August 30, 2009

ラスフロ・2回目終了

Las Flores de la Salsaのライブ終了、一晩明けました。
応援して下さった方々、一緒にステージを作った方々、本当にありがとうございました。

今はつかのまの休息を味わってます。
全15曲に参加。知らない曲も多く、自分のメインも難しいものを選んでしまいましたが、こうやっていろんな曲に出会えるってうれしいことです。

私にとっては歌の5人は「割と良く会う人々」なのですが、一緒にステージに立つ機会は少ないので、めずらしいコンビネーションだったと思います。そしてバンドの方も、ほとんどが初共演でしたが、とても楽しませていただきました。

個人的には、やっぱり自分でアレンジしたものが音になるってうれしいですね。「フライデイ・チャイナタウン」は2回目でしたが、マンボとか鳥肌もんでした。まだまだ時間がかかる作業ですし、特にホーンは難しいんですが、また次回があれば挑戦したいなと思います。

あ、ヅラの髪型は要検討(笑)
大勢系のアイドルグループのステージングも研究しなきゃね。

投稿者 yuquilah : 03:31 PM | コメント (1)

August 18, 2009

29日、豪華なライブに向けて

世界陸上は犯罪としか思えない時間にやりますよね〜(笑)
普段の睡眠時間がまるまる競技時間。
1時間見るのと1時間寝るのの繰り返しをやっていて大丈夫なんだろうか・・・

さてさて、今日は29日(土)にライブの新しい企画の初リハ。正式には1月にやった女性ラテンヴォーカリスト企画の続編なのですが、バンドの方々とは初顔合わせ。ヴォーカリストも1人増えました。

今回は、全員がすべての曲に参加する形で、前よりも「コラボレーション」色が強まっています。そしてそれぞれが工夫をこらした選曲で、個性を発揮しています。

ドラマティックな世界を持つqueico、キュートな魅力のまりーな、ファンキーなノリをくりだすMimi、エレガントに歌い上げるaki-koと素晴らしい歌手に交じって私はえーと、なんだ。
「エッセンシャルのCMに出てくるしずちゃん」
的な気分だぞ(笑)自分としては、久々にがっつりなキューバン(ティンバじゃないんだけど)とかもやって、この場ならではの冒険をさせていただきます。ぜひ遊びに来てくださいね。

-----------------------------------
SALSAMANIA 女性ボーカリストイベント「Las Flores De La Salsa」
2009年8月29日(土)
Open 18:30、Start 19:30
出演:白壁慶子、岡本真理子、Mimi、aki-ko、Yuqui-lah (Vocal)
演奏:Orquesta De Flores

Trumpet:安達奈央美、井計ひろし
Trombone:澤田 英哉、杉山マキコ
Bongo:酒井 貴史
Conga:富田 真智
Timbales:原 勝
Piano:吉田 敦
Bass: WAZU

場所:江古田バディ(03-3953-1543)
前売:2300円、当日:2500円
(予約リストに入れていただければ前売料金で入れます。ご連絡を!)

投稿者 yuquilah : 01:26 AM | コメント (1)

August 12, 2009

夏の関西ツアーその5(大阪編)

最後は大阪の夜を楽しんでシメ。

kansai 088.jpg

ラテン系のお店に行きたいと思って福島のバラデロと思っていたのですが、結構ひとりで行きづらいダイニングっぽくてどうしようかなーと。
そんなとき某バンド仲間が、中崎町にあるカフェ・カリエンテというお店がキューバの街角みたいで素晴らしいと書いていたことを思い出し、ぐるなびを見たら「モヒート500円デー」らしい。ということでそちらに。ちなみに梅田から歩いても15分程度。

カウンターがあるので一人でも行けるし、タパス中心なので頼みやすい。ヤシの芽マヨネーズとかシンプルでおいしかったし!もちろんモヒートも本格仕様。
フランス人のオーナーさんがやっているようで、向いのフランス料理やさんもその系列だとか。

kansai 086.jpg
しかし隣には庶民的な銭湯があり、その看板には「暦風呂」と・・・。これ、なんですか?

軽く食べてそのまま帰ろうとしたのですが、また道すがら気になるお店。
kansai 090.jpg
FUNK BAR ZIPです。ソウルバーでなくファンクバーってところがミソ(笑)70-80年代のR&B、FUNK中心にかかっています。
隣にいた、東京から出張で来たというサラリーマン2人組と「ミッドナイトスターいいっすよね!」なんて話をしながら盛り上がりました。

マスターもさすが選曲の話になるといろいろ出てくる出てくる。
最近ヨーロッパで出ているZappフォロワーのかっこいいファンクなどを聴かせてもらいつつ、12時過ぎまで飲んでいました。
でもそこから徒歩で帰れるっていいね!

投稿者 yuquilah : 06:26 AM | コメント (241)

夏の関西ツアー・その4(滋賀編)

まあ京都はいくらでも見るところあるんですが、なにせ下は暑いし混んでるし、涼しい所はちと遠い、ということで私の乗り放題切符をかんがみて、滋賀方面へ。
関係ないけど大津と京都ってもっとも県庁所在地同士が近いんじゃないですか?

