February 06, 2009

Wバースデーを祝う

090205-194414.jpg

築地のキューバン・カフェ。ここのキューバ料理プレートはとにかく鶏肉のやわらかさが絶妙!どうしたらこうなるのかしら。圧力なべ??

・・・とそれは本来の目的ではなく、いつもお世話になっているREINAさんとMACHAKOさんのWバースデーだったのです!それでライブは DOS SONES CORAZONESのとってもハッピーになるステージ!ソンを中心としたダンスパフォ、MACHAKOさんのファドなどもあり、なんだかとってもいろんな音楽を聴けた気がしました。いっぱい踊って、とても楽しかった!
しかもDJウッディーさんにはうちのバンドのCDまでかけてもらってしまい・・・(笑)
祝っている、というよりあの場にいた人が楽しんでしまったイベントでした!

なんか、同じ日に生まれた人って、運命を感じますよね。
お、そういえばクリスティアーノ・ロナウドも2月5日生まれだそうですね。
なにはともあれ、おめでとうございました♪

投稿者 yuquilah : 12:57 AM | コメント (0)

November 16, 2008

歌舞伎町の女王

さまざまなライブの仕込み仕事が終わらなくて、朝からごそごそとやっております(笑)
玉ねぎ、セロリ、ほたて貝でスープを作ってみたところ、「シーフードヌードル」みたいな味で超おいしい!!

新宿のFaceにて行われた9月のイベントでお世話になったHiroko先生主催のサルサイベント"Muchacha Noche"に遊びに行ってきました。歌舞伎町、さすがギラギラしてます。というか、この場所、かつてよくライブを見にきたLiquidroomの跡地ですね。今はおもにプロレス場になってるみたい(笑)

パフォーマンスはどれも素晴らしいものばかりで、よく練られたストーリー性があって引き込まれてしまいました。友人たちがパーカッションアンサンブルで参加し、そこにダンスがからむという仕掛けも野性的でカッコイイ。ベリーダンスとかもタブラ1本で即興で踊るのってすごくアガるんだけど、そういう盛り上がり方だよね。最後には日本を代表する女性ダンサー10人によるドリームチームのパフォーマンスもあって、美しさを堪能してまいりました。

というわけで今日は両国駅Amigos a la modaのライブ、14時からです!踊れるサルサもいっぱいやりますよ。ちょっと雨ですが、屋根はあるので雨天決行です。あたたかくして来てくださいね。

投稿者 yuquilah : 07:36 AM | コメント (5)

April 03, 2007

日銀ソーサイ就任予定!

駅前プログアップさせていただきました。ずーっと気になっていたあの田原町のバー、Mucho Graciasについてです。実は1年前(4月11日)のBlogで店を発見してたんだねー。店に入るまでに1年。しかしこうやって見返すと、去年の今頃何やってたんだーとかわかって面白い。去年は大阪によくいってたね。今年は全然関西出張がないから母にもぜんぜん会ってないや。GWくらい行かなくちゃな。

さてさて、来月はなんと、日銀ソーサイに就任させていただくことになりました!
まあポスト福井といわれて久しい私ですが(んなわけない)銀座Las Risasというラテンバーで月一回日曜に行われているライブパーティー「日銀奏祭(にちぎんそーさい)」というのがあるのですが、5月20日(日)にAmigos a la modaが出演予定!なんと第20代目ソーサイ就任だそうです。こりゃめでたい。
そんなわけでLas Risasで軽く打ち合わせ。銀座にふさわしい素敵な場所ですね。楽しみ!

その前に今度の日曜は!デラカンダの六本木ライブだ〜。最近のデラカンダは正直やばくなってきてると思います(笑)でやっぱここは踊らせるためのバンドですから、バリバリ踊れる場所でやりたかったんです。六本木Salsa Copacabanaといえばすっかりサルサスポットとして定着しているようですが、ぜひ生のデラカンダで踊ってください。日曜夜だけど、終電までには間に合うよ。

日時:2007年4月8日(日) 
ライブスタート:21:30〜2ステージ
(会場のフライヤーには22:00となっていますが、日曜の夜ということでスタートは早まる予定です)
場所:六本木Salsa Copacabana
チャージ:2000円(w1d)

投稿者 yuquilah : 11:59 PM | コメント (0)

September 24, 2006

がんばりまーす

金曜日は赤レンガのサルサ。とってもすばらしいライブをきいて大満足。ちょっとこんなにいっぱい出ちゃっていいの?くらいすごいメンバーばかり。今回はやっぱ歌の力に感動したな。Makotoさんのソネーロすごい。NORAさんの歌、とにかく心にひびくパワーがある。あの場にいられてよかった。

それから横浜での旧友との再会→デラカンダリハをへて、今日はいよいよ千葉サルサカリエンテ!お天気もよいです。よかった!
めいっぱい、サルサのいろんな気持ちがとどくように歌いたいと思います。

投稿者 yuquilah : 08:34 AM | コメント (0)

September 23, 2006

いよいよ明日は千葉サルサカリエンテ!

あまりお天気マークもよくありませんが、いよいよ明日は千葉サルサカリエンテ
今回はOrquesta de la Candaで出演させていただきます。
ダンスあり、バンドありの楽しいイベント。
去年のように台風ってことはなさそうですが、あまりぱっとしない天気予報ではありますね〜。
でもよほどの荒天ではないかぎり決行されそうですので、ぜひぜひ千葉の方も、そうでない方も(笑)遊びに来てくださいね。無料だし、お昼なのでファミリーにもぴったりなイベントですよ!
場所は、千葉駅から徒歩7分程度、パルコ前の千葉市中央公園です。

◆タイムスケジュール◆
11:30〜      サルサカリエンテスタート
12:00〜12:50 バンドライブ「Orquesta de la Canda」
13:00〜13:30 ダンスレッスン
13:30〜14:00 ダンスパフォーマンス
14:00〜14:50 バンドライブ「Singo!」
15:00〜15:30 ダンスレッスン
15:30〜16:00 ダンスパフォーマンス
16:00〜16:50 バンドライブ「Orquesta de la Canda」
17:00〜18:00 バンドライブ「Singo!」

◆出演チーム◆
良い子のラテンダンサーズ
GrupoM
Veramo de GrupoM
Roberto y Miyoko
アレグロ スーパーキッズ 他

◆出演バンド◆
Orquesta de la Canda
Singo!

投稿者 yuquilah : 10:02 AM | コメント (0)

September 03, 2006

引き続きサルサDay

アメリカで買ってきたGilberto Santa RosaとVictor Manuelleが2人でコンサートしているDVDというのを見ました。

内容は「ふたりのビッグショー〜五木ひろしと氷川きよし」サルサバージョンって感じ(ふたりのビッグショー知らない人には謎??)。
2人ともそれぞれの持ち歌をぞんぶんに披露しつつ、お互いの持ち歌を歌ったり、トークショーに面白企画、最後はもちろん2人の競演で盛り上がります。
スペイン語がいまいち理解できないのでトークショーの部分が解説ほしいところですが、とにかく2人のソネーロ対決は圧巻です。
私も自分のスタイルを持ってえんえんソネーロで盛り上げられるようになりたいなあ。
こないだ生Victorを見たこともあって、モチベーションあがるすばらしいビデオでした。

夜はHasta el Domingo&Latin Factoryのライブ@クロコダイルへ。結構客席はいつもライブでは見ない、でも妙に知り合い(笑)が多いライブ。
Hasta el Domingo、毎回新しい試みが登場していてびっくり。新メンバーもパワフルでステキでした。
ラテファク、毎回演奏には圧巻ですが、ダンスもパワーアップしている感じ。客席の盛り上げ方といい、ほんとにすばらしいバンド。
デラカンダの10月ライブはラテファクさんとご一緒させていただく予定です。とっても楽しみ!

投稿者 yuquilah : 11:18 PM | コメント (0)

July 25, 2006

All Night Long♪

先日のREINAさんのDVD「さるまじ」の発売記念パーティ@藤沢GABANA。
それにしても藤沢まで遠い・・・座れないとなおさら遠さを感じます。
この距離を通勤通学してる人、えらいなあ。
GABANAは大体知った顔ばかりで、和気あいあいとした感じでした。いっぱい踊ってもらったし、たのしかった。

結局遅くついてしまったので、藤沢いったら!とねらっていたドゥサー・ド・プロバンスにいけずじまい。くしくも同日B氏がここのケーキを食べていたそうで・・・うらやましい。

夜中はとくにメロウグルーヴモードが続きます。
Mary Jane GirlsのAll Night Long。正直いい曲はこれだけなんだけど、踊れるメロウグルーヴ。いい感じです。

Mary Jane Girls
Mary Jane Girls
posted with amazlet on 06.07.26
The Mary Jane Girls
Motown (1992/02/03)
売り上げランキング: 146,046

投稿者 yuquilah : 11:11 PM | コメント (4)

June 17, 2006

ヨコハマまるごとサルサの館!

