April 13, 2011

京都の桜おまけ〜伏見の酒蔵

自転車はしっかり返して(飲酒運転はいけません!)電車で丹波橋まで出ました。
そう、春の京都は桜。そして伏見の酒!

藤岡酒造さんに行ってみます。
020.jpg
あいにくバーは団体のお客様で埋まっていたのと、要冷蔵のお酒のみ、ということで、1杯試飲させていただくのみにしました・・・。

021.jpg
「蒼空」シリーズ、私は結構純米生酒派なのですが、「山田穂」というのが好みでした。

さらに伏見桃山駅前の商店街には、地元のお酒を一手に扱う酒屋さんで、奥に試飲バーがある「油長」というお店が。
022.jpg
地元のお酒をピックアップして飲ませていただきましたが、意外にも一番気に入ったのは、玉乃光の春限定「春しぼり」。割と全国に出回っているブランドなんですが、スタンダードで飲みやすいんですかね。玉乃光、東京や名古屋にも直営で飲めるバーがあるみたい。今度行ってみたいですね。

投稿者 yuquilah : 12:23 AM | コメント (0)

April 12, 2011

2011年京都の桜。

この1カ月で生活の比重が浅草から愛知県に移ってしまいました。
新しい仕事もすみかも順調・・・と思った矢先の地震。愛知県はそれほどでもなかったものの、たまに余震は来ています。浅草の家は物が落ちた以外は無事でしたが、津波での大きな被害、原発事故の先の見えなさ、断続的な余震で被害は広がり、心が痛みながらも何とか毎日のルーティンをこなしてます。でも、ライフラインも戻り始め、あたたかくなっています。東京も帰るたびに少し明るくなっている気がするし。

そんな中、名古屋からはわずか40分!の京都に桜を見に。毎年恒例行事です。今年は初めてレンタル自転車で回ってみました。

腹ごしらえは四条烏丸近くの「カレーうどん&バーD」にて。チーズのトッピングがおいしかった!
005.jpg

まずは御所にいったのだけど、いまいち咲いてない。というか散った後?
一般公開もされてましたが、事前申し込みしないと入れないのよね。
007.jpg

ちょっとがっかりして、鴨川を渡る。と、満開の桜と花見客!これはいける!と銀閣寺方面へ。
010.jpg
すばらしい桜@哲学の道。しかしここから人の多さに、迷惑にならないように自転車で走るのが大変でした。車道を走っても大丈夫な感じで回り道をし、南禅寺へ。

013.jpg
南禅寺の山門、いつ見ても心が引き締まる場所です。ひとしきり散策して、蹴上のインクラインへ。

015.jpg
去年もいったけど、廃線後の公園の桜並木。私はここの桜が京都では一番大好きです。見下ろすのも、見上げるのも感動。

ここから知恩院に抜けて、そのあとが自転車にはちとつらい。完全に人で埋め尽くされていて、走ることができない道が多い。

018.jpg
円山公園はサクラはきれいなんだけど、花見客がカオスでちょっと怖い。屋台で何か食べたかったけど、自転車押してたし、我慢。

ここからはもう、車道は幹線道路だし、歩道はいっぱいだしでほとんど自転車の機動力が生かせず(笑)最後の目的地、西大谷へ。お彼岸に行けなかった分、父のお墓参りにいってきました。桜が大好きだったから、毎年こんなに美しい桜が咲く場所で喜んでいると思います。
019.jpg

これで京都駅に戻って所要時間5時間。バスが混んでいる時期に自転車は機動力はあるけれど、東山の密集地帯に行くと一気に大変なことになるのよね。うまいこと駐輪しつつ、歩きで回るところは回ったほうがいいのかも。でも桜は満喫できました!


投稿者 yuquilah : 11:31 PM | コメント (0)

February 01, 2011

エアアジアで行く2011年マレーシア〜2、マンダリンオリエンタル!

LCCTからクアラルンプール(KL)の市街に出るには、8リンギットか9リンギット(300円程度)のバスが出ています。いくつかの会社が出ていて、それぞれ呼び込みしている様子。とりあえず目に付いたSkyBusというのに乗っていきます。KLのターミナル、KLセントラル駅まで1時間くらい。これが普通のターミナルだと、KLセントラルまで30分くらいの電車があるのですが、1000円くらいするのでまあ、時間かかる分安いって感じですね。

KLのマンダリンオリエンタルの立地は最高で、かつては世界最高だったペトロナス・ツインタワーとその周りのショッピングモールスリアKLCCに隣接。KLセントラルからも電車で15分くらい、駅から外に出ずに行ける便利さです。

http://www.mandarinoriental.com/kualalumpur/

いきなりゴージャスでフロントの場所もわからなくなりつつ、朝早いので荷物を預けよう・・・と思ったら、すでに部屋が用意できてるとのことで助かる!!

部屋は当たり前ながらゴージャスです。広いし、フルーツもおいてある!
ドラゴンフルーツがおいてありましたが、日替わりで色々でてきました。

KLはとにかく暑いので、休み休み行動しないと体が持ちません。なので宿の立地は結構大事かなあ、と思いますよ。

しかし、無線LANは使えるのですが、これがバカ高い!本当は金曜1日のことだったのでPC置いてきたかったんだけど、1日2000円くらいした・・・。マレーシアの場合、空港とか公共の場所で結構ネット拾えるんですけどね。

投稿者 yuquilah : 03:39 PM | コメント (0)

2011年エアアジアで行くマレーシア〜1、エアアジアを大検証

さて、忘れないうちに1月20日〜23日まで行ったマレーシア旅行のことを書いておこうと思います。
まず、今回の目的は、

・ウワサの格安航空会社エアアジアXに乗る
・羽田新国際線ターミナルを体験する
・浮いたお金でマレーシアでいいホテルに泊まる

ことでした(笑)。まあマレーシアも5回目、そのうちクアラルンプールも4回行っているので、何をしたいわけでもなく、ただただ旅行行きたい、みたいな感じで。

さて、エアアジアX、マレーシアでは巨大勢力となっている格安航空エアアジアの長距離版で、旅行好きでは結構話題になっていたらしい。かくいう私も前回マレーシアに行ったときに、一緒の宿にいた人が台湾経由でエアアジアで来たという話で初めて知ったのでした。
日本でも「東京〜クアラルンプール片道5000円」みたいな宣伝を出していたのですが、システムはひどいわ、実際5000円の席はないわって感じ。ところが裏技があって、エアアジアのパッケージツアーairasiago.comを使うとわりと高級ホテル含めたパッケージが安く予約できる。
http://www.airasiago.com/travel/arc.cfm

最初は一人旅を覚悟してたのですが、今回は2年前に一緒にシンガポールに行き、驚異の国境ごえなどを一緒に体験したFさんが一緒に行けることに。そして、木曜深夜発、日曜夜着で飛行機往復とマンダリンオリエンタルホテル2泊つきで53000円、という格安ツアーをゲット。

マンダリンオリエンタルって、一度泊まりたかったんですよ〜!
でも圧倒的に高い!1泊3万円以上。だから2人いれば泊まれると思ったんだけど、今回は仲間がいて助かりました!まあだから、お金の内訳としては、航空券2万円、ホテル3万円、その他諸費用(税金とか)と考えると、必ずしも激安ではないのかも。

さて、ウワサのエアアジアX。私は正直、この航空会社が安いことが価値とは思いませんでした。
むしろ、羽田深夜発というのがメリット。だってマレーシア航空からは出てないもんね。
自由席というウワサも違って、事前にふつうに座席指定できます。
飲食は水も含めて有料。とはいえペットボトルで100円ですから、空港で買うより安い。
一応持ち込み飲食は禁止という建前でしたが、みんな持ち込んでおりました・・・。
全体的に、リンギット建ては安く、円建ては高いので、円では払わない方がよいかな。

荷物も預けるとお金かかるし、機内持ち込みは1つ、7kgまでといわれたので、まるで高尾山にいくような軽装で行きましたよ、ええ。でも、持込荷物は、明らかに重そうでなければ特に厳しいチェックはなし。

羽田の国際線ターミナルは、とにかくいいことづくめ。電車の本数多いし、改札でたらすぐカウンター。セキュリティ抜けたらすぐゲート。おしゃれなショッピングモールのようなレストラン街は劇高でびっくりでしたが、まあ空港価格は仕方ない。免税店は普通にありました。

そして、行きの飛行機はゲートから直接乗りましたよ。
飛行機はほぼ満席。3割日本人、残りが・・・マレーシア人だけでもなく、中国パスポートの人も多かったです。いずれにせよ、日本人はマイノリティ。赤いスーツでミニスカートのCAの制服はなかなか刺激的です。あれじゃイスラムの人は働けないんじゃないの?と余計な心配しつつ。

レザーシートは狭いというウワサでしたが、オーディオとか、リモコンとかついてない分くらいじゃないですかねえ。実際の座りごこちは悪くなかったです。快適でもありませんが(笑)一応日本人スタッフも乗っていて、アナウンスはしてくれました。国際線はさすがに羽田でよく体験する滑走路混雑もなく、スムーズに出発。

隣に乗っていたお兄ちゃんはえんえんとチョコレートと韓国のりを食べてましたが、無事それなりに寝て、7時間後にクアラルンプールの格安航空専用ターミナル(LCCT)に到着!ほとんどディレイなし。
到着時は階段を下りて、滑走路を延々歩かされます。それもまた楽しいような・・・。入国も15分くらいでできました。アメリカ以外の国は楽でいいね!

投稿者 yuquilah : 03:13 PM | コメント (0)

May 05, 2010

上海旅行してきました〜その4:やっぱしグルメ〜!

今まで香港、マレーシア、台湾と色々いったけど、中華料理って
「間違いない!」ってのが個人的な感想です。毎日食べても飽きない。
もちろん脂っこい物もあるけど、さっぱりしたスープもあるし、味付けも素材も豊富。今回の上海でも、安いものばかりだけど(笑)全部おいしかった!ホテルの朝食以外は・・・。

まずは・・・渋谷にもあるんだけど(笑)、一茶一坐という点心とお茶のお店。
201004dela 006.jpg
牛肉麺、美味しいんですよねー。よくお肉が煮込んであって、少し甘くて濃厚なスープ。シュウマイも美味。今度渋谷にも行こうかなー。

もう1つ、上海で体験したかったのが辛いスープ春雨「麻辣湯」。これもいつも渋谷で食べているんですが、本場のやつを体験したかった。
これがねー、食べ歩きロード「呉江路」(ただし、再開発されて妙にキレイ)の「My辣」という麻辣湯のファーストフードで、おいしく食べられました。
選べる具も50種類くらいあって、散々のせても10元くらいの内容!
201004dela 041.jpg

後、すごーくおいしい、というよりはB級なんだけど、一人トラベラーにおすすめなのが、豫園のショッピングストリートにある「小吃市場」。ここはちょっとした食べ物がセルフで食べられる。しかも手軽なお値段で。

201004dela 029.jpg
焼き小籠包の「小煎」は、意外に皮の部分が厚いので、少しでおなかいっぱいに!点心類はたまに時間がたっているものもあるので、つくりたてを選ぶのがこつ。

201004dela 017.jpg
朝はダシ豆腐の「豆腐花」に、魚入りスープなども。これもおいしかったー。

でも中華は大人数でいって、豪快に楽しむのがいいんでしょうけどねー。

投稿者 yuquilah : 04:26 PM | コメント (3)

上海旅行してきました〜その3:万博気分あれこれ

今回はよりによって、5月1日〜3日、中国でも祝日シーズンに行ってしまったのですが、この3日間万博は、「指定日チケット」といって、一定の人数しか入れないとのこと。まあどうせ行列だし、テレビでも毎日ニュースでやってるので、ま、いいかくらいに思っていたのですが、一応会場近くまでは行ってみました。
201004dela 056.jpg

地下鉄の駅から直結でゲートです。
201004dela 031.jpg
会場外にもぞろぞろと人がいます。中は食べ物が高いらしく、みんなお弁当持参。しかしセキュリティチェックはかなり厳しい様子。

万博に入らなくても街中で文化イベントが行われていて、ショッピングセンターでも京劇やってたり、中国歌謡のコンサートがあったり。
201004dela 015.jpg

マスコット「海宝」君はあちこちにいました。
駅にも。
201004dela 018.jpg

繁華街にも。
201004dela 035.jpg

公園にも。
201004dela 008.jpg

コスプレも。
201004dela 044.jpg


投稿者 yuquilah : 04:01 PM | コメント (0)

上海旅行してきました〜その2:まちあるき旧市街編

上海の地下鉄は年々増えているみたいで、ガイドブックに書いてあったのよりも倍増して13号線くらいまでできてました!市内のほとんどの場所は地下鉄で網羅できますよ。

ところで、今回観光でいった中でいちばん良かったのは、意外にも「静安寺」。駅をおりると金色に光っているんですが、中国のお寺にしては派手派手しすぎないところ、カンフー映画に出てきそうなステキなお坊様、高いところからの眺めがよくてとっても落ち着きました。
201004dela 010.jpg201004dela 016.jpg

静安寺の近くの古いヨーロッパ的な街並みもステキです。キラキラしすぎていないバーがたくさんあったので行きたかったのだけど、行けずに残念。夜の治安もさほど悪くないようです。
201004dela 038.jpg

裏通りではおっさんが囲碁打っててまるでキューバみたい。
201004dela 012.jpg

上海随一の庭園、豫園にも行きましたが、すごーい混雑だったので中には入らず。その周りの商店が面白かったのですが、それはまたグルメコーナーにて。
もうちょっと空いているときに中に入ってみたいものです。
201004dela 024.jpg

投稿者 yuquilah : 03:49 PM | コメント (1)

上海旅行してきました〜その1:まちあるき新市街編

5月1日〜3日で上海に行ってきました!マイレージ消化の弾丸旅行でしたが、今回はBlogで色々とご紹介していきます。
今回はエアチャイナで浦東国際空港へ。ここは市内から40キロくらい離れてますが、リニアモーターカーで10分もすれば市内までついてしまいます。便利!(成田までもこのくらいやってほしいもんだ・・・)高いですけどね。(50元)
lah.dameda.net/blog/archives/img/201004dela 052.jpg" width="240" height="320" border="0" />

今回は浦東の新市街に泊まっていました。ホテルは高いですねー、やはり。大手町みたいな場所なので、休日は全然人いなくて静かです。
高層ビルがいっぱい並んで、未来都市の様相です。
201004dela 045.jpg

有名なテレビ塔「東方明珠」にはのぼってきました。が、これ、一番上まで行くエレベーターがすさまじく狭く、すさまじく並ぶ!これなら途中の中球まででよかったんじゃないか・・・という感じでした。
201004dela 050.jpg

湾岸地域のバンドこと「外灘」はものすごい人です。キューバのマレコン川もびっくり。やっぱり水はどこも汚いですねー。残念ながら。街自体は思ったよりきれいでしたが。
201004dela 023.jpg


投稿者 yuquilah : 03:27 PM | コメント (1)

October 04, 2009

2009年ニューヨーク〜その5:グルメ編

今年もニューヨークではたくさんおいしいものを食べました。
やっぱりアメリカの中でもいろんな人種がいて、競争が激しい都会はおいしいものがそろっていますね。

ny200909 028_2.jpg
ny200909_027_2.jpg
今回も来ましたインド人街ジャクソン・ハイツのカレーバイキング。Indian Tajという店に来てみました。この界隈のカレーの特徴として、必ずパラクパニール(ホウレンソウとチーズのカレー)がメニューにはいっているのがうれしい!カレーの種類もいっぱいありすぎて困ります。今回は遅い時間にはいったので、ナンが焼き立てでないのは残念だったけど、NYに来たら一回は訪れたい場所ですね。

ny200909_050_2.jpgny200909_051_2.jpg

そして、ブルックリンのビール工場Brooklyn Breweryも訪れました!ここは土日の午後だけ開放され、試飲コーナー(有料・1杯4ドル)と工場見学ができるようになっています。

工場見学自体は説明も英語ですし、ただタンクの前で説明があるだけなので、気が向いたら、という感じでいいかもしれません。すごいのは試飲場!
ブルックリンブルーワリー製の八種類位の生ビールが飲める、というだけなんですが、おつまみなど何も売ってません。

なので持ち込み自由!

今回気の効く友人が「生ハムとチーズ」などを用意してくれたおかげで宴会状態。いや、しかし上を行くグループはピザをデリバリーし(業者は紹介してくれる)ポテトチップスやプレッツエルを並べ、さながらピクニック状態。屋外でビールって日本人には当たり前ですが、アメリカでは大っぴらには違法らしく、持ちよりピクニックでビールが飲みまくれる数少ない場所として重宝しているよう。

それにしてもヨーロッパ人ぽい白人ばかり!NYにはめずらしい光景です。

ny200909_108_2.jpg
ny200909_110_2.jpg

そして、約8年ぶり?にGrand Central Oyster Barにもいってきましたよ。今や品川にも東京駅にもあるけど。その名の通り、Grand Central駅の構内にあるオイスターバー。生ガキのプレートと白ワインとクラムチャウダーで1人20ドルくらいでした。円高の今ならかなりお得感あるかも。

ここのいいところは、回転が速い。そして、カウンターがあるので1人でも大丈夫(って知ってたら前にもいってたのに)。ただ、夜は早く閉まる(9時半くらい)ので気をつけましょう!


投稿者 yuquilah : 11:40 PM | コメント (3)

September 28, 2009

2009年ニューヨーク〜その4:ラテン編・後編

いよいよラテンをめぐる話も大詰め。実はスパニッシュハーレムのFB Loungeで、ニッキー・マレーロが「明日もライブやるんだよ」といってこのようなフライヤーをくれたのでした。
music_large.jpg

ドミニカ出身の大物シンガー、Raulin Rosendoが出るらしいこと、ニッキーもゲストらしいこと、クイーンズの相当奥地でやるらしいこと以外は全く不明。さて、1時間も電車に乗っていくべきか・・・?と思ったのですが、とりあえず会場は地下鉄の駅前だし、何かあっても帰ってこれるだろう、と踏んでいくことにしたのでした。
いちおう8pmと書いてありますが、10時過ぎにいったところ・・・

誰もいません。

ny20090920 008_2.jpg
下の階のメキシコ料理屋(超ローカル)でミニトルティーヤに肉はさんだようなものを食べて待ちます。
こういうやっすいモノが意外とおいしいです。

11時半くらいになり、ぼちぼちオープンの兆しが見えたので入ろうとしますが、ホームページには22ドルと書いてあるのに、入り口で「40ドル」とふっかけられる。
しかしここで、昨日ニッキーマレーロのライブに行って友達になっただのいろいろと話をして結局25ドルにまで引き下げることに成功。ここはアジアか〜!!

ny20090920 011_2.jpg
ようやく12時過ぎて、前座らしきバンドの演奏がはじまります。
う〜む(^^;
まあ、サウンドチェックなんでしょうかなー。なんて思ってましたが。
メンバーも途中からくるし。
あ、でもヴォーカルの(パーカッションもやる)Victor Quintanaさんは良かったですよ。

しかし大きな問題は、お客さんが本当に少ないこと。まあ、この地域にしては、高いもんなあ・・・。そして待てど暮らせどメインアクトはきません・・・が・・・。

ny20090920 016_2.jpg
2時過ぎ、ニッキー・マレーロ御大登場。
この悪条件の中でも、やっぱり彼がソロを取ると盛り上がります。大物のオーラがありますよね。

ny20090920 001.jpg
そして、Raulin Rosendoも登場。でかい!!
さすがのソネーロぶりを発揮しておりました。やっぱり、いい歌が来るとバンドが良くなるから不思議。
自分もシンガーとしてこういう力がほしいなあ、と改めて思いましたさ。
最後までお客さんは増えなかったけどね・・・

まあ、でもこういうところって絶対一人ではいけないし(とはいえ、ボディチェックされた以外は至って平和だったけど)、クイーンズの奥地でライブ見られたってことだけで貴重な経験です。日本に来日することもないだろうしねえ。残念ながら。


投稿者 yuquilah : 01:22 PM | コメント (1)

2009年ニューヨーク〜その3:ラテン編・中編

ny200909 035_2.jpg
まず今回行った中でNo.1のおすすめは、スパニッシュ・ハーレムのE106 Stと3rd Aveの間にあるFB Lounge。向かいにあるプエルトリコ料理店La Fonda Boricuaが経営するバー&レストランです。ここで金、土はライブをやっているのですが、主にプエルトリコ系の大物がひっそりと、チャージ10ドルとかでライブしてるんです(笑)

ny200909 034_2.jpg

今回は直前にメンバーが変わったので心配されましたが、元ファニアのニッキー・マレーロ、ラテン・ベースの王様アンディ・ゴンザレスなど大物ぞろいのラテンジャズ・セッション。ピアノのウィリー・ロドリゲスは歌も歌っていい味出してました。さすがだー!

ny20090919 008_2.jpg
料理も本格プエルトリコ・料理でおいしかった!パエリアみたいなのが絶品でした。

投稿者 yuquilah : 11:34 AM | コメント (0)

2009年ニューヨーク〜その2:ラテン編・前編

ラテンの店はいっぱい行ったので、3回に分けちゃいます。

ny200909 010_2.jpg
まずはダウンタウン(エリア的にはNoHo?)にあるGonzalez y Gonzalezから。
ここでは木、金、土とチャージ無料でライブが楽しめちゃいます。メキシコ料理も頼めますが、飲むだけならバーでOK。お友達同士がかるく飲みに来ているので、踊らない人もOKな感じ。
突き出し(?)でトルティヤチップスを出してくれるのですが、これがおかわり自由でおいしいのでつい食べてしまう!

ny200909 012_2.jpg
6人組のバンドが演奏していました。

ny20090921 007_2.jpg
最近は週末しかライブをやってない、というようなうわさも聞いていたのですが、アッパーイーストサイドのお店Session73は数少ない、月曜にライブをやっている店です。Grupo Irekという、これまた6人くらいのサルサバンドが演奏していました。なかなか踊りたくなる演奏です。

ny20090921 008_2.jpg
ここも店が2つのセクションに分かれていて、踊る方と、食べる方になっています。ご飯はなんかインターナショナルで、パスタからアジアン料理までいろいろ。アッパーイーストサイドだけあって、お客様が上品。普通に踊っても実に上手な方ばかりで、女性が一人でいっても大丈夫な雰囲気ですね。チャージは10ドルくらいでした。レッスンもやっていますよ。

投稿者 yuquilah : 10:25 AM | コメント (0)

September 26, 2009

2009年ニューヨーク〜その1:ジャズ編

9月17日〜22日まで5泊でニューヨークに行ってきました。
今回は完全にニューヨークだけの滞在だったため、睡眠時間も惜しんでいろんなものを見まくってきました。滞在先はPenn Stationから徒歩5分ほどで安く泊まれる(多分個室でこれ以上安いところはない・・・)Chelsea29というところです。

さて、いろんな切り口で今回の旅行を振り返りたいと思いますが、今回は一切リピート箇所なし(今まで行ったことある場所はなし)でいろんな場所に行ってきました。それでハズレと思う場所は全くないんだからニューヨークはすごいです。
まずはジャズライブから。今回は結構な大物2アーティストに行ってきました。

bona.jpg

初日にいったのはRichard BonaJazz Standard。このハコ、実は今回初めて知りました。1階がSmokeというステーキハウス、地下がライブハウス。ミッドタウン・イーストにあって宿からも徒歩10分ちょっと。全体がキレイな四角なので、どの席に座っても見やすいです。
日本には何度も来ているベース/ヴォーカリストですが、今回はホーンも入れて豪華な多国籍軍って感じ。ベースが素晴らしいのはもちろんですが、歌がいい、ていうか体全体が楽器なんでしょうなあ。
1stステージだったので少々短めでしたが、チャージも$25と安かったし良かったです。(週末はチャージがあがるらしい)

ny20090921 004_2.jpg

次はChristian McBride Big Band@Iridiumです。こちらは51st St.でマンハッタンのど真ん中ですね。最近はBlueNoteと並んで大物が出ると有名なハコですが、意外に小さい!ぎりぎりまで予定が立たず、予約できなかったので、入れるかぎりぎりでしたが、なんとか入れました。
そういえばこっちもリーダーはベーシストですね(笑)
Christian McBrideは2年前にRon Carterとのダブル・リーダーで見たんですが、今回はビッグ・バンドということで全く違う印象。しかも、彼のリーダーでのビッグバンドはこの場所が初お目見えなんだそうです!

自分が弾きまくる曲半分、ディレクターに徹する曲半分。リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラのために書いた曲とかもやってました。最終日ということで和気あいあい、とてもリラックスした演奏。
このバンドでのレコーディングもしたみたいですよ。
ヴォーカルで参加されていたMelissa Walkerさんの声もとっても良くて、一気にファン。小曽根真さんなどともやっているカナダの方だそうですね。

投稿者 yuquilah : 09:14 AM | コメント (1)

September 25, 2009

ニューヨークから帰国!

今年も1週間、ニューヨークに滞在し、いろいろなライブを見て過ごしました。
毎年行っても足りないほど、エキサイティングな日々。
徐々に詳しいレポートを書いていきますね。

今は10月3日のライブに向けて照準を合わせています。
がんばらなくては!!

投稿者 yuquilah : 05:49 AM | コメント (0)

August 12, 2009

夏の関西ツアーその5(大阪編)

最後は大阪の夜を楽しんでシメ。

kansai 088.jpg

ラテン系のお店に行きたいと思って福島のバラデロと思っていたのですが、結構ひとりで行きづらいダイニングっぽくてどうしようかなーと。
そんなとき某バンド仲間が、中崎町にあるカフェ・カリエンテというお店がキューバの街角みたいで素晴らしいと書いていたことを思い出し、ぐるなびを見たら「モヒート500円デー」らしい。ということでそちらに。ちなみに梅田から歩いても15分程度。

カウンターがあるので一人でも行けるし、タパス中心なので頼みやすい。ヤシの芽マヨネーズとかシンプルでおいしかったし!もちろんモヒートも本格仕様。
フランス人のオーナーさんがやっているようで、向いのフランス料理やさんもその系列だとか。

kansai 086.jpg
しかし隣には庶民的な銭湯があり、その看板には「暦風呂」と・・・。これ、なんですか?

軽く食べてそのまま帰ろうとしたのですが、また道すがら気になるお店。
kansai 090.jpg
FUNK BAR ZIPです。ソウルバーでなくファンクバーってところがミソ(笑)70-80年代のR&B、FUNK中心にかかっています。
隣にいた、東京から出張で来たというサラリーマン2人組と「ミッドナイトスターいいっすよね!」なんて話をしながら盛り上がりました。

マスターもさすが選曲の話になるといろいろ出てくる出てくる。
最近ヨーロッパで出ているZappフォロワーのかっこいいファンクなどを聴かせてもらいつつ、12時過ぎまで飲んでいました。
でもそこから徒歩で帰れるっていいね!

投稿者 yuquilah : 06:26 AM | コメント (241)

夏の関西ツアー・その4(滋賀編)

まあ京都はいくらでも見るところあるんですが、なにせ下は暑いし混んでるし、涼しい所はちと遠い、ということで私の乗り放題切符をかんがみて、滋賀方面へ。
関係ないけど大津と京都ってもっとも県庁所在地同士が近いんじゃないですか?

地下鉄直通で浜大津まで行くと、目の前は琵琶湖!ひろいなおおきいな〜
kansai 067.jpg
週末の花火大会に向けて工事がおこなわれていました。遊覧船にでも乗ろうと思いましたが2時間後くらいだったので、軽くお茶飲んで石山寺に向かいました。

京阪石山寺線は通常のスルっとKANSAIは使えないのですが、3daysカードは見せればOK。やたらうらやましがる母親。3日間別々にも使えるんだから買えばいいじゃない。ま、普段の生活でそこまで乗らんか・・・。

kansai 074.jpg
意外に石山寺駅から寺までは歩きました。でも川沿いの道で結構気持ちいですよ。四季折々の花が咲き、今はサルスベリが満開です。

kansai 078.jpg
ここは紫式部が源氏物語を書いた場所として有名ですね〜!
「源氏の間」ってのがありました。中は人形(笑)
しかし京都からひと山越えて、トンネルのない昔は移動大変だったのでしょうね!

kansai 082.jpg
京阪三条で母親と別れ、今度は京阪で大阪へ。なにげに中之島線にちゃんと乗ったことがないので、ちょっと時間はかかりますが快速急行。
しかしこの電光掲示板の紫、毒々しい色ですねえ(爆)
まるで有料特急のようなゴージャスな座席でしたよ。

投稿者 yuquilah : 06:08 AM | コメント (1)

夏の関西ツアー・その3(京都編)

2日は朝から阪急で京都へ!実はこれが意外に初めて!
基本京阪かJRユーザーだったので、阪急の特急で行くのは初めてだったのでした。安いし速い!

kansai 050.jpg
京阪に乗り換えるために鴨川を渡ると、夏の風物詩川床がいっぱい。
でもはっきりいって京都の夏の下界は暑くて死にます(笑)

kansai 064.jpg
母親連れではなおさら下界にはいられないため、叡山電車で一路山奥へ。貴船口までいきました。同じような考えの人が平日というのにぞろぞろ。

kansai 053.jpg
さすがにここまで来ると、日蔭は涼しいです。でもやっぱりピーカンに晴れているので日差しは暑い。貴船口からは、貴船神社の方までミニバスが出ています。
(京都バス運行)

kansai 056.jpg
いちおうお約束の貴船神社。えんむすびの神様だそうですが、最近そういうものには乗らなくなりましたよ(笑)男女の縁以外は良い縁が得られているので、効き目があると見るべきか??

kansai 060.jpg
貴船の夏は、川床パラダイス。バス停から上流に向かってたくさんの川床が出ています。このあたりはさすが川の上流なので、水も澄んでいて気持ちいいですね。
早めにいったのでまだ人がいませんでした。

kansai 063.jpg
ちなみに川床は上流にいくほど高く、平均ランチで6500円という感じです(!!)が、量も食べきれんしなーってことで、バス停の近くで2000円台のランチをいただきました。でも十分豪華で満足!6000円台のモノがどの程度なのか一生に一度は試してみたいですけどね!

私ひとりなら鞍馬までこのままトレッキング〜なんてなってしまうのですが、母はこれ以上歩きまわるのも、という感じだったため、貴船はいったんおしまい。

投稿者 yuquilah : 05:50 AM | コメント (0)

August 11, 2009

夏の関西ツアー・その2(神戸編)

今回は梅田のホテルに泊まって、そこを起点に色々と移動しました。
夜は神戸の友人と飲み会ということで、神戸観光もしたいなともくろんでいたのですが、奈良で体力を使ってしまい、すでにラッシュにさしかかったころ阪急で三宮まで。

あのお汁粉のような塗装は「ノーブルで良い」という意見と「ジャージみたい」というのが分かれますねえ。十三で淀川を一気にいろんな電車が渡る風景はいつ見ても素敵です。

実は正月の関西ツアーで、友人たちと分かれてから、彼らは神戸の北野で相当おいしいケーキを食べたらしく、今回は北野スイーツ制覇だ!と意気込んでおりました。とはいっても何も調べてなくて、とりあえず北野の急坂を登りきったあたりにあるCAFE BISTRO c.m.h CHICへ・・・。

kansai 034.jpg

黒糖プリンをたのんだら、パウンドケーキにクッキーまでついてくる。
コーヒーもセットで800円。え、いいんですか?って感じ。
北野は飛び込みで入ってもおいしい!

kansai 036.jpg

月1でジャズライブもやってるそうですよ。サルサパーティもやったことあるとか。
こんなところでライブやりたーい!(素敵なグランドピアノあり)

すっかりゆっくりしてたら夜になってしまいました。
kansai 038.jpg

高台からは神戸の夜景が見降ろせます。
kansai 040.jpg

六甲山のロープウェイまで行こうかという誘惑にかられたところで、友達の仕事が終わったとのことで下界に逆戻り。
三宮でなつかしい話に花を咲かせました。ありがとう!

投稿者 yuquilah : 06:41 AM | コメント (0)

August 10, 2009

夏の関西ツアー・その1(奈良編)

先週行って来た関西ツアーの総集編です。
今回は3日間、「スルっとKANSAI3daysきっぷ」5000円を使い、関西の私鉄を乗り倒す・・・とまでは行きませんでしたが、いつも京都と大阪ばかりなので、ちょっと足を延ばしていろいろ行ってきました!