地下鉄直通で浜大津まで行くと、目の前は琵琶湖!ひろいなおおきいな〜
kansai 067.jpg
週末の花火大会に向けて工事がおこなわれていました。遊覧船にでも乗ろうと思いましたが2時間後くらいだったので、軽くお茶飲んで石山寺に向かいました。

京阪石山寺線は通常のスルっとKANSAIは使えないのですが、3daysカードは見せればOK。やたらうらやましがる母親。3日間別々にも使えるんだから買えばいいじゃない。ま、普段の生活でそこまで乗らんか・・・。

kansai 074.jpg
意外に石山寺駅から寺までは歩きました。でも川沿いの道で結構気持ちいですよ。四季折々の花が咲き、今はサルスベリが満開です。

kansai 078.jpg
ここは紫式部が源氏物語を書いた場所として有名ですね〜!
「源氏の間」ってのがありました。中は人形(笑)
しかし京都からひと山越えて、トンネルのない昔は移動大変だったのでしょうね!

kansai 082.jpg
京阪三条で母親と別れ、今度は京阪で大阪へ。なにげに中之島線にちゃんと乗ったことがないので、ちょっと時間はかかりますが快速急行。
しかしこの電光掲示板の紫、毒々しい色ですねえ(爆)
まるで有料特急のようなゴージャスな座席でしたよ。

投稿者 yuquilah : 06:08 AM | コメント (1)

夏の関西ツアー・その3(京都編)

2日は朝から阪急で京都へ!実はこれが意外に初めて!
基本京阪かJRユーザーだったので、阪急の特急で行くのは初めてだったのでした。安いし速い!

kansai 050.jpg
京阪に乗り換えるために鴨川を渡ると、夏の風物詩川床がいっぱい。
でもはっきりいって京都の夏の下界は暑くて死にます(笑)

kansai 064.jpg
母親連れではなおさら下界にはいられないため、叡山電車で一路山奥へ。貴船口までいきました。同じような考えの人が平日というのにぞろぞろ。

kansai 053.jpg
さすがにここまで来ると、日蔭は涼しいです。でもやっぱりピーカンに晴れているので日差しは暑い。貴船口からは、貴船神社の方までミニバスが出ています。
(京都バス運行)

kansai 056.jpg
いちおうお約束の貴船神社。えんむすびの神様だそうですが、最近そういうものには乗らなくなりましたよ(笑)男女の縁以外は良い縁が得られているので、効き目があると見るべきか??

kansai 060.jpg
貴船の夏は、川床パラダイス。バス停から上流に向かってたくさんの川床が出ています。このあたりはさすが川の上流なので、水も澄んでいて気持ちいいですね。
早めにいったのでまだ人がいませんでした。

kansai 063.jpg
ちなみに川床は上流にいくほど高く、平均ランチで6500円という感じです(!!)が、量も食べきれんしなーってことで、バス停の近くで2000円台のランチをいただきました。でも十分豪華で満足!6000円台のモノがどの程度なのか一生に一度は試してみたいですけどね!

私ひとりなら鞍馬までこのままトレッキング〜なんてなってしまうのですが、母はこれ以上歩きまわるのも、という感じだったため、貴船はいったんおしまい。

投稿者 yuquilah : 05:50 AM | コメント (0)

August 11, 2009

夏の関西ツアー・その2(神戸編)

今回は梅田のホテルに泊まって、そこを起点に色々と移動しました。
夜は神戸の友人と飲み会ということで、神戸観光もしたいなともくろんでいたのですが、奈良で体力を使ってしまい、すでにラッシュにさしかかったころ阪急で三宮まで。

あのお汁粉のような塗装は「ノーブルで良い」という意見と「ジャージみたい」というのが分かれますねえ。十三で淀川を一気にいろんな電車が渡る風景はいつ見ても素敵です。

実は正月の関西ツアーで、友人たちと分かれてから、彼らは神戸の北野で相当おいしいケーキを食べたらしく、今回は北野スイーツ制覇だ!と意気込んでおりました。とはいっても何も調べてなくて、とりあえず北野の急坂を登りきったあたりにあるCAFE BISTRO c.m.h CHICへ・・・。

kansai 034.jpg

黒糖プリンをたのんだら、パウンドケーキにクッキーまでついてくる。
コーヒーもセットで800円。え、いいんですか?って感じ。
北野は飛び込みで入ってもおいしい!

kansai 036.jpg

月1でジャズライブもやってるそうですよ。サルサパーティもやったことあるとか。
こんなところでライブやりたーい!(素敵なグランドピアノあり)

すっかりゆっくりしてたら夜になってしまいました。
kansai 038.jpg

高台からは神戸の夜景が見降ろせます。
kansai 040.jpg

六甲山のロープウェイまで行こうかという誘惑にかられたところで、友達の仕事が終わったとのことで下界に逆戻り。
三宮でなつかしい話に花を咲かせました。ありがとう!

投稿者 yuquilah : 06:41 AM | コメント (0)

August 10, 2009

夏の関西ツアー・その1(奈良編)

先週行って来た関西ツアーの総集編です。
今回は3日間、「スルっとKANSAI3daysきっぷ」5000円を使い、関西の私鉄を乗り倒す・・・とまでは行きませんでしたが、いつも京都と大阪ばかりなので、ちょっと足を延ばしていろいろ行ってきました!