以前からお世話になっているM's Projects主催のサルサイベント「 SalsART@BankART 1929 」があるので、友達を連れていってきました。
ゴージャスな場所で、コンセプトは「舞踏会」だそうなので、私はひねりをきかせてゴージャスなロックガールっぽいスタイルにしたかったのですが(めざせグウェン・ステファニ)、結局髪の毛がまとまらずにふつーの夜会巻きでアンバランスなことに(泣)
ちなみにスタッフの方はじめ、みんな素敵な格好をしてました。

バンドもDJもパフォーマンスも知っている方々がいっぱい。本当は昼から参加したかったのですが、レッスンその他の用事があったため、夜の部から参加です。複数フロアでいろんなイベントが並行しているため、全部楽しみつくせないのが惜しい!RisagozaMantequilla Perroのステージも最初から楽しむことができて、結構踊りまくりでした。久々にヒールでがんがん踊った!

今回はDJも個性的な選曲でおもしろかったし、パフォーマンスも会場の演出も手伝ってドラマティック。あと、グリーンカレーがおいしかった!となんかいろんなおいしいポイントがありました。

ライブ2回目はさらに盛り上がり、最後はRamonaで2バンド合同の大セッション。大したことはしませんでしたが、ちょろっと飛び入りしてみました。聴こえるグルーブがもう、圧巻です。すごい!すごい人たちのすごいグルーブを中で聴いてるって貴重な体験です。自分のやってるバンドでもこの感覚がだせればなあ・・・。
しかし大騒ぎで楽しかった!収穫もいっぱいありました。

実はうちから行くと千葉や埼玉の方が横浜より近いはずなんだけど、やはり長い間すごした横浜って精神的に近い場所。不思議だね。大きくなっても、結婚してもほとんどの人が横浜に住み続けるのがハマっ子という中で、東京しかも下町なんていってる私は異色なんでしょうが、東京は結婚相手。横浜は実家のような存在なんですよ。これからも大切に遊んでいきたい場所です。

投稿者 yuquilah : 11:42 PM | コメント (2)

March 31, 2006

目撃されてます!

今日は先月も行ったRiSAKOさんのバンドLOTUSのライブ。
今回は友達も連れて行きました。
いつもながら彼女独特の、やさしい世界にひきこまれつつ、ファンキーな楽曲はパワフルだったり。
他にもいろいろ友達が集まっていて楽しいひとときでした。

ところで、最近私、よく目撃されています。
しかも、サルサバンドのリーダーに。
先日なんか某名古屋のサルサバンドリーダーに大阪駅で目撃されたらしいし、
今回は新宿駅で山手線から降りるところを、やはり某サルサバンドリーダーに目撃されていました。
偶然でも会わない人って全然会わないものなんですが、意外なところ(私の生活範囲とはちょっと違うところ)で目撃されるって不思議な気分です。
近所だと浅草のコマキ楽器付近で目撃されるっていうのはよくあるので、最近は会っても大丈夫な格好はしてるんですけどね(笑)
うーん、次はどのバンドのリーダーに目撃されるのやら?

投稿者 yuquilah : 10:18 AM | コメント (2)

March 29, 2006

五反田でサルサ

MotokaさんのM's Project主催で、REINAさんもレッスンをやるサルサイベントが五反田である、というので行ってきました。五反田!わくわくしますね。

少しだけ早めに仕事を切り上げ、中目黒へ。
案の定、ですがそれ以上に夜桜を見ようという軍団が目黒川方面に流れていきます。
meguro.jpg
目黒川桜祭りですと。川沿いのカフェはオープンで花見カフェなんてしゃれこんだこともできます。素敵ですね。そこから山手通りを走る大井町行きのバスに乗って五反田方面へ。山手通りをずっと走っていくのがGoodです。桜の季節の山手通り、大崎から中目黒あたりは本当にぐっときます。つらいことが多かった去年、大崎から歩く山手通りの風景にどれだけ救われたことか!
いろんなことを考え、たくさんの思い出をくれた場所。でも五反田方面の桜はまだでした。目黒川が桜の花で埋め尽くされていたら、もっとセンチメンタルな気分になっただろうな。
さよなら山手通り。

サルサイベントの会場は東口の「かつての」いきつけカラオケのそばのペルー料理屋さんLas Totoritas 。五反田マニアの私もこのお店は未チェックでした、ごめんよ。久々にレッスンで汗を流し、踊りつつ、飲みつつ、面白い人たちにも会いました。これぞ何か表現してるぞ!ってダンスを踊っている人々や、韓国から来た素敵なサルサ青年たち。DJ Haloさんやヴォーカリストqueico嬢とも色々お話。がんばらないといかんですね、ミュージシャン。フットワークの軽い活動を考えなくてはいけないなーと思いました。とはいっても、今仕込んでいることをまずしっかりとやらなくてはいけないんですがね。

投稿者 yuquilah : 01:55 PM | コメント (4)

March 27, 2006

オスカル・エルナンデスはえらい!

週末に向けて色々楽譜を仕込み。
楽譜書きっていうのはあまり得意じゃない作業なんだけど、とりあえずあったほうが話が早いし、セッションとかでも役立つのでこの作業に慣れなくちゃね。
今はもっぱらMusic Score Proというソフトを使っています。値段の割に機能豊富で、日本語も扱いやすいのが気に入っているところ。

作業の合間に聴いているのがSpanish Harlem Orchestraのセカンド・アルバム。

Across 110 Street
Across 110 Street
posted with amazlet on 06.03.28
Spanish Harlem Orchestra
Rykodisc (2004/08/02)
売り上げランキング: 366,867

もうね、どれを聴いても曲、アレンジ、歌、完璧なのよ。ピアノのオスカル・エルナンデスがリーダーで全部アレンジもしているんだけど、あんたはエライ!って感じです。最初「サルサやってるならスパニッシュハーレムオーケストラ聴かなきゃだめだよ〜」とかいわれて聴いてみたんだけど、そういわれる理由がわかります!
来日したのが2年ちょい前かー。本当にいいライブだったなあ。
この5曲目に入っているようなスムースでいかしたCha Chaがやりたいです〜。

ところで私はついつい彼らを「スパハー」と略してしまうけど、「スカパーみたいで変」といわれてしまいました。アメリカでは「SHO」なんだそうですが、エスエイチオーでも言いにくいよ〜。

ちょっと重い話なんですが、富山の延命措置をやめた医師の事件について色々と思うところが。

私の父も、延命措置をやめる、という形で亡くなりました。
もちろん、生前からきちんと意思表示をしてのことです。
手術が成功しても最高で植物状態、というお医者さんに「延命措置はしないでくれ」というカードを見せました。
そのことは、すべてが終わってから私に知らされました。

あの場所に私がいたら、状況は変わっていたのだろうかと思います。
大の大人の意思表示は、尊重されるべきだと思います。
でも、どこまで手をつくして、もう打つ手はない、と判断されるべきなのか。もう1度身近な人にそういう状況が訪れた場合、たとえ自分のエゴだとしても一瞬でも長く生きていてほしい、と思うのではないか、と考えるのです。それでも、本当に延命だけのために苦しいことを強いるとしたら、やはり見ていられなくなるかもしれません。

何がベストなのか答えは出ません。

投稿者 yuquilah : 11:21 PM | コメント (3)

March 26, 2006

Las Wepas&カラコロモントゥーノライブ→南青山へ

上野に買い物にいこうと出て行ったら・・・そうだ、今日はみんな花見なんだった(ショック)。
あまりの人出にくらくらしながら目的のものだけは買いましたけど。そういえば去年もそれを忘れて上野の歌広場で長時間待たされる羽目になったよね。桜の季節の上野公園はイカンです。鬼門です。

さて夕方は日暮里のサルーでかなり知り合いメンバーも多い新しいサルサバンドLas Wepasがライブをやるというので行って来ました。(日暮里の桜は趣がありますなあ)。
結構始まる前からお客さんも多く、みんな座っていたのでどうなることかと思ったのですが、ダンサーが喜ぶナンバー続出で、結局がんがん踊っておりました。メレンゲもありだし、とっても見ていて楽しいバンド。雰囲気のよさが伝わってきました。
バンド仲間の友達にも会ったり、メンバーとお話したりしていたところ、次のソンバンド「カラコロモントゥーノ」のパーカッションは、デラカンダにも参加してくれたどれみちゃん!こちらはうってかわって、少人数でゆるーい、いいグルーブを出してました。なんというか、飲み屋モードなんだよね。飲みながら聴くのにちょうどいいの。

そういえば、DJ Sicadaさんが回していたのですが、先日"I Will Survive"の件で質問したのを覚えていてくださって、CDを下さいました。どうもありがとうございました!きちんとお礼もできず出てきてしまったので、この場を借りてお礼させていただきます。
自分のヴォーカリストとしての重要なポイントで出てくる曲、いつかどこかで演奏させていただきます。

少し前はあまりに「サルサ」なものばかりやりすぎて、他の路線に飢えていたんだけど、最近はオーソドックスなオルケスタのサルサに飢えているかもな。

そこですでに出来上がりつつあったんですが、大学院時代の指導教授が別の大学に移るとのことで、その2次会に合流。
ごあいさつだけでもできてよかった。学生としてはダメダメな私をしっかり2年で出してくださった恩人ですから。
先輩たちはみんなアカデミックな世界に身をおいていて、後輩たちはしっかり研究していてたのもしい。
移り先も東京ですから、また面白そうじゃないですか。しかし例の大学は波乱がありすぎ。結局都心のキャンパスもできなかったし、私があの場所に戻ることは100%なくなったかな。