まずは京都まで新幹線にのり、近鉄特急で奈良へ。黄色っぽくてキュート。
kansai 001.jpg

奈良まではわずか30分強。速い!そして駅前で「せんとくん」が迎えてくれました。わーい、会いたかったよぉ。
kansai 003.jpg

たまに「まんとくん」もいます。
kansai 021.jpg


関東は冷夏モードですが、奈良は33度とのことでした。
しかし鹿くんたちは傍若無人にふるまっております(笑)
「おれ神の使いだし〜」みたいな。
kansai 005.jpg

奈良もいろいろあるのですが、とりあえず大仏は見ておきたくて、見に行きました。大きい!ですが鎌倉よりも大きいんですか?

kansai 018.jpg

よくこの「大仏」とかって「えらい人が作ろうって言って、一般の人はそれに乗じて働かされてかわいそう」とか思ってしまうのですが、解説によると「大仏建立の考えに賛成した人が自主的に工事に参加した」というようなことがありました。ほんとかな?

JR奈良駅から桜井線で巻向まで。超ローカル。
「京終」とかいて「きょうばて」とか面白いよね〜。暑くてばてばてやけど。
kansai 023.jpg

巻向では「卑弥呼の墓」とされる箸墓古墳を見ようと思ったのですが・・・
kansai 028.jpg

中に入れるわけでもないので、実際はただの田んぼの中の森でした。
さえぎるものがないので暑すぎる・・・

そんな暑さをやわらげてくれるのがローカル名物、「三輪そうめん」。さいわい、三輪そうめん山本の本社が近くにあり、中でそうめんも食べられます。超極細!柿の葉ずしとセットで800円です。
kansai 026.jpg
もちろん自分へのお土産用にそうめん1KGほど購入。これ食べたら安売りの機械延べそうめん食べられませんわ〜!

帰りは天理〜平端〜大和西大寺経由で大阪方面へ。これ近鉄なんですが。
kansai 032.jpg
出た!!快速急行三宮行き。
横浜で「籠原」行きもショックだけど、奈良と神戸が一直線というのはあーた、革命ですよ。しかも近鉄が阪神に化けるって!バファローズはオリックスに化けましたけどね。そういう意味では神戸に行くのは理にかなってるわけか(ひとり納得)。

てなわけで尼経由で梅田まで行ったわけでした。難波まではあっという間でしたよ。そこから先は各駅でしたが。

投稿者 yuquilah : 10:37 PM | コメント (0)

June 16, 2009

初夏の秩父鉄道遠足!

梅雨の天気が心配される中、なんとか晴れ間も見える朝の間にまずは長瀞へ。
うちからは高崎線で熊谷まで出て、秩父鉄道というのが一番近いようです。

chichibu001_1.jpg
オレンジ色の俳句列車でした。
それにしても秩父鉄道、どの車両がオリジナル?というほどどれも見た目が違います。のんびりしたローカル線の風情がありつつも、さすが休日、結構人が乗ってました。

が、長瀞につくと人少ない!ここ実は数年前にラフティングで行ったことあったんですけど、今回は船頭さんが案内してくれる「長瀞ライン下り」。なぜか運営は秩父鉄道らしく、船に「秩父鉄道」って書いてあるんだよ(笑)
chichibu004_1.jpg

今回はいたっておだやかで、それほどの急流は無し。途中でキャンプやってる人たちに手振ったりして。キャンプ行きたい〜!

chichibu008_1.jpg

短いコースしか運営してなかったので、意外と早く終わってしまい、近くの「旧新井家住宅」近くのお花畑でいろいろ写真を撮って過ごしました。
ハナビシソウというのが満開。かわいくて素朴なお花です。ポピーもしぶとく残ってました。そして近くにある花菖蒲もきれいでした。なぜかアジサイはまだまだ。

さて、長瀞ライン下りもそれほどの人ではなく、町全体がのんびりモードだったにも関わらず、ひと駅ほど歩くとすごい行列の場所が・・・それは阿左美冷蔵の金崎本店!天然氷のかき氷を食べさせてくれるところで有名なんだそうです。

chichibu018_1.jpg
なんとも風情のある建物ってのもありますが、中全体がギャラリーのようになっていておしゃれ。席も中から外までいろいろあります。

chichibu019_1.jpg
アールグレイ&練乳のかき氷!友人は黒みつ抹茶あずき(だったよね?)でした。ふわふわしていて、頭痛くならないおいしさ!!
ここでちょっと雨にやられたのですが、(ひょうも降った?)大きな被害にもあわず電車で秩父に移動。

秩父は巡礼の名所なのだそうですが、その中でも「音楽寺」というミュージシャンが行きたくなりそうなお寺がありまして。ですがおなかがすいたので、途中の「わへいそば」にてくるみ汁のお蕎麦をいただいている間に・・・
chichibu006_1.jpg

空が暗くなってる(笑)
が、雨が降ってないので歩いてしまう。このへんは車社会だからバスも2時間に1本とかなのよね〜

雷雨にやられつつも、10分程度で復活したので、歩いて山頂まできちゃいました!
chichibu 003_1.jpg

なんとか音楽寺もお参りし、歌の上達などもろもろ祈願。でも実は音楽にご利益があるわけじゃないらしいのよね〜(爆)
chichibu1004_1.jpg

帰りに「武甲酒造」さんに寄って、「武甲正宗」をおみやげにして帰りました。
酒蔵で買うってのもなかなかオツです。

最近なんだか、日帰りの近距離旅行って、トレイルランニングの練習とか、ライブやるとか、何かと目的があってのことが多くて、こういうのんびり楽しい遠足は久しぶりだったかも。リフレッシュしていいね!でもこういう自然の多いところでライブやりたいなあ、なーんて思っちゃうのは職業病かしら。

(と思ったらおや、阿左美冷蔵ではライブやったみたいですよ!)

投稿者 yuquilah : 12:02 AM | コメント (1)

May 28, 2009

マレーシアの旅(7)〜キャメロンハイランドハイライト

キャメロンハイランドといえば紅茶の産地として有名です。
一面にひろがる茶畑の景色がよく観光ガイドにでてきます。

malay2009_07_01.jpg
松本清張の「熱い絹」でもここが題材になっていましたが、なんと、小説では、この茶畑は静岡出身の日本兵が現地にとどまって栽培法を教えたということになっています(笑)壮大すぎる!

malay2009_07_02.jpg
キャメロン・ハイランドの紅茶は「BOH TEA」として有名で、マレーシアとシンガポールのスーパーではどこでも売ってます。パッケージも結構かわいいでしょ?おみやげにぴったりです。

malay2009_07_03.jpg
キャメロン・ハイランドの最高峰、グヌン・ブリンチャンまでいったのですが、天気悪かった〜

malay2009_07_04.jpg
熱帯の花は鮮やかできれいですね。
ラフレシアもいいけどやっぱ蘭がいいなあ。

malay2009_07_05.jpg
でもたまに雲の切れ間にいい景色が見えたりしました。
日本にはない農村の風景です。高原野菜も栽培されています。

投稿者 yuquilah : 12:03 AM | コメント (1)

May 19, 2009

マレーシアの旅(6)〜ラフレシアに出会うワイルドな道

キャメロン・ハイランドは自然の宝庫なわけで、トレッキングにでも行きたいなーといってもよく勝手がわからない。ということで宿で相談したら、「今キャンペーンのラフレシアツアーに行きませんか?」とのこと。まる1日でRM88(2500円くらい)。とりあえずいいとこどりで楽しめる、というので割と気軽に参加しました。

が。
まず、車はランドローバー。狭い車内に8人くらい押し込められます。
キャメロン・ハイランド内の移動かと思ったら、1時間以上かけて、国立公園(タマン・ヌガラ)に移動するといいます。ということで、標高はずいぶん低くなり、熱帯の様相。そして、車が車なので、いきなりジャングルのオフロードをガンガン走る!これはパリダカか〜!という勢いで泥沼を越えて、ジャングルの中で下されました。

malay2009_06_01.jpg
ちなみに参加者はオーストラリア人とヨーロッパ人ばかり。マレーシア人(じもてぃーではなくクアラルンプール近郊の人)がかろうじて2名。

で、後はひたすら歩く。ガイドさんはめずらしい虫や花を見つけると解説してくれたけど、それ以外は長い休憩はほとんどなく、山あり、谷あり、沢登りありで3時間半くらいのコース。泥道が多くて、トレラン用のシューズを持ってこなかったことを悔やんだ。というか、ヨーロッパ人ばかりだと足が長いので、彼らの普通の歩くペースにあわせると、こっちは走るはめになるのよ!!

malay2009_06_02.jpg

ガイドにはオラン・アスリ(先住民)の人も含まれていて、どうやらジャングルを歩くときにはこういう人を連れて行って、ガイド料を払わなくてはいけないらしい。まあ、彼らの土地だからしょうがないのかしらね。
いたって普通の格好をして、ケータイ持って、バイク乗ってますが、木から木を猿のように渡り歩くのはさすが。竹をいろんな長さに切って、木に打ちつけて音楽を奏でていました。

malay2009_06_03.jpg
でたー!ラフレシア。これは咲いて1日目のようです。「わぁー大きなお花、奇麗ね!」というよりは、食虫植物ってのもあって、動物的な気味悪さがありますな。
でも、この後ラフレシア2つほど発見。5日〜7日しか咲かないんだってさ。

malay2009_06_04.jpg
締めは川でなごんでましたが、ヨーロッパ人は普通に服のまま泳いでるのが何ともすごいところ。

結局ジャングルから出るときも、車の脱出が一番すさまじくて、動かなくなって、縄でつないでひっぱって脱出したり。こういうワイルドな体験をしてしまうと、テーマパークとかどうでもよくなっちゃうんだよね。リアル絶叫体験だもんね。

投稿者 yuquilah : 11:08 PM | コメント (0)

May 14, 2009

マレーシアの旅(5)〜熱帯脱出!キャメロン・ハイランド

旅の後半は、クアラルンプールから北東へ車で4時間ほどいった高原地帯、キャメロン・ハイランドに行ってきました。

いやあ、同じ国と思えない違い!東京と軽井沢よりもっと違うぞ(笑)イギリスの植民地時代、紅茶のプランテーション地として開発された場所で、建物もなんとなくヨーロピアン。観光客も西洋人ばっかり。私のステイしたFather's Guest Houseもそんな場所でした。

malay2009_05_01.jpg
malay2009_05_02.jpg

ここは口コミの評判もよい宿だったのですが、スタッフの対応もよく、部屋も清潔でよかったですよ。お湯シャワーの出が悪いのは、このレベルの宿では仕方ない。涼しい土地なのでちとつらいけどね。

ここはマレーシアの軽井沢といわれているらしく、都市部への高原野菜の供給地でもあります。そして名物がいちご。

malay2009_05_05.jpg
土産物屋もいちごだらけ。

malay2009_05_03.jpg
いちごスコーンと紅茶。紅茶の名産地です。
T Cafeというところでいただきました。
味はまあまあ。
高級ホテルとかいくともっと高くて、でもおいしいところがあるそうです。

malay2009_05_04.jpg
なぜかこの辺は地元民、インド系の人が多く、キリスト教の人が多い(お酒を飲む)。なので、インド料理やばっかりです。
チキンカレー、おいしいしボリュームたっぷりだったけどね。
実は日本のインド料理やの方がおいしいんじゃないの?なーんて思ったり(笑)

実際は7時くらいには暗くなってしまうので、夜は宿の食堂で食べるしかありませんでした。しかも、宿はヨーロッパ人ばかりなので、なぜか西洋風なメニューばかり!そこはちょっと残念でした。おいしいんだけど。

投稿者 yuquilah : 11:57 PM | コメント (2)

May 13, 2009

マレーシアの旅(4)〜スパ体験郊外探検

今回はKLも何度も行っているので、いわゆるメインの観光地は素通り。っていうか時間ないし。

そのかわり、以前からずっと行きたかったスパ、Jentayu Spaにいってきました。ここはまず観光客は来ない場所です。Bukit Damansaraというすごい住宅地の中にあるし。でも高級そうな場所で、多分東京で言えば「成城学園前から徒歩15分」的な位置なんだと思います。

malay2009_04_01.jpg

なぜここを知ったかというと私の大好きなマレーシアの歌手、シーラ・マジッドが経営しているから!シーラ・マジッドがスパをオープンした、とHPで見たとき絶対KL行ったら行くぞーと心に決めていたのですが、行けてよかった!

マッサージ1時間半とクリームバス1時間半の豪華コースで270RM。多分街中の有名なとこ・・・スパヴィレッジとかの3分の2くらいの値段だと思います。Bangsar駅からならタクシーでも近いし、20分に1本くらいはバスもでてますよ。郊外なので、都会の喧騒を忘れられる、いい場所だと思います。

malay2009_04_02.jpg

Bangsarとか、MidCityという地域が最近ホットらしいんだけど、MidCityにはミッドシティーメガモールというのがオープンしてました。自称「アジア一のショッピングモール」(この手の自称はいろんなところにあってどれが本当かわからない・・・)
個人的にはそれほど広い印象はなかったんだけど、すごい広いジャスコとか入ってるらしい。まあ別にいまさらジャスコいかなくてもいいし。

malay2009_04_03.jpg

でも、ジャッキー・チェンのフィットネス・クラブとかはちょっと興味アリ(笑)

malay2009_04_04.jpg

夜はBukit Bintangのおしゃれな飲み屋に行こうとしたけど一人だったのでちょっと勇気もなく、近くの中華屋台でサテを肴にタイガービール(笑)
ピーナツソースがたまらんよね。でもこの味、何かに似てる・・・と思ったら、八丁味噌!!ぜったい名古屋グルメはマレーシアではやると思います。八丁味噌関係者いたら、ぜひマレーシアに進出してみてください!


投稿者 yuquilah : 12:28 AM | コメント (0)

May 10, 2009

マレーシアの旅(3)〜ナシ・チャンプルー食べ比べ

今回は本編とは外れて、グルメ話題。
私マレーシアに行くと、「ナシ・チャンプルー」と「ワンタン麺」と「ラクサ」ばかりほっとくと食べています。今回は極力その3つをあまり食べずに過ごそうと思っていたのですが(笑)結果的にはよく食べていました。

ナシ・チャンプルーとはご飯にいろんなおかずを盛ったもの。だからおかずのバリエーションだけ味があるし、毎日あきないし、麺類よりもしっかりお野菜も取れて栄養満点!なのです。

店にはセルフサービスで取れるおかずがいっぱい並んでいて、お店の人にごはんだけもらって(普通or大盛り)おかずを適当にのせて、精算。大体ごはんが3RMくらいで、肉、魚が1種類2RM、野菜が1RMくらいなので、まあ3つ乗せて7〜8RMというのが標準的。

malay2009_03_01.jpg
マラッカでは、マトンとカレー味に煮込んだ竹の子!
竹の子がまったくアクとか抜いてない感じで味がえぐい〜

malay2009_03_02.jpg
KLのオサレなショッピングセンターSuriaKLCCのフードコートのナシチャンプルー。
貝の佃煮みたいのと、玉子焼き、青菜、テンペいため。貝の佃煮はまるで日本にあるのと同じような味でびっくり。

malay2009_03_03.jpg
キャメロン・ハイランドの屋台。ここでは、チキンソーセージと春雨と湯葉を炒め煮にしてあるのがおいしかった!

というわけで、具によってまったく違う食べ物になるわけです。お好みで具を乗せて作っていく感じが、日本の丼文化と通じるところがあっていいですね。

投稿者 yuquilah : 01:06 PM | コメント (1)

May 09, 2009

マレーシアの旅(2)〜クアラルンプール編その1

今度はマレーシアの首都クアラルンプールへ。

今回は、InもOutも長距離バスというのもあり、そのハブであるプドゥラヤ・バスターミナルの近くに宿を取ろうと思ってました。で、KLくらいはぜいたくに行こうと、それなりに中級なチャイナタウンのスイス・インへ。
ここはこのエリアの中ではいいと思うのですが・・・とにかく古いので、バスルームの構造だったり、コンセントのなさだったり、そういうものが不便。正直言って、KLのホテルは新しかろう、良かろうですね。安くても新しいホテルはいいです。というか生活しやすいです。まあ立地はよかったのですが・・・。

私が当初泊まろうと思っていた場所はHPがなくなっていたのですが、Citin Hotelというところになっていました。ここ、バスターミナルからも近いし、新しいし、よさそうです。

malay2009_02_01.jpg

マレーシアってすごく格差社会で(笑)チャイナタウンでは激安があふれてるんだけど、ペトロナス・タワーとかブキビンタンとかに行くと日本並みに高い。でもスーパーゴージャスなんです。ペトロナスタワー前の公園は六本木ヒルズのようなものらしく、現地人でも写真とりまくり。

malay2009_02_02.jpg
近くを歩いていると暑くて仕方ないので、いろいろ電車も乗りましたよ。写真は非常に近代的な電車のターミナル、KLセントラル駅。

鉄道網がいままで「LRT」とか呼んでたのですが(ただの鉄道であってLRTではない。高架だし)これがどうもRapidKLという会社?に統一されたらしく、すべて「RapidKLのXXLine」という呼び方に変わってました。

まあ、でも車内は至って近代的なのに、相変わらず切符は窓口売りが主流だし、便利でお得な回数券もないし(安いからいいけど)、乗り換えのたびに買わなきゃいけないのがめんどくさい。もう12年変わってないんだよねー。このシステム。とはいえ、非接触ICカードの実験らしきこともやっているみたいなので、あと数年でかわるかもね。シンガポールとか便利なんだよねー。ICカードが。

malay2009_02_03.jpg

夜はチャイナタウンでゴージャスに(というか言われるがままに頼んで)蝦水餃子やらワンタンミーやら。屋台はとにかく安いので助かります。こういうとこだと、テーブルいっぱいに頼んでも1000円くらい。

ところが、外国人が行くような地域にいくと違うんだな。
KLの六本木といわれるブキビンタン地区のホテルも、高級なのがさらに増えてました。(ゴールデン・ミレニアムのロビーはすごかった・・・)ピッコロホテルのバーClique Lounge Barで遅くまで飲んで都会らしい(笑)夜をすごしたんだけど、お値段は日本並みです。
でもサービスもすごくいいし、快適だし、まあ、当り前ですよね(笑)


投稿者 yuquilah : 11:48 PM | コメント (0)

May 08, 2009

マレーシアの旅(1)〜マラッカ編

今回ゴールデンウイークをフルに使って、マレーシアをがっつり旅してきました。
今回の旅行は、まさに神様がくれた休日って感じで、あまり目的を決めずのんびりしてきました。でも、結局疲れることばっかりいっぱいやってきたんだけどね(笑)

malay2009_01_01.jpg

まずは少しばかりマラッカへ。ポルトガル、オランダ、中国、マレーの文化がミックスした素敵な街です。
マラッカへいくのはもう10年ぶり以上だから、全然前の印象も忘れてしまってました。もっとのんびりできる場所のような気がしたんだけど、実際はとにかく交通もすごくて、大規模なモールとかもいっぱいできて、観光地にありがちな物売りがいっぱいいて、なーんかのんびり歩いたり、本を読んだりって感じではありませんでした。

もっとも、宿は広くてのんびりしてたし、来ていた人と仲良くなったおかげで夜飲みにも行けてよかったんだけどね。

でも、建物はなにかとキュート。ヨーロッパ情緒いっぱい・・・ってマカオもそうだった気がしないでもないけど。昼間歩くと暑くて仕方ないので、朝ちょっと出て行って、昼は昼寝して、夜遊ぶ、みたいな感じでした。

malay2009_01_02.jpg
川もそんなきれいじゃないけど、周りの建物と一緒になっていい雰囲気。

malay2009_01_03.jpg
基本的に食事は屋台が中心でしたが、マラッカはかなりキレイな屋台村がありました。Newton's Food Courtというマコタ・パレードという大きなショッピングセンターの近くで、中華セクションとハラール(イスラム&ヒンズー用)セクションに分かれています。

食べ物レビューはまたのちほど(笑)

投稿者 yuquilah : 06:16 PM | コメント (0)

April 01, 2009

京都弾丸お花見ツアー!

日帰りで京都お花見ツアーに行ってきました。
エイプリルフールだけど、ウソじゃありませんよ!

ちょうど週末出勤した代休がとれたのと、母が今まで京都の山奥に住んでいたのですが、醍醐の方に引っ越したので、せっかくだからJR東海のCMにもなってる醍醐寺に行ってみたい!ということで日帰りで行ったのです。

20090401_1.jpg

今回は「市営地下鉄1dayチケット」600円を有効活用。京都駅から東西線方面はすぐ高くなるから、往復だけでも元とれます。まずは母と待ち合わせて蹴上に出て、インクラインの桜。南禅寺方面につづく桜の街道です。昔鉄道ができる前、船を引き揚げていた線路?みたいなところなのでちょっと廃線跡気分も楽しめます。ここは5分咲き。

20090401_2.jpg

そして醍醐に出ると、急激に人が増えます。実際京都でも桜はまだまだ3分から5分咲きで、なぜか醍醐寺のしだれ桜だけが「見ごろ」と書いてあったので、「こりゃー人集中しそうやなー」といっていたら案の定!すごい人。駐車場も満車です。平日の昼でこれですから、週末に行かなくて正解!でもここの桜は本当に見事ですね。そして、三宝院もとても見ごたえがあります。ここの桜はお寺を見下ろすようなしだれ桜で、もりもりと咲いていました。
もう少しあたたかくなったら、絶対上醍醐まで行こう。

母の新居にも行くことができて、いろいろ聞いていて大丈夫かと思ったけど、結構生活インフラはそろっているし、山と川にかこまれていていい場所で一安心。

ちなみに、京都もそれほど天気は良くなかったのですが、雨が降ったのは少しの間で、なんとか持ちました。寒いけど。なので、東京にかえってきてひどい雨だったのでびっくり〜

帰りは新幹線で「汲み上げ湯葉」を肴に京都の地酒「桃の滴」を。めっちゃぜいたくな気分になれます。
あと、京都駅自由通路の伊勢丹SUVACOのお弁当は安くておいしい!

投稿者 yuquilah : 11:39 PM | コメント (5)

January 09, 2009

残波岬

090109-095703.jpg

沖縄にきています。今回前半は読谷村にてのーんびり。

朝から往復8キロほど走ってきました。
走れるって便利だ(笑)
途中は信号のないまっすぐな道、2キロぐらい。
東京じゃありえないので楽しいです。

こちらは「商売の神様」らしい読谷出身の方。
泰期さんだって。

投稿者 yuquilah : 11:44 AM | コメント (0)

January 05, 2009

2009年幸先よいスタート!

gajo033.jpg
↑東福寺の通天橋。禅寺は心が落ち着きますな。

あけましておめでとうございます。
年始早々旅に出て、戻って参りました。
今回は京都、大阪のわりと定番スポットをまわった感じなのですが、いろんな再発見が出来たし、とにかく食い倒れたし(笑)食べ物運に恵まれた旅行でした。
新年から幸先がいいね!

軽く総括すると、以下の通り。

★行ったところ
清水寺
八坂神社
金閣寺
北野天満宮
伏見稲荷
道頓堀
新世界(通天閣、スマートボール)
アメリカ村
南船場
東福寺
寺田屋

★食べたもの
イノダコーヒー(モーニング)
祇園小石の抹茶パフェ
京とうふ藤野のランチ
芦屋タカトラのシュークリーム
道頓堀どむすのお好み&ねぎ焼き(ねぎ焼き大好き)
堂島ロール(10分弱の行列ですんだ!)
串揚げ&どて焼き

北野天満宮のおみくじは吉。去年のなにもかもいい!みたいなメッセージはなかったけど、全般的には、「困難だけど、心を正しく持って、祈ればかなう」という感じ。精進しまっせ。
でも、心を正しくって・・・どの程度正しく持てばいいんだろう(笑)

投稿者 yuquilah : 12:15 AM | コメント (296)

November 23, 2008

0泊3日で西への旅〜島根編

普段は週末といえばリハやライブがダブル、トリプルあたりまえ的な生活だったのに、なぜかこの3連休だけはみんなお出かけのせいか何もなし・・・。そんならやっぱ、紅葉の京都、いってみるか!なんて思ったんだけど、なんせホテルがどこも取れない(笑)
そして出雲大社も行きたくなってきていたので、これはドラマ「だんだん」よろしく島根→京都なんてコースにしようかな、などと考えました。

しかしコース取りに手間取っていたところに休みの後半にいろいろ用事が入り、交通手段もどうにも高い・・・ということで、結局休みを1日前からとって、東京〜出雲まで高速バス、また翌日京都まで高速バス、で最後は甘く新幹線で(笑)という旅をしてみました。

東京〜出雲行きの高速バスは、なんと東京駅19:10という早さ!会社をそそくさと出て乗り込みましたが・・・2階建てで空調がきかず、寒い寒い!

約10時間後に米子近くのSAで起こされましたが・・・雪?その雪は島根に入ると同時に雨になりましたが、すさまじくひどい雨。大丈夫か??

なぜか出雲につくと雨はやみました。ラッキー。しかし、駅前には朝食をとる場所すらありません。しかも寒さもハンパじゃない。おそるべし山陰。とりあえずバスで出雲大社にいきました。
003_2.jpg

今年は遷宮とかで仮の拝殿でお参りするんですよね。なので、メインの場所は工事中でした。早朝なので人も少なく、澄んだ空気が気持ちいい!
出雲そばを食べてなんとか空腹をまぎらわし、稲佐の浜まで歩きます。

010_2.jpg
神様がやってくる浜らしく、なんとも不思議な光景なのですが・・・この頃にはすさまじい強風で、全身砂まみれでした(笑)それでも懲りずに、1時間1本のバスに乗って、日御碕まで。

012_2.jpg
日御碕神社です。ふつう神社は見上げるものだけど、見下ろす神社はそうはないよ、とバスの運転手さんにいわれましたが、確かにそのとおり。しかしあまりに寒いのと強風のため、行きのバスに乗っていたメンバーがわずか20分後の帰りのバスに全員同乗(笑)

018_2.jpg
一畑電車に乗って、松江に向かいます。3方向の電車が一気に待ち合わせ。びみょーに顔が違いますね。1時間あまり、ほとんど爆睡しているあいだに到着。

023_2.jpg
松江は風情のある街でした。松江城のお堀の近くはなんとも昔の雰囲気。ほんとならレンタサイクルでも借りて・・・と思ったのですが、天気が良いのにすごい雨が時々降る、という状況で危険と判断。バスと徒歩にて小泉八雲の家とか回りました。

028_2.jpg
松江からそのまま夜行バス・・・ってのも考えたのですが、どうせなら山陰本線も乗りたいので(爆)山陰本線で出雲市まで戻りました。この路線はいいですね!宍道湖畔を沿うように走ります。しかも日の沈む時間帯だったので美しい!

駅近くの日帰り温泉で休みつつ、翌日の旅にそなえます。

投稿者 yuquilah : 10:24 PM | コメント (1)

October 11, 2008

シンガポール旅行記9〜エスニックタウンめぐり

もう1か月近くたってしまいましたが、しつこくシンガポール話です。今回で本編は最終回。いやー、たった3日の旅なのに長いこと!

最終日は朝軽く近所を走った後、まずは「ロティ・プラタ」を食べにリトル・インディアに向かいました。
sin19.jpg
こういう小さな店が並ぶ市場があるんですが、どことなくこぎれいなのがシンガポールならでは。

ところで、この街にはいたるところに「Bollywood Music Lounge...Live Music Show」と書いてある看板があるんです。これってどんなんだろう?ただのインド音楽カラオケかもしれないけど、ライブがあるってことは・・・あの映画の世界が目の前で展開されるのかしら?ちょっと行ってみたかったのですが、行けず。

sin20.jpg
ロティ・プラタにありつきました。クレープみたいに焼いた生地をカレー汁につけて食べます。これがまあインド流ファストフードというか、ジャンクフードなんですが、くせになるんですねえ。ちなみにマレーシアではこの料理、「ロティ・チャナイ」というので、シンガポールでは売っていない、と嘆いていたら呼び名が違ったらしい。

その後チャイナタウン(といってもシンガポール全土がチャイナタウンみたいなもんだけど)に出て、いろいろと買い物をしていたのですが、なんといっても昼は歩くだけで疲れる。ということでラッフルズ・プレイスで一休み。
暑いので、ひたすら地下移動だけで過ごしました。

地下鉄City Hall近辺は、ショッピングモールの嵐!こんなに店あって全部成り立つのか?みたいな。その中で「シンガポール名物、フィッシュヘッドカレーが食べたーい!」とうろついていたら、Suntec City内のMuthu's Curry(音出るので注意)という店が!!

sin21.jpg
1人前、とかいって頼んでも、でっかいどんぶり一杯でてきます。そこに魚の頭がどーんと入ってます。ある意味グロい。が、うまい。
白身魚(Snapperっていってたかな?)なので、思った以上にあっさりな味なのです。ちなみに皿は出てこないで、葉っぱの上に盛って食べます。
ナンとご飯の両方頼んでみましたが、これはご飯の方があう感じ。

その後オーチャードの免税店などに連れられて帰ったわけですが、まあいたって平和に、危ない目にもあわず、しかし濃い旅でした。やはり旅は仲間がいると楽しいものですね。そして、やっぱアジアは手軽で楽しい!中国語喋れたらもっと楽しいかもなあ、なんて思ってしまう今日この頃です。

投稿者 yuquilah : 03:17 PM | コメント (340)

October 05, 2008

シンガポール旅行記8〜ラクサ大好き!

いや〜ハリラヤ(断食明け)過ぎてもまだ書いてます(爆)
でももう後半です。

ジョホールバルから無事帰ってきたわれわれですが、夜はクラーク・キーで野外ライブというので、その前にホテルの安いラクサを食べてから行こうと画策。

シンガポール料理の代表格の一つラクサは、ココナツミルク味のカレースープで食べる麺。(ここにのってるレシピから想像してね)
いやあ、この味にはまっている人、多いんですが、私もラクサ中毒の一人なんです。ホテルの「テラス・カフェ」なるところで3ドルという格安価格で売っているとのことで行ってみたのですが・・・まあ確かにテラス・カフェだが・・・駐車場のところに屋台がでてるだけやん(笑)!!まあ安いから許すけどねー。

sin17.jpg

こんな感じでした。ちなみに麺は丸くて太いビーフン。ちょいとコシがない。ふつうの玉子麺のほうがいいなあ。具はここはえびとカマボコと油揚げともやし、でした。前回は貝のむきみだったけど。でもやっぱりこの味、おいしい!!

その後クラーク・キーの野外ステージでなんとBrand New Heaviesが出ている!!というので行ってみたのですが、なんといってみると・・・コンガの音。サルサ???

sin18.jpg

そう、昨日Azzucar!というラテンバーにいた箱バン、Cubaniaの皆さんだったのでした。無料で見られるとあってすごい盛り上がり!
でもBrand New Heaviesは前日の出演だったんですよね。残念!

ということで、今度は「Cuba Libre
(なぜかキューバがブームなのか?この国は)というバーに行き、高いモヒート(クラークキーではドリンク10ドル以上があたりまえ!カクテルになれば15ドル!ローカルとは違うね)を飲んでいたのですが、バンドは時間になっても出てこず。結局眠かったので帰ってきてしまったのでした。すまんー!

おまけ。
結局シンガポールでラクサの素を山ほど買いました。
081004-090346.jpg

で、今日もラクサにしてみました!!
081004-092904.jpg

そんなに辛くないのにすごく汗がでる!デトックス系です。しかしこれだけあれば1年間はラクサ食べられるかな(笑)

投稿者 yuquilah : 10:51 AM | コメント (638)

September 30, 2008

シンガポール旅行記7〜近くて遠いマレーシア

入国までのストーリーはこちら

さて、マレーシア国境の街、ジョホール・バルに足を踏み入れたとたん
・マレー語ばかりの看板(シンガポールでは大体英語+中国語)
・トゥドゥン(スカーフ)をかぶった女性(マレー民族=イスラム教徒が多いということ)
・道端のゴミ(シンガポールではご存知ゴミ捨てたら罰金)

の多さにびっくり。それでも、4年前にクアラルンプールに行ったときは、思ったよりも先進国でびっくりしたので、大都市であるジョホール・バルも同じようなもんかと思っていたんです。
でも実際はもうちょっと、いやかなりKLよりも汚かった・・・。

埃っぽい地下道を抜けていくと、そんなジョホール・バルでもいちばん近代的なショッピングモール「シティ・スクエア」が見えます。タクシーの客引きを振り切ること多数。
このショッピングモールはさすがにシンガポールと大して品揃えに変わりありません。中国系の店が多いらしいし。値段はちょっと安いかな。それでも、この最高に近代的なスーパーでもトイレはすべてマレー式!いわゆる和式トイレふうで、紙はなくてシャワーがついてるやつです。床はびたびた。
(汚い話になりますが、通常左手で洗うので左手は不浄の手なのです。たしかに、日常的にやってたら左手でゴハンは食べないよね!)