まずは京都まで新幹線にのり、近鉄特急で奈良へ。黄色っぽくてキュート。
kansai 001.jpg

奈良まではわずか30分強。速い!そして駅前で「せんとくん」が迎えてくれました。わーい、会いたかったよぉ。
kansai 003.jpg

たまに「まんとくん」もいます。
kansai 021.jpg


関東は冷夏モードですが、奈良は33度とのことでした。
しかし鹿くんたちは傍若無人にふるまっております(笑)
「おれ神の使いだし〜」みたいな。
kansai 005.jpg

奈良もいろいろあるのですが、とりあえず大仏は見ておきたくて、見に行きました。大きい!ですが鎌倉よりも大きいんですか?

kansai 018.jpg

よくこの「大仏」とかって「えらい人が作ろうって言って、一般の人はそれに乗じて働かされてかわいそう」とか思ってしまうのですが、解説によると「大仏建立の考えに賛成した人が自主的に工事に参加した」というようなことがありました。ほんとかな?

JR奈良駅から桜井線で巻向まで。超ローカル。
「京終」とかいて「きょうばて」とか面白いよね〜。暑くてばてばてやけど。
kansai 023.jpg

巻向では「卑弥呼の墓」とされる箸墓古墳を見ようと思ったのですが・・・
kansai 028.jpg

中に入れるわけでもないので、実際はただの田んぼの中の森でした。
さえぎるものがないので暑すぎる・・・

そんな暑さをやわらげてくれるのがローカル名物、「三輪そうめん」。さいわい、三輪そうめん山本の本社が近くにあり、中でそうめんも食べられます。超極細!柿の葉ずしとセットで800円です。
kansai 026.jpg
もちろん自分へのお土産用にそうめん1KGほど購入。これ食べたら安売りの機械延べそうめん食べられませんわ〜!

帰りは天理〜平端〜大和西大寺経由で大阪方面へ。これ近鉄なんですが。
kansai 032.jpg
出た!!快速急行三宮行き。
横浜で「籠原」行きもショックだけど、奈良と神戸が一直線というのはあーた、革命ですよ。しかも近鉄が阪神に化けるって!バファローズはオリックスに化けましたけどね。そういう意味では神戸に行くのは理にかなってるわけか(ひとり納得)。

てなわけで尼経由で梅田まで行ったわけでした。難波まではあっという間でしたよ。そこから先は各駅でしたが。

投稿者 yuquilah : 10:37 PM | コメント (0)

August 08, 2009

エル・カンタンテ

090808-155449.jpg

サルサの黄金時代を代表する歌手、エクトル・ラボーの生涯を描いた映画「エル・カンタンテ」を見てきました。

この映画、実はもう2年前くらいのもので、日本公開の見通しはないと知った時に海外版のDVDを入手してみてはいたのですが、しっかり字幕で理解できたのと、迫力のライブシーンが映画館で見られたのは良かったですね!
(ニューヨークのサルサ界の有名ミュージシャン総出演!)

なんといっても、現代のサルサ・スター、マーク・アンソニーというしっかり歌えるキャストがこの役をやっていたのがいいところ。吹き替えなしってだけでも真実味が増します。奥さん役の(実生活でも奥さんの)ジェニファー・ロペス、ド派手かつやつれたオバサンぶりが実によいです。

若い時から成功し、でも薬漬けだったエクトル。その病的な人生があの苦しみと切なさに満ちた歌を生んだのでしょうか。彼と長らく組んで活躍したウィリー・コロンは今でも健在(この映画の製作にも深くかかわっている)。4年ほど前にライブを見ましたが健康体そのものの元気なオッサンでしたが、やっぱり歌も明るさにあふれたものが多いんだよねー。

もちろん音楽は素晴らしく、「サルサ」という音楽が生まれた背景(そもそも商業主義な音楽なのですよ!)を理解するにはとてもいい映画で、サルサ好きなら一度は見るべきだと思います。その一方で、彼が薬に走った理由はイマイチ弱い。

お父さんに勘当されてプエルトリコからニューヨークに来たとはいえ、頼れるお姉さんはいたし、それほど下積みもせずにスターダム。口うるさいがずっと愛してくれた奥さん。厳しく接しても何かと支えてくれた友達ウィリー・コロン。歌の才能が素晴らしかったのはいわずもがな。それでも薬に走るほど孤独だったなんて、なんか甘えのような気がしてならないんですね。

移民で生活苦しくても、バイトしながら音楽やってても、愛してくれる人がいなくても、薬なんかやらずにまっとうに生きて、頑張っている人たちがいる。
やっぱりエクトルは人間として弱かったのかなあ。それでもあれだけ好きなことしてモテてりゃあ幸せだろって冷たい目で見ちゃうなあ。実際そばにいたらなおさらね(笑)

あ、ルーベン・ブラデス役はヴィクトル・マニュエルでした。彼のギター弾き語りが素敵なのよ〜!!

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (5)