投稿者 yuquilah : 03:30 PM | コメント (5)

March 25, 2006

浅草とチャンゴー

隅田川沿いを散歩したらすでにいい感じで花が咲いていて、いい感じで人も出ていました。
お花見シーズンだね!ちょっとおそいんじゃあ?って日に予定が入っていたりするんだけど、それまで花が咲いているといいな。

Browncoastの初音あわせ。いきなりでどうなるかと思ったけど、2,3回やったらつかめた感じ。大丈夫でしょう。
そしてOasis Latinoに移動して4月のキューバツアーの打ち合わせ。旅行って企画している時がいちばん楽しいかもね。今回は久々に大人数でのツアーだからみんながいるならではの楽しみ方をしたいなと思ってます。

Santa Barbaraという曲を探していたら、CD棚からYolanda Rayoのバージョンが出てきました。

Dicen Por Ahi Que Soy Fea
Dicen Por Ahi Que Soy Fea
posted with amazlet on 06.03.26
Yolanda Rayo
Discos Fuentes (2000/11/14)
売り上げランキング: 134,880

この歌はキューバのサンテリアで言う雷の神様、チャンゴーの歌で、Yolanda RayoのRayoは「雷」だそうなので(ジョランダ雷ってすごい芸名だな)、そんなつながりで歌っているのかしら。ちなみに彼女はコロンビア人ですが。

雷といえば、浅草の「雷門」。近所にいるとつい避けてしまいがちですが、こないだ裏から通ったら「風雷神門」と書いてありました。本来は風の神様と雷の神様、両方まつってあるのです。日本でも俵屋宗達や尾方光琳が「風神雷神図」とか書いているけど、雷ってミステリアスで芸術的な存在だよね。そういう感覚って世界共通であるような。

昨日も私が交通費つかいすぎって話がでたんだけど、ほんとに毎日移動距離があるから交通費かかるんだよね。それで今都営地下鉄全線定期券とか有効か調べているところ。1か月 14,790円・・・案外モトとれるかも。1日500円でしょ。
しかし今日は休日で都営春の1日きっぷ500円で縦横無尽に利用させていただきました!買って正解。

投稿者 yuquilah : 10:51 AM | コメント (2)

March 17, 2006

オモサンの掟

久しぶりにダンスレッスンに復活しました。サルサ以外の。
そういえば去年の春もおんなじような感じだったけど、でもマインドは去年よりずっと前向き。
今やっていることはすべて逃げとか、一時の気持ちじゃなくて、真剣に前にすすむため。
今までは正直体力づくり的な気持ちでダンスをやっていたけど、今年は本気でうまくなりたいと思うし、ステージングに生かして行きたいと思っています。
しかし体が固いので前半のストレッチだけでへばる・・・
これを克服しないことには前に進めないです。根性ないんだよねえ。だれか努力したくなるマインドコントロールしてくれないかな〜(だめじゃん)。

そんなわけでジャージで出かけていたのですが、ちょうど近くであんへるさんが主催のイベント「サルサ・ピカンテ・ナイトin原宿」というのがあったので、顔を出してみました。
すごい混雑!しかも全然知らない人ばかり!しかもキメキメでおしゃれ!
なかなか踊れる状態じゃなかったのですが、それでも結構いいペースで踊りました。
なかなかいい場所、いい時間、いい雰囲気のイベントでしたね。
が、やっぱり表参道をジャージで歩くのは結構勇気いりました。渋谷じゃふつうなのにね。一駅のおそろしさよ〜。

投稿者 yuquilah : 06:15 PM | コメント (5)

March 03, 2006

LATIN MOTION@Earthly Paradise Cafe

WBCいよいよ開幕!で今回は楽勝でしたね。しかし台湾も韓国もあなどれないチームです。くれぐれも気を抜かずに頑張って欲しいものですね。

さて、突然ですが私ソウルバーってのが好きでして、何が好きかって言うと、いい音楽きいて、適当に飲んでしゃべって、踊りたい気分に盛り上がってきたら踊って、ってのが自分のペースでできるところなんですよね。これがいわゆるラテンバーに行くと、いやがおうでも100%踊るモードにならないといけなくて、ずしっとくる疲れが気持ちいいときもあるけど、結構つらかったりもするわけです。

そこでDJ HaloさんとDJ momoさんというよくお世話に成っているDJお2人が主催するLATIN MOTIONというイベントに行ってまいりました!今回はゆるーく音楽と踊りを適当に楽しめるイベントで、しかもライブもありっていうので、横浜まで足をのばして黄金町のEarthly Paradise Cafe。ここがまたいいんですよ~。周りに座るスペースがたくさん、そして踊るスペースも広め。海外のクラブみたいな雰囲気です。9時過ぎには数えるほどしかいなかったメンバーも、レッスン後などで11時くらいまでにはにぎやかに。momoさんとHaloさんのDJも、どっちがかけているか一発でわかる個性が光っていて素敵です。適当に踊りつつ、音楽聴きつつ、ってテンションを楽しみました。

ライブはDescarga Ajiaco!予想通りに知り合いばかりのオーダー(笑)のラテンジャズバンドなんですが、お互いをよく知り尽くしているメンバーならではの音!って感じがしました。グルーブさえしていればどんな少人数でもOKだし、バイラブレになるのね。カホンを組み合わせていたのも結構いい味。こういうバンド見ると勉強しなきゃーってことも多いんですが、純粋に楽しかったな。終電のため2ステージ目まで聴けなかったのが残念。また見に行きます。

しかし私が黄金町にいたのはもう20年以上前になるんですが、阪東橋側はそれなりにあかぬけてるんですね。初音町側(Oasis Latino側)は全く小さい頃の風景と変わってないんですが。なつかしさを誘う駅の看板は。
・黄金旅館(いまだに誰が泊まるのか謎な駅前旅館)
・霞ヶ丘幼稚園(私の出身幼稚園!)
・根岸の旗や(旗やトロフィーやさんですが、妙にインパクト大)

投稿者 yuquilah : 10:25 AM | コメント (3)

February 05, 2006

Love Love Salsa@藤沢GABANA

今日も大移動で東陽町から藤沢。Suicaがあっという間になくなる!(ホリデーパスを使うほどでもないのが微妙)途中丸の内OAZOの丸善でようやっとマルガリータさん著(デラカンダも音楽で参加)の体の芯からキレイをつくるシェイプアップサルサを購入させていただきました。体力ないとかいってる場合じゃありません。

さて藤沢に電車で来たのは学生時代以来?(実は毎年恒例友達のオケ鑑賞というイベントがあるせいで結構車ではきている)で駅前にもかかわらず土地勘のなさをいかんなく発揮してしまったのだけど、なんとなくなつかしい感じがします。
今回のイベントはREINAさんのバースデイ記念イベントで、クリスマス企画の続編って感じでミニライブをやらせていただきました。Loveな感じにふさわしい、(めずらしく?)うらみつらみのないサルサばかり(笑)!音響も調整しつつな上に、なんとサルサ界の大物ミュージシャンも遊びにいらしていて緊張する(結局みんなとても気さくな方々で一緒に写真とってもらったりしてしまったんですけどね〜)!というシチュエーションでしたが、「まず自分を表現することありきでいきなさい」と今日ピアノの先生にいわれたことを思い出して、結構はじけていけました。
まあ、まだ病み上がりですからパワーは不足してますけどね。

こうしていろんな方々とお会いすると、自分の考えている以上に応援してくださる方がいるのだなあ、ということにも感謝。期待を裏切らず、想像を少し裏切りつつ、色々やっていきたいです。

昨日もシータやColynと話していたけど、何かが動いている時ってわくわくするよね。
モチベーションがあがっているうちに、自分で動かなくちゃ。

投稿者 yuquilah : 02:37 AM | コメント (2)

January 29, 2006

デラカンダライブ終わりました〜

今回はデラカンダ久々のライブってこともあって、しかもネタたくさん、お客さんも気合を入れて呼んでいたので直前はナーバス気味。少し気分を変えるためにも六本木でまつげパーマかけて、ヒルズでご飯食べてから(←イケてる状態でないとここには足を踏み入れられない)江古田Buddyに。
ちなみに大江戸線使うと30分以内だからね、この移動。

会場はいるとSalsonesesはウワサに聞いていた通りの大物ばかり!リハからして音が違う!
そして私たちのリハもずっと聴いていただいてました。緊張しますな(笑)

本番は最初の曲からDVD出演のダンサー、まりーなさんが登場、そして今回初公開の未来予想図IIではレイナさんカズちゃんコンビが新しい振付を公開してくださり、最後のNadie Como Ellaではその場のミュージシャン総動員のソロ大会で盛り上がりました!出てきてくださった皆さん、ありがとう!