しかし、マレーシアに来たからにはマレーっぽいスーパーに行きたい!というのがあり、KLでもお世話になった「Kotaraya」へ。
いきなりカラフルな布がいっぱい売っている店内。萌えます(笑)スカーフなど妙に大量購入。服は民族衣装系が多いのでねえ。
どうやら今は断食の時期らしく、10月1日が断食あけのお祭り。Hari Raya Aidilfitriを前にして、
「Selamat Hari Raya Aidilfitri」の看板が方々にあります。
まあ日本人には想像つかないのですが、Hari Raya Aidilfitriの盛大さはイスラム教徒には相当なもので、「ハリラヤソングのコンピレーション」とかいうCDがいっぱいでている有様。
その中でも有名なこの曲が、どこでも流れているので、どうも頭から離れなくなってしまいます・・・(ヘタウマ系)

Sharifah Aini "Suasana Hari Raya"

ちなみに、もう1つあるといわれたKOMTARというショッピングモールは壊されてました。

食堂はいろいろあるけど、とりあえず安全策って感じでシティ・スクエアに戻り、フードコートでナシ・チャンプルーを食べました。この味、とりあえずほっとします。
sin14.jpg

友人はナシレマ。マレーの朝食の定番。サンバルが相当辛いようでした(が、私はクセになる・・・)。
sin15.jpg

シティ・スクエアは中国系男性ヴォーカリストがライブをやってたりして、結構かっこよくてうまい。でも漢字がうろおぼえなので誰かいまだにわからず。残念!
sin16.jpg

帰りはメルリン・タワーで行きと同じ「星柔快車」のバスチケットを買って出国の列に並んだんだけど、実は並ぶところで直接バスチケットを買えることも発覚。ちなみに帰りは2.5リンギット。80円くらいかな?行きと帰りで値段が違うのだ・・・(笑)帰りの出国の列はそれほどまたされず、でもシンガポールがわに入国したところでバスがいつまでたっても来ない、という状況でした。それにしてもシンガポール側はビルもきれいだし、冷房も効いてるし、何たる違い・・・。

シンガポール側に着いてバスをまっていると、真っ青なBas Pekerja(労働者用バス、という意味の青いバス)がたくさん国境を越えていきます。
こんなに何本も出ている、ということは、毎日ジョホール・バルからシンガポールに働きに出て、帰っていく人がいっぱいいるんだよね。
反対もいるのかな、いや、マレーシアで働いたお金でシンガポールで暮らすのはさすがに無理だよね。

それにしても、2つの国の違いを見ると、こんなに近いのに違う国、ということの大きさを改めて考えさせられます。
管理されまくりの近代都市国家、シンガポール。ゆったりと時間は過ぎるけど、貧困と秩序のなさも見えるマレーシア。
ジョホール・バルに生まれた人、シンガポールに生まれた人はそれぞれ対岸のことをどう思っているのかしら。
シンガポールにいって豊かな暮らしをしたいとか思うのかしら。マレーシアは管理されてなくて、自由でいいなあと思うのかしら。
マレー系にとっては、イスラム教とマレー民族が優遇されるマレーシアのほうが住みやすいのかな。中国系だったらシンガポールのほうが楽かしら。
だとしたらジョホール・バルに中国系の人がたくさん住み続ける理由は??

私はやっぱりマレー語をやっていたし、マレーシアと、マレー人の文化が大好きなんです。でも正直シンガポールのほうがストレスフリーで暮らせそうっていう現実もあります。

マレーシアでマレー人も中国人も平等に扱われていたら、こんないびつな発展の仕方にはならなかったのかなあ。
最初にマレーシアに行った10数年前と変わらない現実がひろがるマレーシアを見て、思うところがいっぱいです。

投稿者 yuquilah : 12:56 AM | コメント (2)

September 27, 2008

シンガポール旅行記6〜夢の国境越え!

さあ、今日からF1初のナイトレース、シンガポールGPが始まりますよ!
当たり前ながら、シンガポールのホテルは相当満員、ツアーも値段上がってるみたいです。
普段は「やってれば見る」程度のF1ですが、今回は実際に行って、歩いた場所がコースとあってかなり楽しみ。

ですが旅行記はシンガポールから離れてマレーシアへ(笑)・・・

まあ自分の今後のためにも、国境越え方法をきちんと書いておくことにしましょう。
結論から言いますと個人で往復快速バスで行って、必要経費300円程度。出入国の手続きだけは大変でしたが、至ってシンガポールとは違う空気を楽しんで帰ってきました。

大体どの旅行社でもジョホール・バル行き1日ツアーなんてものが出ているのですが、大体よくわからないみやげ物屋に連れて行かれるし、いきたいのはマレーシアのスーパー!

ということで、ブギス駅からも近いクイーン・ストリート・バス・ターミナルへ。10ウン年前、わけもわからずジョホール州の小さな村から長距離バスで国境越えして降ろされた先ですよ。
国境越えタクシーなんてのもあるんですが、それは30ドル〜40ドル(まあ3000円台)。ジョホールバルまでノンストップの快速バス「星柔快車」は2.4ドル(200円くらい)・・・。
そりゃあ多少難ありでもバスでしょ。10分おきに出ているという話ですが、もうちょっと間引きされている気がしました(笑)ターミナルに着けば一発で分かる位置にいます。

*この後わかったこと。
1、170番バスなんてローカルバスもあって、各駅停車で国境越えするらしい。ひんぱんにくるんだけど、すごい満員、そして行列!移民車だあ!
2、黄色いバスCauseway Link Expressのほうがバスがキレイ。一応クイーンストリート〜ジョホール・バルってのもあるらしい。

sin13.jpg

ちょっとボロ目の星柔快車は快調にシンガポールの道をとばし、出国場所へと向かいます。シンガポールの出国ポイントはいたってキレイ(トイレもまあまあきれい)。並ぶこともなく、シンガポール入国カードを取り上げられました(笑)

・・・と。そこからが実は試練です。出国ポイントで降りたバスは待っていてくれないので、次に来るバスを待ちます。これがなかなかこない。来たらわりとすぐ、というか1キロほどでマレーシア側の入国ポイント。陸路で橋渡って国境越えって感動するね!歩いて渡っている人も多数いましたが・・・さすがにお昼も近く、直射日光が降り注ぐ中なので素直にバスで渡りました。

そして・・・入国を待つ人、人、人・・・。写真は撮れないのですが・・・。まあここが一番濃いポイントといっても過言ではないでしょう!まず着いたら、声をかけてくる人が手招きしても、一切応じてはダメ!!
一気に列の左の方にある入国カード配布カウンター(大体青いトゥドゥンをかぶってお姉さんが対応している)で入国カードをゲット。複数人でいるなら、1人がカードをもらい(2枚までOK)1人が並ぶ体制をとること。だいたい入国するまでに30分は並ぶので(何やってるわけでもなのに並ぶの!)、その間に入国カードを記入。ボールペンは忘れずに!

ここで声をかけられてしまうと、
「入国カードの代筆屋」か「タクシーの客引き」につかまることになります。また、やたら話しかけてきて列に並ばせてくれませんが、まずは並んで順番を確保することが先決。

しかしこの場所、エアコンあってもついてないし、扇風機あってもついてないし、ものすごく暑い・・・。順番が来ると入国はあっさり通してくれましたが、そこには別世界が広がっていたのでした・・・(笑)つづく。

投稿者 yuquilah : 12:37 AM | コメント (1002)

September 25, 2008

シンガポール旅行記5〜朝は屋台村

ようやく2日目です。いやー1日盛りだくさんです。
さて、「シンガポールでも走ったの?」といろんな人に聞かれましたが、ええ、走りましたよ(笑)
とはいってもホテルの近くは幹線道路ばかりで、あんまりよい環境じゃないし、あまりにおなかもすいていて、結局3キロぐらいのジョギングを2日。
朝は8時を過ぎるともう、アウトです。暑くて死にます。そうでなくても湿度が高いので、距離が短い割には消耗が激しい感じでした。
面白かったのは、近くのフィールドでクリケットをやっていたことかな。生でクリケットなんてなかなかないじゃないですか!

さて、2日目のいちばんの目的は、国境ごえ!マレーシアのジョホール・バルにいくことです。ジョホール・バルといえば、日本サッカーがワールドカップ決めた場所ですよね。縁起いい。
しかもマレー語クラスで1ヶ月マレーシアに滞在した私にとっては第3の故郷とも言える国です。ちょっとアジアにしては楽チンだけどパンチのたりないシンガポールを抜け出すべく出発。

・・・ですが、その前にまず腹ごしらえ。
どこでご飯が食べられるかいまいちチェックしていないため、バスに乗って屋台村(ホーカーセンター)が見えたところで下車!
North Bridge Centreというところです。いきなりアジアな感じで食材が並んでおります!
sin09.jpg

sin12.jpg

ですがここはシンガポール(笑)意外とこぎれいな感じで作られているんですよ。とにかくいっぱい種類がありすぎてわからない!ということで海南鶏飯と、エビ麺(スープあり)を頼みました。(両方2ドル)
sin10.jpg
sin11.jpg

海南鶏飯はおいしかった!やっぱり、タイ米じゃないとダメですね、これは。
いつも自分で作ってもホンモノ感が足りないのはそのせいだったんだわ。
エビ麺もちょっとインスタントっぽい味ですが、あっさり。こういうあっさりしたアジアの中華屋台で出される麺が食べられる場所って、意外に日本ではないのよね。
ラーメン屋だけじゃなくて、こういうのを出してくれる店がほしい!!

投稿者 yuquilah : 10:33 PM | コメント (2)

シンガポール旅行記4〜ライブでマジック、ライブでサルサ

3大ベースの後は、友人の友人でシンガポール在住も長いMさんと合流し、行きつけのマジックバーであるGallery HotelのBar84へ。さらに私の大学の後輩でシンガポールに赴任中のGM君も合流(すっかり国際派ビジネスマンになってましたよ!)。ここは今はやりのスポット、ロバートソン・キーと呼ばれるところで、ちょいとおしゃれなブティックホテルの中にあります。

日本人のマスター、ハシさんがカウンターでやってくれるマジックは、カードを使ったシンプルなものが多いんだけど・・・これがびっくり!なんでそこから出てくるの!なんでこんなことになるの!とアホみたいにみんなで驚いてしまいました。ライブマジック、面白い!日本でも行ってみたいなあ。

さらに今度は六本木みたいな夜の街(しかも西洋人ばっか)、クラークキーに移動。「Azzucar」(スペル間違いじゃないよ)という店に行きました。ここはなんと、キューバ人のハコバンがいるんですねえ。

sin08.jpg
ステージも広くて見やすいし、ダンススペースと飲むスペースがきれいに分かれているのもいいところ。このハコバンはなかなかお客さんを乗せるのにたけていて、サルサだけでなくとりあえずラテン全般をいろいろやってました。グロリアエステファンとか、レゲトン(あんまりレゲトンになってない)まで。
日本にもこういう、きっちりハコバンが入ってライブもちゃんと見られて、踊れて、飲めるクラブがあればいいのになあ。ニューヨークとか、もちろんいっぱいあるんですけど。

投稿者 yuquilah : 09:03 AM | コメント (1093)

September 24, 2008

シンガポール旅行記3〜3大ベースSMVコンサート

sin02.jpg

シンガポール旅行記に戻ります。
1日目夜は、海沿いにあるシンガポールの新名所、通称「ドリアン」ことエスプラナード・シアターにて、大物ベーシスト3人のライブがあるということで、行くことに。
ここは国内外の大物がジャンル問わずコンサート、演劇など行う場所なんですが、ショッピングモールなんかもあったりして。雰囲気的には東京国際フォーラムみたいな感じですかねー。

Stanley Clarke、Marcus Miller、Victor Wootenという大物3人によるユニット「SMV」ですが、ベース3人って・・・ありえないー。
いや、世の中にはアンサンブルに向く楽器と向かない楽器というのがあって、ピアノ3台とか、サックス3人とか、「3大テノール」とかは想像つくけど、バンドの柱となるベースが3人って・・・。どっかの飲みの席で「やろうぜ!」みたいになった話なんでしょうかね??
まあ、とはいえ、マーカス好きだし、旅の相方はベーシストってことで、見に行ってみることにしました。
実はその前の1週間東京と大阪でライブやってたし、友人のベーシストの3分の2くらいが見に行ってるんですけどね(笑)
せっかくだからシンガポール1といわれるホールで見るってのもいいじゃないですか。なにげに海外でライブはいっぱい見ているけど、ホールのコンサートは初めてです。

sin07.jpg

形ははい、ドリアンそのもの。劇場だけでなく、ショッピングモールも中に入ってます。
現地のいかにもバンドマンです!的な若い男の子たちが客層の中心でした。
ホールではありますが、奮発したおかげで3人とも顔がはっきり見える前のほうの席でした。みんなセッティングが気になって、開演前からアンプやらエフェクターやらをチェック。

ホールのコンサートだけあって、2時間ほどたっぷりと、3人のソロ・コーナーに3人そろってスラップをやるというお約束の構図、そして日本でライブに行った方もいろいろ書いていましたが、やはりスタンリー・クラークのウッドベースには度肝をぬかれましたね!
いや〜デカいからウッドベースがオモチャに見えるってのもすごいですが、ベースという枠を飛び越えて弾きまくる!フラメンコギターみたいなプレイもあったりして、会場総立ちの大盛り上がりでした。
とにかくすごい人が集まるとすごいわけですわ。いい物見ました。そしてシンガポーリアンの盛り上がり方も面白かったです。

しかし、夜はまだまだ続きます!

投稿者 yuquilah : 09:53 PM | コメント (150)

September 23, 2008

シンガポール旅行記2〜大観覧車とマーライオン

一夜明けて、まずはシンガポールの新名所、世界一の大観覧車、シンガポールフライヤーへ。
実はここに行くのが今回の旅のひとつの目的でした。
3年前に不慮の事故で亡くなった後輩のA嬢。彼女が最後の仕事として、ずっとシンガポール出張してやっていたのがこの建設プロジェクトなのです。完成を見ずして亡くなってしまったということで、できたら乗りに行かなきゃね、と関係者で話していたのです。

が、話はこれだけではありません。なんとサルサ関係で仲良くさせていただいているある方がこの観覧車の設計をしているというからびっくり。何かの縁を感じる観覧車です。

実際、世界最大という割には「お台場とかと変わらない?」なんて思うけど、中が超広い!3,40人は入れるんじゃないかしら。冷房はありました(笑)

sin01.jpg
30分以上の乗車時間なので、みんなとにかく撮影大会。ちなみに日本人ばっかり(笑)

sin02.jpg
来週から始まるシンガポールGPのコースも丸見え。でもまだ突貫工事中。大丈夫か??
今回のF1は絶対見なくちゃね!本当に街中がコースなんですよ〜。

sin03.jpg
頂上はこんな感じ。シンガポールだけでなく、周りのインドネシアの島々にマレーシアまで一望できる!見ごたえある景色でした。ああ、でもこの景色、A嬢にも見せてあげたかったなあ。

sin04.jpg
河口の対岸がマーライオン・パークです。遠近法で変なことになってますが、手前のマー君は小さいです。奥に巨大マー君がいて、水を吐いています。実は前に行った時は大きなマーライオンなかったんだよねー。だからマーライオンが案外小さいので「世界3大がっかり」などと呼ばれておりました。今は見事ですよ。水が霧のようにかかるのも結構気持ちいい!

ここから川沿いのボート・キーといわれる地区を散策。レストラン街になっていてとてもキレイです。客引きもすごいが(笑)
ここでなんと、いきなりランチからぜいたくして、シーフードのおいしい店JUMBOでブラックペッパー・クラブ(黒コショウ味のカニ)を注文!めちゃめちゃ食べにくいですが、日本にまずない味付け、そしてボリュームもたっぷり。
sin05.jpg
通常1匹1キロで、40ドル前後のようです。これって普通なのかしら?
チリクラブとかブラックペッパー・クラブはシンガポール名物で、屋台から高級レストランまでいろんなところにあるんですよね。
とりあえず蟹で満腹のため、昼の予定はいったん終了。

投稿者 yuquilah : 12:26 AM | コメント (298)

September 22, 2008

シンガポール旅行記1〜プロローグ

080919-025903.jpg

東京では台風や地震があったこの週末、ちょっと遅い夏休みということでシンガポールにいってきました!色々盛りだくさんだったので、少しずつ内容を紹介していこうと思います。過去2回ほど行って、観光地としてはイマイチな印象があった場所でしたが、最近いろいろ変わったらしいし、ちょっとした目的もあり。。。今回は久々に旅に一緒に行ってくれる友人も見つかり、夕方出発、早朝帰国3泊5日の格安ツアーで行ってきました。

とはいえ、飛行機はJALでサービスもよく、ホテルまでも送迎つき。ホテルの方は、Quality Hotelというかなり市街地から外れた場所にあるホテルで、地下鉄の駅も遠く、口コミもさんざんだったので戦々恐々としていたのですが・・・

結果から言うと結構よかったです。設備もきれいだし、無線LANがやたら高かったですが(なので使わなかった)、朝食もまあまあ。交通の方も、目の前のバス停を使えばどこにでも主要な場所には出られました。

観光ガイドには「バスは案内もなく乗りにくい」と書いてありますが、ポイントは2つ。
1、EZ-LINKカードを買うこと(スイカみたいなICカード)
2、路線図をインターネットからダウンロードしておくこと

EZ-LINKは地下鉄の駅でしか売ってないようなので、駅で入手しました。デポジットなどで少し高いのだけど、現金より安く乗れます。で、地下鉄とバス共通。乗る時と降りるときにタッチするだけで勝手に引き落としてくれるので楽です。

バスの路線図は、SBS Transitのホームページからダウンロード可能。これで路線ごとのバス停一覧を見ておけば、それほど迷うこともなくバスを乗りこなすことができます。バスはめちゃめちゃ安くて、かなりおすすめ!

現地在住の人にいわせると、「超ローカルな場所」らしいですが、確かにドリアン屋台が隣にあったり、交通量は多くてそれほど空気もきれいじゃないし、でもアジアっぽいといえばアジアっぽいかも・・・。あえて自分で選ぶホテルじゃないけど、ツアーで当たる分には別に、OKって感じでした。

この後、濃い〜3日間を紹介します!

投稿者 yuquilah : 03:22 PM | コメント (89)

June 27, 2008

お城を走る

080627-064429.jpg

前回は朝早く出発のため走れなかった岡山城で朝ラン。後楽園周囲の遊歩道がなんとも気持ちいいです。

ですが・・・走っている人、本当にいない!ウォーキングしている方々は結構いるんだけど、走っているのを見かけたのは本格的アスリート志向な感じの方々2,3名。名城公園とかにいっぱいいた「最近おしゃれだから走ってます」系の人々が皆無なのです!こんなにいい場所があるのにねえ。

純粋に人口比でいうと岡山市の人口は名古屋市の3分の1なのですが、どう考えても走っている人ははるかに下回る・・・。ということは、単純に「岡山ではランニングがはやっていない」ってこと?女子マラソンで有名な天満屋の本拠地だというのに?

080627-063829.jpg

そういえば以前コメントでいただいた「桃太郎マンホール」発見!本当にどこもかしこも桃太郎だ!

投稿者 yuquilah : 08:45 AM | コメント (2230)

June 26, 2008

晴れの国へ

080626-174914.jpg

寒くてじめじめした東京に一瞬サヨナラ!
それにしても新幹線ばっかり乗ってるなあ。しかも東海道新幹線ばかり。かなりJR東海の上客です(笑)

ところで、7/22(火)久々に両国つぼ八でライブやることになりそうです。しかも、今回は初共演の、まさに天才!といえるお2人と。気を引き締めていかなくては。詳細決まったらまたお知らせします!

投稿者 yuquilah : 06:01 PM | コメント (1858)

June 15, 2008

雨だよ。。。

080615-024213.jpg

午後からミュージカル、ヘアスプレーを見に行ったところ、私が13歳の時から大好きな歌手のTevin Campbellがでているではありませんか!きゃー(笑)

彼もここ数年不遇の時期をすごして、かなりやせちゃってましたが、美しいハイトーンと切れある踊りは健在。映画でも見たけど、やっぱりこれは生で見るべき作品だね!

その後夜はメッツの試合...のつもりがすさまじい大雨!移動もままならない状態でした。なのでもちろん中止。明日はダブルヘッダーだそうですが、どう時間をやりくりしようかな!

投稿者 yuquilah : 01:27 PM | コメント (3)

May 31, 2008

こだまちゃん

080531-072420.jpg

わわ、今どきこの顔の新幹線、なつかしい!
東海道がわでは見たことないよ!

投稿者 yuquilah : 07:35 AM | コメント (185)

May 30, 2008

岡山うどん

ということで、最後の目的地は岡山でした。

080530-174815.jpg
仕事の後は後楽園を見てきたわけですが、さすがのスケールに感動。京都の寺院とかもそうなんですが、人間が手をかけて、守ってきた自然の美しさというものも大切なんだなあ、と。

岡山は他の地方都市と比べて、しゃれた店で、一人で入れるような店も結構多いんですが、実は岡山も讃岐とならんでうどん王国だといううわさをきき、うどん屋をめぐってきました。まあ、讃岐の対岸だしね。

080530-181159.jpg
まず一軒目は後楽園通りの「百円うどん」(でも材料高騰のため120円になってた)
明らかにつゆが甘めで讃岐とは違います。あと、麺が柔らかくて弾力がある!もちもちしておいしいです。げそ天は食べやすいようにカットしてくれました。

080530-185106.jpg
そして、もう1軒は「セルフうどんさざなみ」。これは店にも書いてあるように、完全に讃岐仕様。なのに、岡山を中心に展開していて、香川にはないらしい!という不思議なお店。ここでは冷たい生醤油うどんをいただきましたが、セルフで250円くらい?(忘れてしまった・・・)でこの味なら大満足。実はここ、ゲソ天が有名なんだってね。でも2店連続でゲソ天ってのもしつこいのでやめました。

最後の晩餐にしては質素に〆ましたな。
それにしても今回は仕事ではいろいろと人にあったものの、それ以外の面では全く一人で行動していたので、結構コミュニケーションに飢えています(笑)来週からはいろいろと遊んでくださいね!

投稿者 yuquilah : 10:02 PM | コメント (173)

レールスター

080530-094621.jpg

久しぶりに乗りましたが、最高ですね。
ということで、最後の目的地に出発です!

投稿者 yuquilah : 10:05 AM | コメント (1872)

シェリーに夢中

080529-203043.jpg
結局スペインバル「エル・フォゴン」へ。2回目ですが、一人で入りやすいし、お値段良心的だし、落ち着きます。
マッシュルームのアヒージョにようやくありつけました。が、シェリーはジンジャーエール割。ちょっと弱い(笑)

投稿者 yuquilah : 07:18 AM | コメント (163)

May 29, 2008

トレランデビュー

実は、こんなんやってきました。

080529-173000.jpg
京都一周トレイル西山コースです。
京都にこういうものが存在すると知って以来、機会があればやろうと思ってました。山としてはそれほど難易度高くないし、トレイルと観光地めぐり両方楽しめるし。で、今回京都に滞在して、本当のところは伏見稲荷〜比叡山の東山コースをまる1日かけて回ろうと思っていたのです。が、例のごとく雨ってわけで。朝から出発できないのでどうしようかと思っていたのですが、嵐山方面の清滝〜苔寺の西山コースなら半日でも行けるかな?ということでこちらのコースを選択。10.7キロ。距離的にはいけると思いましたが・・・。

ホテルから京都バスで終点まで。こちらの清滝が西山コースの始点です。
散策の人たちもぼちぼち。川は増水してましたが、濡れ落ち葉を踏みしめながら走るのも楽しく、つい飛ばしてしまいましたが・・・その後、落合からのヘアピンカーブが車道で、しかもすごい登り!誰一人としてすれちがいません(笑)きついー。

080226-110823.jpg
ピークまでいくと(といっても100mちょいしかないだけど)ずばーっと下りで観光コースに突入。ここでずいぶん楽になります。お土産やさん多数。

080226-112343.jpg
で、途中で以前からいきたいと思っていた常寂光寺に寄り道。新緑がなんとも美しいです。隠居したいなあ(早いよ)。
30分くらいまったりとして、さらに続きへ!

その後はいわゆる嵐山の定番観光コースに突入します。大河内山荘とか、渡月橋とか。この辺はあまりに修学旅行生でごった返しているため、ゆっくりめ。

080226-122438.jpg
さて、阪急嵐山駅からがえらいことになります。住宅街の一角に、松尾山登山口。こんなところ入っていいのか?状態。ちゃんと詳しい地図持っててよかった。

080226-122956.jpg
ここはもう後半なのですが、後半にきて最高地点に向かうことになります。竹林の中を登る!でも走れてません。普通の登山状態やん〜!

080226-131148.jpg
頂上(といっても200mくらい)についたら晴れていて、いい感じの見晴らしでした。わーい。
しかしここに来るまで誰一人としてすれ違いません。大丈夫か?イノシシと間違われて撃たれないだろうか、とかここで襲われたら白骨化するまで見つからないんじゃないだろうかとか、なーんか心配で、あまりゆっくりもせず先に行ってしまいました。

ここから先の下りが実にきつかった!雨上がりですべることもあって、結構道を選ぶ感じ。しかも今回は普通にロード走ることも考えてオフロード用のシューズじゃなかったんだよねえ。

080226-132508.jpg
苔寺そばの谷に出て、ここで終了!阪急上桂駅に出て帰りました。しかし、世の中はあれだけ修学旅行生でいっぱいだというのに、山に入ったら結局誰にも会わずだったなあ。撃たれなくてよかった(爆)

それにしても登りに弱い、というのを露呈した結果でした。ロードでいくら平坦な道を走っていても、ぜんぜん使わないような筋肉が必要なんだなあ。今の自分に必要なのは平坦な場所で距離になれるより、とにかく起伏!山になれるほうが重要なのかも。
でもね、やっぱり山を走るのは楽しいと思えます。こういう苦しい経験って、何度か繰り返して、好きに変わっていくものなんだよね。よくインドとか行く人が、「2度と行くもんか」と思って帰ってくるのにしばらくするといきたくなる、とかいう心境とにています。前に山に登ったときはあまりのきつさにイヤになったけど、しばらくして、(まあそれなりに体力をつけていたこともあったけど)またやってみたら、きついー!でももう1回!(笑)みたいな。まあ鍛錬が必要なものって、楽しいと思えるまでに時間かかりますよ。ダンスとかもそうだけど。

東山コース、北山コースふくめて制覇したいな。いい目標ができました。

投稿者 yuquilah : 07:03 PM | コメント (316)

さあ、ここから

080529-124020.jpg

今日ははじめますよ@清滝。

投稿者 yuquilah : 12:43 PM | コメント (63)

逆戻り、でがっかり

昨日は名古屋での仕事後京都に移動。今日1日は移動日で休暇にしてしまいました。
が、いろいろやりたいことあったのに・・・
大雨ですがな。 (まあちょっと予想はしてたけどねえ・・・)

今回は移動で結構疲れるので、全部ホテルは「大浴場あり」を条件にしてたのですが、で、最近京都で気に入っている某チェーンホテルにしたのですが・・・
ただいま将来有望な若手ミュージシャンを世界中から集めたコンベンションをやっていて、その会場だそうで(のだめに出てきそうな外国人の若い子がいっぱい)、朝から大浴場で混浴で大騒ぎしてるし(爆)!!
まあ、ヨーロッパとかってスパは水着で混浴が普通なんでしょうが・・・説明が大変です。

ひとつラッキーだったのは、予約のいろいろ手違いがあったおかげでダブルの部屋になったこと。広くてのんびり。2泊するのでよかった〜。

ま、雨なら雨なりに。その合間をぬいつつ楽しみますわ〜。

080529-080721.jpg
てなわけで、進々堂でちょっとゴージャスなモーニング。午前中は計画期間だな。

投稿者 yuquilah : 08:50 AM | コメント (2)

May 28, 2008

モーニング!

080528-070038.jpg
さまざまな方から「走るの?」というコメントを寄せていただきましたが、期待にこたえて(?)朝ランin名古屋!ちょうどホテル(伏見)から名城公園をぐるっとまわって帰ってくると6キロなんでいい感じ。名古屋は歩道が広いし、名城公園は完全にコースが車道と隔離されているので、皇居周辺のようにトラックが来てうわってなることもありません。緑がいっぱいでめっちゃ気持ちいいですよ。名古屋にきたら定番になりそう!

で今回はホテルと仕事場が徒歩3分というロケーションのため朝がゆっくり!今回はホテルも朝食つきプランを避け、「モーニング」に行くことに。
なんですが、名古屋市内ってそんなに豪華じゃないんですねえ。今ホットなのは岐阜なんだとか。

080528-085047.jpg
というわけで定番、コメダ珈琲にてモーニング。
個人的にはこんなもんでたりるのか?という量でした。
小倉トースト食べたかったなあ。

投稿者 yuquilah : 09:12 AM | コメント (5)

May 27, 2008

次なる場所は

名古屋です。
名古屋といえばさまざまなグルメが待っている・・・のですが、日本代表戦を見ていたところすっかり遅くなり、味噌カツ屋などは閉まっている有様。

ということでとりあえず夜に強そうな栄の歓楽街をうろうろしていたところ、サルサが流れる店が!
ラ・ピエドラ栄店だそうです。
スペインバルということで、実はスペインバルはこの後も行く予定があるため避けていたのですが・・・名物はドライカレー!ということでOK。

080527-204735.jpg
しかし、見てのとおり、どうみてもサラダ!たっぷりの野菜の下にキーマカレーがかかったご飯がでてくるのです。これなら健康とゴージャスさの両立を求める名古屋嬢も安心ですね♪

080527-205625.jpg
それから、実は初めて飲んだんだけど、ヒューガルデンホワイト(ベルギービール)のおいしさに感動!かなりフルーティーでライトで、いわゆるラガービールとは違った飲み物なのですが、実においしい!超ヒットでした。今度家にも常備しておこうっと。

投稿者 yuquilah : 11:46 PM | コメント (7)

鴨川ホルモー

080527-160642.jpg
の舞台近辺。(大学らしい)大学っていいやね。うらやましい。

緊張感あふれる仕事も案外手早く片付き、最近行けなかった父のお墓参りをすませてひとやすみ。
次の目的地へ向かいますよ!

投稿者 yuquilah : 05:02 PM | コメント (73)

東京駅にて

080527-113908.jpg

謎の黄色い新幹線。かわいいよ。
いったいなにもの?

投稿者 yuquilah : 11:48 AM | コメント (73)

May 04, 2008

沖縄レポート完成!

今年初めてのゴーヤーチャンプルーを作りました。材料は全部こちらのものですが・・・。実は沖縄に行ってゴーヤ全然食べなかったんですね。すっかりこちらでも食べられる食材ですから。でも食べるとやっぱり沖縄が恋しくなってしまいます。

さて、そんな沖縄のレポートも写真を入れて完成です!mixiの方にはフォトアルバムも載せましたので、見てみてくださいね。今回は最初から最後までいろいろ連れまわしてくれたNさんに超感謝!東京に来てくれたら2倍返しするからね〜!

ふたたびRide on Time!
那覇の夜
やんばる探検隊!
読谷→北谷→那覇
神々の島、久高島そして東京へ

投稿者 yuquilah : 11:02 AM | コメント (2)

May 01, 2008

神々の島、久高島そして東京へ(追記済)

短かった3日の沖縄旅行から帰ってきてしまいました(>_<)
楽しいことだらけで、本当にあっというまだったなー。

今日は朝食バイキングも堪能して、何をしようか考えてたんだけど、晴れてきたので久高島へ行こう!と決めました。那覇バスターミナルより38番で1時間くらい。安座真さんさんビーチというところで船に乗ります。船は約20分ほど。

久高島というのは神々の宿る島として有名で、本当に小さな島なのですが、霊界とのポイントといわれるところがたくさんあり、昨今のスピリチュアルブームでちょっとしたスポットになっているそうです。なので、高速船も結構な混雑。もちろん、人と一緒に島の物資もわたって行くわけですが・・・。

okinawa014.jpg
まずは歩いて回ろうかと考えていたのですが、どうやら短時間で歩いて回るのは難しそう。ということで、港の食事どころ「とくじん」で海ぶどう丼(1200円、高い!と思うけど、さしみにそばにいろいろついてくる)を食べた後、貸自転車で島を回ることにしました。

okinawa013.jpg
島の集落はこんな感じ。今でも土地はみんなの持ち物、という考えで暮らしているのだそうです。もっとも、島のラジオからは「羞恥心」の歌が(笑)テレビもネットもあるから、情報だけはあるんでしょうな。

okinawa015.jpg
とはいっても、集落はほんの一部で、島の北部は何もありません。種田山頭火の句を借りるなら
分け入っても 分け入っても ジャングル
って感じですな。途中で舗装もなくなるし。けもの道みたいなのしかないし。靴はオフロード用なのですが、なんといっても自転車がママチャリなのでオフロードはきついです(笑)

okinawa016.jpg
島の最北端からは美しい海が見えます。ここから神様がやってくるのだとか。ああわかるな。こういう景色の中にいれば、神様とか、自然を畏敬して生きていくのが当たり前になるのかも。

okinawa017.jpg
島の北東部には「ロマンスロード」というのがあるというので回ってみたのですが(爆)舗装されているとはいえ、ジャングルの中だし、細いし、これは暗くなったらこわいわ〜!

okinawa018.jpg
でも、こんな海に出会えます。美しい海を見るとわけもなくじんときますね。

しかし、竹富島でも思ったけど、日本の中にこれほどまでに浮世離れした場所があるんですねえ。にもかかわらず今じゃ立派な市(南城市)なのですからさらにびっくり、です。

霊的かはわからないけど、2時間野性味あふれるサイクリングでパワーをいただき、那覇にカムバック。
既に夕方で、早番の仕事が終わったNさんが再び合流してくれました。なんと、今回は初の国際通りです。人多い!さすがゴールデンウイークです。

国際通りの一本裏あたりに素敵なカフェ(多分移住してきた人がつくった系)がいっぱいあるのですが、その中で中国茶を出すお店流求茶館へ。

okinawa019.jpg
ここはのんびりできるし、本格的な中国茶も楽しめます。私は夜の便にそなえてご飯を食べたかったので、魯肉飯(ルーローファン)セットをオーダー。これもおいしかったですよ!

