんでしょう?
昨日力尽きて途中までしかできなかった真野倫太郎ソモロマキシモのDVDと格闘しながら、振り付け解説書をなんとかトランスクリプト。こうやってよく解析してみると、新たに覚えなくてはいけない場所は割と少ないみたい。それにしても私絵が下手なもんだから、うまく動きが絵で表現できなくて、自分にしかわからない言葉で補足してるんだけど、これじゃ人には伝わらないよなー、なんて思ってるんです。

そして、そんなことしてたらすぐ昼で、新バンドのリハに。
実は久々の全体練習だったし、ピアノもリハトラさんに急に来てもらったこともあってちょっと不安もあったんだけど、後半は格段によくなった。やっぱり練習の回数が重要なんだよね。バンドとしてのまとまりが出るまでは大変かもしれないけど、ちょっとがんばってリハをつめる必要あるかも。個人的には久々に思い切り歌えたのも楽しかったしね。
それにしてもこのバンドメンバー、容赦なく色々いってくれるので、本当に面白い連中なんだよね。あたし、つっこまれすぎやん?まあ、意思疎通がうまくいってるならいっか?

その後はそのバンドがらみの某イベントについての打ち合わせ。実はこんな大きい話をいただいて、OKしたはいいけど・・・って感じで不安になっていたんだよね。
でも、昔のあたしはこわいものなんてなかったじゃん。今から振り返ればとんでもなく大きなチャンスをもらっていたけど、「すごい、やりたいやりたい!」って気持ちだけで進んでいたよね。守りに入ってる場合じゃないです、だいじょうぶ。

投稿者 yuquilah : 11:41 PM | コメント (0)

May 02, 2006

谷中飲み

朝からSin Baderaばりのバラードを書こうとピアノに向かったら・・・なんだか韓流バラードになってしまった!冬っぽい感じだし、もちろんマイナーキー。いちおう日本語の仮歌をのせてみたもののイマイチあわないし、スペイン語もしかり。誰か韓国語の歌詞を書いてくれないかなあ〜。
しかしここ数年コードのループとかで曲を書いていたけど、原点に戻ってメロディーから作るのもいいかも。とりあえずバラードで作ってみて、リズムは後で変えてみても、それはそれではまったりね。

結構観光にも普段の生活にも重宝してる台東区のコミュニティバス「めぐりん」だけど、北、南のほかにいつのまにやら「東西めぐりん」が出来ていたみたい。
しかもうちの目の前にバス停があるようなんだけど、全然みていないの!バス停もバスもね。
路線を見る限り、浅草〜上野〜谷根千とまわる観光バスもびっくりな素敵な路線。早く遭遇してみたいものだわ。

「めぐりん」には乗れなかったのだけど、和風なところで和風なものが食べたい、という感じで友達と谷中の飲み屋に。キューバ経験者だったので、なつかしい景色の話に花が咲いたり、早く始めた割には遅くまでいてしまいました。あ、鳥さしおいしかったです。鳥づくしでしたが。
日暮里の北側ってとても静かで情緒あふれる場所。そうそう、ここは台東区なのよ。そして下町じゃなくて山の手。

投稿者 yuquilah : 11:20 PM | コメント (4)

May 01, 2006

乗り放題&夜イクスピアリ

teiki.jpg
じゃーん!ついに買っちまいました!都営全線定期ってやつです。
今の私にとって最高に魅力的な言葉は「食べ放題」でも「飲み放題」でもなく、「乗り放題」!!月額交通費をなんとか3万円以内に抑えるにはこれしかありません。しかし意外と都営って肝心なところを外すのよね〜。20000円で東京メトロと共通全線定期だったらいいのに!

さて案外忙しい仕事をこなして、夜は舞浜までディ・ズ・ニー!ではなくて、実はクラブイクスピアリにヴォーカリスト仲間θとライブを見に行ったのでした。
私とθが昔(もう4,5年前の話だよ!)一緒にコーラスをやっていたシンガー、YOSHIHIRO君率いる人気R&Bアカペラ・グループVoixdouce(ヴォアドゥス)のライブです。
Voixdouceはホント最近大人気で、ライブもたくさんこなしているし、イベントのお仕事なんかも多くて、活躍してるなーってのがよくわかります。しかし素敵な会場。θも一度歌ってみたい!っていってたけど、この広いステージ、音響のよい会場、ぜひサルサバンドでも出たい〜!

さてVoixdouce、実は見るのは一年以上ぶり。前回はカバーも半分くらいだったけど、今回は全曲オリジナルでバイラブレ、じゃないやなんていうんだっけ、ダンサブル!なR&Bチューンが中心。Joさんの曲って同じ世代のR&B好きとしてはツボに入るし、このダンスチューンをアカペラでこなしてしまうのはすごい!絶対HipHopのクラブでライブしてもそのまま踊れるよ!
われらがYOSHIHIRO君は前に聴いたときよりも色気のある声になって、「をーーオトナになったじゃん!」なんて感心してたんだけど、MCになったら相変わらずの天然好青年ぶりを発揮(笑)なんか変わんないなあ〜。ていうかこんなに笑いをとるキャラだったか?

次に出たPermanent Fishは神戸出身の5人組。こちらは一転バラード中心に攻めるオトナの選曲。カバーのセンスもアレンジもよくて、特にBoyz II Menの"I'll Make Love to You"は泣けました!

ライブ後はYOSHIHIRO君に会って話もできたので、つい昔の調子でθと色々突っ込んでしまったけど、彼のファンであることには変わりないと思います!

投稿者 yuquilah : 11:34 PM | コメント (3)