さて、おまけはまだまだあって、実はアンコールのはずのNo vale la penaが出来なかったというのもあり、ついでにSalsonesesとかぶっていたこともあり(笑)Salsonesesのステージにヴォーカル2人は上げていただいてしまいました。まあ豪華な面々で素晴らしい演奏だったこと!デラカンダのメンバーには申し訳ないことをしてしまいましたが、いい経験になりました。

そしてパワーある演奏、純さんのソウルフルな歌声で聴かせるSalsonesesはデラカンダよりもさらにJ-POP多めの選曲。そして、Tp五反田さんと狩人ばりのハモリを聴かせる「あずさ2号」で客席のボルテージが最高に!これはサルサにしたらいいとかねてから思っていた曲なのよ〜。
去年の今頃は毎週のように(スーパーあずさの振り子にやられながら)出張してたなあとかいうセンチメンタルな感情にひたりながら踊らせていただきました。最高です。
もちろん最後の曲ではみんな乱入して盛り上がらせていただきました。
次の日の仕事がちょっとシビアなので(お客さんに会わなきゃいけない仕事なので・・・)打上も軽くで帰ってしまったのが唯一の心残り。

ライブで100%のお客さんを満足させることは難しい。踊りたい人もいるし、聴きたい人もいるし、バンドに求めるものも違うし。でもこうして、いい音でライブをして踊っていただく場を作るって重要だな、と。
反省は明日以降に・・・

投稿者 yuquilah : 07:34 AM | コメント (5)

January 27, 2006

サルー@日暮里いってきました

朝から忘れ物とか上司に届けるものとかあって、会社と仕事場の渋谷を2往復させられてアンラッキーって思ってたんだけど、仕事場が5時半に閉まるとあって早く追い出され、ちょっと運勢上向き。

ということで、お誘いのあった日暮里サルーに行って来ました。
バス一本なので結構近いんですが(途中のEDWIN本社でアウトレットセールやってた!)、あまり行ってなかったんですよね、最近。なんですが、デスカルガつながりの方も多くいるサルサバンドの面々が3月のライブの下見を兼ねて集まる、とのことで合流させていただきました。

金曜ということでレッスン含めすごいにぎわい!楽しく踊らせていただき、バンドの方も紹介していただきつつ、ミュージシャンならではの(笑)トークで盛り上がりました。
やっぱり踊る人間の中ではどうしても少数派なんですかね?

DJはSicadaさんがヒットソング満載でありつつ、色々遊びのある選曲をしていましたが、その中でもこれは!と思って教えてもらったのがOrquesta Kacheの"I Will Survive"です。
I will surviveは私にとっては色んなターニングポイントであった曲です。初めて歌ったのはもう10年くらい前になりますが、それ以来ポイントポイントで歌ってきています。この曲はセリア・クルースもやっているのですが、サルサとして演奏しやすいアレンジではなかったのでカバーすることは無かったのですが、このバージョンは実にわかりやすくバイラブレ。しかしインディーズで出ているらしく売ってないそうですが・・・。

ふとラテンの世界にもトラックメイカーという人が現れてくれるといいなーと思いました。

投稿者 yuquilah : 11:01 AM | コメント (0)

January 08, 2006

サルサ初め

お昼は久々に岩盤浴。オープン当初はすさまじく混んでいた行きつけの某所(実は家の近くにも数軒あるのですが、ちょっと遠くても相性のいい場所というのがあるのです)も、割引キャンペーンがなくなったせいか?空いていて快適でした。少し間が空いたせいか、頭に血がのぼり気味。でもここの岩盤浴はなぜか貧血でふらふらすることがないのです。

そして、夜はレイナ先生のクラスの新年会@新橋に参加させていただきました。レイナ先生のパーティはいつもアットホームで楽しいので、ほっとします。
実はなんと!29日のデラカンダライブで、レイナ先生&カズちゃんに新曲を踊っていただけることになったのです!今回も乙女色全開(?)ソングなので、今からどんな振り付けが飛び出すか楽しみ〜。
そして2月5日、藤沢GABANAでのイベントでも、ミニライブをやることになりました。クリスマスの時にもご一緒のTooruさん、そしてもう1人パーカッションのコージさんとタッグを組んで出演。こちらも策を練らねば・・・。

そういえば今年に入って踊ったのは初めて。今年は(今年こそ?)もう少し踊りに力を入れたいものです。あー、ケガさえしなければ。

投稿者 yuquilah : 10:15 PM | コメント (0)

December 25, 2005

サルサオールスターズ?の忘年会

今日は朝から、サンタさんペリカン便のお兄さんがきて、パソコンを届けてくれました。もちろん、自分で買ったんだけど!しかも仕事専用マシンとしてパフォーマンスを最大限に生かすためのマシンなので、シーケンサーも録音ソフトもいれずにがんばるのだ・・・ってできるんだろうか。しかしパソコン買いすぎ。メモリを増強しだい来年から大活躍してくれそうです。

さて、夜は新宿某所にてサルサバンド合同忘年会!しかも総勢約25名、5バンドくらいの人々が集まりました。すごいなあ〜。本当はあるバンドの忘年会だったのですが、ひょんなところであったのをきっかけに忘年会の話になり、本気で合流することに。
楽器を持っていないので周りから見ると何の団体か不明だったと思いますが(笑)実はこんなにほかのバンドと合同で飲む機会なんてないんじゃないかしら。いつもライブだと終わるの遅くて打ち上げもままならなかったりするし。音楽に関係ある話もない話も(こっちがメイン?)いっぱいあったけど、とってもいい企画でした。
本当に実現してくれてありがとうございました!

あー、それにしてもよく飲んだクリスマスでした。

投稿者 yuquilah : 08:44 AM | コメント (5)

December 11, 2005

新コラボレーション

oedo.jpg

大江戸線全線開業5周年!なんだそうです。それでなんと都営地下鉄が1日乗り放題400円!というきっぷが発売されてました。これなら210円区間の単純往復だけでもお得だよ!
そういえばあの「大江戸線全線制覇すごろく大会」(キャイーンが当時やっていた番組をまねして、サイコロの目の数だけ駅を進む、というやつです)をやったのも5年前なのね〜。
本当は途中下車して散歩でもしながらリハに行きたかったんだけど、アレンジが軌道に乗ってきて作業を進めるために断念。

午後は24日にREINAさんのパーティでやるためのネタのリハでした。ミニライブではあるんですが、パーカスのTooruさんとダンスのREINAさんのコラボレーションという面白企画。
リハ場所には23日にやるライブのメンバーの方々(とっても素敵な役者さんです)も現れ、楽しいコラボレーションが生まれました。考えたら後2週間もないんですよね〜。本番まで。
帰りは代々木→新宿まで歩いたらサザンテラスのイルミネーションがとてもキレイで。去年もその前も見たような気がするんだけど、今年はほんと、おとぎの国みたいでした。青色LEDがふんだんに使われているせいか?(なんて夢が無い!)本当はこっちの写真撮るべきだったんじゃないかって?夜景はイマイチなんですってば、うちの携帯・・・。

考えてみればサルサを初めて約5年で、最近はキューバンもNYサルサにも参加させてもらったというのは大きな収穫なんだけど、自分でドライブする企画ってのもやりたくなってきました。前々からアイデアは少しずつあったんだけど、適当レベルでも始めるほうが大事かなと思ってたり。

投稿者 yuquilah : 12:06 PM | コメント (1092)

November 22, 2005

六本木サルサパーティ&ライブ

朝から数人と打合せで忙しく、夜もエンドレスな雰囲気だったのですが、事前に察知して途中で切り上げさえていただく。

というのも六本木のROXYでTOMOKO先生のパーティでライブをやることになっていたからなのです。
ROXYはすっかり六本木のサルサスポットとして定着しましたね。思ったよりひろくて良い雰囲気。これならバンドでライブもいけるでしょう。(やっていたバンドもあったけど)

お客様の数もものすごくて、ぶつかりながら踊っていたけど、久しぶりにたくさん踊れたし、ちょうど会いたかった人にも会えてうれしかった。
しかしリハもなく、直前まで踊っていたので歌としては色々考える余地あり。
ソロとして披露する新ネタもそろそろ用意したいです。というか冬に向けて少しずつ準備中だけど。
ぼるねちぇりーずの素敵なパフォーマンスもありつつ、六本木の夜を満喫しました。

しかし風邪気味なので早くねないと。

投稿者 yuquilah : 09:22 AM | コメント (0)

November 06, 2005

またまたサルサマニア

江古田Buddyでのサルサマニアを今回はお客さんとして遊びにいってきました。
トップバッターサルサ一番しぼりのヴォーカルSeikoちゃんはもう7,8年来のつきあいで、当時から黒く渋い歌を歌う人だったのだけど、サルサを歌わせてもキューバのアーティストのようなのびやかさがあって、素敵。ダンサーオリエンテッドな選曲で、コンセプト的にもデラカンダと似た部分が多いバンドなので、これからも要チェック!ですね。
La Luna Ochoはメンバーチェンジして初めて見ましたが、コンパクトな編成と思えないすごい音圧!キュートなオリジナル曲もたくさんありました。
そしてトリは今回メンバーが小編成に、スリムになったLatin Jaz Max!彼らにはじめてあったのは忘れもしない「バンド自慢コンサート」ですが、いつ聴いてもおしゃれで軽妙なアレンジ、メンバーの個性を生かしたソロ大会など、つくづくかっこいい!
結局皆さんの打上にも混ぜていただきました。

本田美奈子さん亡くなったのね。どんなに生きようとしても、生きられないことがあるのだなあ、と。
歌うためにあれだけ必死で努力した人が、若くして亡くなるということ。運命には逆らえないのだろうか?
Sex and the cityの名言を借りれば、運命とは間違いの積み重ね、とのこと。
いいことも、悪いことも、どのタイミングで何が起こるかわからない。
だから、今の気持ちに素直に従って判断するしかないのですよね。