そんなこんなで別れをおしんで空港にもどり、トラブルもなく東京へカムバック。天気もまあまあだったし、実はこの3日間にかぎっていえば東京より涼しかったと思うのですが、それも過ごしやすくてよかった。そして何といっても、今回行った場所はみんなオススメできます。教えるのがもったいないところもあるけどね(笑)

やっぱり沖縄は最高!心がクリアーになって帰ってきた感じです。
うーん、また次いつ行けるかを考えてしまいます!

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (7)

April 30, 2008

やんばる探検隊!(追記済)

沖縄も何度か行くとふつうのことでは飽き足らなくなってきて、さらに今回はあまりビーチアクティビティって気分でもなかったところに、「そうだ、やんばるに行きたい!」欲がわいてきました。
が、車運転できないしなあ・・・とか思っていたところ、日帰りツアーに参加すればいいじゃん!と思い立って、色々調べてみた結果、名護から送迎してくれて、いろんなアクティビティが選べるライトブレインズさんの「やんばるトレッキングツアー」に参加することに。

okinawa005.jpg
朝9時名護集合、ということで朝のバイキングはあきらめて(泣)那覇バスターミナルから高速バスで一路名護へ。やはり足のない人間にとって、ホテルはバスターミナルの近くが便利です。道もほとんど渋滞なく1時間半で到着!

実は今日はくもりで降水確率40%なんていってて、天気が本当に心配だったのだけど、太陽も見えてきました。

ガイドの方と向かったのは、名護岳のふもと。この辺は名護中央公園になっていて、結構整備されています。また、日本一早い桜が見られることでも有名だそうです。

okinawa006.jpg
まずは下に降りていく沢コース。この辺、やはり亜熱帯だけあって、植物はシダが中心なんです。すごい木!と思ってみても、葉っぱはシダ。なので、切ったら中は空洞なんだとか。やはり植生がまったく内地と違いますよね。メキシコで行ったジャングルっぽい感じをもちつつ、アジアンな感じ。めずらしい虫や植物がいっぱいです。

okinawa007.jpg
さらに、名護岳に登ってきました。標高はそれほど高いわけではないのですが、かなり急なところも多くてなかなかスリリング。さすが高いところに行くと木が増えてシダが減るのですね。背の高いリュウキュウマツとシイの木がいっぱい!そして意外なことにウグイスの鳴き声がめだちます。

okinawa008.jpg
今回は雨がふらなかっただけでもラッキーかなあとか思っていたのですが、なんと、頂上につくと360度晴れて見渡せる!やんばるの森と沖縄の真っ青な海が眼下に広がっていました。晴れ女パワー炸裂です。どんだけ普段の行いがよいんだか(爆)
ただ、結構米軍の演習の音が聞こえるのですね。なんとも、こんな自然の中にも軍という存在があるのだなあと・・・。考えさせられました。

なんか、とっても自然の力をいただいてきた感じです。自然に触れると癒される理由は、「連続的に、同じものが全くない」波動がえんえんと続いているからなんだそうです。沖縄の北部には滝とかもあるし、もっといろいろ行ってみたいなあ。こちらに1泊くらいしつつ。
また今回は、先日散財したオフロード徘徊用シューズのおかげで、本当に楽なこと!全然疲れずに楽しく歩くことができました。

okinawa009.jpg
お昼過ぎに終了したので、スタッフの方が「早い、安い、うまい」とおすすめしてくれた「ゆきの」でお昼ご飯。北海道日本ハムファイターズの方々もキャンプで訪れる店だそうですが、大人気。「とんかつ」と「寿司」が同居している店って、たとえば東京ではちょっとひいてしまうんですけど、沖縄ではこういう雑多な感じの店がうまいんです!

okinawa010.jpg
ちょっとひねりをきかせて「中身汁定食」650円。いわゆるモツのお汁です。結構好き嫌いは分かれるのだけど、ていねいにアクをとって、煮込んだものはほっとする味なんです。ここに小皿が8品くらいつくし、中身汁は絶品だし、ありえないお得感です!!
(実は麦茶、アイスコーヒー、アイスティーも飲み放題。これもすごい!)

帰りの高速バスはまた爆睡して、お風呂はいってゆっくり。
さて、今夜は読谷村のお店に連れて行ってもらう予定。楽しみだ〜!

投稿者 yuquilah : 04:42 PM | コメント (258)

April 29, 2008

ふたたびRide on Time!(追記済)

みなさまハイサイ!ということで沖縄に来ています。
実は沖縄よく行っているようで、本島に来たのはちょうど3年ぶり!石垣も一昨年の11月だったので、かなりブランクがあいて、禁断症状がでていました。

おやつ時間にはつくはずが、羽田空港の滑走路にトラブルがあり、ついたのは夕方。沖縄そば食べようと思ってお腹をすかせてきたのに・・・。しかもこちらは快晴の内地に反してあまりお天気よくありません(苦笑)小雨がぱらついています。そんなに暑くもありません。まあ、それでも沖縄にきたなあって感じです。

okinawa001.jpg
とりあえず、空腹度Max!ということで、早速ホテルの近くの「ジュネ」というどう見てもスナックっぽい店で八重山そばを食べました。本島なのになぜに八重山!ってのはおいといて。

どの情報見てもおいしいって書いてあったけど、確かにおいしかったです。八重山そばはそばが太くて丸い麺なんですね。ちゃんぽんみたいな感じです。あと肉が細切りなのです。沖縄そばは平打ちで、三枚肉がかたまりでのっているので、そこが大きな違いかな。並で450円。それでこのボリューム。安すぎです。
それにしても沖縄そばのスープの味ってほっとします。これこそ飲んだ後食べたい味。

okinawa002.jpg
その後ふらふらと歩いていると、「カフェ沖縄式」という店を発見。ここはカレーが有名らしいのですが、同じくらい有名なのがぶくぶくコーヒーというもの。コーヒーのほかに、うこんとか、いろんな薬草を混ぜてあるだけあって、コーヒーというよりお茶っぽい味です。

靴を脱いで上るというほっとするスポットですが、そばよりここのコーヒーは高かった(笑)500円もします。ちょっと観光価格かしら。

さて、夜はこちらの友達と1年ぶりの再会の約束。どうなるかなー??

投稿者 yuquilah : 06:53 PM | コメント (7)

April 16, 2008

岡山に行ったのに・・・

大雨です(>_<)まあ、出張なんですけどね、岡山って「温暖で雨が少ない瀬戸内海型気候」だったはずなんですが・・・。しかも岡山って乗継ではよく行くけど降り立ったのは初。

okayama2.jpg
駅を出たところ、なぜか「徳島フェア」をやっていて、「すだち君」が迎えてくれました。なんだそりゃ・・・。でもすだちっておいしいですよね。「すだちカイピリーニャ」とかいけますぜ。

okayama1.jpg
で、なぜかランチは讃岐うどん。野菜ぶっかけです。味はまあ、無難かな。おいしいけど、これくらいなら東京でも食べられるかなあ、って感じの。辛口ですいませんねえ。うどんだけは厳しいんですよ。これも愛ゆえ。

okayama3.jpg
さすがに岡山らしいものが何もないのもどうかと、思い、帰りは岡山名物「ままかり寿司」です。これも「すっごいおいしい」とかいうものでもないんですが、なかなか東京では食べられないので、ついつい食べてしまいます。米沢の「牛肉どまんなか弁当」、横川(今はないけど長野新幹線では食べられる)「峠の釜めし」、京都の「鯖寿司」みたいなものですね。もうその土地と駅弁が切り離せないのですね。

実は、青魚のお寿司、大好きなんですよ。安上がりな人間です(笑)。昔は、食べるとじんましん出ることもあったんですが、最近はそんなこともなくなりました。

そういえば、一緒に行った営業さんは飛行機で行ってましたが、新幹線でも東京から岡山までは3時間15分。速くなったものですね。ひと昔前なら大阪までしか行けない時間です。これはますます飛行機と新幹線、競争激しくなるんでしょうねえ。

投稿者 yuquilah : 11:12 PM | コメント (9)

February 28, 2008

そうだ、京都

行こう。みたいな自主的な感じではなく、「そうだ、京都、行ってくれない?」みたいなノリで突然の出張。いやまあ、行きますけど。明日の夜、インコグニート行くんだよなー、みたいな。(それさえなければ京都で週末すごしちゃうんだけど)

ま、明日は早いってことで夕方のうちに乗り込み、飲み歩き計画。ふだんは京都駅の近くの常宿に泊まるんだけど、今回は満室。プラス仕事場が烏丸四条のため、徒歩5分の場所にしました。とにかくこのシーズンで、平日なのにお客さん多すぎ!外国からのツアー客と、大学生っぽい人ね。これがほかのところに出張に来るときとの圧倒的な差。スーツで歩いてても観光客扱いなんだから(笑)

さて、まずは何か食べようと、一人でも入れる店をさがしてたら、ホテルの近所にありましたよ。しゃれたHamburg Laboというお店。その名のとおりハンバーグが基本のお店だけど、いろんなメニューがあります。そしてかっこいいお兄さんが目の前でハンバーグを焼いてくれるわけです(笑)
hamlabo.jpg
黒毛和牛ハンバーグ。あっさりだけど、しっかり味がついていて最高!一人でも入りやすいカウンター中心のお店です。赤だしもおいしかった!

さて、本格的に飲みに行きましょう。ってことで、すごいスペインバル行きたいワイン飲みたいモードだったため、てくてく歩いてエル・フォゴンというお店へ。え、こんなところに?というほど暗い路地にありました。
elfogon.jpg
1Fがバルで2Fがレストラン。1Fはいたってリーズナブル。ほとんどのドリンクは525円です。ハモンセラーノとかいろいろ食べたいものはあったのだけど、ピンチートス(串刺しのちょっとしたおつまみ)が2本で315円と1人客にはうれしい設定だったので、これを4本でいろいろ楽しみました。魚の酢漬けとか、レバーのシェリー煮込み(これが赤ワインにあうんだわ!)とか。

京都は一人旅の人が多いせいか、一人でごはんを食べるところに困らないよね。東京は場所によりけりだけど。。。やっぱり夜の浅草は選択肢が少ないかなあ。

投稿者 yuquilah : 11:16 PM | コメント (5)

February 14, 2008

東北新幹線じゃないんだから

gifu2008.jpg
東海道新幹線です。米原〜岐阜羽島はえらい大雪でした。
東海道新幹線は雪に弱いからねえ。ま、でも2,3分の遅れで済みましたが。
なんか去年暖冬だったときの山形よりすごい勢いでしたよ。

nontei.jpg
そうそう、昨日の夜はおすすめしていただいた先斗町の「のん亭」にて。よせ鍋がおいしかった!ちなみにこちらは名前忘れたけど、がんもどきのなかにきくらげが入っているようなやつ。いかにも京料理って感じの味です。鴨川に面していて、お値段も手ごろで、京都らしさを楽しめました。

投稿者 yuquilah : 02:10 PM | コメント (3)

January 06, 2008

おけいはん、京都歩きまくりの旅

kurama1.jpg
↑鞍馬寺
manzarahonten.jpg
↑まんざら亭のおばんさい盛り合わせ

京都の旅のしめくくりは、今年は2日間かけてとことん京都を回りつくしました。
正月でバスが三条、四条あたりを抜けるのが大変というのもあって、めずらしく電車中心の移動をしたので、ものすごく歩く旅に。おかげで正月太りが少しは解消できたかなあ?

まわったところメモ。
・京都駅から七条まで歩いて養源院、・知積院。
養源院の血天井はなかなか生々しかったですねえ。淡々とした説明との対比がちょっと笑えた。
・一乗寺から歩いて詩仙堂、曼殊院
市街地から近いのにこれだけのどかなんですねえ。結構な山で、そこから京都を一望できるのがナイスです。
・鞍馬寺と鞍馬温泉
鞍馬寺は去年のこんぴら並に階段をあがりました。夏になったら貴船まで抜けるハイキングを試してみたいですね。その後の温泉もよかったです。が、パワーが得られるという話でしたが今のところ特に霊界とつながった感覚はありません(笑)
・まんざら亭本店
先斗町店はどこの本にも載っているのですごい混雑でしたが、本店はゆったりしていました。でもしばらく改装なんですって。
・上賀茂神社〜正伝寺
上賀茂神社は広いですな(笑)お正月気分も少し抜けた感じですが、案外本殿以外は簡素。そこからバスで正伝寺ですが、すごいはずれにあって、行くのがたいへんですが、庭園でまったりするのがなんとも気持ちいい。
・大徳寺
特別拝観でいろいろ説明していただいて勉強になりました。庭園の造り方とかね。
・銀閣から歩いて南禅寺、金地院
南禅寺の山門はさすがにダイナミック。金地院の庭園もいいですね。歩いて楽しめる地形の変化も楽しいです。

そんなわけで今回は結構寺と庭園をきっちり見た感じですが、主に桃山〜江戸時代の作ということもあって、東京の江戸の代表的庭園と見比べたくなりました。しかしあんなに優雅に隠居できたらいいよねえ。町人は隠居してもなかなか俗世や煩悩から抜け出せずに困る、というのは落語とかでよくある話ですが。


投稿者 yuquilah : 11:14 PM | コメント (6)

January 04, 2008

空中庭園とミナミの夜

SANY0013.JPG
今日は大阪散策。新梅田シティの空中庭園にいってきました。
40Fの屋上にそのまま上れる、というやつですね。シースルーエスカレーターがこわい〜(>_<)
ですが、眺めはよいし、気持ちよかったですよ。
夏の夜とかいったらまた夜景がきれいそうです。昔は六ヒルも屋上に上れたんだけどなあ。

夜は南堀江のCell Block Cafeのサルサイベントで、ラテンライブがあるのでいってきました。
5人のソンバンドと聞いていたのだけど、内容はかなりサルサより。しかも3人登場したヴォーカリスト、全員のうまさがハンパじゃない!!!うまいしステージングは華やかだし、ニューヨークのヴォーカリストみたい。こういういい意味での自分中心感覚、見習わなくては。そう。今年の密かな目標は「オレ様倍増エリカ様化計画」なのです。やりたい放題やって、それでも支持されるっていう感じね(笑)よっぽど芯が通ってないとダメそうだけど、たまに「別にー」とかいっても許してください(笑)

私のルーツの半分は、ここ大阪にあります。ソウルでラテンな魂はたぶんここからいただいているのでしょう。

投稿者 yuquilah : 11:25 PM | コメント (3)

January 03, 2008

おけいはん、叡電初挑戦

新年恒例京都にきております。
いやーしかし今年の箱根はもうハラハラして目が離せなくて、結局着いたのが夕方になっちゃったよ。
棄権3校かー。しかしそれって指導法や選手の問題なのか?
特に全員がドミノ倒しのように悪かった順天堂。食中毒とか伝染病の可能性はないのかなあ?結構風邪の選手とかいたよ。ちょっとどこかに陰謀がうずまいているような気がしてならないのだけど・・・

さて、着いて早々叡山電鉄の一乗寺というところまでいきました。
ワンマン一両編成。かわいー♪しかしそんな観光電車の割には10分に1本走っているし、終電も遅い。意外に生活路線のようです。しかも横向き(窓に面してる)パノラマカーみたいなのもあるんだよー。
おせちにあきたのでラーメン横綱で濃厚ながらあきのこないとんこつしょうゆラーメン(ねぎ盛り放題がうれしい!)を食べた後、近所のGORDYという喫茶店(!)にてサルサ!京都のサルサ好きが集まるお店は火、金、土のみサルサデー。なぜか今日は特別踊り初めでサルサデーだったのでした。
たっぷり踊っていただいて、少しは年末年始の脂肪を消費できたかしら?でも日に日に腹がでてきているような気がするのは・・・(以下省略)

投稿者 yuquilah : 11:43 PM | コメント (10)

November 27, 2007

N700

n700.jpg

明石に出張ということで初のN700系に乗りました。
美しいのは顔の部分だけ・・・ってわけでもないけど、横の外見は余り変わらず。
いいのは、窓側の席には全部コンセントがついていること。おかげで仕事しちまったよ・・・(ちょいとくらくらする)

今回はおいしいものを食べるヒマもないので、せめてもの楽しみってやつですかねー。

投稿者 yuquilah : 07:22 AM | コメント (1901)

November 03, 2007

Soltera y libre

071103_0959.jpg
わーい♪これから宇都宮ですよ。
浅草は時代祭りで大混雑。スペーシアはかっこいいですが…

私は珍しく鈍行でいきますよ!乗換え3回もあるの。めんどいー!

投稿者 yuquilah : 10:09 AM | コメント (764)

September 14, 2007

時差ぼけ

帰ってきました。
とりあえず無事に、楽しい思い出を持って帰れましたが、いかんせん時差ぼけがひどい・・・。
まあ、向こうにいる間も至って時差ぼけはひどくて、1日2回寝ないと夜のライブがきつい状態だったのですが、帰ってきてもやっぱり時差ぼけで、夜8時くらいがねむさのピーク。しかも夜中に目がさえる状態。
向こうにいる間は好きな時間に好きなだけ寝られたのでよいのだけど、これで社会復帰できるのだろうか・・・心配。
写真や詳しい滞在記はのちほど書くとして。
コメントいただいた皆さん、ありがとう。徐々にお返事書きます。

さて、滞在中に見て素晴らしかったミュージカル「カラーパープル」の原作でも読みながら出勤しますか。もちろん日本語版も出てますが、原書で読むとさらにニュアンスがわかるかも。というかこの本、本当に翻訳するの難しいだろうなーって思います。

カラーパープル (集英社文庫)
アリス ウォーカー 柳沢 由実子
集英社 (1986/04)
売り上げランキング: 174395

投稿者 yuquilah : 07:26 AM | コメント (10)

September 11, 2007

6years and then

ボストンは実に街歩きに向いている場所ですね。
バークリー音楽院を案内していただいたり,なかなか刺激的な1日でした。同時にいろいろなことも考えさせられました。
どうやらレッドソックスは1-0で負けてしまったようでFenwayは盛り下がっております。つうかシリングで負けるか。。。?

ところでこちらは9.11になりました。もうすぐ6年目の日です.。いろんなことはあったけど、NYは概してイラク戦争はもういい加減にしろ、というムード。でも、NYの常識はアメリカ全土では通じないんですよね。今日NYに戻ります。

投稿者 yuquilah : 08:02 PM | コメント (73)

September 10, 2007

From Boston

というわけでやって来ました、7年ぶりのボストン!
なんと初の特急Acela Expressですよ!
過去に乗った特急のうちで一番快適でした。それにしてもボストンは寒い!.

投稿者 yuquilah : 07:42 PM | コメント (1)

God is inside of me

今回は見るものすべてが当たっている気がする。
1年越しの夢がかなって見たミュージカルColor Purpleは本当に素晴らしかった。歌の力を本当に感じたし、メロディーがよいなーと思ったら、大好きなBrenda Russellが作曲手がけてるのだそうで。
帰ったらもう1度原作の本を読み直さなくては。

今日は朝からゴスペル@Times Square Church。今までハーレムで見たものより数倍レベルが高かったです。2時間の礼拝は疲れるけどね(笑)
変に観光客あつかいもされなかったし、バンドも10人編成くらいで豪華。
また明後日にはNYに戻りますが、ひとまず今日からボストンにいってきます。

投稿者 yuquilah : 01:12 AM | コメント (3)

September 09, 2007

ジミーボッシュ様など

とりあえずメモ書き。
昨日はジミーボッシュのライブ@SOB's。
これがぶっとびそうによかった。もうね、ジミー様やることなすことかっこよすぎです。トロンボーンを持つ時のしぐさからバンドリーダーとしての仕切りからなにから。
そしてボーカルはアルバムでも歌っているRay Bayonaがやってました。この人もすてき過ぎ!

今日は昼からメッツ対アストロズ。いつ見てもMLBは楽しいですね。
しかも今日はメッツ勝ったし!

これからミュージカル見てきます。
あすはいよいよボストンに移動!

投稿者 yuquilah : 08:25 AM | コメント (3)

September 07, 2007

Good Morning in NY

55barのライブも無事に見られました。
ライブはとってもかっこよかったんだけど、それにしても並ぶのが大変すぎるよー。その前のライブから含めると3時間くらい立っていたかも。チャージが安いので文句いえないんだけどね(笑)
結局妙に目がさえて寝たおせず(昨日あんなに眠かったのに!)今日も朝から行動中。ウワサのブルックリンでも行こうと思います。

そして夜はジミーボッシュだ!

P.S.コメントくれたみなさん、ありがとう。後でゆっくり書きますね。

投稿者 yuquilah : 11:10 PM | コメント (1357)

ついたのだ

なんと台風のため定刻より早く飛行機が出てしまい、30分も早くニューヨークにつきました。
とりあえず今回泊まっているところも便利なミッドタウンですが、オートロックをいちいち開けてもらわなくちゃいけなかったり、シャワーが1つしかなかったりで少し不便。ほんとNYの宿泊は高いなあ。
早速Frankie Moralesのライブとか見てきました。
これから55barで深夜のライブ鑑賞予定。まあ、明日はねたおすのだ。

投稿者 yuquilah : 12:15 PM | コメント (3)

September 06, 2007

さて、今日から

NY&ボストン旅行に行ってまいります。
結局いつものごとく間際になっての準備、という感じなんですが・・・
今回も見たいライブがいっぱいあるので、ケープコッドはあきらめるかーって感じ。
でもなつかしのニューイングランドはめぐってきます。わーい!
問題は台風で飛行機飛ぶかしら・・・

投稿者 yuquilah : 12:17 PM | コメント (5)

August 23, 2007

長崎ぶらぶら節

結構長い長崎3泊4日の旅から戻ってまいりました。仕事自体は結構重いミッションを背負っていたのですが、いろんな意味で楽しく過ごせました。

さて、最終日はいろいろあったので改めて写真など載せていきます。(長いよー)
お昼過ぎに仕事が終わって、ランチは未制覇だった長崎ちゃんぽん。
ちゃんぽんって某○ンガー○ットでしか食べたことなかったから、野菜一杯で栄養はよさげなんだけど、太い麺もスープの濃さもあきるっていう印象があったんですが。

タクシーの運転手さんに諫早駅付近でオススメは?ときいて入ったのが「なるほど」という、いかにも街の中華屋さん。知らなかったら入りづらいだろうなあ〜。ここで特製ちゃんぽん730円を。

naruhodo.jpg

いや、びっくりしました。麺もスープも具もおいしい!スープが最後まであきない。
ちゃんぽんのイメージをひっくり返されました。

そして上司と同僚は早い飛行機で帰るためお見送りして、諫早駅で。私は夜の飛行機しか取れなかったため、4時間くらい空いてしまったのです。ということで長崎市内に出ることにしました。

前のブログにも書いたとおり、私が乗ったのは「ハイパーかもめ」。ちと車体は古いですが、ヨーロピアン調でゴージャスです。「白いかもめ」乗りたかったよー。

hyperkamome.jpg

でもね、横に来ていた普通列車がとてもかわいかったの!オフホワイトと黒の組み合わせ。ワンマン2両のローカル列車とは思えないキュートで近未来的な車両でした。

nagasakihonsen.jpg

長崎では路面電車に乗りつつ、散策・・・と思ったのですが、さすがに真昼は暑すぎる(-_-;
しかも仕事モードの格好なので、ヒールのあるサンダルでオランダ坂を散策などできない・・・。
大浦天主堂のほうまで行った後は、浜町のアーケード街で涼んでました。

まあでもせっかくこんなに暑いからには、長崎名物、「ミルクセーキ」がおいしいはず!
このミルクセーキってやつ、飲み物だといわゆる私の苦手系、甘くてまったり牛乳ベースなんですが、長崎は違うと知ったのはデイリーポータルZのこちらの記事
こりゃ涼しくなれるはず!ということでアーケード街からも近い「ツル茶ん」に行き、ミルクセーキを注文!

milkshake.jpg

もっと練乳アイスのようなものを想像してたのですが、レモンとか入っているようで、意外にさっぱり、口の中に残る変な甘さもなく、最後までさくさくいただきました。

これが制覇できれば満足満足。出る頃には少し涼しくなり、空港バスで一気に空港に向かったのでした。
いやはや長崎、なかなか素敵です。また行きたいって言わなくてもまた近々行かされそうですけどね(笑)

投稿者 yuquilah : 11:55 PM | コメント (89)

やっぱJR九州だよ!

(写真は後で)
夜の飛行機をとってしまったので、あいた時間で長崎観光をしようと「かもめ」中です!座席が黒くてゴージャス!
しかし普通列車でもファッショナブルなくらいJR九州の車両は最高ですね(^^)

投稿者 yuquilah : 02:26 PM | コメント (74)

August 21, 2007

なんだか涼しい

昨日は暑いと書きましたが、こちらは朝夕すずしいです。しかもスコール降るし、プエルトリコ状態です。
今日は長崎日大戦でやたら盛り上がっていましたが残念でしたねー。なんだか私、最近行く先々で地元校の試合の日に当たるのですよ。確か去年もウワサの駒大苫小牧戦のときに北海道いたし、その前は青森山田戦のときに青森とか。

さて、名物のうなぎやが閉まっていたためあきらめて近所の居酒屋へ。

kuruma.jpg
馬刺しです。うーん、まあまあかな。
全体的に悪くはないけど、昨日のほうが焼酎の種類も多かったし、なんとなくコストパフォーマンス高い。それでもさんざん食べて飲んで一人4000円以内。ま、いいか。明日こそうなぎを制覇するぞ!てのとデイリーポータルZに載っていた「ミルクセーキ」を食べに行くのだ。

ぜんぜん関係ないですが、長崎って「平山」って苗字の人多いですよね?私の知っている平山さんって3人とも長崎出身。そしてまた1人出会ってしまいました。

投稿者 yuquilah : 11:58 PM | コメント (1089)

August 20, 2007

長崎は今日も暑かった

さてさて、長崎は諫早にきましたよ!
5時過ぎまで仕事して、そのまま羽田行きのバスに乗って、6時半の飛行機で長崎へ。気流は悪かったけど、スムーズに到着しました。それにしても8時過ぎても31度って何!!

今回一緒に仕事をする方とおちあって、諫早のホテルの近くで夕飯でも、ということになりました。正直観光地でもないのであまり期待もしていなかったのですが、なかなか夜のお店は充実しているもよう。その中で、やたら焼酎のメニューがいっぱい書いてある居酒屋 一気に行ってきました。これがやすいしうまい!お座敷もなんとなく落ち着けます。

izakayaikki.jpg

あまり良い写真は取れなかったのだけど、刺身盛り1人前、とかいっても山ほど出てきます。白身の魚が中心なのはこの辺の特徴?九州ってたまり醤油で食べるんだよね。甘くてとろみのあるお醤油です。これにもつ鍋やらなんやら食べまくっても1人3000円下回りました(^^)

後は店のおすすめで飲んでみた「一葉の恋日記」おいしかったですね。めっちゃ芋焼酎!って感じなんだけど。しかもロックで頼んだら、氷ほとんどなくてなみなみと注がれてきたんだけど(笑)

相方の彼女とサシで飲んだのは今日が初めて。なかなか楽しいです。
にんにく醤油の作り方を教えてもらったので、早速家で実践しよう!(にんにく買ってもいつも使い切れないので!)

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (8)

June 16, 2007

おけいはん、京都の自然を満喫

京阪のる人、おけいはん。京都に行くなら京阪電車。
いうわけでこんにちは、半年ぶりの森小路けい子どす。鴨リバー音楽学院もすっかり夏で梅雨はどこへいう感じやなあ。ちなみに「モーツアルト北浜」先生の本名は「キダ・タロー」先生やということが判明した今日この頃。なかなか関東の人にはわかれへんようで困りますなあ。(この辺の事情がわからない人、詳しくはおけいファンを参照)

ということで1回1名所を目標に回っている今回の京都ショートトリップは、鴨リバー、もとい鴨川の上のほうにある下鴨神社でした。

shimogamo.jpg
ここの魅力は建物うんぬんよりも神社をかこむ森、糺の森でしょうねえ。とにかく緑がいっぱいでまさに都会のオアシス。うちの親戚もここで結婚式してましたが、今日も結婚式の方々がいました。(だんな様が外国の方でした!寺島しのぶもそうだったけど、外国の方にとってはこういう荘厳さが感慨深いのでしょうかね)

その後龍安寺などもまわって、ここでも自然を満喫。しかし気温は高くなかったものの、異様に日差しがきつくて日焼け気味!

投稿者 yuquilah : 11:38 PM | コメント (6)

April 30, 2007

デラカンダ仙台ツアー2日目

2日目の朝。半分くらいのメンバーは朝でお別れだったのですが、もう半分は仙台観光とあいなりました。

しかし仙台駅、ものすごい混雑!青葉城に行こうとするも、観光用ミニバス「るーぷる」はものすごい行列。うーん、こんなの京都駅の清水寺にいくバスでしか見たことないよ!
ということで普通の市営バスで青葉城方面にいったのですが、遠回りの上かなり遠い場所で下ろされてしまいました。まあ、ハイキングということで。

仙台の歌といえばなんといってもさとう宗幸の「青葉城恋唄」ですが、イマイチこの曲、よく知らないのです。しかしこの曲は結構サルサにはまるらしい!ということで盛り上がるメンバー。ボレロで始まってサビでサルサになってレゲトンに展開、とか・・・えー?それはやりすぎでは(笑)

ところで仙台ではさとう宗幸といえばお茶の間の顔らしく、どこへ行っても「宗さん」なのです。
sendai8.jpg
大阪のやしきたかじんみたいなもんですかね。しかし地域に密着したローカルタレントとして人気を維持しているというのもすごいものです。

実は青葉城って跡だけで存在しないのですね。それで資料館ではCGで再現しているらしい(笑)
sendai7.jpg

駅にも政宗像があるけど、ここが本家本元。やっぱり伊達政宗のおひざもとです。
そういえば「独眼竜政宗」って数少ない毎週見た大河ドラマだなあ。これと中井貴一の「武田信玄」くらいしか毎週見てたのはないよなあ。渡辺謙かっこよかったよね!
sendai9.jpg

再び市街地にもどってお昼。こちらでよくあるお寿司のチェーン「うまい鮨勘」というのが本当にうまいというので行ってきました。
sendai10.jpg

ここは回るタイプではないのですが、明朗会計、しかも2カンセットではなく、1カンから頼めるというシステムなので、いろんな種類が食べられます。
なぜかたこの吸盤(キューバン)にマンボ(すじこときゅうりの巻物)などラテンな名前のお鮨が続出。おいしゅうございました!
sendai11.jpg

この時点で3時前。実は6時過ぎのMaxやまびこを予約していたのですが、変更しようと思っても指定席はなし。しかし払い戻しをするとかなりの手数料を取られるため、自由席に挑戦したら、なんとあっさり空きがあるではありませんか!(そのかわり3-3シートだけど・・・)ということであまり工夫もなく新幹線で帰ってきちゃいました。

仙台、とっても緑が多くて天気もよくて、人もあたたかい場所でしたよ!せっかく仙台のバンドのみなさんともご縁ができたことですし、また一緒にやりたいですね!ありがとうございました!

投稿者 yuquilah : 05:35 PM | コメント (2719)

March 26, 2007

旅の写真公開!

ちょっとばかし風邪気味。というのも疲れもあるけど、先週香港、マカオのホテルがどこも寒かったんだよねえ〜。外は結構暑いのに中は寒い。エアコンが冷房しかきかないのですよ!