投稿者 yuquilah : 10:52 PM | コメント (4)

October 03, 2005

大手町deサルサデュエット編

久々に「大手町deサルサ」でライブをしてきました〜!しかも今回はデラカンダで一緒に歌っているNicolasさんとデュエットバージョンということで!
Motokaさんのリクエストにより"No me ames"など2曲ほど。本当はもっとネタがあるとよかったんですが。やはりきちんとしたスタジオ録音のバックトラックがないと、うすっぺらく聴こえてしまうんですよね。なので、少なくてごめんなさい。
でも、今回はとっても歌いやすかったです。自分の歌的には、ピッチの悪い部分などがもろに聴こえてしまった部分もあったのですが(アップ不足のときに、一時的にピッチコントロールが不可能になってしまう時があるのですが、無意識のうちに力が入っているんだろうなー)、とっても気持ちよく歌えました。
以前から考えていたことでもありますが、オルケスタとして以外にも、ヴォーカル・グループという形態で何か活動ができたらなーと思っています。

今回のレッスンはTomoko先生、そしてパフォーマンスはTomoko先生のチーム「ぼるねちぇりーず」。実は2年ほど前に上野でレッスンをされていたころ、私もかなり通っていました。私にとっては数少ない、ちゃんとサルサを習った師匠の1人です。とても的確にポイントを指示してくれるし、ちょっとした「かっこよく見えるポイント」のアドバイスが役に立つんです。
ぼるねちぇりーずの方々とは、もともとサルサシンガーとしてではなく、たんなる一生徒として出会ったから、こういう形で会うのはとても不思議だな。ふつうに、同窓会のように迎えていただいて、ありがとうございました。今度はぜひROXYにも行きたいです。

また、今回一緒に踊った方は、みんな自然でグルーブにあったリードをする方々ばかりで、本当に気持ちよく踊れました!ダンスの気持ちよさを久々に満喫しました。

投稿者 yuquilah : 07:39 AM | コメント (0)

August 17, 2005

女性誌に見る「あなたはなぜサルサを踊るのか?」

少し前になるのだけど、友達から「ヴァンテーヌ」にサルサの記事が載っていたというので切抜きをもらいました。「オトナの女入門学」というシリーズで26歳の編集者が毎回いろいろなものに挑戦する連載で、サルサというのがあったんですね。

ところで「あなたはなぜサルサを踊るのか?」と聞かれたら、これはもう「音楽を楽しむため」にほかならないわけで、私の場合は絶対音楽主導。サルサの音楽にノリたいから、より楽しみたいから踊るのであって、音楽を楽しませてくれる余裕のない踊りってアウトなわけですよ。で、私が過去に習ってきた先生って基本的にそういうスタンスの人が多かったので、あまりその考え方に疑問をいだかなかったんです、今まで。

ですが、この記事を読んでガーン!って感じ。女性にとってのサルサは「美しさを見せつけ」「賞賛のまなざしを浴びる」ためのものなんですって!ようは(パフォーマンスという形じゃなくても)見せるために踊っているということ。そりゃあ音楽を少し犠牲にする部分もあるわけです。以前も某バンドのリーダーと語ったのですが、サルサダンサーがライブに来ない理由として、「ライブじゃ音楽が主役だからね、踊っている人が主役になれないじゃない。踊る人は自分が主役になれる場所で踊るのよ」ということをいっていましたが、その仮説が裏付けられた形です。

だけど、それも一理あるじゃないですか。ダンサーとしてはやはり踊る場で輝きたいもの。音楽を楽しんでいる踊りは美しいんですが、多数いる中で目立つにはやっぱり派手なことしなくちゃいけない→技をきわめたい、というのはごく純粋な欲求なんですね。

そこで、ようやく先日のデラカンダの練習で出た「ダンスフロアーオリエンテッド」の意味がつながってきました。そう、「ダンサーがいちばん輝いて見える音楽を演奏する!」というのがこのバンドの役割で、それにようやく自信が持てるようになったのです。「それって面白くないんじゃない?」とも言われたんだけど、目的がはっきりすれば、それを追求するために職人魂がめざめてくる。ダンサーのイマジネーションがふくらむような演奏、選曲、ステージング。今まで音楽がリードする音楽のことしか考えてこなかったけれど、ダンスによってリードされ、輝く音楽も素敵じゃないですか。しばらくはそんな部分にフォーカスを当ててみようかなーと思っています。

でもやっぱ自分が踊るときは音楽ちゃんときけなきゃいやだし、腰弱いのであまり激しいディップもやめてください(笑)。翌日整体行きなんで。

投稿者 yuquilah : 12:47 AM | コメント (5)

August 01, 2005

8月に入って・・・

もう8月!早いものですねえ。と思ったら先に「こうさぎキーラちゃん」が↓のような気の抜けることを書いている・・・。
今までも週1投稿するように設定していたんだけど、ちょっとした間違いで動かず。ようやくちゃんと投稿してくれるようになったということですね。しかしこういう意味のない文章って妙にいやされますが。

最近いろいろな人とサルサのイベントをやる難しさについて話をしました。
どのようなスタンスで(イベントとしてペイできるものをやるか、ボランティアベースか)やるか、踊り、DJ、バンドについてどう考えているか、他のイベンターがやっていることをどう思っているのか・・・などなど。
色んな場所で出させていただく度、イベントを企画している方は本当に大変だなあ、という風に思います。色んなスタンスの方はいますが、やはりバンドを大切にしてくれる方とやるのはうれしいですね。
同時に、バンドの人間もイベントを作っている人たちにこたえるため、努力&感謝しなきゃいけないな、とあらためて感じました。

私はライブの時のコンディションを作るのがすごく大変なので(本当は体力もしっかりあって、飲んでも騒いでもパーフェクトに歌えるべきである、とは思うのですが、何度もそれで失敗した経験があるので)、出演する側に回ると、結構出演前はストイックに過ごします。本番近くなるとあまり人ともしゃべらないし、一人でいることも多くなります。逆に終わると体力も精神力もフルに使い果たしてしまい、飲んでまったりと過ごしてしまうことが多いです。なので、なかなかイベント自体をフルに楽しんでいるように見えないのが残念なところなのですが、それはやっぱり「より良いステージができる」ことに重点をおくべきだろう、と割り切っています。それでステージをやっている瞬間が楽しければいいのです(笑)

個人的には、イベントもバンドもすそ野が広がって、しのぎを削るのがいい形だと思います。全員を満足させられるものなんて無いのですから。細分化して、いろんなタイプのものが出てきて、それでお互い手を組んだり、認め合えるところで一緒にやっていけば、もっと楽しくなるのだと思います。
ただ、サルサという音楽の楽しさを伝えるには、まだ別のいい方法があるんじゃないか、という気はしています。

投稿者 yuquilah : 03:33 PM | コメント (0)

July 13, 2005

久々に大手町deサルサ

久々にちゃんと時間も取れそうだったし、以前の仕事で一緒だった女の子たちが「サルサやりたい!」といってきてくれたので、「大手町deサルサ」にお連れする。
が、直前になって幕張で作業しろとの指令が!あまりに急な話&緊急性を感じなかったため、「6時で切り上げますからねー」といって帰ってきたよ(笑)
それにしても幕張は遠い・・・。市川くらいまでは体感距離そんなにないのですが。

最初から適当に踊って、ビールを飲んで、とてもいい感じ。
友達2人をお相手してくれた方もとてもいい方だったので、彼女たちは初心者ワンコイン・レッスンまで楽しんだ様子。よかったよかった。
DJは全体的に渋いラテン・ジャズ系の選曲が多かった感じ。オトナが踊れる感じですね。
今回のパフォーマンスはサブロスのNANAさんが歌っていて、いつもながらの甘くてコケティッシュな声が素敵。ダンスの先生でもあるだけあって、身のこなしも素敵。ヴォーカリストたるもの、こういうカリスマ性がやっぱ必要ですよねえ・・・。
ダンスのパフォーマンスもNYマンボ系あり、アシェありで楽しみました。やっぱアシェはつくづく日本人にあっている踊りだなあ(笑)と思います。

今回はとにかく友達がサルサを気に入ってくれたので収穫アリ。今度はライブも行きましょう!

投稿者 yuquilah : 07:54 AM | コメント (2)

April 27, 2005

大手町サルサふたたび

朝晩は冷え込むものの、ようやく暖かい、いい天気!
というわけで前回から延期になってしまった大手町サルサを、同じメニューで再実施することができました(^o^)/
それにしてもすごい人!毎回毎回増えてくるような??やっぱりサルサやる方も多くは会社でお仕事している方だし、そうすると丸の内や大手町界隈の人口ってとっても多いんですよね。そこでサルサが出来るって言うのはとってもいいアイデアだと思います。
歌は、たくさんのお客様が踊ってくださっていて楽しく出来ました。バンドがいないならではの難しさはありますが(ソロとかで盛り上げられないですからねー)どうしても踊り目当ての人がほとんどなので、踊りやすい選曲+ある程度のバリエーションが必要ですが、今回は純粋に見てくださるお客様もいたので、今後はその辺も考えなくてはいけません。私はR&BとかHipHop系のクラブパフォーマンスの方が先だったから、トラックでライブをやることには抵抗ないんですが、暗くて狭いハコしか経験してないのです。大手町のように、野外で開放的で、しかもキャパが大きい場所ではまた違うアプローチが有効なのでしょう。

今回India, Celia Cruzは大体みんな知っていたようですが、間に入れたメレンゲはOlga Tanonという人です。メレンゲだけでなくて、ラテンポップ全般の人ですが、まあこの人の顔のインパクトは、一度映像見たら忘れませんね(笑)Una Noche Masはこちらのアルバムのほか、ベストにも入ってます。

Siente El Amor
Siente El Amor
posted with amazlet at 05.04.28
OLGA TANON
Wea/Latina (1994/10/25)
売り上げランキング: 95,144
通常5〜6日以内に発送


そしてアルベルト&ミカさんのパフォーマンス、いろんな場所で何度も見てはいるのですが、本当に見とれます。ダンスの華やかさと優雅さを本当に表現していますよねえ、さすがです。彼らのパフォーマンスで使っていた曲もちょっとR&Bぽい(英語の歌だった)かっこいい曲だった!

今回はDJのHaloさん、Kura2さん(Tomoko先生クラスでご一緒でしたね!)とも色々お話できました。私は最近キューバ系のアゲアゲな曲ばかり聴いていたので、NY系、南米系のサルサのいい曲を久しぶりに色々聴きました。お2人ともこだわりを持って、研究していらっしゃるところがすごいですね!私は今回は完全にメジャーな選曲でいきましたが(そうでないとトラックが用意できない、という問題もあるんですが・・・)、最近アメリカからネット販売のルートも仕入れたので、バリエーションも増やしたいです!

5月12日のサムズアップ、21日の赤レンガのライブも興味を持ってくださった方がたくさんいてうれしかったです。GWはちょっと体作りの予定。自分が出演するときって、エネルギーを使い切ってしまうので、どうしても楽しみとして踊る体力がなくなってしまうんですな。スタミナつけなくてはね!

投稿者 yuquilah : 11:57 AM | コメント (2)

March 16, 2005

プレ大手町deサルサ

以前に出演させていただいたこともあるイベント「大手町deサルサ」がレギュラー化する、ということで、そのプレイベント「プレ大手町deサルサ」@サンケイビルに。
サンケイビルといえば素敵なオフィスビルだけど、その地下2階のスペースでイベント。
いったん家に帰れなかったため、全然踊るモードではなかったんだけど、みなさん会社帰りとは思えないおしゃれさ。大手町にサルサって意外な

少し寒かったけど、久しぶりにあった方々も多くて、踊って楽しかった。もう少しあたたかくなれば、もっとサルサにぴったりなスペースになるのでしょう。しかし、そうしたらいっぱい来過ぎて大変かな(笑)

投稿者 yuquilah : 01:30 PM | コメント (0)

January 22, 2005

もしもツアーズ&ティンクーバ

ミュージックフェアで松浦亜弥が「渡良瀬橋」をうたった後に、くしくも(プロデューサー、狙った?)
もしもツアーズでは両毛線(渡良瀬川を通る線ね)にて麺ツアー!私佐野には良く行くけどラーメン全然食べてないし、うどんおいしそうだなー。わたらせ渓谷鉄道にも乗りたいとかいいつつ乗ってないしー。
今日紹介されていたところはどこも電車でいけるところばかりだったので、ぜひぜひ行きたいもんです。

そして、夜は小児科リーダー真野さんより何度もすすめられていたイベントティンクーバに初めていってみた。エルカルナバルってもしかして・・・数年前ハウス/ソウル系のイベントで某お方につれてってもらったところ?
なかなかにぎわっていて、でもサルサのイベントにありがちな、踊るのに気合入りすぎた感じがなくて、気軽に楽しめる。曲はもちろんキューバもの中心でリミックスされてるのだけど、ノンストップなところが気持ちよくて、みんな音楽を楽しんでいる感じがよいよい。まーもともと私はソウルバーが好きってのもあって、「踊りにいく」というよりは、いい音楽とお酒がメインで、踊りたくなったら踊るというのが理想。だから音楽優先で踊れるイベントは気持ちよかった。
明日は早起き予定なので少しはやめに切り上げ。

投稿者 yuquilah : 06:45 PM | コメント (0)

November 14, 2004

サルサ談義

最近ペースが落ちてきましたね。すみません〜
なかなか仕事が追い詰められてるもので(笑)

そうはいいつつもこの週末は色々とサルサ仲間に顔を出す。
以前神田でデスカルガしたメンバー+バンドで活躍する人々を交えての飲み会は鳴り物持参で盛り上がって楽しかった。たくさんいたのでなかなか全員と話せなかったのが残念。
それから六本木の方で行われていたキューバ大使館のイベントでSingo!がライブをやるというのでこれも見に行ってみた。オリジナルの曲をやれるというのはいいよね。日本語でメッセージを伝えられるというのもいいよね。スペイン語の響きだからこそ伝えられるものもあれば、日本語という言葉を使うからこそ生まれるラテンもある。
ここでもいろいろサルサバンド関係者と会ってお話。レベルの高いところでやっている人たちと話すのは、よい刺激になります。

ところでJuan Luis Guerraのゴスペル/メレンゲな新作"Para ti"をきいてみましたが、ゴスペルっぽいコーラスを多用しながらもバリバリメレンゲでコロは「アーメン」だし、なんじゃこりゃ。んーしかし昨今のコンテンポラリー・クリスチャンと呼ばれる音楽も歌詞の内容以外は普通のロック、R&Bって感じだし、まあアリなんですかね。

投稿者 yuquilah : 01:25 PM | コメント (0)

October 30, 2004

六本木クラビング

楽しみにしていた六本木週間だけど、実際は自分の仕事とは関係ない分野に時間をついやしたのがほとんどで、その間にたまってくる仕事を片付けられないのもジレンマで、結構大変だった。
ので最終日は必要なところが終わり次第別のオフィスで仕事。

そこで同じ会社のサルサ友達とあって、六本木のサルサイベントへ。
Cipangoというところの「サルキン」というイベントに行きました。
フロアも広いし、設備もキレイだし、ドリンク飲み放題。一部の六本木のイベント独特にありがちなコワい雰囲気がなくて、来ている人もとてもスマートでマナーのいい人が多かった。(もともとトモコ先生のクラスで一緒だった人が多かったのもあるけど)自分もサルサ業界(?)にいてナンなんだけど、やっぱりイベントでも治安が悪かったりとか悪いうわさをきいたりすることもあるので、安心して行って音楽と踊りを楽しめるイベントである、っていうのは重要です。
しかしこうやって踊り場にいって情報収集をするのは大切ですね。

ところで少し前までは男性でサルサやる人っていうのはラテンアメリカで暮らしてたとか、元ダンス部でダンスのたしなみがあるとか、ちょっと特殊な人が多かったのだけど、最近はふつうの人がふつうに趣味の一環として、(テニスやゴルフと同じレベルで)サルサをやっている人が多いよね。とてもいいことだと思います。でも音楽ももっと聴いてね。

そうそう。急ですが30日夜は黄金町の「オアシス・ラティーノ」でちょっと歌ってくることになりました。
サルサハロウィーンパーティーだそうです。しかし仮装って・・・どうすればいいんだろうね?

投稿者 yuquilah : 03:14 PM | コメント (0)

September 05, 2004

大手町でサルサ、など

また何日もさぼってしまいました・・・
木曜夜は「大手町deサルサ」でちょっと歌わせていただきました。
天気が心配されたのだけど、リニューアルしたサンケイビルディングはステキな場所で(こんな場所ではたらきたいよーとダンサーの女の子たちと話してました)、サルサが好きな人がいっぱい集まってくれたので楽しいイベントでした!
私がお願いしたパフォーマンスのSALSA NUTSはじめ、ダンサーの方々もステキなパフォーマンスをしてくださって、私は終わると飲みにはしり(笑)楽しく過ごしました。
心残り。同時に千葉の農産物祭?をやってたのよね。新米2キロ700円!山芋60円!ううう、ほしい・・・という気持ちになりつつ、「今日はシンガーのユキーラなんだから生活色を出しちゃだめよ!」といわれてしまいました・・・(まあ、どちらにしても重くて買えなかったろうけど)。下町系シンガーとしては常に庶民的にいきたいんですけど、ダメでしょうか(笑)

で休んだ次の日に限ってトラブルだらけの日だったんですが・・・なんとか無事に帰りにプール計画は遂行しました。中央区の小学校のプールですが、シャワーも温水で個室だし、ロッカーはデジタル鍵だし、水着脱水機はあるし、至れり尽せりね!

そしてデラカンダも18日深夜、グルーポ・ニーチェのアフターパーティ(打ち上げ??)ライブ正式決定です!なんとお客様はほとんどが中南米の方になりそう!というシチュエーション。スペイン語MCがんばらないと〜今月も盛り上がること、いっぱいです!