今回失敗したなーと思ったのは広東語ノーチェックで行ったこと。シンガポールくらいには英語通じると思ったんだよね。とんでもない!せっかく彼らと同じような顔してるんだから、現地の言葉しゃべれれば本当になじめるもんね。思わず「旅の指さし広東語」買っちゃいましたよ。私結構影響されやすいというか、「住めば都」じゃないけど(住むにはやっぱ東京しかないと思ってるんだけど)、「行けば都」って感じ。1,2週間行く分にはどこにいってもその土地大好きになって、ごはんおいしいといって帰ってくる。今回はマカオメインのつもりだったんだけど、何となく香港の方が都会っ子気質にはあってるかもね。

そんなわけで気になる写真をいくつか。

hongkong1.jpg
ダンス教室が多いのは世界中どこでもなんでしょうか。「標準舞」って書いてあって、標準ってなんだ?と真剣に考えてしまいましたが、社交ダンスのことのようで。じゃあ「社交舞」は何なの??
「拉丁舞」はラテンダンス、「爵士舞」はジャズダンスだそうで。

hongkong2.jpg
マカオで唯一西洋チックだったセナド広場。まあ確かに南欧風ではありますが。看板が漢字なのでやっぱり中国なんだよねー。まあ、それはそれで面白かったけど。

hongkong3.jpg
マカオで買ったヒット食品!「焼肉乾」です。ビーフジャーキーというか、サラミの分厚いやつというか。燻製にして味付けをしてあるんですね。いろんな肉のいろんな味があって、これは牛肉の辛味。ポンド売りしているので、仕方なく大量に買ってきてしまいましたが、これがビールに合うこと合うこと!
まだ大量にあるので、刻んでチンゲンサイと一緒に炒めてみましたが、味付けなくてもしっかり味が出てくれていい感じ。

hongkong4.jpg
香港もマカオもやたら日本語ブーム。何でも「の」をつければすむと思っていて、「青の家」とか「技の王」とかわかるような、わからないような店の名前がいっぱい。なんと向こうのKFCにはチキンカツカレーがあって、それがびみょーな日本語で解説してある。これって、日本でも売ってるメニュー??

投稿者 yuquilah : 10:43 PM | コメント (10)

March 24, 2007

食べて飲んでライブ見て

とりあえずメモ。
グランドハイアットでアフタヌーンティーのビュッフェ。アフタヌーンティなのにコーヒーを頼んだのは間違いだった(笑)初めて日本人をたくさん見ましたよ。今までの食事10回分くらいの値段は場所を考えたら仕方ないけど、日本人の口に合うものが多いって意味では日本のデザートビュッフェの方がいいかもな。

そして旅にきて初めて買い物。銅鑼湾のin fashonというチープだけど超かわいいデザインの服がいっぱいあるところで少し買いましたが、ここは荷物とお金の心配がなければもっと買いたくなってしまうほど!

今回買い物もそうだけど全く夜遊びしてませんでした。ライブみたいよーってことでSOHOのBohemian Loungeってところへ。基本的にはバーでライブはおまけって感じだときいていたんだけど、いやいやこれがいいバンドだこと!スタンダード中心の演奏なんだけど、なんともハートのある熱い演奏でした。でも香港ってあまりジャズとか盛んじゃないみたいね。いい都市なだけに残念。

飲んだらしめにラーメン、てな具合にワンタンメンを食べて〆たかったのだけど、ホテル近くで最初に入った店が高い割りにスープがカルキ臭い(あまり味の違いはわからない私だけど、たまに湯沸かし器のお湯でスープとか味噌汁入れているのだけはNGなのだ)し、麺が出前一丁(これは他でもメニューで見たことあるので一般的なようだけど)でまずい!というので早々に残して退散。これで終わるわけには行かないと別の店へ。ここがワンタンメン10ドルという今までに無い安さの割りに、劇的にうまかった!ワンタンは餃子かと思うような中身の充実振り。エビまるごと1個はいってるし。スープはパクチーが効いている塩味で、フォーのスープをパンチ効かせたようなかんじ。今までにないおいしさ。これなら香港の食事をしめるにふさわしい。よかったよかった。
しかし今日だけで何食食べてるんだ?1日で何キロ太ったかが怖いところ。明日からセーブ・・・できるんだろうか。

さて、早朝の便で帰るのですが、雨らしいね。ちゃんと飛ぶのかなあ。というか飛ばないと困るよ・・・。

投稿者 yuquilah : 03:51 AM | コメント (2)

March 23, 2007

今度は香港島

マカオでの最後の朝食は、何かマカオらしいもの?ということで「葡式」(ポルトガルふう)と書いてある食堂を選んでみたんですが、中身は普通の中華食堂。うーむ。牛肉麺、というのを食べました。まあ、ふつうにうまいんですが、パンと麺が両方出てくるというのが(笑)

お昼前にはホテルを出てフェリーまで。マカオは楽しいけどサウダージではなかったな(笑)。時間をもてあますとまたカジノにいってしまいそうなので、早めに香港に行くことにしました。香港の方がいろいろやれることが多そうだし。
九龍へのフェリーは30分に1本だけど、香港島へのフェリーはなんと15分に1本!どこぞの鉄道よりひんぱんに出てるよ!そして15分前に切符をかって、パスポートコントロール通って、はい出国!って具合です。楽すぎ〜。

フェリー港からホテルまでは5分って書いてあったのですが、いつまでたってもつかない・・・しかもアップダウンが激しい・・・もしや車で5分ってこと?と思いましたがストリート的にはあっていたので歩くこと15分ほど、ようやく到着。しかし、部屋はなんと23階。しかもベッドがない?と思ったらスイートルーム!!おいおい。一瞬値段まちがってないよね?と思ったのだけど、だまされていないようです。とりあえず1泊1万円くらい。こりゃ香港に友達がいたら招待しちゃうんだけどな(笑)残念ながら1人です。

実はこのあたり、ケネディタウンは古い建物にまじってなにげにおしゃれな店とか多くて、でも割となんでも庶民的な価格です。近くのカフェで海南鶏飯をたべてきたところだけど、さて、ハイティーでもしようかしら。

投稿者 yuquilah : 04:39 PM | コメント (0)

March 22, 2007

マカオ2日目

朝ごはん食べがてらタイパの官也街というところまで歩いていきました。
地図では遠そうに見えたけど徒歩10分。初夏の陽気だし、ちょうどお散歩にはいい感じ。確かにこのあたりはのどかで、ポルトガルっぽいのかはよくわからないけど、漢字の多いプエルトリコって感じかも(笑)
なんとなく無難にワンタンメンを食べました。

そのままマカオ半島に出ようとバスに乗ったら結構遠回りして、タイパをぐるっと一周。競馬場のあたりが新都心ぽくて、高級マンションばかりたっている。「花園」というのがいわゆる高級マンションなのかしら?ポルトガル語にすると"Edificio"なのが笑えた。
Barraに行くつもりがまたもやすごい遠回りでマカオの北端に回っていったので、ちょっと出来心で中国本土の国境にいってみようかな?とばかりに降り立ちました。本土からの人、人、人のすごいこと!そしてみんなものすごい荷物をもって中国に帰って行きます。たしかここは陸路で行けるんだよね。陸続きで国境越えに魅力を感じつつ、珠海市というところに何があるのかもわからないし、入国審査に並ぶのもなーと思って、入国管理局の建物だけ行って戻りました。それにしても、この国境の一角は本当に中国です。
それからバスでBarraまでいくも観光客の多さにえきへき・・・。しかし中国本土からの観光客が多いこと!

再びセナド広場まで歩いて、スタバで休み(ブラックコーヒーにようやくありつける!こっちのコーヒーはデフォルトでミルクたっぷりなのです)
担担麺がおいしいという詠黎園というところでランチ。ランチセットはお茶、点心、デザートつきで45ドル。観光地のわりにはリーズナブル!担担麺は本当にピーナツ!って感じのスープなんだけど、辛くなくて、辛いのがいいというとラー油を持ってこられました(笑)麺はインスタントみたいな麺でしたが、でもこんなピーナツが濃い担担麺は初めてかも!

それから天主堂→松山(緑が多くて気持ちいいので山の上でまったりしてました)→官庁街の観音像と歩いてほとんど徒歩でマカオの南半分回った感じ。

バスでタイパに戻って、会長氏おすすめのピノッキオというポルトガルレストランへ。サングリアがうまいー。
ポルトガル風チキン(サフランで煮込んでオーブンで焼いてある?)を食べました。ちょっとカレー風味?でもボリュームあっておいしかったよ。願わくば白米がほしかったなあ。ソースかけて食べたら最高かも!
さすがにねえ、カレー蟹は「時価」って書いてあるのでこわくて食べられませんでしたよ。弱いなー。

そういえばうちのホテルにはカジノはないんだけど、スロットとか、自動でできるサイコロ(コンピューターでサイコロ君をふってくれる)がありました。しかもミニマムが20ドル。これなら気軽に遊べるよね。でも気軽な分遊びすぎる危険性あり。本当に東京にカジノがなくて良かった。絶対私はまる体質だもんね。

それにしてもよく歩いたなー。でも食べてる方が多そう。

投稿者 yuquilah : 11:50 PM | コメント (0)

March 21, 2007

マカオだよー

なぜか露店で100円くらいで変換プラグが買えちゃったので、バッテリーは復活。
しかし相変わらず従量課金でえらい高いネット接続しかないので、メールの返事は滞っていてすいません。

朝から油麻地をふらついたりしつつ、フェリーターミナルに出て、マカオへ!132ドルでした。
そういえば海で国境越えって初めてです。うれしいなあ〜。船は一般クラスに乗ったのだけど、いたって快適で座席も良かった。1時間くらいでつきました。

マカオ半島から橋を渡ったタイパ島というところにいるのですが、ホテルの部屋があまりに豪華でびっくり。(その割りにブロードバンド環境はないのよね。とほほ)まあ、マカオにしては安いってだけでかなり高い値段はらってるからそんなもんか。

本格的な観光は明日1日かけてするとして、セナド広場でエッグタルトを食べ(焼きたてサクサク!)、粥麺の食堂でうまいワンタン麺を食べ(すごく細い麺なのに全然伸びずにこしがあるの。なんでだろ?)
ホテルリスボアで軽くカジノいってきました・・・。とりあえずサイコロ(丁か半か)で手堅くかせいで、かせいだお金でスロットで遊ぶ(全くもうからない)というギャンブルというよりはゲーセンの感覚ですな。
はっきりいって、ラスベガスならホテルは安いし、カジノにいればドリンクはただだけど、こっちはミニマムベットも高いし(1500円くらい)ホテルは高いし、なぜそんなに売れるのかわからん・・・やっぱ中国バブルのせいなんですかねえ。

しかし「ポルトガル」って点については・・・やっぱ中国だよな、ここ(笑)。
はっきりいって、ポルトガル語の表記はいたるところにあるけど、ポルトガル語で話す人見たことない!ホテルリスボアのカジノのスタッフさえ全く英語通じない!しかもカタコトの北京語も通じないし!ポルトガル語わかる人ならわかるはずのスペイン語も全く理解されませんでした。広東語難しいんだよなー。ひゃー。これで漢字わからなかったら大変だよ。

とはいえ、アジアってやっぱり安心するというか、あんまり気はってなくていいから楽。食べ物も全く外れないしね。明日はもっと探検してきます。

投稿者 yuquilah : 09:19 PM | コメント (188)

九龍にいます

今回はマカオがメインの予定だけど、夜遅く着いたのでとりあえず香港。というか飛行機は大幅ディレイして空港から街が遠くてホテルに着いたのは2時過ぎでした。つかれた〜。

今は九龍の油麻地ってところのホテルにいるんだけど、まあまあ格安(といっても香港は東横インなみの値段のホテルはないのだ!)でキレイでサービスもいい。ネットもできるんだけど、プラグのアダプター忘れちゃって、バッテリーがなくなるまでしかPC使えません(^^;

ちなみに朝から食べにいったのが、普通にみんなが朝定食食べてるような食堂だったんだけど、びみょーなヌードル(スープ入りビーフンなんだけど目玉焼きが乗っているというシロモノ)とガーリックトーストとコーヒーというすごい炭水化物過多な朝定食でした。まあ、おいしいんだけどさ。
広東語はまったくわからんのですが、道の案内はすべて日本語で書いてあってびっくり。
もう少ししたらマカオに向かおうと思いまーす。


投稿者 yuquilah : 10:04 AM | コメント (4)

March 20, 2007

行っちゃっていいですか!

今日から香港経由でマカオ。でも今しがたまで仕事してました・・・(^^;
当日まで仕事したのはさすがに初めてだけど、引き継がなきゃいけないほどすべてが降って来るとおもってなかったので、仕方ない。部署のほかの人たちは来月コンベンションでいなくなって、その間のお留守番をする予定なので代わりにお休みをいただいてしまいました。
まあ、でもホントは休んでる場合じゃない感じではあるんですけどねえ・・・。

今回はマイレージ消化で近場って感じで急に決めたので、日程以外は何も決まってません。
なんとかガイドブックだけは買ってきましたが、マカオは全然のってないし・・・とりあえず友達にエッグタルトのおいしい店とか教えてもらったぐらいなので、ぶらぶらしてSaudade(←なぜか気分はポルトガル)な気分にひたってきましょうか。少なくとも日本よりはあたたかいはずなので、帰ってくる頃にはサクラが咲いて春になっていることを祈りますです・・・。

投稿者 yuquilah : 02:07 PM | コメント (4)

March 16, 2007

透明なイカ見たり!

ということで博多の夜はシーフード@さかな市場でしたよん♪

ika.jpg
透明なイカです!イカの名所唐津の出身の方が「イカは透明なのが当たり前だと思っていた」とおっしゃっていてへーと思った覚えがあったのだけど、ほんとに透明な、新鮮なイカだよ!
そのほかにも山ほどお刺身を食べました!

#”この1週間で唯一といっていいほどのまともな食事だった気が・・・。

帰りは博多だるまでしめ!やっぱラーメン食べなきゃね、と思っていたからちょうどよかった。死ぬほどこってり、という割にはあきない味。
しかしココの麺は極細だね!これならハリガネでも十分いける気がします。

とりあえずつかのまの解放気分なので温泉入ってさっさと寝ます。おやすみなさーい。

投稿者 yuquilah : 10:31 PM | コメント (8)

博多の女(ひと)

というわけで、博多にいまーす。もちろん仕事で(笑)

いきなり今朝は生まれて初めて飛行機に乗り遅れました。。。orz
8時発の飛行機で、起きたのが7時・・・がーん・・・。
しかしそこは出張用の正規料金(笑)!ばっちり変更可能で30分遅い便に振り替え可能。
福岡便とかひんぱんに飛んでいる便ならではですな。

なんかおいしいものを食べようと思ってましたがほとんどの人が帰っちゃいました。どうなるんでしょうねー。

で、福岡のみやげといえば明太子しか思いつかないのですが、あと博多の女くらいしか。なんかおいしいもの(小分けになっているお菓子類ね、基本は)あるかな?

投稿者 yuquilah : 05:46 PM | コメント (4)

March 08, 2007

今さら初雪@山形

今日も山形デーでした♪
今回はちゃんと上野で通過しない新幹線に乗れたぞ〜。

yamagata0308-1.jpg
いや〜もう雪ぜんぜんないですね。と米沢をすぎた辺りの車窓を見ながら思うわけですが、いきなり山形で降りたとたん・・・粉雪が舞っていました(笑)初だよ、今シーズン。
さむー。すっかり油断して重装備してこなかったときに限ってこうなんだから。ブーツで来てよかった。

yamagata0308-2.jpg
今年すでに4回目の山形なのですが、今回初めて「左沢線」を「あてらざわせん」と読むことがわかりました・・・。山形のみなさん、ごめんなさい。これは「日暮里」を「ひぐれさと」と読む人を笑ってる場合ではありません。

いつもは大体月曜に出張のため、東京でもおなじみそばの庄司屋がお休み。今回初めて木曜だったのでこれは制覇しなくては!とばかり駅から10分ほど歩いて庄司屋へ。

yamagata0308-3.jpg
割子3段というやつです。カワイイですねえ。そばは2段が十割、1段が更科。どちらも弾力があっておいしい!が・・・3段じゃ全然足りない・・・(笑)

ところで帰りの新幹線はフットレストとかついてて、やたらいい座席でグリーンに間違って乗ったかと思った。これは同じ値段なら狙って乗らなくては!久々の出羽桜(酒屋さんで樽から詰めてもらった純米吟醸生)も超おいしいです!

投稿者 yuquilah : 11:51 PM | コメント (2)

February 26, 2007

二月のわた雪さえもない山形

またまた今日は山形の日!無事に起きられてちゃんと歩けた(笑)!で上野駅にいったんだけど切符にのってる電車が時刻表にでていない!!切符を見ると・・・「東京〜山形」ってなってる!
も、もしや上野通過のやつを取っちゃった?がーーーーん!

というわけで2分くらい前に出る「あさま」自由席にのって大宮で乗り換えですよ。それでも乗り換えられただけましだけど・・・とほほ。

今回は蔵王さえも雪がないくらいの雪のなさですねえ。山形市内はピーカン。そしてなぜかダニエル・カールさん(ぶらり途中下車とかにもよく出ている、山形弁のうまいタレント)なみに山形弁を話す外国人が何人か。もしや世界はダニエル・カールブーム??

仕事の方は懸念してたことも解決し、お客様は大喜びだったのでひと安心。
でも、帰りは新幹線にぎりぎりで飛びのった+仕事が残っていたので酒などあけられず、隣のおじさんはビールやら日本酒やら開けながら牛肉どまんなか弁当食べてるし(これは私も食べたけど)、いいなーいいなー。
まあ、来週もまた山形行くんですがねえ・・・。次回は温泉に前泊でもできないかなあ。自腹きってもいいから。

仕事はネットがつながらないと出来ないので、新幹線では楽譜なぞ書いてみたり。さすがに音符までは書けないのでコード譜くらいですが、かなりはかどりました。

そんなわけで一日移動だったので帰ってからメールあけたらミーティングの予定が3つくらいと外出の予定が2つくらい増えていて、いまだに明日発表の資料作りに追われている始末。現実逃避にWill Smithとか聴いちゃうもんね。
しかし自分内勤中心だったころは出張している人ってうまいもの食べてるだけだろーとか思ってたけど、実際きついっす。あたしでも電車好きじゃなかったら今の仕事耐えられないもんね。当事者にならないとわからないもんです。

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (7)

February 05, 2007

また山形へ

山形の仕事は当分続きそうで、2週間に1回、あと3回くらいは行かなくちゃいけなそう。まあそれならそれで楽しくやらなくては、ですが。今回の案件は自分ではとても興味のある自治体の情報化の話しだし、個人的にはがんばってサポートしたい話。

yamagata-soba.jpg

しかし、昨日は相当暴風で新幹線もとまったらしいですが、相変わらず山形市内は快晴で、心地よい冷たさです。今回も前回とおなじ「さん七」にておそば。ですがふつうのもり+げそ天850円にしてみました。・・・実は板蕎麦と蕎麦の量変わらないかも?いや、さすがに値段倍だしなあ、とか思いながら。中味の蕎麦はまるっきり同じでした。やはり量だけのちがいか?
げそ天は結構新鮮な味でよかったです。

夜も予定があったし、また再来週も行くので出羽桜は買いませんでしたが、牛肉弁当はお約束。
しかし1000円と普通の牛丼からは比べ物にならないんだけど、ほんとこれはおいしい!

そのまま新橋のドンブランコに顔出してREINAさんのバースデーパーティーに。久しぶりに見た顔がいっぱいで、ほっとしました。多少疲れていても、踊った方が精神的に軽くなっていいんじゃないかしら。

投稿者 yuquilah : 11:54 PM | コメント (3)

January 15, 2007

そして雪国へ・・・のはずが。

朝から新幹線に乗って山形出張。朝早く起きるのはつらいけど、山形新幹線は乗り心地いいので楽しみ!1年ちょっとぶりの山形です。で、この季節の山形といえば、やっぱり一面の銀世界を想像しますよね?先週末に天気予報を見たら雪だるまマーク、そして最高気温が4度というので気合入れていきました。福島からやまびこと切り離されてしばらくすると、こんな世界です!
yamagata2007-1.jpg

わお!一面の銀世界!雪は実際に遭遇するのは結構つらいんですけど(とくに東京では)雪景色を眺めるのは美しい。とくに木々が雪に彩られているのは最高です!
ところが・・・

蔵王を過ぎたとたんに雪が少なくなってきます。
そして山形駅前はこんなもんです。
yamagata2007-2.jpg
もちろん雪はあるものの、道路にはまったく雪はなし。ついでにかなりの快晴で手袋なくても歩けるし!!!雪国というので気合を入れたのにすっかり空回り(笑)

さて、余裕をもって集合時間1時間前についたので、ランチでもしようと思ったのですが、虎ノ門の出羽香庵の本店である庄司屋は定休日。ということで駅前にあるさん七というお店に入りました。山形名物板そば1300円。ランチに1000円以上は高いのですが、ええい、いったれ!ということで(笑)。

yamagata2007-3.jpg
しかし、うまかったです!十割そばというだけあって、野性味あふれる蕎麦の味がしっかり。太めに切ってあるのでコシも楽しめるのが私ごのみ。それでも私としてはちょっと物足りない量だったかも・・・(笑)板そば大だと2000円超えちゃいますからね。もりそばはちょうど半分くらいのお値段なんですが、量も半分なのかな?げそ天食べたかったなー。次回はもり+げそ天にしよ!

さて、仕事はつつがなく終わり、新幹線まで時間があいたので駅ビルで買い物。いつものように(といっても1回しか来てないけど)日本酒と部署の皆様にだだちゃ豆せんべい(前回も好評)と思っていたところ・・・超かわいいブーツ発見!実は昨日ライブ見に行ったときに、FINALIZEの前のバンドの女の子のファッションが超かわいくて、その子のファッションを次回のライブの参考にさせてもらおうと思ってたのだけど、そのイメージに近いブーツがあったのです!しかもセールで激安!東京でいくらでも似たようなのがある気もしたんだけど、あまりにもサイズもぴったりではきやすかったためお買い上げ。山形でなぜこんな買い物を・・・と思いつつ。

そんなわけでたまには出羽桜以外の酒を買いたかったのですが、大きなサイズのものがもてず、いつもの出羽桜大吟醸に・・・。

yamagata2007-4.jpg
夕食はまたまたおなじみ、米沢牛を使った牛肉どまん中弁当です。いや、これは牛肉の細切れとそぼろを使っているのですが、おいしさには変わりなく、しかも1000円にしてはコストパフォーマンス大ですよ!しかしここで出羽桜をあける勇気はなかったというか単にグラスがなかったというか(笑)

で今出羽桜を一杯やっているところなんですな。いい肴がほしくて讃岐うどんをゆでちゃいました!太るよ!しかも出羽桜がんがんいけるから飲みきっちゃいそうだよ(爆)!

投稿者 yuquilah : 11:48 PM | コメント (5)

January 06, 2007

帰還〜

なんでも関東地方はすごい雨だったそうで。

今日もこりずにうどん巡礼。しかし朝からやっているはずの店がなぜか閉まっていたりして、以下の2店のみ。

1、さぬき麺業本店
冷しぶっかけ。麺が細めで食べやすい。しかしのどごしの良さとコシは両立しないものよ。つるつる感はあるけどコシはちょっとたりないかもね。あとセルフなのにねぎとしょうがの量を自分でコントロールできないのは残念。

2、うどん市場
かけ90円!安いぞ!ということで温玉をトッピングしてしまった・・・。(たんぱく質昨日から何も食べてないんだもの)しかしひやかけがメニューにはあるのに、「夏だけ」ですって。お店の人が気をきかせてうどんは冷+だしは温にしてくれましたが、やっぱりこれは中途半端。これならしっかりあつかけにしとけばよかった。

そういえば私の中でのうどんの理想系(いつもコメントくださるりんかんさんいわく「松坂大輔のストレートのような完成形」)「ひやかけ」が香川でどこも食べられなかったのが残念。また東京で麺通団行くしかないか・・・。またはお土産に3店舗分くらいうどんを買ってしまったので自分で作るか。

お昼にはマリンライナーで瀬戸大橋を渡り(これが天気よかったから楽しみにしていたのに爆睡のため気づいたら岡山)、ついに!念願のひかりレールスターで新大阪→のぞみで東京まで帰りました。
窓口の人には「のぞみで直接帰ったほうが速いですよ」と言われましたが・・・
「レールスター乗りたいんです!!」
これ以上言わせないで下さい。わざわざ区間を分けるには理由があるんです・・・(-_-;

しかしレールスター最高!2×2シートでグリーン車並の快適さもさることながら、サイレンスカーとか、いろんな目的にあわせた車両構成も素晴らしい。ああ、なぜこれがJR東海にはないんだ・・・ていうか、東日本だって2階建てMAXとか、かわいい「つばさ」「こまち」とか、いろいろ工夫しているのに、東海だけは芸がなさすぎ!何もしなくてもいつも乗車率最高だからって、競争相手がいないからって、許せんぞー。

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (6)

January 05, 2007

気をとりなおしてうどん巡礼

今回は夜遊びしてないですねー、そういえば。ドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」を見ていました。成宮くんファンだから?いえいえ。これは事件の秘密を解くのに須磨や淡路島がキーとなってくるのです。まさに私の旅路ではありませんか。これは戦後間もないお話ですが、いかに淡路島が隔離された場所だったか!今じゃ淡路島は神戸のベッドタウン、そして昔は東京から松戸に行けば男女は駆け落ちできたけど(例:矢切の渡し)、今じゃ普通に通勤してますから!

さてさて、高松市の中心地にやってきました。
「日本一の商店街」はなかなかの充実ぶりで、なんばと同じ店で5分の1の混み具合なので余裕でお買い物ができます。でも人があまりに少ないので、自転車がぶっとばしていて結構あぶない。
あの映画UDONを見ていても、うどんの真髄は車でしかいけないようなところなんでしょうが、今回は初心者コースということで、まずは市街地の気になる店、セルフ中心にはしごすることにしました。

1、かな泉紺屋町店
高松市美術館横のセルフの店。セルフなのに店が明るくてきれいなのもよいです。
かけうどん160円をノーマルにいただきました。だしがおいしいです!塩分が少なめなのにだしの味がしっかり!でもうどんのコシはあったかいうどんだとこんなものかなー。これからは寒くても冷しを食べようと決意。

2、さぬき一番 本店
三越の近くで繁華街なのでわかりやすいですが結構クラシカルな店。セルフじゃないけどぶっかけとしょうゆは200円、ということで冷しのしょうゆをいただきます。これこれ!という食感!まさに讃岐うどんに求めていた味ですよ。しょうゆだといい感じにねぎとしょうががまぶされるのも好き。

3、鶴丸
セルフの店って夜が早い。これは東京ではなまるとか麺通団が夜までやっているのとは対照的。しかし飲んだ後のシメを提供してくれる、こんな夜専門の店もありました。ちょっと遅い時間にこちらに来たら飲んだ後の会社員ぽい方が多数。店の中もちょっとした居酒屋風。深夜料金なのか?値段は高め。冷しメニューは少ないけどぶっかけ550円。味は期待を裏切らない。細いけどコシがあるからつるつるいけてちょうどよい。

それにしても小食な私は(爆)うどんをはしごするとすぐおなか一杯になってしまうので、トッピングが乗せられないのよねー。おかげで炭水化物ばっかり。たんぱく質食べたいよー。
やはり私の求めるうどんは「冷」らしい。冷しを食べていれば満足。

投稿者 yuquilah : 11:49 PM | コメント (4)

四国へ〜鉄道/温泉/うどん巡礼

以前「日本全国行ったところメモ」で四国に一県も行っていないということを思い知らされ、関西からなら四国へ行くのも楽だろうと思って企画をしてみました。目標は以下の通り。

・明石海峡大橋も瀬戸大橋も渡りたい
・日本で唯一乗ったことないJRグループ、JR四国の路線に乗りたい
・本場の讃岐うどんが食べたい

そこで京都からの移動手段を調べると、なんと高速バスなら2時間に1本くらい出ているし、値段も格安!もちろんルートは明石海峡大橋〜淡路島〜鳴門大橋です。うどんということでストレートに高松にいくことも出来たのですが、ここはマニアックにいったん徳島に行って、こんぴらさん(金刀比羅宮)経由で高松入りというルートに。

それにしても神戸から徳島まではあっという間!こりゃ淡路島はもう島って感じしないね。月島レベル。へたすれば鳴門〜神戸なんて通勤OKでしょう。
徳島からは「特急剣山」にてまず阿波池田まで。

#「ちょっと待て。普通は特急うずしおで高松行くだろ」と思った方。もちろん考えたのですが、うずしおといえば振り子列車でよみがえるスーパーあずさの悪夢・・・(乗り物酔いという現象を生まれて初めて体験し、いまだにトラウマ)ということで回避させていただきました。

たった2両しかない特急。そのうち禁煙車が1両っておい(笑)しかしこれは「よしの川ブルーライン」と別名がついているだけあって、のどかな風景の中を走る実にリフレッシュされる列車です。ちなみに全く電化されてないのね。。。後半は爆睡してましたが。そして土讃線に乗り換えて琴平駅まで。
ここでこんぴらさん参拝前に腹ごしらえとばかりに目についたうどん屋(○野○○○学校の店)に入りますが・・・
まずい。まずすぎる。
うちで冷凍讃岐うどん解凍したほうがずっとマシ。値段的にもちょっと許せないです。
あまりにまずかったのでもう一杯「こんぴらうどん」でかけを食べてから行きました。こちらはまあ、許容範囲ではありますが、観光地なのでちょっと高い。もうこの近辺でうどんはやめようと心に誓いました。

こんぴらさんの階段は最初はゆるゆるなのに、後になるほどきつくなる。混雑はそれほどでもありませんが、子供は2パターンに分かれますね。歩けなくてだっこをせがむ子と、やたらテンション高くて走って登って「おかーさん、まだあ?」なんていってる子(笑)私はといえばここ数週間の病気の後遺症で上り階段がずっときつかったのですが、ほぼノンストップで登れたのでひとつの回復のめやすとなりました。まだ咳止めが切れると発作のように咳が出ますが、呼吸困難は克服したようです。だんだん咳止めの回数も減らしていきたいですが。

でもね、やっぱり足に負担がかかるのは下りですよ、明らかに・・・。

こんぴらさん近辺は温泉郷なので、紅梅亭というところで日帰り温泉。かなりいたれりつくせりでリラックスできましたが、ものすごく空いてました(^^;
周りの日帰り施設に比べて1800円とちょっと高めなんですよね。とてもキレイだし、何でもそろってましたが・・・他の日帰り温泉とも比較する必要がありそうです。

そして高松までは琴電にて!かわいい割にはしっかりした鉄道らしい走りで、乗車率も上々。ICカードまで取り入れています。そこでやたらと近未来的に発展した(都市の規模としては広島レベルの都会!)街中にびっくりしながら、本格的うどん巡礼をすることになるのですが、続きはまたあとで・・・。

投稿者 yuquilah : 06:29 PM | コメント (6)

January 04, 2007

おけいはん、京都・伏見の戦い

新年あけましておめでとうございます、森小路けい子どす。
(↑三代目「おけいはん」は音大生、「のだめ」ブームに乗ってか?この設定って。バイオリニストらしいですが。)
ということでこの2日間は京都です。

まず1月3日。京都駅に着いたとたんにえらい人!どっからきてんねん!四条河原町までバスで所要時間約1時間。歩いた方が速いんとちゃうか・・・。それだけで十分やる気をそがれたわけですが・・・。いちおう目標を定めたからには日本第三位の人手という伏見稲荷にいってきましたよ。
京阪の伏見稲荷駅を降りるとそこはもう戦場。伏見の戦いっていつかあったよねえ。鳥羽・伏見の戦いってやつ?
出店で何か買おうにもすべて行列。というわけで人の波に流されるまま参道をひたすら登ります。

京都の神社には地元伏見のお酒がいっぱい奉納してあるのですが、ここにはなぜかお酒のほかに「しょうゆ」や「ソース」が多数奉納してあります。なにか由縁があるんでしょうか?

それにしても、こっちの子供の会話、面白すぎ。
子「なんでこんなにならばなあかんねん」
父「神様もいそがしいんや」
子「並んだらお願い聞いてくれるんか?」
父「うーん、そうやな、忙しくて全部は聞いてられへんやろ。十人に一人くらいとちゃう」

夜は京都が地元のバンド仲間Iさん、関西サルサの有力者Fさんのご案内で京都の代表的なサルサスポット、ルンビータへ。ちょろっと踊り初めしましたが、あとはまったりとサルサ黎明期のイベントの話とか、いろいろ聞かせていただきました。京都は結構隠れ家スポットが多くあるようで今後もおとずれたいところ!そしてなんとなく関西ライブへの野心がますます高まってきました!