投稿者 yuquilah : 12:56 AM | コメント (0)

August 22, 2004

デスカルガリハ&Shock'sライブ

あたしはダークホースが勝つのが好きだ。あまのじゃくかもしれないけど、本命がプレッシャーに勝って栄光を手にするのもいいけど、注目されてなかった人が突如大舞台で力を発揮するってのは小気味いい。やっぱり人生が下克上のせいなのかな(笑)。というわけで、柴田亜衣選手の金メダルは大拍手。
あーしかしオリンピック選手の「世界レベルの努力」を見ていると、ほんとに自分は反省だらけ。

27日に神田でやるデスカルガ企画のリハ。対バン経験があったり、ライブ見られてたり、というのはあっても、ほとんどが知らない人同士。全員はそろわなかったので、まだどうなるのかな?という面はありつつも、とてもいい人ばかりで楽しい感じ。しかも下町の路地裏が会場ってのも私の理想とするところ。
あとは天候と(野外なので荒天中止なの!)当日会社を定時あがりできるかが大きな課題か。

その後飲み会を途中で失礼し、音楽仲間のθさんのユニットShock'sのライブを見るため瑞江へ。案外都営新宿線は時間がかかるのは計算違いだが何とか間にあった。もう少しききたい!と思わせる洋楽のカバーが4曲。とにかくカズさんとθさんの魅力は、息があっているハーモニー。(オリンピックでたとえれば、シンクロとかアイスダンス(冬だろが〜)で2人の息がぴったりあっている美しい演技を見ているような感じ。θさんの声は本当に自分が好きなタイプの声で、プレイヤーとして意識するとかよりも、純粋に好きだし、多くの人に勧めたいと思っている(現実にすすめてるしね)。

投稿者 yuquilah : 01:38 AM | コメント (0)

August 10, 2004

ツアーその2、弘前〜(空港バス)〜青森空港〜名古屋空港〜(バス)〜名古屋市内

さて直接飛行機で名古屋に移動。青森〜名古屋便なんて路線、名古屋在住でもなきゃ乗らないもんね。でも羽田に行くのと10分しか変わらないのだ!そりゃ多少高くても飛行機でしょう。(羽田便より1万円も高いんだけど!)

青森空港から飛び立つと山脈がとても美しい。天気もよいのでほぼ時間通りに到着し、ライブ会場のある今池のひつまぶし屋で合流。車で来た組も無事合流。それにしてもひつまぶし、おいしかった〜

さて、会場の「得三」(大槻ケンヂなどもライブをやる、なかなかよい場所)に着き、ひつまぶしのおかげですっかりリハ中はスローモーションになってしまってましたが、本番までの間にカフェインを注入し、テンションを少しずつ上げる。今回の対バン、そしてライブ一切をコーディネートしてくれたConjunto Domesticoはペルー人兄弟のボーカルを含む迫力あるサルサバンド。クラシカルなサルサもティンバも圧倒される。はじめは座っている人が多かったものの、途中からは踊る人ですでにいっぱいで客席に入れないほど。そしてデラカンダのライブの番になるとさらにテンションはあがり、とにかく名古屋の人々、大いに盛り上げてくれる。演奏している方も盛り上がってくる。後半ではCDメンバーも次々乱入し、アンコールも2回。最後は用意している曲もなかったので(笑)再度テキーラで大デスカルガ大会。いやいや、こんな熱いライブ、久しぶり、というか初めて??

うちあげはお約束?で手羽先でした。これも美味。
本当に名古屋の方々、そしてそれ以外の場所からも来ていただいた皆様、ありがとうございました!

投稿者 yuquilah : 12:55 PM | コメント (0)

July 27, 2004

週明けが一番つかれてるらしい

あの後日曜も吉祥寺でちょっとした歌の出し物?としたりして結構派手に動いたので、週末は平日よりよく動いている。まあ、反省点はいっぱいあったけど、いろんなスタイルに挑戦するのはいい勉強になります。
さて次週に突入したわけですが、疲れがとれません。いけませんねー。

ところでSalsamaniaというイタリアのサイト発見。ここはなぜかティンバ系に異様に強く、あやしいビデオがいっぱい見られます(コンサートをホームビデオでうつしたようなやつ)。問題はほとんどの表記がイタリア語ということでしょうか。
しかし、これを見る限りでは、イタリア、相当キューバのアーティストがコンサートやってるみたいですね。まあラテン系って意味ではノリは似ている気がしないでもないですが、やっぱサルサが過去のものになっているアメリカ大陸とくらべて、ヨーロッパのほうがいけてるのかもしれません。
どーもあまり行く気になれなかったんですが。ていうか今年も結局マイアミにしちゃいましたが。

投稿者 yuquilah : 08:02 AM | コメント (0)

June 21, 2004

コラボレーションの予感

少しずつ声も出るようになってきて、かつて中高生時代にいっていたこどもの城の「シンセサイザー講座」の同窓会に行ってきた。考えてみればあそこがあったから打ち込みとかしようと思ったわけで、個性的な、多彩な人が集まっていたのだけど、その後の話をきいたらみんな色々波乱がありつつ、おもしろい人生を歩んでいた。またメーリングリストとか作って、定期的に交流したいねということで、面白いコラボレーションができるかも。このメンバーですから。

そんなわけで小児科医のほうのリハもなんとかこなせました。このバンドは音出しての練習の前にダンス練習があります。これが結構好評で(笑)いろんなゲストがやってきます。このバンドでのライブというのも早くやってみたいですが、まあ秋くらいなんでしょうか。

坂口憲二くんがこの夏を忘れないでキューバを旅するというので今回は忘れずに見ることができました。まー基本的に坂口くんってだけで見てしまう要素はあるのですが(笑)キューバいきたいいきたい!って感じですねえ。まあ、キューバについてそんなに深く触れられないのは、30分番組という性格上しょうがないのでしょうが。

投稿者 yuquilah : 09:20 AM | コメント (0)

June 19, 2004

あーくるしかった〜

いつのまにか週末になってしまいましたが。
木曜にはデラカンダで「横浜サルサナイト」なんかも出つつ、妙にもりあがったのですが、私のほうの調子は最悪で、本番直前に声が出なくなってしまったのでした。リハまではいけたのになあ(爆)
結構いつもご一緒しているメンバーなども見に来てくださってたので、この状態はおはずかしいかぎりです。やっぱNYサルサは歌がひっぱらんとあかんからな〜。
まあ、7月8月とライブ続きます。それまでにコンディション整えなくてはですね。反省〜

で医者にいって家でプログラム書いたりしてたんですが(いちおう週1度の自宅勤務とか、連絡さえつくようであればOKなわけね。これがSEという商売の強み)、2年前のように声帯結節ではない、と。単にカゼでのどが腫れていて、ひどくなっているというだけらしい。しかしのどがパーフェクトって日、年に1ヶ月あればいいほうなのよねえ。いつ見てもらっても結節はないけど腫れている状態。熱が出ない分長引くんですわ。うーん、今後の活動に向けて、健康状態を根本的に改善しないといかんですなあ。やっぱもろみ酢?フコイダン?まあなんとか順調に復活しつつあります。マンブラも最終リハというのにおやすみしてしまったんですが、本番までにはなんとかなるでしょう。ていうかせねば。

ていうか来月は入谷名物朝顔市じゃーん。今年もビールと氷でお店番しますよーきてきて♪

投稿者 yuquilah : 03:41 PM | コメント (2)

June 14, 2004

ぶっとばした週末(シントゥーラで腰痛)

金曜夜。大学のゼミ同窓会の打ち合わせ。とはいっても話題はその他のことに脱線しぎみ。
とりあえずTodo事項は新宿の某ホテル宴会場をおさえること。
赤坂サントリービルの「ペンディオ・ロッソ」に行きました。手ごろな店のはずが食べ過ぎて予算オーバーに(爆)ちょっとしたパーティーにはよい場所かも。

土曜は横浜赤レンガのサルサライブ。Liberacion, Las Chicas Lindisimas, カチンバ1551の3バンド。円熟のソネーロが渋くきかせるリベラシオン、キュートさは変わらず、サウンドもスケールアップしたチカリン、そしてライブでは初体験のカチンバはすごかった!踊りも歌もすごいスケール感だしパワーを感じるよ!ただでさえ沖縄大好きの私は「はいや、さっ、さっ」でカチャーシーしまくりでした(笑)。うん、やっぱ日本人としてのアイデンティティを前面に出しているからこそ世界で通用できるんだと思うのです。サルサバンドはいっぱい良いプロのバンドもあるけど、サルサという音楽が好きではない10代の子達まで熱狂させられるのは彼らしかいないですよ。

で日曜はデラカンダのライブ前リハ。なかなか有意義な練習でしたが、これから8月までがんがんライブは続くので、ネタもしこまなくてはですな。こんなもんで疲れていちゃいかんのですが、4時間みっちりリハしたら結構声にきました。本番まではシャドウイングの練習だけにしとこうっと。
17日のらいぶ、よろしくです。

近鉄がオリックスと合併との話にショックをうけたのは私だけじゃないだろう。ていうかパリーグなくすってどういうつもりよ。ファンを無視した球団運営もいい加減にしていただきたい。

投稿者 yuquilah : 09:28 AM | コメント (0)

June 08, 2004

ええい、結婚祝いだ!ってことで

cover←マークのDVD買っちゃいました

昨日から話題は続くけど「ジェニファー・ロペス、サルサ歌手と結婚へ」という見出し、大いに笑えます(笑)。
だからというわけじゃないんだけど、高田馬場でCD屋をうろついていたら、マーク・アンソニーのマジソンスクエアライブのDVDがあった。思ったより安いし、いろんなとこで在庫切れしてるし、買ってしまいました〜。まだ見てないけど。

あとジェニロペ版の"Shall we Dance?"もサイトができているようで。なんだか7月か8月に公開っていっていたのに、アメリカでの公開が10月15日だって。結構先だなあ。これ、日本版もちゃんとビデオ借りて見て、テレビでやってたのもチェックしたくらいだからどんな風になるのか楽しみだわ。ストーリーを見る限りでは、日本版ではあまり出てこなかった奥さんがスーザン・サランドンらしいので、かなりストーリーの鍵をにぎると思われます。

投稿者 yuquilah : 09:59 AM | コメント (0)

June 07, 2004

オーケストラ&サルサマニア

急激に入梅。ええ〜っ、じゃああと1ヶ月半は・・・ってことですか。
そんな折にも沖縄はもう天気いいらしく、もしや梅雨明け?