で今日は朝から法事。お坊さんの話に出てきた「無欲」ということを心に留めながら・・・(見返りを求めたらあかんということですわ)はずみで清水寺にいくことに。実は京都に来るたびに色々と名所を制覇していたのですが、清水寺だけは中学の修学旅行以来!あらためて清水の舞台というのが木の骨組みだけでできていることにびっくり。その頃の構造計算ってどうしてたんでしょうねー。名水も飲んできたんですが、このひしゃくが使いまわしで不安じゃないか、と。なんと!最新テクノロジーを使って紫外線殺菌をしております。まあ昨今の衛生に関する厳しい基準をクリアするためでしょうが、これぞ伝統とテクノロジーの融合。感動してしまいました。

第二次大戦中も戦火にあわなかった京都は「戦後」といえば応仁の乱の後をさすと言われていますが、それにしても正月の京都は存在そのものが戦いであります。まあもう2年目なんだから気づけよって感じですけどね。バスの混雑にはさすがに閉口します。京都こそ、一般車の進入を規制するなりピークロードプライシングするなり、しないといけないと思うんですけどどうなんでしょうねえ?

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (4)

November 06, 2006

帰ってきましたよー

kabira.jpg
無事帰着。
あー楽しかった〜。

今回はゆっくりペースで動いたので、もっとあれやればよかったーなんんて考えることも多かったのだけど、「何もしない」ことが今回の目的だったので、まあまあ達成できたんじゃないかな、なんて。

前半は悪かった天気も後半になってどんどん上向きに。竹富島では○年ぶりの自転車で島内を一周!気持ちいいビーチでのんびり。そして川平湾の絶景も見ることができました。こうなるともう、気分はRide on timeってな感じです!

初めて石垣でライブも出来たし、とても集まってくれた方々はあたたかい方ばかりでした!
いろんな方が集まって、とても楽しく踊ったイベントでした。なんでも、石垣ケーブルテレビのニュースでイベントの様子が流れるとか?どうだったんでしょう?

いつかバンドで来てライブやりたいなあ、できるかな。でも願えばかなう気がする!
実は水面下で某バンドのツアー話も出てたりして、早速来年の目標は「アウェイでライブをする!」ということにすでに決定です。実現させるぞ〜!

投稿者 yuquilah : 12:34 AM | コメント (7)

November 04, 2006

石垣島ですよー

石垣にきてます。
色々面白いもの見てますが、天気が悪いことだけが…。

サルサイベントもアットホームで楽しく、ライブも無事終了。明日もあるんですが。

詳しくはまた後でまとめて書きますねー。

投稿者 yuquilah : 12:18 AM | コメント (4)

October 25, 2006

広島からカムバック

広島の仕事は無事、かどうかわからないけどなんとか終了。少なくとも内部の結束は固まったことは収穫。次はかなり先なんだろうな。
今回はホテルもコストパフォーマンス良くて大満足だったし、ランチの老四川という店もめちゃめちゃおいしかったのでまあ、よかったかな。やっぱ4時間の移動距離はきついけど。

帰りの時間が読めなかったこともあって、帰りも新幹線。で、あなご飯を食べて帰りました。
anago.jpg

かなりいいお値段(1200円くらい)でちょっとびっくりしたけど、なかなかおいしい。お米がおいしかったのがびっくり。
実は新幹線、人身事故で大幅に遅れてたんだってね。上りにはあまり影響してなかったけど。

今日は自分の中でもちょっと区切りとなる出来事があったので、まあ新しい気持ちで明日からは行くかな、という感じになってます。そういえばあと4日でデラカンダのライブだ!これで怒涛のライブ週間が終わるかと思ったら、11月も実はいろいろあるんですよ(笑)。でもいつもは色々ある12月末が逆に何もないので、微妙にどうしようかなーって感じなんですけどね。

投稿者 yuquilah : 11:00 PM | コメント (4)

October 24, 2006

新幹線!

今から広島です!ということで品川から新幹線に乗車。今回はしっかり下調べして500系のぞみ乗車!わーい(^-^)/

しかも車椅子対応で通路が広くて快適!

でも仕事が終わってないにも関わらずツールがAC電源入ってないと動かないので、着いてから即仕事だ…お好み焼きのためにも集中してやるぞ!

投稿者 yuquilah : 02:08 PM | コメント (2)

October 19, 2006

日本全国行ったところメモ

今週も駅前プログ更新しました。今回は私にとっては「いつもの場所」というか、なぜか浅草にある北海道物産店の話題です。

ところでサルサ仲間の龍矢さんがやっていたのだけど、今後の旅行計画とか方針をたてるためにも「日本全国行ったところ」をチェックしてみようと思いました。
改めて、東高西低というか、関西以西はほんとに行ってない!来週は広島にいくのでちょっと広がるけど・・・。
以下のような感じです。旅好きの皆さんもチェックしてはいかが?

01.北海道 ○ 今年は札幌の出張が多いぞ
02.青森  ○ 一昨年弘前に。八戸合宿ってのもあった
03.岩手  ○ 小さいころ東北旅行の一環で陸中海岸に
04.秋田  × 未体験。「こまち」に乗りたーい!
05.宮城  ○ 03と同じく。気仙沼に行ったそうです
06.山形  ○ 去年は山形の仕事してました
07.福島  ○ 結構前に喜多方ラーメン食べに行ったっけ
08.茨城  ○ 今年5月つくばでライブやったよ!
09.栃木  ○ 毎年佐野の某高校で仕事してます
10.群馬  ○ 伊香保温泉とか、温泉はいいよね
11.埼玉  ○ 小江戸川越がおきにいりです
12.千葉  ○ 千葉サルサ3年連続お世話になってます
13.東京  ○ 住んでます
14.神奈川 ○ 生まれてこの方一番長く住んでいた場所です
15.新潟  ○ 02年ワールドカップでイングランド×デンマークを見た
16.長野  ○ なにかとよく乗る「あさま」と「あずさ」
17.山梨  ○ 富士五湖あたりは合宿のメッカ
18.静岡  ○ ちょっとした旅行といえば伊豆ですね
19.富山  ○ 今年初出張。お魚おいしい! 
20.石川  △ 小松空港に降り立っただけ・・・
21.福井  ○ 大好きな友達が眠っている場所です 
22.岐阜  × 飛騨高山いってみたーい
23.愛知  ○ 04年にデラカンダで名古屋遠征ライブ!
24.三重  ○ 伊勢志摩大好きです
25.滋賀  × 琵琶湖を車窓からのぞむのみ
26.京都  ○ 母が住んでるのでよく行きます
27.奈良  ○ 修学旅行で明日香村へ
28.大阪  ○ 住んだことはないけど私のルーツです
29.兵庫  ○ 数年前に神戸で遊んだ。今年は仕事で尼へ
30.和歌山 ○ 南紀白浜で合宿。これも楽しかったな 
31.岡山  × 新幹線でままかり寿司は食べたけど
32.広島  × でも来週仕事でいくよー
33.山口  ○ 関門海峡を渡って下関にちょこっと
34.島根  × 県境くらいまではいったんだけど
35.鳥取  ○ なぜか大学時代のサークル合宿が米子
36.香川  × 四国は未制覇エリア。うどん食べたい 
37.徳島  × 某社に出張のはずがお客さんが東京にきちゃった
38.高知  × かつおが食べたーい
39.愛媛  × ここ出身の友達は多いのだけど
40.福岡  ○ 博多でもつ鍋のうまさを知ってしまいました
41.佐賀  × 「がばいばあちゃん」にはまりましたが(笑)
42.長崎  ○ 中学時代に平和学習旅行へ。
43.大分  × ソニックかっこいいねー。乗りたいな
44.宮崎  × 個人的には宮崎の焼酎が好き!
45.熊本  × 近いうちに「つばめ」制覇するぞ!
46.鹿児島 × 奄美とかいきたいなー
47.沖縄  ○ 最近ほぼ毎年いってます。もうすぐ石垣!

四国が未制覇、九州もあまり行ってないんだよねー。

投稿者 yuquilah : 11:47 PM | コメント (7)

September 10, 2006

おけいはん、京阪沿線を脱出の巻

こんにちは、秋の京都で京橋けい子でーす(爆)

前日の結婚式で5,6種類の酒をちゃんぽんしてしまった結果、ひどく気持ち悪くて全く眠れませんでした・・・(サイアク)。しかしめげずにいつものごとく京都観光へ。

keihanuji.jpg
なんとうちの近くの京阪バスは合併された「京阪宇治交通」であったことが判明。時々いる宇治茶色のバスが京阪宇治交通なんですかね?
おけいはんは京阪電車で京都に出ましたが、普段から30分以上電車に乗る生活をしていない(長く乗るのは特急だけ)な私には通勤列車に長く乗っているのは結構じれったいのよー。(山ピーの歌が出てきそう)。今までは実家が京都の中心部にあったので、あらためて便利だったなーと感じる次第。

今回のターゲットは嵐山方面です。

実はある方から「鈴虫寺がいい」というおすすめをされていたのですが、その話を翌日別の友達としていたところ、「私は鈴虫寺にお願いをしたら見事かなった!」という話をされ、そりゃー行かなくちゃという気分になっていたのでした。嵐山からさらにバスで15分程度、鈴虫寺までのバスは結構空いていたんですが・・・

suzumushi.jpg
なにこれ!すごい行列??入場制限中です。きいてないよー。
「願いがかなうお地蔵さん」のうわさをきいてか、やたらと若い人が多いです。
まあそれでも一気に200人ずつさばくので30分ほどで入れました。お話はなかなか面白くて、ゴスペルチャーチの牧師さんのようなノリがあります。いちおうお守りを買って、お願い事をしてきました。結構スタンダードに。「この世の願い事ならなんでも」っていってたけど、
「メジャーデビューしてオリコン1位になる!」でも大丈夫なんですかねえ?何度でもおまいりすれば願い事は追加できるらしいので(うまいビジネスモデル)次はそれにしてみるかなあ(笑)

再び嵐山方面に戻り、渡月橋。修学旅行のときにみんな写真とるよね!あと2時間ドラマでよく出てくる。ここでは片平なぎさのセリフを再現してみたりすると良いと思います。
togetsukyo.jpg
「京都嵐山連続殺人!渡月橋から消えた女の影〜愛憎うずまく家元三姉妹の知られざる秘密とは!」みたいな感じね(もちろんタイトルはフィクションです)。
まあでも食べ物はあまりおいしいものはなかったな。観光地の常とはいえ。

それから初ものといえば嵐電でのんびりと四条大宮へ。これも世田谷線ノリでかわいい!たのしい!
randen.jpg

結局雨といっていたわりにはそれほど天気も悪くなく、楽しめました。
紅葉の京都にも来てみたいけど(去年も結局秋はいけなかった)混んでいるんだろうなあ。かといって、樟葉は観光の拠点にするにはちょっと大変。

投稿者 yuquilah : 11:42 PM | コメント (13)

August 24, 2006

Salsa! in New York

Sorry for writing in English and THANKS for those who dropped me messsages!
This time I don't have my laptop due to avoid troubles in airport... so there's no place to find that I can write in Japanese! However, it's possible to READ Japanese, so don' t worry about it! (Yeah, I checed e-mails also)

I arrived at New York in the late afternoon of August 23rd, Immigration was OK, but it took SO much time to pick up my luggage... That's the worst thing I experience in traveling abroad!!
This time I'm staying at the hostel near Penn Station. It's really convenient place to be. I just dropped my luggage and headed to south...Battery Park. (Where you get on the ferry to go to Statue of Liberty) And I heard SALSA! Yeah! There must be Luisito Carrion's free concert. I got there at 7 and already there were lots of people, but more and more people came around and danced around. It was really nice to see!
Luisito and his band were amazing! I thought "Wow, who's that guy playing campana? he drives the groove" then he suddenly took timbales solo that was incredible! But wait... I think I'm familiar with him. Luisito said "Carlito Soto!" and that reminded me!
He was a leader of Willie Colon's band when I saw him at Copa last year. Carlito's play is really energetic and intelligent. After the concert, I talked with him and took a picture with him :)

I tried to go to 55 bar afterwhile but it was full so I gave up for it.
Well, this city is always exciting! I'm looking forward to rest of my trip!!

投稿者 yuquilah : 11:10 PM | コメント (5)

August 23, 2006

NY&シカゴへ

今は成田から。混雑はまあ、ふつうの夏休み並でしょうか。
やっぱり週の真ん中に出国するのは楽ちんですね。いつも土曜日から、とかいうことが多いのは平日働いている身としては仕方ないところですが、結構週中で出国するとぜんぜん余裕があるので、最近はできるかぎり平日出発にしています。

いつもそれなりに「今回の旅行の目的」とか決めているのですが、本当に今回はてきとー。
語学研修するわけでもないし(逃げてるなー)、まあサルサもジャズも野球も見たいんですが、あんまりがちがちに決めないで動こうかと思っています。特にシカゴなんて、「シカゴ大学行きたい」だけですからね・・・。

いつものごとくネットアクセスの環境はありそうですので、メールもたまには読めるし、このブログも更新できると思います。(日本語が使えるかは微妙)NYはすでに秋モードらしいですが、どうなんですかね!
では、行ってまいります。

投稿者 yuquilah : 02:38 PM | コメント (3)

August 04, 2006

北海道の大仕事終了!

札幌でちょっとしたセミナー。今日の役目は

「サブちゃんの前座をつとめる山本譲二」

みたいなものです。超スターの方がいて、その人が3時間もしゃべってられないから1時間もらってお話させていただく、みたいな(笑)。ちょっと話としては難しすぎたかも?まあ、何とか無事終了。軽く駅の花まるでおすしを食べ、みんなは今日帰りなので解放されちゃいました。

tanuki.jpg

最近常宿にしている某ホテルの近く。狸小路はお祭りらしいです。よくわかんないけど。
ということでこれからMasayoさんのライブを見に行ってきまーす。

投稿者 yuquilah : 07:19 PM | コメント (7)

July 24, 2006

旅バトン

今週末お客様をお迎えする可能性が出てきたことから、大幅な片付け活動開始。
しかし実際は掘り出したEarth, Wind & FiberのDVDを見て大爆笑だったり。演奏は荒削りだったけど、ステージングにかける情熱はなみなみならぬものがあったよなー。しかし自分の歌は・・・5年たってるんだもんね。少しは、いや結構上達したとは思ってるんですけどね(^^;

さて、サルサ仲間のカオリータさんより「旅バトン」がまわってきました。これは割と得意分野ですね!楽しんで答えられそうです。

Q1.旅行するのは好きですか?

大好き!

Q2.絶対旅にかかせない持ち物リストは?

FMラジオつき携帯音楽プレーヤー。現地のラジオ録音するのが好き。
あとはお金さえあればなんとか。

Q3.海外で今までどんなところに行ったことがある?

アメリカ(ロードアイランドには住んでた。あとはシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ラスベガス、ニューメキシコ、ボストン、ニューヨーク、ワシントンDC、オーランド、マイアミと東西海岸を中心に)
カナダ、メキシコ、キューバ、プエルトリコ、韓国、台湾、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ロシア(モスクワだけ)、イタリア、ドイツ。

Q4.一人旅が好き?

3回に1回くらいは1人旅をするけど、海外で1人だと夜遊びができないので・・・(1人で夜遊びして危険な目にあうこと多数)。
やっぱりある程度仲間がいた方が楽しいですね。

Q5.国内旅行?それとも海外が好き?

どちらも。長期休みはどうしても海外にいってしまいますが、
成田空港の行列と入国審査の行列にはいつも閉口。なんで陸続きの外国がないのかなー。

Q6.いつかは行ってみたいところベスト3

1、ブラジル(リオのカーニバル見たい!サッカーも見たい!シュラスコ食べたい!)
2、ベネズエラ(私の好きな人はみんなこの国出身なんです。)
3、ドミニカ共和国(実は行ったことない。やっぱ野球みたいよね!)
 
Q7.行きたいけど行けなさそうなところベスト3

コートジボワール(内戦中?)、ウズベキスタン(サマルカンドとタシケント・・・言葉がわかれば)、サウジアラビア(未婚の女は入れないのよ!)

Q8.私のオススメスポットベスト3(国内編)

1、京都
ベタですが。やっぱりいいですよ。見所たくさん。四季折々の風情もあるし。
2、久米島
ほんとうに女神が宿る島だと思いました。泡盛はおいしいし!
3、伊勢、志摩
なにげにトロピカルで海がきれい!シーフードもとってもおいしかった。

身近すぎるんですが、東京で言えば谷中、横浜の山手方面もオススメですよ。

Q9.私のオススメスポットベスト3(海外編)

1、プエルトリコ
やっぱこれっきゃないっしょ!音楽とかダンスに興味がなければ近場の島と変わらないのかもしれませんが、のんびりしてて、音楽とダンスにあふれていて、ごはんもおいしい!
2、クアラルンプール(マレーシア)
マインド的には第3くらいの故郷。アジア人だから違和感なく歩けるのもいいです。マレー系、中華系、インド系なんでもありなのでご飯には苦労しません。新旧ごちゃっとした感じも最高。
3、キーウエスト(アメリカ)
マイアミからいっぱい島をこえて、セブン・マイル・ブリッジを越えていくんですが、このセブン・マイル・ブリッジが最高!一度見たら忘れられない風景です。

Q10.ズバリ!恋人と行くなら?

どこでも楽しいと思うけど、やっぱりプエルトリコ!あそこは恋人と行く場所だよ・・・(2度も1人旅なの!)
しかしプエルトリコに付き合ってくれるような方はいるのだろうか??

Q11.最近行ったところは?

富山、魚津に出張してきました(数日前のBlog参照)。
初の特急「北陸」はどきどきしましたねー。寝台特急、ステキです。

Q12.近々行く予定は?

来週は(また出張で)札幌。
8月終わりにNYとシカゴ行ってきます。シカゴ初見参!建築めぐりが楽しみですー。

Q13.次にバトンの旅に出てもらう7人
やっぱり旅といえば大学の研究室関係はプロっぽいですね。すでにやってる人もいるかな?

バス夫さん(バス旅の奥義を教えてね)
かねごん怪鳥さん(アイルランドの魅力は?)
oktyさん(韓国・北朝鮮なら彼女にはかなわない!)
あふやうちさん(シベリア鉄道全制覇!ですよね?)
Namigumoさん(国内旅行は経験値高そう)
ガイさん(鉄道旅行のプロの話をききたいです)

あとは、NY State of mind仲間(笑)のたかじんさんもやってほしいなあ。どうよ?


投稿者 yuquilah : 11:27 PM | コメント (2)

July 22, 2006

寝台特急で優雅な帰り道

hokuriku.jpg
なんと魚津から上野まで直行!特急「北陸」で帰ってきちゃいました。
ブルートレインですよ。なんと寝台車は15年ぶり!です。
あの時は「さくら」で長崎からストレートに帰るはずが関西で台風のため足止めをくらい、新幹線に乗り換えてさらに三河安城という何もない駅で2時間くらい止まったという思い出があり、
「無事に寝台でストレートに帰れたためしがない」
ということになっていたわけですが、今回は無事到着!乗車時間6時間半のうち6時間くらいは寝ていて、やっぱベッドがフラットだと揺れてても何でも寝られるものだと痛感しました。

さてさて、昨日の仕事後はいったん富山地方鉄道乗ってみたいし宇奈月温泉にでもいこうかなーと思って行ってみました。
unazuki.jpg
駅前は温泉噴水などあって温泉街らしいのですが、トロッコ電車も時間的に終わってるし、街には人がいない!日帰りで入れるいい施設もなかったんで、ぐるりと一周して帰ってきてしまいましたよ、魚津に。で、温泉にいかないのもなんなので、(会社の人にはイマイチといわれてたんですが)金太郎温泉というところに。健康ランド風なんですが、入浴料もやすいし、いちおう温泉はホンモノらしい。硫黄泉って肌はきれいになるっていうけど、独特のにおいがしみつくよね。まあでも休憩所とかもゆっくりできるので、オールスター戦とか見つつのんびり。

さらに電車まで時間があったので、駅前の飲み屋でも、と思ったんだけど、あやしいキャバクラしかないなあと歩いていたらいい感じのラスタカラーの看板があって、そこに入ってみました。「AFROMAN」というお店です。ソウルでもレゲエでもないバーですが、若い男性と女性のスタッフの方と、仲間らしき若い男の子たちがわいわいやっていていい感じ。インテリアも実にこじゃれてます。お値段も普通だし(この辺にしては高いのかな?東京的にはふつうですが)実はごはんもおいしいのだとか。今後も行くことあったらこのお店、ぜひ使いたいです。

しかし個室の寝台はいいです。ただ、やっぱりファシリティは古いなあ。車体が古くてもなんでも、ファシリティがもう少しキレイだと乗る気が増すんですが、むずかしいのかな。

投稿者 yuquilah : 09:04 AM | コメント (6)

July 21, 2006

魚津でおいしいもの!

昼前にはついてしまったため(集合時間の関係上これしか電車がなかった)
魚津の駅前で海鮮丼をたべました。
kaisen.jpg


うまい!!

まじで、おいしい。ていうか850円なのに、どこまでもどこまでも魚が出てくる・・・
ごはんが見えない・・・ありえない(^o^)/
駅前には「うまい水」もありました。

さて、帰りの電車どうしようかなーと思ってみていたら
「上野行き」の文字。そう、

特急「北陸」

・・・寝台列車です。もしかして11時過ぎまで遊べる(遊ぶ場所があるのか??)?
きいてみたら個室1個だけあいてました。
夜行バスは安いけどちょっと落ち着いては寝られない。でも寝台列車ならちゃんと寝られるし、上野まで1本だし、ホテル代よりは安くていうことなし!ということで取ってしまいました・・・。
(ごめん、急行「能登」で帰る勇気はなかったよ。出張だもの、ゆるしてくれ・・・)

こちらの営業さんにあい
「帰りの電車大丈夫ですか?」ときかれて
「あ、寝台で帰るので」といったらあぜんとされました(^^;
宇奈月温泉いこうかな〜
その前に仕事仕事・・・・

投稿者 yuquilah : 01:26 PM | コメント (5)

雨の北陸ほくほく線(その1)

hakutaka.jpg

無事「はくたか4号」乗ってます。ただ今糸魚川です。
新幹線はまったく問題なく越後湯沢まで。雨は少々強いですが豪雨ではないし、高崎以降はトンネルばかり。しかし東京からは1時間ちょい。通勤できるよ!

はくたかは車両は古いけど、ファシリティはきれいで快適。あと見渡す限りの水田の緑が美しい!

こちらは今のとこ順調ですが、大阪の営業さんから「阪急が遅れてサンダーバード乗れなかったのでフォローしといて下さい〜」との電話。
知らないよー!

投稿者 yuquilah : 10:33 AM | コメント (4)

June 24, 2006

御殿場へ!

asagiri.jpg
ピアノ教室のイベントで御殿場へ。JRで行ってもよかったんだけど、久々にロマンスカー、しかも初体験の「あさぎり」です。JR東海の車両。なんだか東海道新幹線ぽいです。
まあまあ快適だけど、シートピッチが新幹線よりはだんぜん狭いのはしょうがないのかしら。
それにしても松田でJRの線路に入るってのはドキドキものね。

夜はさらにコロ練。先日のソモロライブの映像見ちゃいました・・・
あたし動きにキレがないなあ。反省。

投稿者 yuquilah : 11:13 PM | コメント (65)

May 05, 2006

おけいはん初夏の旅

こんにちは、京橋けい子です(←これわかる人にしかわからないでしょ)。

ということで京都の母の家に来たわけですが、GWで鬼のような人がいる中、宿泊を気にしなくていいのはいいもんです。
ですが、この京都の中心地を離れるとかいうことで、もしかして今回が見納めかも。便利だけど、まあ問題は色々あるので仕方ない。ということで、樟葉まで足を伸ばします。

kuzuha.jpg
ここに降り立ったのはたぶん20年ぶり?とかそういうレベルなんですが、びっくりなのは駅の片方、ゴルフ場と山!そしてもう片方が現代的なくずはモール!カーペット張りの床は歩きやすいけど、メンテナンス大変じゃないのかしら?とにかく家族連れですごくにぎわっていて、物欲は刺激されたもののフードコートのみの利用にとどまりました。

さて、京都に行くたびにそれなりに観光地をひとつずつ制覇しているのですが、今回は京阪宇治線に乗って宇治まで。宇治といえば・・・宇治金時!としか思い出せないダメな私ですが、
そうです、平等院です。
つい先日もメキシコ人に10円玉を見せて、これは何だ?と聞かれたときに思わず「法隆寺」と答えそうになってしまった私。反省の意味もこめて平等院を見学します。
byodoin.jpg

宇治川は結構キレイで、中州の公園がとっても気持ちいい。カップルがただただまったりしてましたが、こういう過ごし方もいいんでないかと思います。しかし、京都中心部ほどではないといえ、えらい人であることには変わらず。

さて、宇治といえば宇治茶であることは確かで、抹茶アイスの店がそこかしこに出ています。
抹茶アイスは、数多いアイスの中でもNo.1で大好き!ハーゲンダッツでも買ってしまうし、これに金時がくわわったらこわいものなしでっせ!
その中で、母上おすすめの中村藤吉本店にいって、お茶でもしようとしたんですが・・・案の定、ものすごい行列でした。てなわけで、うじきんソフトを買ってその場で食べるのみ。
uji.jpg

お茶の味が濃いし、小豆とのハーモニーは最高!ワッフルコーンもうまくてまさに絶妙なハーモニーでした。幸せー。

しかし天気がいいせいもあってか、お正月より混んでるんじゃないの?という勢い。
ハードスケジュールではなかったんですがちと疲れました。
まあ次は、夏ぐらいに行くかな。

投稿者 yuquilah : 11:03 PM | コメント (5)

May 04, 2006

福井から京都へ

A嬢お母様と涙の別れを惜しみつつ、大阪在住K嬢カップルと京都帰省をもくろむ私は、一緒に関西方面に向かうことに。

とその前に、北陸随一の名湯、あわら温泉まで来たからには温泉に行こうということで、公共の立ち寄り湯、セントピアあわらに。ここはとにかく安くてびっくり!500円ですよ。銭湯なみです。

なぜか温泉玉子を作れるコーナーがあって、1個30円で玉子を買って、こちらに入れておいて後で食べることができるんです。
onsen.jpg

中は結構広い露天風呂があったので、K嬢と久々に語ってあっというまに時間が。
温泉玉子もちょっと固めながらもいい感じでできあがったので、食べてきました。

温泉町で、旅館も予約がいっぱい、というわりには街に人がいなくて、空いているみせもまばら。うーん。なぜ?
しかしその中で気になる「地酒蔵 近藤」。やっぱこういうの、ついつい寄っちゃいますよね
生酒の量り売りをしてくれて、その場でビンにつめて、オリジナルのラベルを作れるんです。ということでユキーラ様オリジナルの酒を一本(笑)
kondo.jpg
試飲してみましたが、アルコールが20度で結構高めです。新鮮なうちに冷やしてきりっといかなくちゃ!

福井駅まではえちぜん鉄道でゆるーりと戻ります。たった一両の、とってもかわいい電車。もう萌え〜♪いやいや、それはおいといて。
echizen.jpg
車体がかわいいのもポイント高いんですが、無人駅が多いのもあって、車掌さんが案内をして、検札をしたりするんです。この電車にもかわいい女性車掌さんが。
でも福井ってやっぱり車社会で、公共交通はことごとく発展しないんですって。わかる気はしますけど。でも、この電車にはぜひ残って欲しいものです。

福井から関西方面にいく特急といえば、なんといっても「サンダーバード」(ここでサンダーバードのテーマが流れる)!昔からあった「雷鳥」です。雷鳥っていうと雪深い越前というイメージだけど、サンダーバードというと急激に近未来だよね?
東京から出ていない特急ってなかなか乗る機会がないので、機会があればここぞとばかりに乗っちゃいます。

夕食はK嬢カップルと一緒に、という話だったのだけど、私が京都で降りるので、せっかくだから京都で、という話に。しかし今はGW真っ只中。場所決めといた方がいいよね??
そこで京大出身(もちろん京都生活の長い)ダーリン殿の手腕が。彼の京都飲み屋データベースを駆使して、先斗町のまんざら亭を予約していただきました。

案の定京都駅前はえらい人で、タクシーは大混雑だし、現地についても待っている人の行列が!予約して正解でした。ところでこのお店、チェーン店というのでK嬢と私は全く普通の居酒屋を予想していたのですが、町家でおばんさいスタイル、しかも料金はリーズナブルと京都気分を堪能できるお店でした。もちろんご飯類も非常においしいし、デザートもおしゃれ!

manzara.jpg
オススメのイチゴたっぷりのヨーグルトアイスです。かわいくて食べるのがもったいないくらい!

ダーリン氏も素敵な方で、楽しい会話をさせてもらいました。また大阪行ったときはよろしくね!

投稿者 yuquilah : 11:03 PM | コメント (6)

あれから1年、福井への旅

去年のGWにダイビングの事故で亡くなった友人A嬢の一周忌ということで福井に向かうことになりました。
本当はみんな昨日に集まっていたのですが、リハが先に入っていたのと、続けて関西に帰省したかったこともあって1日遅れで合流することに。あやうく寝過ごしそうになりながら朝一の飛行機で小松空港→福井へ。ほとんどの人は昨日日帰りで来たとかで、福井駅ではA嬢のお母様と共通の友人、K嬢、そのダーリン殿が迎えてくれました。

まずはA嬢の家に行って、思い出の品を色々見せてもらいました。
前の日はなんだか眠れなくなって、彼女から来たメールや年賀状(毎年自分の旅の写真を送ってくるのね!)を見返してしまったりしたのだけど、大学時代からの世界中を旅した写真や、会社で活躍している姿を見ると、本当に彼女は濃い人生を送っていたのだな、と。旅行サイトで載せた沖縄旅行もA嬢とのものだったけど、あんなにテンション高くて楽しい沖縄旅行は一生忘れない。
A嬢の彼で、一緒に亡くなったKさんとは一昨年の逗子では本当にお世話になっていました(ライブで行くたびその前後に逗子のKさん宅にあがりこみ、何かごちそうになっていました)が、お母様はあまり知らなかったようなので教えてあげました。
彼女にとって、Kさんと過ごした日々は本当に幸せだったんだ、と。

そんな逗子の楽しい思い出があっただけに、去年の夏も逗子には何度もいったのですが、彼女たちの楽しそうな姿がフラッシュバックして実は結構つらかったんです。本当はね。

oroshi.jpg

お昼には越前名物「おろしそば」をいただきました。大根おろしがはいったつゆをかけて食べるおそばです。健康的で、あっさりして、とってもおいしい!そばフリークなら一度は食べたい一品でしょう。
これなら家でも簡単に出来そうなので、夏はぜひ自分でもやってみたいものです。

北陸では有名な温泉街、あわら温泉に移動して彼女のお墓をたずねる。

fukui.jpg
どこまでもつづく水田、どこまでもまっすぐな道、全く高い建物のない風景。
それは日本の原風景のようであって、私の知らない日本。キューバの風景と同じくらいのカルチャーショック。日本は坂が多くて、起伏が激しくて、ちまちました場所だと思っていただけに、アメリカのような雄大さを感じる場所があるって事自体がすごい。
でも、一度違う世界を見てしまった彼女は、外の世界に飛び出したかったんだろうな。

お寺にはとってもかわいらしい花が一面に咲いていて、よく話に出てくる天国のようでした。
ねえ、彼と幸せにやっているのかな。それとももっと生きたいという無念さがあるのかしら。
彼女の事故を思い出すたびに、無常と、せつなさと、それこそ人間はどう生きるべきなんだろう、ということを考えてしまうのです。

心の中では生きているって思ってもね、でもねえ、やっぱりこの世に生きていて欲しかったよね。

投稿者 yuquilah : 08:30 PM | コメント (0)

April 29, 2006

帰ってきたよ

キューバ&カンクン一週間の旅から帰ってきました。
いたって健康!超日焼けしてます!

もう最初のこととか忘れたから何から書けばいいかわからないけど、徐々に思い出したことを書いて行こうと思います。
今回はとにかく、あんまりつらいこと、ていうかトラブルがなかった。
ツアーだから空港からの交通を探す必要もないし、ホテルも快適。こんなんでええのか?と思ってしまうくらい。

食べ物も・・・やっぱ何を食べてもおいしいです(笑)キューバでも。
キューバで歌のレッスンも少し受けてきました。もう、歌っているのを間近で見るのが一番の勉強です。
ライブ、ばっちり見ました。NGラバンダを逃したのはちょっとくやしかったけど、シエラマエストラは素晴らしい。カンクンのクラブはハコバンばかりだったけど、彼らの演奏は、日常のちょっとしたTipsとして生かせることがたくさん。
野球は、残念ながら曜日があわずに断念。次回行ったらリベンジしたいことのひとつ。ただし、治安はとても悪いんですって。
海、堪能しました。自然の素晴らしさを体感しました。
マヤ遺跡も見ました。自分の祖先につながっているような感覚。
そして、とにかく仲間に恵まれました。ひとり旅でしか味わえないものもあるけど、みんながいるからこそできることがたくさん!本当に感謝感謝です。

ティンバのテンポに体が追いついた状態で明日はソモロのリハ。そして、真野倫太郎ソモロマキシモは7月17日(月祝)にもライブ@江古田Buddyが決定!