そして、ついにジェニロペとマーク・アンソニーが結婚!ですって!!!ああ、No Me Amesの歌は現実だったんだあ・・・とすごいショックです。いや、何でってマーク略奪でしょ。しかもベン・アフレック捨てて・・・ってところがさあ・・・。まあ、これで日本でもマーク・アンソニーに対する注目度(リッキー、エンリケに比べると知名度低いもんね)が高まることを祈りましょう。今回の教訓は、「男は顔よりも歌である」(爆)

ええと、そんなニュースですごいコンサート三昧の1日の感想が後回しになってしまいましたが、午後は友達のオケ→江古田でサルサマニア。オーケストラは大体友達が出るので年に3回くらいしか見ないんですが、見てみると面白いし、おおっって思いますねえ。しかし今回のメインブラームスの3番って、盛り下がる終わり方するなあ(笑)
サルマニは豪華でした。Arrancando、La Luna Ocho、Latin Factory、Los Borrachosという実力派そろい。踊らせなくてもいやでも踊ってしまうくらい、勢いがありました。個々のバンドについて感想も述べたいんですが、あまりにも踊りすぎで体力使ってしまいました。すみませぬ〜。

投稿者 yuquilah : 09:45 AM | コメント (0)

May 05, 2004

サルサイベント

ここんとこ睡眠時間も倍ぐらいで、やりたいことはやってるけどやるべきことは全然やってない状態で、やっぱ時間というのはどれだけあっても足りないもんだなあ、と改めて実感。いやはや。
まあ、そんな間にもデラカンダはばりばりと4時間練習。その前に個人で2時間練習していたんだけど、間に少しお休みを取ったので、ひどく疲れずにはすんだ。まあ体調にもよりけりだけど、基礎体力がついたのであればよいなあと。

4日は日暮里サルーでレイナさんのサルサイベントにちょっと出てきました。今まで家の近くのバス停からいってたから、ぐるっとまわって15分以上かかっていたのだけど、少し家からは遠いけどバスのルート的にはショートカットなバス停からいったら、約5分で到着。これは早い。天気も悪くなるというので人手が心配されたけど、ものすごい混雑で大盛況。やっぱGW、みんなイベントを求めてるんですね。今回のような形での(生演奏じゃない)ライブはある意味邪道だし、ライブの本質には遠いのだけど、イベントを盛り上げるにはいい手段かな、と思っている。自分が経験してきたヒップホップとかでは、クラブではオケでのライブが主流で、メジャーになるとだんだんバンドで活動できるようになってくる。そのスタイルが定着してきたから、シンガーもDJもダンサーもふくめて、ヒップホップというカルチャーは日本に根付いたと思っているし、サルサもそんな存在になってくれたらと思っている。(特にサルサは、音楽をやりたい人には新規参入がとっても難しい分野だし、だから似たようなメンバーで動いているし!)

ダンスとライブの融合、と色んな人がいうけど、実際は結構大変だ。だから、自分の身の回りでちょっと歌えるところから裾野を広げて、バンドのライブを経験してくれる人が増えたらな、と。

投稿者 yuquilah : 12:59 PM | コメント (66)

April 29, 2004

チカリン&アラカン@クロコダイル

朝からひたすら印刷&ファイリング&ハンコ押しをやりつづけて納品終了。
のため無事にクロコダイルに行くことができた。今までよく対バンしているけどなんだか久々になってしまったLas Chicas Lindisimasとヴォーカルのシラカベ嬢から話は聴いていてずっと見に行きたいとおもってたArrancandoというグレイトな組合せ。GWのはじまりにふさわしいじゃあ〜りませんか♪

チカリンは前に聴いた時よりメレンゲ&オリジナル大目。それにバチャータあり、ルンバありで楽しませてもらいました。サルサファンからは軽視されがちなメレンゲだけど、私は大好きだぞ!それに彼女たち(おっと、彼もいたね)のオリジナルはとってもキャッチ―でいい意味で日本のラテンミュージックだよね!
おもわず「かーわーいーいー」といいたくなるキャラ、うらやましい(笑)また海で対バンしたいですねー。

そして「黒い軍団」(byリーダー)ことアラカンは音が鳴ったとたんにリズムにつかまれる、すごいグルーブをもったバンド。ホーンがいなくてヴァイブがいるという変わった編成だけど、このバンドは全員が全員リズムなのよね!プエルトリコの正統派サルサをがちっと聴かせながらも、リーダーの面白すぎるトークがたまらない。ええと、プエルトリコという島、存じ上げておりますよ(笑)

とっても素晴らしいオリジナリティーを持ったバンド2つ。学ぶべきものはひじょうに多いね。

投稿者 yuquilah : 07:49 PM | コメント (0)

April 19, 2004

セッションパーティライブ

結構不運は続くもので。
定期入れが崩壊した。(モノいれすぎってうわさも。でももう6年くらい使ってるし)
そしてMDが録音できてない!と思ったらMDウォークマンが壊れた。
しかも1年半くらいだよ・・・ナシで生活するわけにもいかないので、即効買ったけど、これで給料日まで暮らすはずのお金が・・・しかも次買うときはNET MDとかにしようと思ってたのになあ。予算が無いのでまるっきり前のと一緒。

さてマンブラ関係者もたくさん参加するセッションパーティーの人々のライブ。アットホームな雰囲気で盛り上がっていた。うまいバンドと見ていてすきになるバンドは違うけれども、やはり根底の技術がしっかりしているバンドって音楽として安心して聴いていられるね。そんなマンブラ次のライブは6月です。

そして2ヶ月ぶりのデラカンダリハ。出席率を甘く見ていたら異様に部屋が狭い&冷房が効かない(苦笑)!失礼いたしました。こちらも5月9日の次も6月、7月といろいろありそうです。やっぱ梅雨になったらあの曲、やらなきゃでしょう(笑)

しかしツイてないときはとことんツイてない。こんなときはおとなしくしているに限る。

投稿者 yuquilah : 09:19 AM | コメント (0)

April 18, 2004

ライブ、サルサ、京浜急行の思い出など

とても書きたいこと多いので話題がとっちらかるよ(笑)

歌のレッスンなどうけて六本木。小腹がすいたので六本木ヒルズのスープストックへ・・・やはり回転ドアは閉まっていたね。
六ヒルの回転ドアといえば痛ましい事故が記憶に新しいけど、自慢じゃないが私、まず一回で抜けられたためしがない!たしかにリフトとか降りるの苦手だけどさあ・・・あの回転の速さで向こうに出ようとすると人がいっぱいいるんだよう!あれ〜という間にもう一回転。危ないと思っていたんだ、ずっと。森ビルについて「健康で金持ちな大人しか相手にしない」と批判があったけど、森ビルのやろうとする都市計画について、そういうコンセプトを根底に感じるのは否めないなあ・・・この話は長くなるのでここまで。

以前から何度かお会いしていたMIHOさんヴォーカルのZERO Plusのライブを見る。個人個人の技量も高く、バンドとしてのアンサンブルもまとまっているステキなバンド。ファンクをやってもとても大人の香りがする。そしてMIHOさんのパワフルなヴォーカル。いやはや、うらやましいですなあ。こういう声。

前々から行きたかった横浜は黄金町のラテンバーOasis Latinoに初めて遊びに行く。昔の本籍地とかいろいろある土地ではあるけど、とてもアットホームでいい感じの場所。1年半ほど前に、デラカンダで結婚式に演奏させていただいたご夫婦に再会した。お幸せそうな様子で、とてもうれしくなった。
私の親戚も亡くなり、いろんなものが変わった一方で、この駅を降りると迷い無く足を踏み出せる。隣の飲み屋さんも、駅前の旅館もそのまま。世の中なんでもありってことを教えられたのもこの場所。

京浜急行の快速特急に乗ると昔からなんだかわくわくする。横須賀方面の駅名を見ると、そっちの方まで行きたくなる。いいよ、三浦海岸。湘南ほどメジャーじゃないかもしれないけど、マグロはうまいし、超おすすめ。そういえば「県立大学」っていうアヤシイ新駅ができていた。これって昔の何駅?県立大学なんてあったのか??

投稿者 yuquilah : 01:38 AM | コメント (4)