今回もそんなに、激しく何かが変わったってことはないんだけどね。でも少しでも成長できていればいいなあ。

投稿者 yuquilah : 07:20 PM | コメント (5)

April 22, 2006

キューバいってきまーす

これだけ働けば十分でしょ(笑)
ただいま成田です。
家を片付ける間もなく、キューバに出発です。

思えば前にいったのが4年ほど前。
あの時は自分がいろんな意味で壁にぶつかっていた時期。
キューバに行けば何か変わると思っていたんです。でも、貴重な体験はしたけど、劇的に変わることなんてなかった。ちょうどその前の2年間でNY、プエルトリコ、キューバと行ったんだけど、自分は案外そのままだったんです。
キューバから帰ってきて、海外旅行に予定と期待をフルにつめこむのはやめよう、と思いました。何かブレイクスルーを期待するのではなく、ただ何でも楽しもうという心を持って、いろんな場所に行こうと。
そしたら期待以上に面白い経験ができるようになってきたんです。

今回は実はキューバは半分、あと半分はカンクンです。カンクンは特に今まで一人で不自由した場所なので、一緒に行く人がいるのは心強いし、楽しみ。
しかも久々にPCを持たない旅行です。メールにもほとんどアクセスできないと思うけど、またレポートしたいと思います!Ciao!

投稿者 yuquilah : 02:27 PM | コメント (6)

April 19, 2006

ミナミでソウル・ナイト

早く終わるといっていた最終日も、結局ぎりぎりの時間で終了。
仕事としてはうまくいったけど、その陰での準備、努力は死ぬかと思った・・・。
明日のMC仕事の当番はなくなったため、みんなを先に帰して私はお客さんからの宿題を片付け。
ホテルはニューオータニが急激に値段アップで連泊できる状況ではないし、もうちょっと都会で飲んだりしたかったので、心斎橋のハートンホテル(バス氏ご推薦)に移動しました。
やっと来たよ、都会!
(今までのはなんだったんだ?)
ようやく大阪らしい大阪にありつけた感じ。
こちら、なかなか立地はすばらしいのだけど、少し施設は古いよね。サービス、アメニティ(加湿器がうれしい)とかはまあこの値段なら十分レベルだと思うけど。
(あとLANが最初順調だったのに急激につながらなくなってしまった)

sennichimae.jpg

さてもう夜だったので次の日の洋服を調達しつつ商店街を一路なんば方面へ。
大阪にいったら一度は行けといわれていた千日前のソウルバー、MARVINに行きたいのでそちら方面に。
しかしこの界隈の店の名前、すごいよね!五反田もびっくりのネーミングセンス。○○喫茶とかいうのも、東京じゃありえないような変な店がいっぱい。あまりにすごすぎで書けないのが残念!
MARVINの入っているビルもとにかくすごくて、(昭和20年代のビルだって)びっくり。
こーいうところに一人で飲みにいってしまう自分がコワイ。

まーでも店に一歩はいるといい感じのお店。MARVINはマスター不在ということでしたが、お店の方とお客さんと色々話しつつ、結構楽しく過ごしました。こういうごちゃごちゃした都会で飲むとほっとするのはやっぱり都会っ子の性かな。

投稿者 yuquilah : 11:05 PM | コメント (3)

April 18, 2006

お花見日和だったのに・・・

今回実は仕事の方は超順調なのです。
順調なのに、早く終わりすぎて次のことを準備しなくてはいけないので深夜まで働いてるわけ。ありえなーい!てなわけで今日もバラデロいけず。
結局OBPのイタリアンでたらふくピザを食べてしまいました。
まあ、でも明日は団体行動やめてのみに行くことにします。

そんなわけで今日が最後という造幣局の桜の通り抜けもいけなかったなあ。
仕事場からは、大阪城公園の桜が本当にキレイに見えるんですが。

サルサでもきいてぱあっと行きたいところですが、仕事の合間なのでスムース・ジャズのネットラジオ。
今日のヒットはKaryn White&Babyfaceの"Love saw it"。これ実はもう15年ほど前の曲なんだけど、リアルタイムで好きだった記憶が。男性パートと女性パートが切れ目なくシンクロして、一瞬ひとりで歌っている?と思うほど。そしてBabyface、やっぱりナイーブで美しい歌詞書くよね。
いいなー、こういう歌、今なら歌えるかな。

Karyn White
Karyn White
posted with amazlet on 06.04.19
Karyn White
Warner Bros. (1990/10/25)
売り上げランキング: 33,144
A Closer Look
A Closer Look
posted with amazlet on 06.04.19
Babyface
Solar/Epic (1991/11/19)
売り上げランキング: 5,318
投稿者 yuquilah : 11:39 PM | コメント (5)

April 16, 2006

シンデレラ・エクスプレスで大阪へ

↑いきなり死語やね〜。知ってる人どのくらいいるのかな?
ええと、大阪におります。
結構夜遅くの新幹線だったため、改札の外は遠距離恋愛らしきカップルでにぎわってました。
なんか甘くてせつなくてうらやましい感じ!遠距離恋愛って経験ないし、自分はどちらかというと物理的な距離には負けるタイプなので、離れるほど盛り上がる、という気分を体験してみたい気も。
自分の両親なんかは数年間横浜〜大阪で付き合ってたらしいので、すごいなーと尊敬します。

で、やってきたのはニューオータニ大阪!なんでそんなに高級な!というと桜の季節も一段落ってことでなんと1万円を切る価格で泊まれるというので、同僚が勝手に取ってしまったのでした。
ホントはもっと繁華街に泊まりたかったんだけどなあ・・・(夜遊びしか頭にない人)
いつも大浴場つきの某ビジネスホテルチェーンにばかりお世話になっている私としては、いきなりチェックインしたら「キャプテン!」なんて出てきて部屋まで荷物を運ばれる状況にひじょーに慣れないものを感じています。貧乏性です、はい。

しかも朝食は2000円もする!それでも最近の私は「たまには優雅に♪」なんてこともしちゃうんですが、今回はキューバに向けてお金がない+ここ10年で最高体重を更新してしまっているわけで、バイキングなんて食ってる場合じゃありません。割と近くに24時間営業のステキな安売りスーパー玉出があったもので、必要なものを色々調達して、帰って来ました。しかし人が誰も歩いてないよ〜。こわいよ〜。

明日から3日間、大阪で仕事。今回はお気楽MCなどではなく、マシンルームにカンヅメで電磁波浴びまくりの作業、というハードなものなんですが、お城を見渡せる素敵なロケーションってことだけが救いかな。造幣局の桜の通り抜けだけは何とか行きたいものです。


あ、あと目標は飲みすぎない!私つまみナシで飲めないので飲むイコール食べるになっちゃうんですな。ダイエット計画敢行するぞ。しかしここは大阪。誘惑多すぎ・・・

投稿者 yuquilah : 11:29 PM | コメント (16)

March 23, 2006

大阪ベイ→京都の梅見

今日も別会場でMC仕事@大阪。
「ゆめ咲き線」というのに乗ります。
yumesaki.jpg
かわいい〜!セサミストリート電車だよ!
USJに向かう線なので、キャラがおもいっきりフィーチャーされたリゾート感たっぷりの電車。
春休みではしゃぐ学生らしき子たちを尻目に超工場地帯で降りる私。
ホーミターイト♪大阪ベイブルーース♪
「悲しい色やね」歌っちゃうよ、まったく。
まあ、それでも3時間のトークセッションは無事終了で昼過ぎに解散。

ということで、午後はお休みにしてせっかく大阪まで来たので、USJ・・・ってのも考えたのですが、久々に京都の母親に顔見せにいってきました。たまには私鉄で行こうかなーとも思ったけど、西九条からだったのでノーマルに大阪から新快速!速い!うれしい!ちょっと高いけど!

関東でも「そうだ、京都、行こう」の春バージョンCMが流れて、すっかり京都に行きたくなる季節ですが、残念ながら桜はまだ。
その代わり、梅がすばらしいという北野天満宮にいってきました。ここは受験で有名だよね。東京なら湯島、福岡なら大宰府、京都なら北野、でしょう。受験シーズンは終わったので本来のお参りは少ないのですが、何といっても梅は見ごろで見事なものでした。

通常の境内だけでも素晴らしいですが、有料の梅苑はさらに趣があります。
kitano2.jpg
途中お茶屋さんで梅茶&お菓子を食べながら梅がながめられるのもうれしい!本当はもっと鮮やかな色なんですよ。

そんなわけで携帯の壁紙も、冬の金閣寺から真っ赤な梅の花にチェーンジ!
仕事用のヒールで歩き回ったので足が痛いけど・・・。

投稿者 yuquilah : 10:16 PM | コメント (82)

March 10, 2006

せっかくなのでディズニーへ

まあここまできてディズニーワールドに全く行かないのもなんなので、朝早起きしてMGMスタジオに行ってきました。実はオーランド、15年ほど前に来てるのですね。その時はマジックキングダムしか行ってないのでMGM行ってみたかったのです。
オープン前に並んだだけあって、(平日だし)ほとんどのアトラクションは待ち無し。こういうものって普段は敬遠してますが、行ってみると面白いです。エアロスミスのジェットコースター(エアロスミスの曲にあわせて高速運転!どこまで頭振りつつ歌いながらいけるか試してみるといいかも)とか、インディ・ジョーンズのスタントシーンを実演するショーとか、日本ではないアトラクションが多くてよかったです。しかし1日券で63ドル。日本をしのぐ高さです・・・

さて夜はドミニカVSオーストラリアを見に行こうと思っていたのですが、あまりに疲れていたのと、グロリア&エミリオ・エステファン夫妻経営のレストランBongo's Cuban Cafeのライブが結構早い時間だということもあって、いったん休んでから夜にBongo'sに繰り出しました。やっぱりラテンのリズムがないと禁断症状が出てしまうようで、店入ったとたんに生き返りましたさ。(まあ前日も一日ラティーノ野球だったんですが)バンドはSonora de Orlandoというバンドで、まあハコバンのようです。結構営業的ではありましたが、なんでもそつなくこなしていて、こういう店にはこれでOKなのでしょう。最初はライブだけ見てればいいやーとか思ってましたが、結局けっこう踊ってしまいました。
治安もいいし、客層もいいし、案外お酒も安いので、オーランドに来たら一度来てみるのはおすすめです。

近くにバージンがあったので、いろいろCD買っちゃいました。あのメレンゲグループGrupo Maniaも!

La Hora de la Verdad
La Hora de la Verdad
posted with amazlet on 06.03.11
Grupo Mania
Universal Latino (2005/08/16)

大ヒット曲”Como Baila"のカッコ悪いのに「俺ってかっこいい」オーラを振りまき、なんだかかっこいいように見せてしまう技と、素晴らしいフォーメーションワークが気になっていたのですが、このアルバムのジャケではかなり洗練されています!ついでにちょっと前のGrupo Maniaも入っているDVDを買ったのですが、Como Bailaの頃のカッコ悪さは全くありません!

うーん、今日のバンドもAtadaやってたし、メレンゲ歌いたいよ〜。メレンゲ歌えるバンドやりたいです。まあ、あのフォーメーションワークをやるヴォーカル・グループってのもありだけど。

投稿者 yuquilah : 11:56 PM | コメント (2)

March 08, 2006

到着〜。

オーランドにやってきました。
飛行機はディレイなし、気流もまあまあで来ましたが、空港からホテルまでの相乗りバンがすごい時間かかって、しかも時差ぼけで頭が働いてません。

しかしプエルトリコは勝ったけど、アメリカがカナダに負けている!
なんつうこっちゃ〜。
おなかすいたので、ご飯食べてきます・・・。

投稿者 yuquilah : 07:55 PM | コメント (2)

ちょっと行ってきます

今日から少しばかりオーランドに行ってきます。
目的はミッキー、はほんの少しで、大半はミゲル・カブレラ、デビッド・オルティス、その他たくさんのカリビアン野球選手です。ま、いつものごとく気まぐれで決めちゃった旅行なんですが。

しかし今朝見たらドミニカVSベネズエラ直接対決はドミニカ圧勝だし!(こりゃ他の選手が辞退しなかったらどうなってることやら)他の試合で手を抜かないでいてくれることを祈るのみ!あ、でもイタリアってマイク・ピアザがいるんだよね。
しかしアメリカも案外メキシコを打ち崩せてないし、余裕と思われたプエルトリコ負けてるよ!どうなるのでしょうか〜。

今朝首寝違えて片方しか動かない、と思ってなげいていたら棚から100ドル、財布のレシートの間から5000円が出てきた!ラッキー!ではいってきます。

投稿者 yuquilah : 10:34 AM | コメント (134)

February 26, 2006

湯けむりデスカルガ箱根の旅?

他のサルサバンドの仲間たちとちょっとした企画で箱根に旅行。
でデスカルガ大会・・・?と思いきや今回は楽器は無しでした(笑)

場所は箱根にある会社の保養所で、まったく期待はしていなかったんだけど、かなり素晴らしい施設でごはんもおいしい!
芦ノ湖の遊覧船に乗ったり、山のホテルのおいしいデザートも堪能しました。

夜は当たり前のごとく宴会に突入。
音楽的な好みはみんな違うけど、音楽に対して真剣なことだけは共通している仲間。
バンドのリーダー論なども飛び出して、これからやりたいことへのヒントになりそうなことがたくさん。
その後の女の子Talkも楽しかった!
次の日は天気の悪さもあって、早めに都内についたけど、結局話が盛り上がって笑いが止まらない。

決意したことはいろいろ。そろそろサルサのルーツをきちんと聴こう、と思うのと、自分もまわりも変化することをおそれない、ということ。あとは、クールなことも、クレイジーなことも、両方やりたい。バランスとってなんぼ、のてんびん座ですからね。

投稿者 yuquilah : 10:27 AM | コメント (2)

December 21, 2005

雪のクリスマス@札幌

初めての札幌です!メインは仕事なんですが・・・仕事はさんざんしぼられたあげく、予定より短い発表時間で終了。まあ、こんなもんですか。

夜はこちらのチェーン居酒屋らしい七福神商店西口店にて。やっぱりみんないうとおり、こちらは魚介類がおいしい!
sasimi.jpg
こちら豪華な舟盛ですが、実にリーズナブルなお値段。こちらでしか見ないイカのルイベや八角のお刺身などもいただきました。そういえばこちらって「ラーメンサラダ」は普通にあるものなんだそうです。魚や一丁でしか見たことなかったんだけど・・・魚や一丁も北海道発祥だからなのかな?

その後ホテルに近いすすきの方面に移動して、ジャズのお店→カラオケ。
北海道でドリカムの「Winter Song」を歌うとは感慨深いです。しかし一緒にいた人々がつぶれてしまったため、スナックのお姉さんと世間話に興じていたのでした(笑)。

こちらはマイナス5度くらい、夜はマイナス10度くらいまでになるのですが、風がないせいか日が当たっていると割と過ごしやすいです。靴は北海道仕様でブーツをはいていったのですが、意外にも地元のギャルたちはつるつる滑りながら細いヒールのブーツで歩いておりました。やるなあ。しかも酔って道端に倒れている若者もふつうに(渋谷レベルに)いるし。ていうか凍死するぞ、冗談じゃなく。

ホテルは今回「大浴場付」限定で選んだのですが、これは正解でしたね。しかし帰りが遅くて残りの仕事もできず、楽しみにしていた岩盤浴の時間も終わってしまっていた・・・普通の大浴場の方はのんびりできてよかったのですが、東京で岩盤浴リベンジしよーっと。

投稿者 yuquilah : 08:56 AM | コメント (2)

November 18, 2005

あずさに乗って

ほぼ半年振りに「あずさ」に乗って出張。
行きはラッキーなことに「スーパー」がつかないやつ。RF/1のお弁当を買い、お茶を買ったところ、なんかおまけがついている!
jrfigure.jpg
「JR東日本フィギュアコレクション 制帽編」というらしく、7種類のボトルキャップにつけるフィギュアが・・・マニア心をくすぐりそうな一品ですな。

甲府を過ぎると、紅葉がとってもキレイで感動します!車窓からだとあまりいい映像は撮れないのですが。
koyo.jpg
小淵沢あたりがピークでしょうか。小海線、一度乗ってみたいですね。ソフトクリーム食べつつ。しかし今の季節はきびしそうですが。
小海線って海がないのになぜ「小海線」なんだろう?

仕事の結果は散々で、帰りは苦手な「スーパーあずさ」。乗り物酔いなど人生で経験したことなかったのに、これだけは苦手意識ができてしまいました。「振り子電車を克服しなきゃヨーロッパの電車は乗れないよ」といわれているだけに、スーパーあずさで余裕でお弁当食べられるようになりたいんですが。

ドアの前の席だったので開けっ放しになって寒いこと!しかも満席です。この乗車率の良さ、すごいねえ。後ろには団体旅行の方々がいっぱい乗っていましたが、添乗員さんは1人1人に乗り換えの案内をして、車掌さんと交渉し、本当に大変そうです。
バスの旅は1つのバスで行くのでまだよいのでしょうが、電車の団体旅行って他の人もいるだけに、まとめるのが本当に大変なんでしょうねえ。

投稿者 yuquilah : 11:55 AM | コメント (11)

October 10, 2005

ようやく9月の旅行記すべてアップ!

はい、お待たせしました。
なんとか帰国から1ヶ月以内に、旅行記をアップすることが出来ました。
写真が多いので一部変なレイアウトになることがあるかも。Livedoor、どうカスタマイズすればいいんじゃ〜(ってスタイルシートちゃんといじれよ、って感じですが。)

2005年9月プエルトリコ&NY旅行

これを見るとじっくりNYに行きたいな〜なんて思いますね。
あとから聞いたら同じ時期にNY滞在してた方も多いらしく。いやー、会えなかったのが残念。

投稿者 yuquilah : 12:08 PM | コメント (2)

October 06, 2005

山形いってきました

出張のため(日帰りですが)山形にいってきました!
それにしても山形新幹線はいいですね〜。2-2の座席だし(新幹線は快適だけど、いやなことといえば3-2のアンバランスな座席!)、福島からは本当に普通の線路を走るので、景色が気持ちいい!
yamagata.jpg
「温泉王国」とかいわれると、温泉にも入らずに帰るのがくやまれます。こちら「かみのやま温泉」の素敵な稲穂が輝く景色になぜか建っている謎の高層マンション。全然売れずに600万円くらいで買えるんだとか(^^;
お昼は名物の「板そば」を食べました。「三津屋」というところに行きましたが、一番人気は「出羽香庵 」なんですって。これは虎ノ門の山形県観光物産センターでも食べられるそうです。

imoni.jpg
山形の秋の風物詩といえば、「いも煮会」だそうです。川原でバーベキューのような感覚で、必ず「いも煮」をするのだとか。ということで帰りは名物玉こんにゃくといも煮を買ってみました。
いも煮はかなりヒットです!里芋、こんにゃく、牛肉と野菜をしょうゆベースで煮込んだ汁。牛肉のだしっていうのが日本ではあまりない味で、素朴なのにびっくりするほどおいしいのです!
簡単に作れそうなので、家でも作ってみよう〜。

そして、山形新幹線では弁当の注文をとっています。なんと米沢牛の牛肉弁当を予約しているのです。ちょうど夕食時なので、こちらも食べてみました。さすが人気があるのがよくわかる味。
ひそかに出羽桜大吟醸(奮発してみた!)も仕入れたので、山形の味でささやかなぜいたくをしてみました。
快適な電車に乗っていける出張は、たまにはいいものですね。

投稿者 yuquilah : 08:47 AM | コメント (5)

September 30, 2005

旅行記プエルトリコ編を公開

一日家で仕事をしたけどなかなかはかどらない〜。

先日のプエルトリコ&NY旅行記ですが、ついにプエルトリコの部分を公開いたしました。
http://blog.livedoor.jp/yuquilahonthetrip/archives/cat_10002888.html
わけあって、外部のlivedoorブログで作ってます。なんだかもう、なつかしいなあ。

ところで今更、なんですがアメリカでは30代独身女性のバイブル、といわれるSex and the CityのDVDを借りてしまい、一気に見てしまいました!原作本も(主にNYで)読んではいたのですが、細かいディテールがわかってさらに笑える!共感できる!次々起こる問題が本当によくある話で、もっと前に見ておけばよかったなーと思ったわ。
意外だったのは、アメリカの価値観って本当に都市部と郊外でこうも違うのか、ってこと。私はアメリカでは田舎に住んでいたし、あまり都会の友達っていないんで、結構保守的な考え方で、日曜には教会に行き、一夫一婦制を信じる人ばかり(笑)だったのよ。
でもマンハッタンではそれほど信心ぶかくなくてもOKだったりするのね!日本の都会と基本的には似ている価値観のような気がする。唯一ひっかかるのは、WASPがマイノリティーのマンハッタンにおいて、女4人が集まってみんな白人ノンヒスパニックってことね。出てくる男もやはり白人ばかりだし。その点アリーMy ラブの方が、バラエティに富んでいて現実味があったかなあ。
あとはNYのいろんなスポットが出てくるのも見ていてうれしいし、このままじゃ全部借りそうだな(^^;

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 1
CICビクター・ビデオ (2002/07/19)
売り上げランキング: 5,026
投稿者 yuquilah : 12:51 AM | コメント (0)

September 21, 2005

帰国しました

何とか無事帰国でっす!
NYでもWille Colonのライブでがつんとやられたり、スパニッシュ・ハーレムを探検したりとほとんど寝ずに楽しくも濃い日々を過ごしました。
いやー、もうずっと日本にいなかったような気分です。

この2,3年間の個人旅行は、楽しいことは楽しいんだけど、出会いたいものにあまり出会えず、ちょっと不完全燃焼な部分が多かったんだけど、今回は予想以上に楽しいものに出会えて、たくさん刺激を受けることが出来ました。
とはいえ、ちゃんと食事らしいものをとっていなかったので、久々の和食はほっとしましたが(^^;

サルサのCDもいっぱい買いましたが、その中でももっともお気に入りはこれ。ニュージェネレーションのプエルトリコ・サルサ、n'klabeです。タイトルも"I love salsa"ストレートではありませんか!今風の感覚と、クラシックなものへのリスペクト。SONY DISCOSから出ていますから、すでに日本のクラブでも結構かかっているのでしょうが・・・かなりオススメです!

I Love Salsa!
I Love Salsa!
posted with amazlet at 05.09.20
N'Klabe
TRK (2005/05/31)
売り上げランキング: 78,877
投稿者 yuquilah : 12:19 AM | コメント (3)

September 18, 2005

NYに移ってきました!

プエルトリコでは、素晴らしいライブを堪能し、またどういうわけか以前に日本に住んでいて、デラカンダのライブも見たことあるという人に遭遇し(なぜかプエルトリコで祖師谷大蔵の話で盛り上がった!)、帰るのが惜しいくらいの楽しい滞在になりました。

さて、昨日からはNYに移動です。NYではサルサバンド仲間(なぜか全員違うバンドをやっているのだけど)と合流して、なかなかディープな、ワシントンハイツに程近いハーレムに滞在しています。
バスも地下鉄もスペイン語の嵐で、英語:スペイン語の比率はサンファンとあまり変わりないのでは?

で、なぜネットにアクセスできるかというと、これがまた不思議で、滞在先でPCひろげたら、ワイヤレスの電波をひろうのですよ!「NYはどこにいても無線LANの電波があるから、ネットにつながる」と言われたのですが、まさか本当だったとは!
とはいえ、来て早々目当てのライブがキャンセルらしいことが判明。さてどうなることやら・・・。

投稿者 yuquilah : 08:23 AM | コメント (2)

September 16, 2005

やっと日本語環境

まだプエルトリコです。
いやはやー、ようやく日本語が書けました。都会からはなれて住んでいるのと、1人でなかなか行動しないので、インターネットカフェに行けないのですね。
たまったメールの多さになかなかビックリです。

こちらではメインは語学学校ですが、合間にいろいろと遊びに行っています。
昨日はライブを見てきました。クラブのハコバンなんだけど、これがすばらしい!
正直週末がないのでプエルトリコでライブは期待してなかったんだけど、やっぱりローカルなクラブにいくべきなんですねえ。
いよいよ後半戦です。とりあえず毎日お米を食べているのでごきげんです。
やっぱプエルトリコの料理は好きだわ〜。

投稿者 yuquilah : 04:33 AM | コメント (1200)

September 12, 2005

Puerto Rico!

Yatte Kimashita, Puerto Rico ni imasu.
Ikinari zenbu Spain go de kanari atamaga mawaranai...
Kyou kara gogaku gakkou ni kayotte masu.
Gakkou wa Cancun yori Kibishiku te, Spain go igai kinshi desu!
nihongo demo urade nikki kaite masunode sorewa ato de upload shimasu :-)
Ciao!

投稿者 yuquilah : 10:35 PM | コメント (0)

September 11, 2005

JFKにて

ただいまNYのJFK空港にてプエルトリコ行きの飛行機待ちです。
NYまでは30分前に全員乗り終わって、順調!と思いきや雷雨で1時間半くらいディレイ、そしていつものごとく入国に1時間・・・と大変だったのですが、そこを抜けてしまえばそれほどでもなく。

今回はJetblueという航空会社でサンファンまで行くのですが、なんと片道99ドルですよ!徹底的にオンライン化してコスト削減しているようですが、席も選べるし、なんといってもサンファンまで1日4往復も飛んでいるんですよ!(しかも11月からはニューアークからの便も出る予定)で、ここのターミナルがなぜか無料で無線LAN使用可能なので、こうしてネットにアクセスできるわけです。
まあ、さすがにプエルトリコではそんなにアクセスできなそうだけど。

投稿者 yuquilah : 03:01 PM | コメント (3)

August 21, 2005

帰りました

愛知万博経由で京都〜大阪から帰ってきました。
とにかくものすごい体力使いました。疲れたけど、楽しかったー。
そしていろいろ発見もありました。
というのに帰りには逗子海岸にいってたんですが(笑)
徐々に書いてく予定です。

投稿者 yuquilah : 08:03 AM | コメント (2)

August 20, 2005

大阪トレインビュー

さて京都から一路、新快速で新大阪まで。大学時代のゼミ合宿ご一行様に合流して、交流を深めよう?というところ。しかしいやー速い!速い電車大好き(爆)
関西って平均的に電車のスピードが速いですね。だから福知山線のような事故が起こってしまったともいえるのですが・・・F1を見ていても、速いのが好きっていうのは人間の基本的欲求のような気がします。

新大阪は新横浜よりはマシとはいえ、いまいちお茶を飲んで時間をつぶすにも苦労しますね。ホテルの会議室で後輩の研究内容などにつっこみを入れつつ午後は過ごしました。でも研究というものに集中できるなんてうらやましい。
同じ会社兼このゼミの方には「いずれ戻ってくると思ってるんだよねー」とか言われましたが、まあ、よっぽどお金と時間がありあまらないと、学校には戻らないでしょう。十分長くいたってのもあるし、以前やっていた分野の続きをやる気はあまりないのです。プチリタイアは夢ですけどね。

夜は十三に移動して飲み会。十三といえば大阪随一の歓楽街、というかあまり治安のよいイメージはありませんが、今回いったCASA GALAXYという場所はすごい!淀川沿いのタワーマンションの最上階にある、ペントハウスのような場所なのです。今回は貸切だったので、すてきなインテリア、そして素晴らしいリバービューをひとりじめ!いやあ、この団体、なぜかこういう店のチョイスはいつもおしゃれ。

と思ったらですねえ、
「おおー、阪急電車競争してるぞ!」
の声。
そうです。ここは、すばらしいリバービューと同時にトレインビューだったのでした・・・。素敵なお料理を楽しみながら、途中では異様に盛り上がる交通系トリビアクイズ大会。やっぱマニアだよ・・・(笑)

その後は淀川沿いで花火して盛り上がったりして、なんだか青春だよなあ。

投稿者 yuquilah : 08:43 AM | コメント (0)

August 19, 2005

まずは愛知万博〜京都

今回の目的はいちおうお盆時期だし、お墓参り(@京都)もいっとかなきゃ、というのと、ちょうど大学の後輩たちがゼミ合宿を大阪でやっているというので、合流して飲むということ。
ということで、大阪きたら教えてね〜とかいってくれてた人とは全く会えずだった、かなり忙しい旅でした。

が、最初は夜行バスで愛知万博へ。
というのもわけがあって、この時期、繁忙期だから新幹線は全く割引が使えない!回数券もアウト!なので交通費が高い。うーんどうしよう、と思っていたところ、やはりここは「夜行バス」かな?と思って探していたら、愛知万博まで直行してくれるバスを発見。これが格安3800円で、バスマニアのバス氏には「あのバスの運営は労働条件がひどいから危険だ!」と注意されたんだけど、愛知万博まで直行してくれるというのが急に魅力的にみえて、さらに19日は中米ナショナルデーってのもあって行くことに。

さて、バスは8時前に会場に到着。案の定駐車場近辺は何もなし。でみんなすでにぞろぞろ歩いている。会場は9時だけど、それまでにしっかり並んでおこうということね。おかげで朝から暑い日差しの中を1時間近く待たされるはめに。あー、これは帽子必須!

まず向かうはEXPOドーム。今日は中米ナショナルデーで、11時から式典とアトラクションでSONSAX含む中米のミュージシャン、ダンサーの公演が見られるというのだから行かなくては!!しかし会場広すぎ。すでにばてていたが、EXPOドームでは長蛇の列。そして私の目の前で整理券がなくなる!!おいおい、これを見に来たのにー。と思っていると、とりあえずキャンセル待ち券を配られた。
周りの人の話を総合すると、中米7カ国のナショナルデーということで、姉妹都市の関係者ばかりでほとんど席がうまるそうな。とはいえ、実際は結構がらがらだったので、キャンセル待ちの人もほとんど入れた次第。よかったー。
案の定最初は大統領や日本の代表団のあいさつなど。しかし各国を代表する大統領閣下方、ほんとうにかっこいい方ばかり。しかもラフなスタイルでもとてもよくお似合い。
後半のアトラクションは、まずマリンバのアンサンブル。これが豚の皮を共鳴管に使ったものだとか。素朴な音ながら、変化に富んだ音楽を聞かせてくれる。次にホンジュラスの民族舞踊団。現地の文化にスペインのエッセンスが溶け込んで、華やかでとても美しい踊り。そしてお目当てのSONSAXはゆっくり始まったけど、曲が進むごとにのりのり。4人のサックス隊が前にいったり後ろに行ったり、マーチング・バンドのような動きを見せてくれる。でもやっぱりサックスアンサンブルがいちばん生きるのはメレンゲだなーって思ったんですが。

とりあえずこれを制覇しただけで十分疲れ、JR東海のリニアに行きたい!と思うも移動するのにIMTSの「30分待ち」に気分が萎えてしまい、近場の外国館から順に制覇していくことに。
とはいえ、ですねえ。人気のドイツ館などはすでに120分待ちとかで、基本的に自由に中の展示を見るようなものしか入れないのですよ。
カナダ、オランダなどの映像モノはなかなかアーティスティックでしたね。子供は「意味わかんなーい」とか叫んでたけど。感覚的にカッコイイとかオシャレとかで感じるしかないでしょう。
当然ながら中南米はかなり制覇しました。キューバ館ではやたら濃いラムコリンズを飲み(汗かきすぎて全く酔わない)、ドミニカ館ではメレンゲレッスン。なぜかアルゼンチン館のタンゴを逃して残念。

それにしても外国館のレストランはどこも長蛇の列。まあ、いいか。東京ならどの国の料理でも食べられるし。みたいなあきらめの境地に達しました(笑)

その後帰りは楽しみにしてたリニモ!ということで長く乗るために藤が丘に出ることに・・・で、リニアモーターカー・・・??あんまし「ゆりかもめ」とか「ゆいレール」と乗り心地変わらんよ!なんかリニアモーターカーってもっと夢のある乗り物だったのになあ。
去年も(名古屋ライブで)乗った東西線にゆられて、名古屋駅から新幹線。いきなり乗ったら40分で京都に到着!速過ぎ!

投稿者 yuquilah : 06:55 AM | コメント (0)

June 19, 2005

京都は一足先に夏!

週末は特別休暇も利用して京都にいってまいりました!
引っ越した母の様子見、父の日ということでお墓参り、といろいろ理由がありつつも、何かと行きたくなる場所、京都。しかし住むのはなかなか大変らしく、というのも暑さがハンパじゃないとのこと。
まー沖縄も慣れてるし、と甘く見ていたが、確かに東京都は違う暑さだ(笑)!
。(写真は後ほどアップ)

とはいえ、四季美しいのが京都。平安神宮では花菖蒲が咲き乱れていました。

沖縄でもお世話になった「月光荘」が京都にも出来たので一晩お世話に。静かな夜。でもいろんな人と会話をしました。こういう宿、もっと東京にも欲しい。

銀閣寺〜南禅寺の「哲学の道」は初夏はホタルが見ごろ、ということで行ってみたら、本当に飛んでいた!大群でとんでいるわけではないのだけど、結構ちらほら見えるのでうれしくなる。

素敵な銭湯を改造したカフェ「さらさ西陣」。古い文化を守り、新しい文化を育てる。そんなことが非常に京都の人はうまい。

この街がある意味私の帰れる場所であることを、とてもうれしく思いました。また近いうち、行くことでしょう。

投稿者 yuquilah : 01:07 AM | コメント (0)

June 10, 2005

最終日は再びダウンタウンへ

長かった仕事も何とか終了!
そして電車でふたたびシュトゥットガルトのダウンタウンへ行って少し買い物をする。
都会に出るとびっくりするほど人種のバラエティが増え、特にチャドルをかぶったイスラム圏の女性が多くなる。トルコのサッカー選手の多くがドイツへの移民ORブンデスリーガで活躍しているというけど、トルコ人なのかなあ。トルコの人はあまりチャドルをかぶらないイメージがあるけど。
それでも、マレーシアと同じくチャドルの女性でもピンからキリまであり、それこそ全身黒の人もいれば、GパンTシャツにチャドルかぶっている人もいる。だが、この全身真っ黒で固めた女の子が、よくよく見ると全部グッチなんだよ!
江戸時代に絹の着物が禁じられた時にも、みんな裏地に錦糸をつかったりしたそうである。「黒しか着られない」と言われても、ブランド物で固めてなんとかおしゃれを競う。ま、女の欲望は世界共通なんでしょうね。

夜はここに来て初のイタリア料理店。ドイツ人の仲間に「ドイツ料理じゃなくてもいいの?」と聞いた人が「ドイツ人だって毎日ドイツ料理ってわけじゃないし、この地域の料理は特に味が濃くて飽きるからね」と返された。ちなみにそのドイツ人はハンブルグ出身なので、シーフードがあまり食べられない内陸地方にちょっとあきあきしていたそうである。
フレッシュトマトを使ったボンゴレにパンナコッタのデザート。おいしかったけど写真取れなかったのが残念。とてもお皿も素敵だったのにね。

投稿者 yuquilah : 02:20 PM | コメント (0)

June 09, 2005

灯台下暗し!

今のホテルのあたりはお店もレストランも全然ないなーと思っていたのだけど、なんとバス停からすぐのところに巨大ショッピングモールを発見!こういうとこ、何気に郊外って便利(笑)
夜にいったので、閉店ギリギリであまり買い物はできなかったけど、純粋に買い物がしたいならダウンタウンよりこういうところのほうが品揃えがいいわね。ファッションもとてもセンスがいいけど、問題は日本人の足の短さに対応しているか・・・。

ちょっと胃も心も疲れていたので、ショッピングモールで軽くテイクアウトして食事。
フードコートのようなものがあまりないのが残念だったけど、何種類ものハムやチーズを見ると、これぞドイツ!って思いますね。
さて南ドイツはビールよりワインな地域だそうで、ワインが大充実!特に面白いのが「ゼクト」というドイツのスパークリングワインです。赤(ロゼじゃなくて、真っ赤!)なスパークリングワインもあるの。かなりドライでキツい部分もあるのだけど、おいしいです。
今シャンパンよりコストパフォーマンスがいいカヴァ(スペインのスパークリングワイン)が流行ってるというけど、次に来るのはゼクトでは、と勝手に思ってたりします。

投稿者 yuquilah : 05:53 AM | コメント (0)

June 08, 2005

バス&電車通勤中

まずはサッカー日本代表、ドイツ決定、おめでとう!
今年は「日本におけるドイツ年」なんだってね。来年のワールドカップを見越してドイツへのお客さんを増やそうという試みなんだろうけど、すんなり決まってよかった、よかった。タイでやったおかげで暴動にもならなかったしね。
←ミニ電車。LRTかと思いきや、ちゃんと線路を走ってます。
ところで、実はドイツに来て以来、会社にはバスと電車で通っている。
出張の許可が下りたところで、私が運転できない事が判明して大騒ぎ。基本的にレンタカー代よりはタクシー代のほうが安いので、タクシー通勤を認めてもらっていたのだけど・・・ホテルの近くにバス停もあるし、ターミナルからはミニ電車(2両編成)も走っている。両方とも1時間2本とはいえ、ちゃんと時間通りに来るし、さすが鉄道王国だけあって乗り心地もいいので、すっかり気に入ってしまった。(ただし、夕方は乗り継ぎが悪いので誰かに送ってもらっているけど)もっとも、ここに来ている人々は(現地の人を除いて)相当えらい人ばかりなので、みんなビジネスクラスで来てるし、ちゃんとレンタカーも借りている。バスと電車で来る物好きなんて私くらいのものだけど、この結構長い通勤時間が気分転換だったりする。
←会社の近く。一面レンゲがきれいに咲いた中を駅から徒歩10分。天気さえ良ければ最高。

日本はずいぶん天気が荒れているようだけど、こちらは寒いとはいえ、毎日素晴らしいお天気。森に囲まれた道を歩くのはかなり気持ちいいのです。こちらの鳥は本当に歌うように鳴くし、レンゲその他の花が咲き乱れているし。

投稿者 yuquilah : 08:23 PM | コメント (4)

June 07, 2005

ドイツの食事情

朝から晩までは普通に仕事。なのでお昼は社食なんだけど、これがすごい充実!しかもビールがあるよ!結構多くの人が飲んでます。

ところで、ドイツはよく聞く話だけど、すべての街は城下町なのね。すべてお城を中心として、市場があって、城壁の中が街の範囲ってやつ。
で、ホテルの近くも田舎とはいえ、20分くらい歩けば市場のある街の中心まで出られるので、夜は歩いてごはんを食べに。
ドイツは法律があってお店は8時までしかあいていない(もちろんレストランやバーは別)ので、仕事が終わって街に出ても、全然買い物ができないのです!まあ無駄遣いしないからいっか・・・。
今日もいわゆるドイツ料理の店で、ドイツのポピュラーなパスタ「シュペッツレ」を添えたターキーのきのこクリームソース煮込み。
濃厚な味がおいしいけど・・・やっぱり2人前って感じ(笑)ちなみにシュペッツレには「天かす」みたいなものがかかっていて、これが胃にもたれるんだよねえ。これでもか!ってくらい濃い味。しかしドイツにはアメリカのような太り方をした人をあまり見ないなあ。不思議。

投稿者 yuquilah : 08:14 PM | コメント (2)

June 06, 2005

お仕事開始です

もしかしてこのあたりの旅行ネタは別にした方がいいのでは?(笑)とも思いつつこちらに。
だったあまり観光とかできないし・・・
とはいえ、今日だけ午前があいていたのでシュトゥットガルトのダウンタウンへ。きれい!とにかく歩行者のエリアが広い!宮殿の広場は本当に気持ちがよくて、緑がいっぱい。新しい建物はファッショナブルでありながら、周囲とバランスがとれているのよねー。


SMARTのふるさと?だけあって、駐車場も「SMART専用コーナー」があるの。かわいい!

昼は結局やたらでかいケバブを買って駅のホームで食べつつおわり。
街のいたるところにケバブ屋があるんだけど、これがあまりに大きいので、「サイズ半分でいいから値段を下げてくれー」って思う。いろんなケバブを食べ比べするのも面白いかもね。

仕事後はアメリカ人グループに合流して近所の「郷土料理」(この辺はSwabian地方というらしく、Swabian料理というのがある)の店で。ヴァイツェンは500MLで、ピルスナーは300MLで出されるのが普通だとか、さすがおえらい方だけあっていろんなうんちくを披露していましたねえ。
ひさびさのビールはいたっておいしい。そしてMaultaschenとよばれるでかいラビオリみたいなもの?も美味でした。(相変わらずどこにいってもおいしい病、止まらず)。グループで行くと写真とるのがはばかられるのが残念。逆に個人では行きづらい場所にいけるのは、やっぱいいこと。

投稿者 yuquilah : 12:43 PM | コメント (0)

June 05, 2005

ついにドイツへ

今週は出張のためドイツにおります。
シュトゥットガルト近郊の「超」田園地帯です。すごいメルヘンな建物とかいっぱいで、いたって治安はよさげですが、(しかしイっちゃった若者は多い)車運転ができない身分としては、全く動けないのがつらいです。鉄道王国ドイツですが、やっぱこれくらいの地方となるとダイヤは1時間2本とかなんですね。両毛線なみ・・・。
それとも近くにあるベンツやポルシェの仕業で、車ないと動けないようにしてるんだか。

行きはKLMでアムステルダム経由。これがビデオもオンデマンドだし、シートもいい感じだったんだけど、1時間の乗り継ぎはきつかった・・・。走って走って死ぬかと思った。だから乗り継ぎに余裕無いのっていやなんだよ〜。

仕事が朝から晩までつまっているため、あまり更新は出来ないと思いますが、ドイツ情報ちょこちょこと書けたら、と思います。さて、会社につけるのか・・・。

投稿者 yuquilah : 11:23 AM | コメント (0)

April 23, 2005

今年初BBQ


元一緒の職場だったお仲間と、ほぼ1年ぶりにバーベキュー大会@清川リバーランドへ。天気は良好!観光シーズン!ってことで都心に近いBBQスポットはほとんど満員だったようで・・・事故渋滞に巻き込まれつつ行ったわけですが、何と言っても空気のすがすがしさと、水の美しさは、時間かけていくだけの価値はあります。(特に神奈川にお住まいの方には意外に近いのでおすすめ!)

いつも通り段取りのよいリーダーと手際よく働くメンバーのおかげで、メンバー唯一の家族連れが到着したころには食べるだけ状態に。まだ水遊びできるほどの季節ではないので、生後3ヶ月の赤ちゃんの相手をしつつ、まったりと語る。

しかし、同い年で大騒ぎしていた仲間が、こうして立派な父親になっているというのは感慨深いなあ。メンバーの一人が「いつまでも変わらないと思っていたけど、子連れで来ちゃうようになっていくんだなあ」といっていたけど、この中のメンバーだけ見ても、職が変わったり、出世(?)したり、引っ越したり、家族が増えたり減ったり、ほんとうに色々。
「そりゃそうだ、うちらが20年後に会って全員独身だったらそれはそれでコワイだろ」とも言われていたけど(笑)色々環境が変わって、会いづらくなる状況とかもありつつも、いい仲間でいることが重要なんだろうな。それでもあの美しい家族の姿には、「うーん、負けた」とみんな思ってしまったのだけどね。

投稿者 yuquilah : 12:54 AM | コメント (0)

April 16, 2005

京都いってきました

今度はちょっとお休みをいただいて、京都にいってきました。
今年は桜が遅かったため、京都はまだまだ桜が見ごろ!鴨川沿いも本当に春の彩り、美しい景色でした。

とはいっても今回は法事がメインで、観光はあまりせず。二条城の夜のライトアップなどは行きましたが、あとは親戚がそろって祇園の川上で料理を食べたり、四条河原町のソウルバーUp's Clubにいったり、など楽しいことはあったんですが。清水寺とか金閣寺とか、メジャーどころは全然いけなかったんですよね。
しかし先斗町の道をそぞろ歩くだけで、京都の人がきちんと景観を守りつつ、街を発展させてきたのだなーということがよくわかる。二条城などは「和装の方は入場無料」のため、たくさん着物姿の人がおとずれ、一気に場が華やぐ。残念ながら、東京ではこのような日本らしい!と思える場所が少ないし、景観に対する意識も低い。東京に住んでいる人間として考えなくちゃなーと思わされた、本当にいい街です!

まあ、とはいえ父のお墓は京都で、母も京都に移り先を見つけ、私にとってはこの街と今後長くお付き合いする理由ができたわけです。好きな場所に暮らす、ということは何よりも楽しい(自分も好きな街を自分で選び、住んでいるという身で)はず。今後何度も訪れて、京都の常連さんとして楽しいものを見つけていこうか、と。
今後もどうぞ、よろしゅうに。

投稿者 yuquilah : 05:27 PM | コメント (0)

March 28, 2005

本島、そして東京へ

東京に帰ってきました〜。
海洋深層水の効果か、ずっと金属アレルギーで腕時計がつけられなかったのがキレイに治る。
海洋深層水って実際ミネラル分がたっぷりだから、結構入っている最中はひりひりする感覚があって、傷が悪くなるんじゃないの?と思ったのだけど、この治り方にはびっくり!

さて那覇では市街地のドミトリーに宿泊。スタッフも宿泊客もだんぜん若い。新しくオープンしただけあり、施設がきれいなのがいいところ。ごはんを食べた後は飲みに行こうかと思ったけど、結局リビングでの飲み会で十分できあがってしまったし(笑)
しかし来ている人たちの半分以上が移住を視野に入れた人々、というのがびっくり。こうして話を聞いていると、いろんな生き方があっていいのだと改めて思う。私は移住はしないと思うけど、こういうスペースを東京に作るのが夢だなあ。実際あるのかなあ。前も東京ドミ暮らしをちょっと実践しようかと思ったけど、結局うちの方が便利なので(爆)実践できてない。

さて現実に戻ったら、急にマスコミに出てき始めた堀江社長の広報担当。はー。私とおない年かあ。
同じ長さだけ世の中に生きてきて、社会にインパクトを与えられる仕事をしているかといえば雲泥の差。がんばらなきゃー。

投稿者 yuquilah : 04:28 PM | コメント (0)

March 27, 2005

久米島に渡る

沖縄は約1年ぶりなんだけど、今回は離島に渡りたかったんだよね。本当なら石垣島をベースに回るのがベストだったんだけど、春休み真っ只中では航空券が高すぎる!ということで3泊のうち1泊くらいケラマにするかーと思っていたんだけど、これもダイビング客でいっぱい。それでふと思い立ったのが久米島。久米島といえば
・久米仙(泡盛)
・楽天イーグルスのキャンプ
くらいしか思い浮かばないけど、沖縄マニアの女の子が「あそこに行くと女の子はキレイになれるらしい!」と力説していたことと(女神の島ということらしい)、ダイビングにはうってつけの場所らしいこともあり、フェリーを確保。っていっても片道4時間だよ〜(渡名喜島というところを経由する船は)
しかし本島とはまた違う異国の地で、とても楽しかった!
民宿はのどかで、自家製のお芋を食べたり、宿の人と海洋深層水の温浴施設「バーデハウス久米島」に行ってのんびりした後地元の居酒屋で飲んだり、ああ旅だなあって感じ。
翌日は出発直前までダイビングだったのですが、地形も魚もすばらしい!問題は、花粉症の後遺症で鼻がイマイチで耳抜きに苦労したことですが・・・
しかし常にフルレンタルのリゾートダイバーはらくちんだけど、こんなんだからうまくならないのかしら・・・。

帰りはまるで移民船状態の船でゴロ寝スペースを確保し、しっかり寝たおかげで退屈もあまりせず。しかしもう少し長期滞在してみたい島だなあ。

投稿者 yuquilah : 04:27 PM | コメント (0)

March 25, 2005

というわけで沖縄にやってきました

私はかなりの沖縄狂、というか沖縄出身の友人も多いおかげで食生活などなども沖縄がふつーに入っているんだけど、いつのまにやら前回の旅行から10ヶ月・・・これはもうそろそろ行かないとダメだ!ということでこの週末をねらって沖縄にやってきました。
しかし旅行を連続するのはきついですが・・・(苦笑)

夜は沖縄ならず日本を代表するサルサバンドとなったカチンバ1551もでるというライブを見に宜野湾まで。今回はヒップホップ系(?)ファッションでいつもながら歌も踊りも120%なステージが楽しい。
ただ今回はどちらかといえばメインアクトは他のバンドだったので、お客さんにサルサファンはいなかったようですが・・・。
東京から来たというKey Got Crewもかっこよかったです。なんというか、これというジャンルには入らないのだけど、2人のボーカルの絶妙なからみ、そして一瞬たりともハズさないハーモニー。それで激しい曲も静かな曲もやってのけるところがすごい。彼ら、近いうちにメジャーでブレイクするね。

投稿者 yuquilah : 12:18 AM | コメント (0)

March 24, 2005

諏訪から帰りましたが

トラブルだらけの旅、というかまあ出張だったのですが、何とか帰って来れました。
しばらく行くことはないかなあ・・・。
ちょっと精神的にも疲れる内容だったので、また東京を離れてきます。
東京のほうがほっとするというウワサもありますが(笑)
それにしても最近旅行づいているなあ・・・。g

投稿者 yuquilah : 09:59 AM | コメント (0)

March 22, 2005

今週は諏訪生活

基本的に外にあまり行かない仕事をしていますが、今週はめずらしくずっと出張@諏訪。
お客さん先の研修などなどの案件です。
今回の滞在先は安ホテルではありますが、ツインルームを一人で使っているので、広くて快適。このくらいあるとストレス感じずにいられるよね。
なぜかホテル生活だと朝がきちんと起きられる。あとバイキング朝食がいっぱいあるのでがっつり食べてしまいます(納豆がおいしい)。地元の居酒屋にも行ってきましたが、異様に安かったのでびっくり!ということで食生活は普段より充実中。

朝のニュースに妙に「田中知事」が出てくるところに長野を感じます。
しかし寒いー。

投稿者 yuquilah : 08:57 AM | コメント (0)

January 15, 2005

ラスベガスも最後!

後半はちゃんと仕事が立て込んだこともあって、あまり夜遊びはせず。
のつもりだったんだけど、カジノデビューはしてきた(あまりギャンブル運はよくないんですが)。浅田次郎の「オー・マイ・ガアッ!」という小説を読んでしまったせいか、ここまで来てカジノに行かないのもどうか、と思って。

最初は安いスロットばかりやってたけど、全体的に人と相対するゲームの方が面白いし、勝てる確率も高いですね。
一方でブラックジャックやルーレットは、少額の掛け金であっても、(MGMGだと最低10ドル以上かけないといけない。あまりにツライので別の場所で5ドルミニマムで遊んできた)2時間近く遊んで、全部取られることはなかった。たしかに負けがこんでしまうと連続して取られるので、全部すりそうになるんだけど、いろいろ作戦を練ればやりようがあるので、大体確率的には少し取り戻せる時がくる。それにしても100ドル札をぽんぽん投入していく周囲の人たちは、いったい・・・

バンドはいろいろ問題山積みながらも、無事終了。
言葉が通じなくても音楽はできるという一方で、言葉ができないために音楽をどうしたいか表現できないのがつらい。また、楽譜に100%忠実に演奏する人と、楽譜をどんどん無視して展開する人がいる場合、やはりあったばかりの人では難しい。
そんなわけで、13曲もやるのはホントに大変だったのだけど、なんとか人前に出せた、途中で止まった曲はなかっただけでもよかったのかなあ。しかしどうもロックを歌うと自分じゃないような歌い方。これはこれで歌いやすいのでカントリーとかやってみたくなるんだけどね、たまに。
さて、もうすぐ帰国です。長いなー。

投稿者 yuquilah : 07:18 PM | コメント (0)

January 13, 2005

すごいもん

いっぱいみています。
千秋楽近いHavana Night Club the Showは最高に歌も踊りもかっこいいショーでした!
詳しくは小児科Blogに書きました。

あとはNewYork NewYorkというホテル内にあるジェットコースター、「マンハンタンエキスプレス」にも乗ってきました。これはこわかったー!スリル満点。何よりもこわかったのは、ポケットの財布が落ちないか、ということでしたが。ぜひ貴重品は落ちないように入れて乗って下さい。

仕事も始まって、いろいろ開発者に質問したり、バンドはバンドで曲を覚えたりいそがしい。
それにしてもアメリカで出される食事はなぜか謎の中華料理が多い。まあ、米におかずをかけて食べられればそれで十分なんだけど。

投稿者 yuquilah : 02:15 AM | コメント (2)

January 11, 2005

ラスベガス散策

2日続けて5時間あまりのリハーサル。
まあこういうのって合宿以来で楽しいといえば楽しいけど、いきなり「バンド楽しそうだから」って感じでやってきた人にとってはつらいだろうな。結局私のリードボーカルはGloria Gaynor"I Will Survive"とKatrina & the Waves"Walking on the Sunshine"に決定。まるっきりロックですよ(笑)。こういう機会じゃないと歌えないからね。みんな良く覚えてるなーと思ったら、ほとんど去年のイベント経験者らしい。

ちょっとだけ空き時間を利用してシーザーズパレスへ。レーザー光線ばりばりの噴水ショーは確かにみもの。ここ、セリーヌ・ディオンがコンサートやってるところですね。
ラスベガスのホテルは近くにあるように見えて全然着かない、と本に書いてあったけど、これは確かな話。隣のホテルにいくだけで徒歩10分は当たり前なのです。1つのホテルが1つの街といっても過言ではないでしょう。

投稿者 yuquilah : 05:09 AM | コメント (0)

January 09, 2005

Las Vegas参上!

仕事の都合で1週間、ラスベガスにきています。
飛行機はサービス悪すぎ、入国は時間かかりすぎ、ディレイしまくりと行程は大変でしたが、なんとか到着。MGMグランドにいます。

それにしても大きさが(カンフーハッスルの宣伝じゃないけど)「ありえねー」です。
ここは六本木ヒルズかっちゅ―の。買い物も何もかもすみます。(今回仕事の大半は別の場所なので、すみませんが)
演奏のリハもさっそく4時間。楽しいです。英語しゃべれてよかったと思いました。本当に、日本人は英語が苦手という一点だけでいっぱい損してますねー。多国籍軍ならぬ多国籍バンドですが、こないだ見たHavana4見たく、押しに押しまくっていいのだな、と思いました。
メインボーカルの女の子はインド系のオーストラリア人で、力の抜けたいい歌い方をする子。いいなあ、ああいう声。
引き続き、いろいろレポート予定です。

投稿者 yuquilah : 06:12 PM | コメント (0)

October 04, 2004

誕生日なので旅行へ

週末に1つ年をとりました。いよいよ今年は20代最後の年。
仕事も変わったし、心機一転楽しく過ごせるといいなあ。

というわけで、週末は湯河原に温泉旅行。
最近JRが発売した「踊り子箱根フリーきっぷ」というのを使って、箱根をぐるっと回ってから湯河原に出るという強硬手段を使ったわけですが、これが往復踊り子が使えて、伊豆箱根バスがフリーで4600円。ロマンスカーが使えない小田急の箱根フリーパス5500円(新宿より)と比べても安すぎます。
が、これが落とし穴であることは後に気づいたのでした。

箱根をカバーしている交通機関は箱根登山鉄道と伊豆箱根鉄道の2系統。前者が小田急系で後者が西武系です。
新宿から箱根湯本まで直通(これがもっとも渋滞する区間をしりめに走る)、そのまま強羅まで行き、早雲山のロープウェー、海賊船とメジャーな路線を制覇できる小田急のフリーパスにくらべて、伊豆箱根バスは本数も少ないし、遊覧船はフツウだし、なんといってもターミナルの施設が断然整備不良状態。箱根の教訓は「トイレは箱根登山系の施設を使おう」(笑)でした。
これじゃ余計にお客さんも減っちゃうよね。まあでもマイナー路線好きの私たち(爆)は小田原からすいたバスでのんびりしながら箱根方面へ。
さすがに全部伊豆箱根バスってのもどうかとおもうので(笑)早雲山から芦ノ湖までは別料金払ってロープウェーにしました。これは乗り応えもあって気持ちよかった!でその後は遊覧船で元箱根まで出て、湯河原までバスというルート。多分交通費としては相当乗り倒したと思います。

まあそんな裏事情さえ無視してしまえば至ってよい旅。しかも箱根メインでなく、湯河原メインの私たちにとっては非常に便利なきっぷでした。
旅館は至れり尽くせりだし、(ごはんもおいしかったし)日曜の天気が崩れたのは残念だけど、まあ1日目がよかっただけいいでしょう。

でもさ、やっぱり観光客にとってはこの状況、不便だよね。1000円くらい高くてもいいから箱根登山鉄道系の乗り物とも提携してほしいなあ。

投稿者 yuquilah : 11:44 AM | コメント (0)

September 22, 2004

マイアミ中

マイアミにいます。
当初の予定とは少し違って、結局同じホテルの個室をとってもらいました。
短くてハードなスケジュールのなかでは、これは至って正解。
ゆっくりできる時間と場所が得られるのはよかった。
思ったより移動ばかりでやりたいことの半分も出来ていないんだけど、それでもマイアミのキューバっぽさと、やっぱアメリカなんだ―ってところをたくさん感じて暮らしています。
移動手段さえスムーズで、お金さえあれば(←これ重要!とにかく物価が高いの)マイアミは住みやすい場所だろうな―って思うんだけどね。
というわけで、後は旅行ホームページに詳しく載せることにします!

投稿者 yuquilah : 08:32 AM | コメント (0)

September 19, 2004

これからマイアミへ

先週はなんだかフルに活動していた感じ。
それでも土曜が空いてしまったので、練習したり、旅行の準備したりであたふたと過ごす。
いざとなれば、お金とパスポートで行ける事はわかっているのですが。

マイアミではもちろんビーチには行きたいけど、一人で行ってもあまりロクな目にはあわないので、やっぱりまちあるきが中心かな。ビーチに安心していけない分、ダイビングに行こうかとはおもっているのだけど、そうするとキーウエストはいけないよねえ、なんて。
これだけ短い間でやりたいことが多いのがいけないのかしら。
まあ、どんなことになるかはお楽しみってことで。

投稿者 yuquilah : 10:28 AM | コメント (0)

August 10, 2004

ツアーその3、名古屋市内観光〜(東海道新幹線)〜東京

次の日は案外みんな朝ちゃんと起きて名古屋名物の喫茶店モーニングへ。
思ったほど「死ぬほど量が多い」こともなく、朝食にはちょうど良い感じ。喫茶店のコーヒーっておいしいですね。
その後疲れていながらも名古屋城を見学し、金の鯱を拝見。しかし弘前もそうだけど、城下町っていいねえ。

そこからはメンバーと別れ、ライブにも来てくれた大学時代の友達とごはん&お茶。
彼女は研究者としてプロになっているけど、やはり研究や教育も「なぜ自分がこの分野をやる必要があるのだろう?」という疑問との戦いだとか。特にぎりぎりの状態で生きている、いろんな国の人々を見ると、その人が生きていくためにしていることを前に批判ができるのだろうか、という話。それは音楽でも同じで、なぜ日本人である自分が、サルサをやるんだろうか、とか自分が音楽をやる意味って考えることあって。確かに根本は好きだからとか楽しいからという一点しかないのだけど、とにかく何があってもモチベーションは保って、続けていくことで意味が見出せるのかもしれないね、ということで一致。

世の中を変えるのは難しいけど、何かを一生懸命やりつづけることで、結果として変わることはあるのかもしれない。与えられるものがあるうちは、どこへでも出て行きまっせ(なぜか関西弁)。

投稿者 yuquilah : 12:58 PM | コメント (0)

ツアーその2、弘前〜(空港バス)〜青森空港〜名古屋空港〜(バス)〜名古屋市内

さて直接飛行機で名古屋に移動。青森〜名古屋便なんて路線、名古屋在住でもなきゃ乗らないもんね。でも羽田に行くのと10分しか変わらないのだ!そりゃ多少高くても飛行機でしょう。(羽田便より1万円も高いんだけど!)

青森空港から飛び立つと山脈がとても美しい。天気もよいのでほぼ時間通りに到着し、ライブ会場のある今池のひつまぶし屋で合流。車で来た組も無事合流。それにしてもひつまぶし、おいしかった〜

さて、会場の「得三」(大槻ケンヂなどもライブをやる、なかなかよい場所)に着き、ひつまぶしのおかげですっかりリハ中はスローモーションになってしまってましたが、本番までの間にカフェインを注入し、テンションを少しずつ上げる。今回の対バン、そしてライブ一切をコーディネートしてくれたConjunto Domesticoはペルー人兄弟のボーカルを含む迫力あるサルサバンド。クラシカルなサルサもティンバも圧倒される。はじめは座っている人が多かったものの、途中からは踊る人ですでにいっぱいで客席に入れないほど。そしてデラカンダのライブの番になるとさらにテンションはあがり、とにかく名古屋の人々、大いに盛り上げてくれる。演奏している方も盛り上がってくる。後半ではCDメンバーも次々乱入し、アンコールも2回。最後は用意している曲もなかったので(笑)再度テキーラで大デスカルガ大会。いやいや、こんな熱いライブ、久しぶり、というか初めて??

うちあげはお約束?で手羽先でした。これも美味。
本当に名古屋の方々、そしてそれ以外の場所からも来ていただいた皆様、ありがとうございました!

投稿者 yuquilah : 12:55 PM | コメント (0)

ツアーその1、上野〜(東北新幹線)〜八戸〜(特急白鳥)〜青森〜(奥羽本線)〜弘前

8月6日〜9日までの間、まちづくり勉強会の下町塾で弘前へ、そしてデラカンダのライブで名古屋に行ってきました。
かなり強行突破ではありましたが、なかなか楽しい日々を過ごしました。

まずは以前からまちづくりの勉強会で題材にあがっていた弘前へ。この時期はねぷた(青森と違って弘前は「ねぷた」なのです)シーズンのためとにかく行きは大混雑。はやては指定をとっていたからいいものの、その先は2時間たちっぱなし。結構きつい。
弘前はひたすらまちあるきして勉強しつつ、ねぷたを引いたり、おいしいものをたくさん食べたりで非常に満足。
まちづくりに対して熱い思いで取り組んでいる人々をたくさん見て、とても刺激されました。
なぜか最後の打ち上げパーティでは久しぶりに弾き語りをしてしまいました。グランドピアノあるなら準備してくるんだったよ。てきとーで申し訳ない。

投稿者 yuquilah : 10:41 AM | コメント (0)

May 30, 2004

夏の思い出第2弾

金曜夜は上野のバーDoobie'sでエリナさんの新バンドTuk Tukがライブをやるのでちょっと立ち寄る。
いい歌声です。ゆるくて気持ちいいです。レゲエは結局いろいろ勉強したいと思いつつ、ちゃんと知らないままなんだけど、彼女のレゲエに対する愛情が伝わってくる歌がいっぱいでした。
この場所、立地もいいですね。少人数バンドはぜひやってみていは。

ひさしぶりにからっと晴れた週末。久々に以前の職場の人とBBQということで清川リバーランドへ。
清川村ですよ。20年ぶりです(笑)はじめて観光バスにのって遠足に行った場所です。厚木から30分くらいでつくんですが、いまだにものすごい田舎なんでびっくりしました。
が、川はきれいですね。神奈川県の水が圧倒的に東京よりもおいしいわけです。
やたら肉を買い込んでBBQ。隣ではギター3人組のおじさんがフォークソングを延々うたいつづける。
別に何をしたわけじゃないんですが、飲みすぎたのか、生焼けの肉を食べたのか、すごい疲れてしまったんですが、楽しいひとときでした。

投稿者 yuquilah : 01:01 PM | コメント (0)

May 21, 2004

沖縄がえり

ようやく帰ってきました〜。
今回はすごいたびでしたよ。1泊1500円のドミトリー生活。この年になってやるなっていうの(笑)
でも、ギリギリで生活してると、なんだか生きるということを真剣に考えさせられます。
学生から老後の生活を考えてる人まで、いろんな人が来ます。ていうか住んでます。
私が滞在した月光荘は特に濃い人が集まってるみたいで、毎日毎晩ロビーに集っては話して酒飲んで、天気も悪いから離島にもあまりいけず、でもこういうのもありだなって思った。他の宿にいる人は、あまりロビーでもマンガ読んでるかテレビ見てるかで話しないとかいってた。そういうのってさびしいな。

あとケラマでダイビングして、それもよかった。やっぱまだ初心者だからしょっちゅう失敗するけど、座間味で潜れたのはうれしかった。そこであった人もまた面白い人だった。それからうちなんちゅ友達と一緒に宜野湾のパルティーダにもいった。カチンバ1551の人ともお話して、なぜか東京からTOGOさんも来ていて、びっくりした。

普段なかなか会わないような人と会って、話ができるだけでも旅は収穫があるのだと思った。詳細は、またおいおい。

投稿者 yuquilah : 11:10 AM | コメント (0)